肌トラブルが解消!青汁に含まれるビタミンB6の特徴と効果

青汁 ビタミンB6

ビタミンB6はビタミンB群の一種で、体と心の健康に欠かせない栄養素です。

タンパク質をエネルギーに変えるビタミンB6は、筋肉や血液、皮膚などを作り、神経伝達物質の合成を促して精神を安定させます。また、食べたものをエネルギーに変えるため、ダイエットにも欠かせません。

そのため、健康的に美しさを保ちたい女性が積極的に摂取すべきビタミンなのです。

しかし、現代人はビタミンB6が不足しがち。その一方でサプリメントによる過剰摂取が問題になることもあり、バランスよくビタミンB6を摂る必要があります。

ビタミンB6は肉や魚に多く含まれますが、青汁で補うのも効果的。豊富な種類のビタミンが含まれる青汁は、相乗効果でビタミンB6の働きを高めると期待できるからです。

今回はビタミンB6の健康・美容効果や注意点、ビタミンB6の含まれる青汁などについて詳しく見ていきましょう!

タンパク質を代謝するビタミンB6について

ビタミンB6には多くの生理作用があり、健康維持に欠かせない栄養素です。ビタミンB6がどんな働きをするのか、具体的に見ていきましょう。

ビタミンB6とは

ビタミンB6はビタミンB群の一種で、タンパク質(アミノ酸)、脂質からエネルギーを作りだす代謝の働きをします。

たとえば、ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に分解し筋肉、血液、皮膚、髪、爪などを作り、健康な体を維持します。また、トリプトファンというアミノ酸から神経伝達物質を合成するため精神安定に欠かせません。

さらに、エストロゲンという女性ホルモンの分泌を促す効果があり、生理前の辛い症状や、つわりなどの症状を軽減させることが知られています。

ほかにも、低血糖状態になったときにアミノ酸から糖を作り出す糖新生という働きや、ホモシステインという動脈硬化の原因となるアミノ酸をシステインというアミノ酸に変換する働きなど、多くの生理作用を持っています。

ビタミンB6にはピリドキサール、ピリドキシン、ピリドキサミンの3種類があり、さらにリンが結合したリン酸ピリドキサール、リン酸ピリドキシン、リン酸ピリトキサミンの合計6種類があります。

ビタミンB6を摂取すると、体内ではピリドキサールリン酸に変換されてから補酵素として働きます。補酵素とは文字通り酵素の働きを助ける役割のことです。

食べたものを体内でエネルギーに変える化学反応を起こすのは酵素ですが、単体では働けない酵素が多く、補酵素が不足すると代謝反応が起こらなくなってしまうのです。

ビタミンやミネラルは補酵素として多くの役割を持っていますが、ビタミンB6は100以上の酵素の代謝に関わっており、体内の機能維持に幅広く使われています。

ビタミンB6は体内で生成される?

ビタミンの多くは体内で合成されませんが、ビタミンB6は腸内細菌の一部で合成されることが分かっています。

そのため、腸内環境が悪化するとビタミンB6の合成量が低下します。

ビタミンB6の摂取目安量

日本人のビタミンB6の一日あたり摂取推奨量は18歳以上の男性で1.4mg、女性で1.2mgです。

年代別での推奨量は男女ともに

  • 1~2歳で0.5mg
  • 3~5歳で0.6mg
  • 6~7歳で0.8mg
  • 8~9歳で0.9mg
  • 10~11歳で1.2mg
  • 12~14歳で男性1.4mg、女性1.3mg
  • 15~17歳で男性1.5mg、女性1.3mg

となっています。

上限量は男性の場合

  • 18~29歳は55mg
  • 30~49歳で60mg
  • 50~69歳で55mg
  • 70歳以上で50mg

  • 女性は18~69歳で45mg
  • 70歳以上で40mg

とされています。

2015年国民健康・栄養調査結果では18歳以上のビタミンB6平均摂取量は1.13mgで、若干不足気味です。

参考:栄養素等摂取状況調査の結果

では、ビタミンB6が不足するとどのような症状が起こるのでしょう。次から説明します。

ビタミンB6が不足すると起こる症状

すでに説明したとおり日本人はビタミンB6が不足しがちです。

ビタミンB6が不足すると、皮膚炎、口内炎、貧血、リンパ球の減少が起こります。また、極度に不足すると不眠、食欲不振、鬱状態、脳波異常、痙攣のような症状が起こる場合もあります。

しかし、すでに説明したとおりビタミンB6は通常であれば腸内で生成される上に、肉、魚、野菜などの食品にもビタミンB6は含まれており、バランスのよい食事を意識していれば、過度な不足になることはありません。

ただし、抗生物質は腸内細菌を殺してしまうため、抗生物質を長期間飲んでいる人はビタミンB6が不足がちになります。

また、女性の場合は生理中、妊娠中、ピル服用中だとホルモンバランスが崩れ、ビタミンB6が通常より多く消費されています。ビタミンB6が不足すると、エストロゲンが不足して不快症状を引き起こしてしまうのです。

このような状態の時は食品やサプリメントでビタミンB6を摂取し、症状を緩和することが期待できます。

しかし、ビタミンB6の過剰摂取はよくありません。その理由を詳しく見ていきましょう。

ビタミンB6の過剰摂取に注意!副作用は?

ビタミンB6は水溶性ビタミンという体内にとどまりづらい性質を持っており、過剰摂取になりづらいビタミンです。そのため、通常の食事で過剰摂取になることはほとんどありません。

しかし、サプリメントやビタミンB6が含まれる薬によって過剰摂取になる場合があります。

一日600~4,000mgのビタミンB6を長期にわたって摂取した場合、重度の感覚神経障害が起きて手足がしびれたり、筋肉が弱くなったり、精巣が小さくなったなどの報告例があります。

過剰摂取を止めれば副作用は治まる例がほとんどですが、一日当たりの上限値を大幅に超えるビタミンB6の摂取は危険です。ビタミンB6のサプリメントを飲む場合は使用量を守りましょう。

女性の強い味方!ビタミンB6の女性サポート効果!

ビタミンB6は、とくに女性の美容・健康維持に欠かせない栄養素です。詳しく見ていきましょう。

PMS(月経前症候群)の緩和

PMS(月経前症候群)とは生理前に精神的に落ち込む、イライラする、集中できないなどの状態や、腹痛、腰痛、眠気、むくみなどが起こるなど、精神的・肉体的な不調が起こる症状です。

症状の軽い重いはありますが、約200ものPMS症状が確認されており、多くの女性が日常生活に支障をきたしています。

何故PMSが起こるかというと、原因は女性ホルモンの急激な変動です。

女性ホルモンには、女性らしい体を作るエストロゲンと、妊娠を助ける体を作るプロゲステロンがあり、この二つのホルモンが約14日周期で変化します。

そのホルモンの変化が急激であるときに自律神経が乱れてPMSの身体症状が起こるのです。

また、エストロゲンは「幸せ物質」とも呼ばれるセロトニンという神経伝達物質の分泌を促しますが、プロゲステロンの量が増えるとセロトニンの分泌量が減少します。

セロトニンの分泌量が一気に減るため、PMS特有の不安感やイライラが現れるのです。

しかし、ビタミンB6はエストロゲンの分泌を促して急激なホルモン変化を抑え、身体的不調を和らげることが期待できます。

また、ビタミンB6は神経伝達物質セロトニンの合成にも関わっており、不安感を軽減して精神的不快を軽減することも分かっています。

実際にビタミンB6の摂取によって生理前の身体的・肉体的不快感が軽減されたという報告例もあります。

参考:ビタミンB6 | 海外の情報

PMSに悩んでいる人はビタミンB6の多い食事を心がけましょう。

つわりの緩和

ビタミンB6は、つわりの軽減に高い効果が期待できます。

つわりとは妊娠初期に現れる吐き気や胸の悪さ、食欲不振などの症状です。個人差はありますが、つわりは妊娠中の女性の50~80%に起こると言われています。

しかしビタミンB6は、つわりを軽減することが分かっており、海外ではつわりの時の吐き気を抑えるビタミンとして知られています。

妊娠するとトリプトファンというアミノ酸の代謝がうまくいかず、キサンツレン酸という物質が体内に増加します。そして、つわりの症状が重い女性の尿中にはキサンツレン酸が多いことが判明しているのです。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝を促し、トリプトファンの代謝を正常にして体内のキサンツレン酸を減少させてくれるため、つわりを軽減すると考えられます。

実際につわりの治療役としてビタミンB6が処方されることもあり、効果は高いと言えるでしょう。

健康な髪・爪を作る

ビタミンB6は髪や爪を健康に保つ働きを持っています。

髪も爪もタンパク質の一種であるケラチンによって作られていますが、ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に分解し、ケラチンの合成を促すため、爪や髪の成長に欠かせないのです。

また、ビタミンB6は直接的だけでなく間接的にも髪や爪の健康を維持する働きをします。

たとえば、ビタミンB6は育毛・発毛や爪の成長異常を予防するために必要な亜鉛の働きをサポートします。そのため、薄毛や白髪予防、爪の健康にも効果が期待できるのです。

さらに、ビタミンB6は皮膚の新陳代謝を高め、頭皮の細胞の活性化し、髪に必要な栄養や酸素が届きやすくするので、抜け毛を予防することも考えられます。

爪に関しては、ビタミンB6が不足すると爪がもろくなったりうねったりといったトラブルが出やすくなります。

ツヤ・コシのある髪や美しい爪を保ちたいという人は、ビタミンB6不足に注意しましょう。

ハリ、ツヤのある美肌を作る

ビタミンB6は皮膚の再生を促す効果があり、美肌を作る効果があります。

肌はターンオーバーという約28日周期の肌細胞の生まれ変わりによって保たれています。肌は層状に構成されており、下の層にある新しい肌細胞が成長し、古い肌細胞を押し上げることで古い肌が垢となってはがれ落ちるというサイクルを繰り返しているのです。

つまり、健康であれば常に新しい肌細胞が表面に現れています。

ところが、加齢やストレス、生活習慣の乱れによってターンオーバーが乱れると古い肌がいつまでも残って肌がゴワつき、シワやたるみにつながります。

しかし、ビタミンB6はタンパク質を分解してシステインというアミノ酸を作ります。

システインは美白を目的に薬やサプリメントに使われるほどシミの予防効果があり、皮膚の再生を促してターンオーバーを整えるため、美肌づくりに欠かせません。

参考:肌の代謝とハイチオール (L-システイン) | エスエス製薬

さらに、ビタミンB6はセロトニンなどの神経伝達物質の分泌を促し、ストレスを緩和して自律神経の乱れを抑えます。

ニキビなどの肌の炎症は、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れ、皮脂量が増えることで起こります。そのため、精神を安定させるビタミンB6の効果によって肌の炎症を鎮静させることが期待できるのです。

実際にビタミンB6は皮膚の炎症を抑える効果があるとする研究や、肌の炎症を治療する目的でB6が配合されている薬があります。

参考:皮膚疾患におけるビタミンB6代謝に就いて
参考:医療用医薬品 : ビタミンB6

このように、ビタミンB6は皮膚の再生とシミ予防、神経伝達物質の合成といった様々な理由によって美肌になると期待されているのです。

タンパク質・脂質の代謝サポートで脂肪を溜めない体に!

ビタミンB6は健康的な引き締まった体を作るために欠かせない栄養素です。

ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に分解し、それを再度合成して筋肉を作り出しています。食事でタンパク質を多く摂っていても、ビタミンB6も多く摂らなければ筋肉が作られないのです。

また、筋肉は負荷をかけて壊し、修復されることで作られていきますが、ビタミンB6は筋肉の修復も促進するため、筋肉を強化したい人にも不可欠です。

実際に、ビタミンB6は筋肉痛を和らげる薬に配合されています。筋肉痛は筋肉が壊れた状態で、修復されることで痛みが消えるのです。

筋肉が増えると「基礎代謝」が高められます。基礎代謝とは体を動かしていないときに生命維持のためにエネルギーを消費する働きのことです。

運動をしていなくても呼吸や臓器は休みなく働いていますよね。この時、自動的に消費されるエネルギーを基礎代謝と呼びます。基礎代謝が多ければ多いほど体は活発的で若々しくなり、エネルギー消費が増えて太りづらくなるのです。

さらに、ビタミンB6は脂質もエネルギーに変えます。脂質の多い食事をしている人がビタミンB6不足になると、脂質をエネルギーに変えられずどんどん脂肪としてため込まれてしまいます。

引き締まったメリハリのある体は、ほどよく筋肉がついた体ですよね。ビタミンB6は筋肉を作り、脂肪をため込まないことで太りづらい体を作れるのです。

ビタミンB6の健康効果

ビタミンB6は女性の健康効果だけではありません。その他の健康効果も確認していきましょう。

アレルギー反応の軽減

ビタミンB6は免疫力のバランスを正常にし、アレルギーの予防・改善に効果が期待できます。

そもそも、アレルギーは免疫が誤作動することで鼻水、くしゃみ、咳が起こり、酷くなると喘息やアトピーなどになる状態です。

通常はウイルスや細菌など、体に害を与えるものが侵入したときに「敵」と判断し、体が抗体と呼ばれる物質を作り出して攻撃・排除します。このような体を守る働きを免疫と呼びます。

しかし、アレルギー反応は本来なら体に害を与えない花粉やほこりなどに過剰に反応して攻撃し、それが体に悪影響を与える状態なのです。

たとえば花粉症の場合、アレルゲン(アレルギーの原因物質)である花粉が体内に侵入すると、IgEという抗体が作られます。IgEはアレルゲンが侵入するたびに作られ、皮膚や粘膜にあるマスト細胞に張り付いていきます。

マスト細胞に張り付いていたIgEとアレルゲンが結合すると、マスト細胞を刺激。ヒスタミンという化学物質を放出して鼻水やくしゃみを引き起こし、アレルゲンを追い出します。

毎年花粉症が悪化してきているという人は、IgEが増えてヒスタミンが過剰に放出されている状態なのです。これがアレルギー反応の正体です。

そして、IgEは免疫力が低下すると大量に作られてしまい、アレルギー反応を起こします。一方で免疫力が高すぎても害のない物質に過剰反応して攻撃を繰り返すためアレルギー反応が起こります。

このように、免疫力は高すぎず、低すぎずバランスを崩さないことが重要なのです。

そして、ビタミンB6は免疫機能を正常にし、免疫のバランスを調整することが分かっています。

参考:ビタミンB6=ピリドキシン 免疫力の増進

ビタミンB6の摂取によって喘息が改善したという例もあり、アレルギー改善の予防効果は高いと言えるでしょう。

動脈硬化予防効果

ビタミンB6には動脈硬化になるリスクを低くすることが期待できます。

動脈硬化とは文字通り血管の壁が固くなり、傷つきやすくなった状態です。そして、近年、動脈硬化には「ホモシステイン」というアミノ酸の一種が大きく関わっていることが分かってきています。

ホモシステインは肝臓でメチオニンというアミノ酸を代謝する時に一時的に発生します。ホモシステインはさらにビタミンB6や葉酸(ビタミンB9)によってシステインに変換され、皮膚や髪などを作るのです。

ところが、ビタミンB6や葉酸が不足しているとシステインに変換されず、ホモシステインが体内に徐々に増加。ホモシステインはLDL(悪玉コレステロール)というコレステロールと結びつくと酸化しやすくなり、酸化LDLに変化してしまいます。

この酸化LDLが動脈硬化の大きな原因となるのです。

酸化LDLは血管を傷つけ、血管の内壁に潜り込みます。さらに、酸化LDLは体内で異物と判断されるため、免疫細胞マクロファージが攻撃。酸化LDLを大量に飲みこみます。

ところが、マクロファージは酸化LDLを飲み込んだまま血管の内壁で死んでしまい、プラークと呼ばれる糊状のコブを作って血管の壁を狭くしてしまうのです。

この状態が続くと血管の壁が徐々に固く狭くなり、動脈硬化が進行してしまいます。

動脈硬化が酷くなると血管が狭いせいで血液がうまく流れず、全身に酸素や栄養が行き渡らなくなり、最悪の場合手足などの末端が壊死してしまうこともあります。

また、プラークが何かの拍子に破れると、大量のプラークが血液中に放出され、血管を詰まらせてしまうことがあるのです。古くなって錆が詰まるようになった水道管を想像するとわかりやすいかもしれません。

そのまま心臓まで酸素が届かなくなれば心筋梗塞に、脳の血管を詰まらせれば脳梗塞につながります。

ホモシステインは直接ではありませんが、このようにして動脈硬化を作り出すのです。実際に動脈硬化の人は体内のホモシステイン値が高いという研究結果があります。

しかし、ビタミンB6はホモシステインをシステインに変換するため、動脈硬化を予防することが期待できます。

ビタミンB6の摂取によって体内のホモシステイン量が減少し、動脈硬化によって起こる心疾患リスクが低くなったという統計もあります。

参考:とやまの製薬会社|第一薬品工業株式会社

動脈硬化予防を目的にビタミンB6を摂取するなら、相互作用で高めあう他のビタミンB群を一緒に摂取しましょう。

神経機能の健康維持

ビタミンB6はトリプトファンというアミノ酸から神経伝達物質を合成するため、神経機能の健康を維持する効果が期待できます。

ビタミンB6によって合成される神経伝達物質にはアドレナリン、ドーパミン、セロトニン、ギャバ、γーアミノ酪酸などがあります。

神経伝達物質とは脳の神経細胞の間を行き来して情報を伝える物質です。たとえばアドレナリンは興奮した時、ドーパミンは嬉しい時や快楽を感じた時に分泌されます。一方、セロトニンは日中に多く分泌され、このような興奮を抑えて心を落ち着かせます。

これらの神経伝達物質がバランスよく分泌されることで脳の神経機能が正常に働き、安定した精神状態が保たれるのです。

しかし、ビタミンB6が不足するとトリプトファンの代謝異常が起こりやすくなり、合成される神経伝達物質の量が減少し、神経伝達がうまくいかなくなってしまいます。

イライラや精神的不安定になりやすくなり、ビタミンB6が長期的に不足すると不眠やうつ病を引き起こす可能性が高まります。

血液中のビタミンB6濃度が高いほどうつ症状が低下していたという研究もあり、ビタミンB6によって精神安定効果を得られる事が期待できるのです。

脂肪肝予防

ビタミンB6は脂肪肝の予防に高い効果が期待できます。

脂肪肝とは文字どおり肝臓に脂肪が溜まってしまった状態で、そのまま放置すると肝硬変や肝臓ガンになるリスクもあります。

原因の多くは脂質の多い食事やアルコールです。多量に摂取した脂質がエネルギーとして使いきれず脂肪となって体内に蓄積されてしまうのです。

また、アルコールは分解されるときに中性脂肪が合成されやすくなるため、飲酒量が多ければ多いほど脂肪肝になりやすくなります。

しかし、ビタミンB6は脂質を代謝する時に使われるため、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があるのです。

実際に、ビタミンB6が欠乏した飼料を与えられたラットは肝臓に脂肪が蓄積するということが分かっています。

肉やアルコールを多く摂取する生活をしている人は、食習慣を改めると同時にビタミンB6の摂取を心がけましょう。

ビタミンB6を効果的に補うには

ビタミンB6は多くの食品に含まれています。具体的にどのような食品に含まれているのか、また効果的な摂取方法はあるのか見ていきましょう。

ビタミンB6の豊富な食品

ビタミンB6はトウガラシ(100gあたり3.81mg)や米ぬか(3.27mg)に多く含まれます。

また、魚類ではみなみまぐろ(1mg)、かつお(0.76mg)、肉類では牛(0.89mg)、豚(0.76mg)に多く、野菜ではにんにく(1.53mg)、じゃがいも(3.27mg)、抹茶(0.96mg)、ケール(0.75mg)に多く含有しています。

ビタミンB6は黒砂糖(0.72mg)やバナナ(1.04mg)などにも含まれているため、日常的にバランスの良い食事を心がければ不足することはないでしょう。

他のビタミンB群と一緒に摂ると効果UP!

ビタミンB6は「ビタミンB群」の一種です。ビタミンB群というだけあって、単体ではなく他のビタミンBと一緒に働くことで効果がより高められます。

もともとビタミンB群は発見当時、一種類の水溶性ビタミンと思われていました。しかし、その後、複数の物質が含まれていることが判明しビタミンB群と名付けられたのです。ビタミンB群はそれぞれ補酵素として働き、相互作用で効果を高めあいます。

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンB12の8種類の総称です。

ビタミンB6の場合、ビタミンB6を補酵素に変換するときに使われるビタミンB2や、ビタミンB6とともにアミノ酸代謝を行うビタミンB12、葉酸(ビタミンB9)を同時に摂取するのがオススメです。

青汁ならビタミンB6を含むビタミンB群が豊富

ビタミンB6は様々な食品に含まれていますが、毎日摂取したいなら過剰摂取やカロリーの摂りすぎにならない青汁がオススメです。

青汁はケールや大麦若葉など、栄養価の高い原料を粉末にした健康食品。すでに説明したとおり、ケールには100gあたり0.75mgのビタミンB6が含まれています。

また、青汁の原料野菜は、ビタミンB群がバランスよく含まれているため、相乗効果でビタミンB6が効果も発揮されすいのです。

また、青汁には食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維には排便を促し、腸内環境を高める効果があるため、ビタミンB6が作られやすい環境を整えることもできるのです。

青汁は、ビタミンB6の直接摂取と、ビタミンB6が作られやすい腸内環境を整える効果が同時にできます。

ビタミンB6の豊富な青汁の紹介

青汁にはビタミンB6が多量に含まれているわけではありません。しかし、他のビタミンB群がバランスよく含まれており、相乗効果が期待できるのです。

次からビタミンB6を効率的に摂取できる青汁を紹介します。

一日に必要なビタミンB6を補える「えがおの青汁満載」

株式会社えがおの「青汁満載」は18種類の素材を使った青汁です。

国産の大麦若葉、長命草を中心に、ケール、緑茶など、9種類の栄養価の高い素材を使い、ほうれん草、明日葉、ゴーヤなどの6種類の緑野菜、さらにフラクトオリゴ糖、レッドクローバーなど3種類の腸内環境を整える素材を配合しています。

いずれの素材もビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富!腸内環境を整えてビタミンB6の作りやすい体になることが期待できます。

さらに、各素材は固有のポリフェノールや有用成分を含んでいます。たとえば大麦若葉はSOD酵素という細胞の老化を抑える酵素、長命草にはクロロゲン酸、ルチンといった健康効果の高いポリフェノールが豊富に含まれているのです。

「青汁満載」の栄養価は非常に高く、一包みでビタミンCが16.0mg、ビタミンB6が1.32mg、ビタミンDが3.07ugとビタミンたっぷり!カルシウム10.1mg、マグネシウム3.73mgのようにミネラルも豊富です。

ビタミンB6の一日あたり摂取推奨量は18歳以上の男性1.4mg、女性1.2mgなので、「青汁満載」を一包み飲めば一日に必要なビタミンB6がほとんど補えてしまいます。

「青汁満載」は野菜不足を解消したい人はもちろん、ビタミンB6の様々な健康効果を実感したい人にオススメの青汁なのです。

ビタミンB6と同時に他のビタミンB群を摂取!「ふるさと青汁」

有限会社マイケアの「ふるさと青汁」は八丈島産の明日葉、熊本・大分県産の大麦若葉、島根県産の桑の葉を使った栄養バランス抜群の青汁です。

明日葉は栄養価が高く、「野菜の王様」と言われるケール以上のビタミン・ミネラルがあります。特に「ふるさと青汁」では、もっとも栄養が含まれている根まで丸ごと青汁に加工しています。

もちろん、ビタミンB群も豊富で、ビタミンB1が0.1mg、ビタミンB2が0.24mg、ナイアシン(ビタミンB3)が1.4mgも含まれているのです。

食事前や食事中に「ふるさと青汁」を摂取すれば、ビタミンB群の相乗効果でビタミンB6の効果がUP!美肌や髪、爪の成長などの美容効果を実感しやすくなるでしょう。

また、明日葉はカルコンというポリフェノールを多く含んでおり、むくみやセルライト解消に高い効果が期待できます。

さらに、大麦若葉はバランスの良いビタミン・ミネラルで生活習慣病予防に、桑の葉はDNJ(1ーデオキシノジリマイシン)という血糖値上昇を抑える効果のある成分で糖尿病予防があるなど、高い健康効果も期待できます。

このように、「ふるさと青汁」はビタミンB6を効率よく摂取し、健康・美容効果を得たい人にオススメの青汁です。

女性の健康を守る栄養素!ビタミンB6で健康美人を実現しよう!

ビタミンB6はタンパク質を分解し、体内で様々な働きをします。その効果は幅広く、PMS(生理前症候群)やつわりを軽減し、肌、髪、爪の成長を促し、タンパク質や脂質をエネルギーに変えて太りづらい体を作ります。

このような女性の健康を守るだけでなく、動脈硬化予防、アレルギーの軽減、肝脂肪の予防、神経伝達物質を合成して精神を安定させるなどの効果も期待できるのです。

ビタミンB6は腸内細菌で作られますが、日本人のビタミンB6摂取量は目標量に達していません。そのため、食品で補う必要があります。

肉、魚、果物、野菜など幅広い食品に含まれるビタミンB6ですが、毎日補うなら青汁がおすすめ!

青汁ならビタミンB6の効果を高める他のビタミンB群が含まれています。また、青汁には他のビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれており、腸内環境を良くしてビタミンB6の生成量を減少させない効果も期待できます。

ビタミンB6効果が得られる青汁を飲んで健康美人を目指しましょう!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ