青汁に添加物は含まれている?食品添加物の役割と安全性を徹底解説

青汁に添加物は含まれている?食品添加物の役割と安全性を徹底解説

「添加物は危険。だから添加物が含まれている青汁を飲むのは健康に良くない」と思っている人も多いでしょう。

しかし、食品に配合される添加物は厚生労働省が安全性を認めたものです。

また、添加物は安全性や健康効果を高めるために使われることもあります。

たとえばビタミンCは、食品の腐敗を抑えて品質を維持すると同時に、美容や健康への効果も発揮するのです。

今回は添加物の役割や安全な種類、そして青汁に含まれている添加物について詳しく解説します。

食品添加物とは

添加物と聞くと、体に悪く危険というイメージがあるかもしれません。しかし、添加物が配合されるには理由があります。

詳しく見ていきましょう。

食品添加物の役割

食品添加物の役割

食品添加物とは目的を持って食品に加えられた少量の物質のことです。

主な使用目的には、次のようなものがあります。

  • 見た目を良くする…着色料、発色剤等
  • 品質を保つ…防腐剤、保存料、酸化防止剤、防かび剤等
  • 味や香りを良くする…甘味料、調味料、香料等
  • 栄養を強化する…ビタミン、ミネラル類等
  • 形を保つために必要…凝固剤、乳化剤、ゲル化剤等
  • 加工時に必要…ph調整剤、消泡剤等

添加物は「危険なもの」、「不要なもの」と思われがちですが、以上のように形を保つためや加工時に欠かせないものなのです。

また、実際は食品添加物によって食の安全性は格段に向上しました。たとえば、防腐剤や保存料により、食中毒による死亡事故が激減したのです。

けれども、味や香りに関する添加物はいらないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、アイスクリームの良い香りは、添加物であるバニラエッセンスで生まれます。

また、昆布に含まれる「うまみ」を抽出した成分「グルタミン酸ナトリウム」は、レトルトなどの加工食品には欠かせません。

このような香りやうまみを天然の素材で作り出すには、手間やコストがかかります。すると、食品の価格が高くなり、普段の食卓で気軽に使用できなくなってしまうのです。

つまり、添加物によって食生活が豊かになっている面は否定できません。

では、添加物の安全性はどうでしょうか。

食品添加物の安全性

食品添加物の安全性

食品添加物は、厚生労働省が定めた「食品衛生法第10条」の基準をクリアしたものしか使用できません。

食品に配合できる添加物は、ラットやマウスなどの動物実験で厳しい毒性試験検査をクリアし、安全性が確認されたものだけです。それに加え使用量も厳しく定められています。

また、日本食品添加物協会が発表している「食品に使っても安全な添加物の量」は次のとおりです。

無害と確かめた量(無毒性量)の通常1/100の量を、毎日食べつづけても安全な量(1日摂取許容量)とします 引用元:安全性に対する考え方

つまり、1日摂取許容量は、人が添加物を摂取しても、体に影響の現れない量の100分の1以下とされています。

では、青汁にはどんな食品添加物が使用されているのでしょうか。

青汁に含まれている添加物

青汁によく使用される添加物について説明します。特徴や効果を理解して選ぶようにしましょう。

種類・役割添加物名特徴・効果
天然甘味料マルチトール、還元麦芽糖水飴、トレハロース、フラクトオリゴ糖など天然の植物や果実などの食品に含まれる甘み成分を抽出し、精製・濃縮したもの。一部、ハチミツのように精製をせず使用するものもある。腸内環境を整える作用が多い。
人工(合成)甘味料アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース化学的に合成された甘味を持った化合物で、ブドウ糖を含まない。カロリーがないためダイエット食品に添加されることが多い。
着色料クチナシ色素、ベニバナ色素などクチナシの花やベニバナから抽出された天然由来の色素で、安全性が高い。
香料オレンジ香料、バニリンオレンジの香りやバニラの香りを感じさせる成分。天然香料と人工香料があるが、「香料」としか表示されないのでパッケージでは判断できない。
保存料安息香酸、ソルビン酸など細菌、カビの繁殖を抑える抗菌作用がある。品質の劣化を抑え、賞味期限を延ばすが、食べ合わせによって体に有害な成分が発生することがある。
安定剤、増粘剤、賦形(ふけい)剤ガラクトマンナン、カラギーナン、ステアリン酸カルシウムガラクトマンナン(安定剤)、カラギーナ(増粘剤)は水に溶かしたとき食品に粘りやとろみをつける作用がある。ステアリン酸カルシウム(賦形剤)は錠剤などに成型するときに使用される。
栄養強化剤ビタミン類、食物繊維(難消化性デキストリン、アガベイヌリン)、乳酸菌など不足しがちな栄養を向上させるために添加される。栄養強化剤は表示免除されているので添加されていても表示されていない場合がある。

主に以上のような食品添加物が、青汁に配合されています。

青汁に添加物が含まれる理由と安全性

先ほど確認した食品添加物は、どのような理由で青汁に配合されているのでしょうか。ここでは、食品添加物が使用される理由、そしてその安全性について見ていきましょう。

甘味料(飲みやすさの向上)

汁に添加物が含まれる理由と

青汁は高栄養価の野菜を粉末にした健康食品。豊富な栄養が手軽に摂れる一方で、強い苦みや独特のクセがあります。「まずい!もういっぱい!」という昔のテレビCMのイメージもあり、敬遠している人も少なくありません。

ここ数年は企業の努力により、飲みやすい青汁も多くあります。しかし、原料として使われる野菜の種類によっては青臭さや苦みがあります。

そこで、飲みやすくするために甘味料を配合しているのです。

ただし、青汁に使用される甘味料には天然と人工の二種類があります。それぞれ特徴が異なるので、詳しく確認していきましょう。

天然甘味料 天然甘味料

天然甘味料とは果物や植物などから抽出された甘み成分です。キク科の植物から作られるステビア、シラカバやカシの木から抽出されるキシリトール、デンプンを原材料にした麦芽糖から還元して作られるマルチトールなどがあります。

また、食品であるハチミツ、オリゴ糖、メープルシロップ、黒糖、トレハロースなども天然甘味料です。

これらの天然甘味料は昔から使用されていたものが多く、安全性が高いのが特徴。さらにハチミツやオリゴ糖には腸内環境を整える働きが、キシリトールには虫歯予防効果があるなど、他の健康効果も期待できます。

ただし、ブドウ糖が含まれており、大量摂取は肥満につながるので注意しましょう。

人工甘味料 人工甘味料

人工甘味料は化学合成された自然界には存在しない成分です。よく青汁に使用される甘味料にアステルパーム(日本ではパルスイート)、スクラロース、アセスルファムKなどがあります。

これらは味覚(舌)に直接「甘い」と感じさせる成分です。

アステルパーム、アセスルファムKはショ糖(砂糖の主成分)の200倍の甘さ、スクラロースは600倍の甘さがあります。しかし、ブドウ糖を含んでいないため、ノンカロリーなのに甘みだけ感じられるのです。

そのため、これまではダイエットや肥満予防に効果的とされてきました。ところが、人工甘味料は腸内細菌に影響し、肥満予防になるどころか肥満や糖尿病につながりやすいことが分かってきたのです。

近年の研究で、腸内細菌が糖代謝に関わっていることが判明しました。では糖代謝とは何のことでしょうか。

人が炭水化物や果物、穀類などを食べると体内で消化液によって分解され、ブドウ糖になります。

そして、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が増えると、膵臓が反応してインスリンというホルモンを分泌。インスリンはブドウ糖を人が活動するためのエネルギーに変えます。

このように、食事で得たブドウ糖をエネルギーに変える一連の働きが糖代謝です。

しかし、インスリンの分泌量が減るとブドウ糖が余ってしまい、脂肪として蓄積されます。つまり、糖代謝が悪くなると肥満につながるのです。

そして、この糖代謝に影響を与えているのが腸内環境。インスリンの働きが良い人の腸内細菌を調べたところ、糖代謝に関わる細菌が確認されたのです。

人工甘味料は摂取し続けると腸内細菌の性質が変わり、血糖値が上昇しやすくなると考えられています。

実際に、人工甘味料を含むダイエット清涼飲料水を飲む量が多い人の方が、糖尿病の発症率が高かったという統計も出ているのです。

また、人工甘味料であるサッカリンを使ったラットの実験でも、腸内細菌が変化し、血糖値を正常値に保つ機能に異常が生じることが実証されています。

いくら食品添加物の使用基準が厳しく制限されているとはいえ、青汁は長期間飲むことを前提にした飲み物です。

できるだけ人工甘味料が含まれるものは避け、天然甘味料を使った青汁を選びましょう。

ビタミン類(栄養価の向上)

ビタミン類(栄養価の向上)

青汁にはビタミン類が添加されている商品があります。このようなビタミン類は栄養強化剤とも呼ばれ、栄養を補う目的があるのです。

そもそも、青汁の原材料にはビタミン豊富な野菜が使われていますが、原材料の種類によって含まれるビタミンの量は異なります。

たとえば100gあたりに含まれるビタミンCはケールはが約81mg、明日葉が約41mg、大麦若葉が約70mgです。一方ビタミンB2はケールが約0.15mg、明日葉が約0.24mg、大麦若葉約1.47mg。

このように野菜ごとにビタミン量が大きく違うのが分かりますね。

そのため、それぞれ足りないビタミンを補い健康効果を高めるためにビタミン類を添加するのです。

なかでも青汁の商品に多く配合されているのはビタミンC(アスコルビン酸)です。

ビタミンCは抗酸化作用という細胞の酸化(老化)を抑える働きを持っており、アンチエイジング、美白、肌の張り、免疫力向上など多くの健康・美容効果があります。

また、ビタミンCは青汁の酸化を防ぐ意味でも配合されていることがあります。ビタミンCの抗酸化作用を防腐剤として利用しているわけですね。

ほかにもビタミンC同様抗酸化作用を持ったビタミンEや、脂肪や糖質の代謝を高めるビタミンB群などが配合されることもあります。

このような栄養強化目的のビタミン類に関しては、危険性はありません。青汁に配合されていても神経質になる必要はないでしょう。

食物繊維(健康効果の向上)

食物繊維(健康効果の向上)

青汁の中には水溶性食物繊維である「難消化性デキストリン」が配合されているものがあります。

食物繊維には水溶性、不溶性の二種類がありますが、青汁の原材料には不溶性食物繊維が多く含まれ、水溶性食物繊維はあまり含まれていません。

この二つの食物繊維は整腸作用や排便作用に優れており、バランスよく摂取することでより便秘解消などの効果が出やすくなります。

たとえば、不溶性食物繊維は胃腸で水を吸って膨らみ、胃腸内の壁に張り付いている老廃物や有害物質を巻き込みながら移動するデトックス効果と、腸の壁を刺激して排便を促す効果に優れています。

一方、水溶性食物繊維は水を吸収するとゲル状になり、便の滑りを良くして排便を促す効果があります。

難消化性デキストリンが配合されている青汁は、この二つの作用により、便秘解消の高い効果が得られるのです。

ほかにも難消化性デキストリンには次のような多くの特徴があります。

中性脂肪・コレステロール値の低下

難消化性デキストリンは水分を吸ってゲル状になると胃の壁に広がり脂肪の吸収を抑えます。そのため、肥満を予防・解消しダイエットに効果があるのです。

実際に難消化性デキストリンの実験で内蔵脂肪が減少したという結果が出ています。

血糖値の上昇を緩やかにする

すでに説明したとおり、糖分を摂ると血糖値が上昇しますが、食事のときに難消化性デキストリンを摂取すると、ブドウ糖の吸収が抑えられ、血糖値の上昇が穏やかになることが分かっています。

では、血糖値が急上昇しないのがなぜ良いのでしょうか。

実は血糖値が急上昇するとインスリンの分泌が追い付かず、エネルギーに変えられなかったブドウ糖が脂肪となって蓄積されてしまうのです。

そのため、血糖値の急上昇は肥満につながります。また、血液中にブドウ糖が多いと血液がドロドロになり、動脈硬化を引き起こしやすくなるなどのリスクも上がります。

整腸作用

難消化性デキストリンは腸の環境を整える効果にも優れています。

腸内には約100兆個以上もの細菌が住んでおり、体に有効な働きをする善玉菌、有害物質を作り出す悪玉菌、普段はなにもしない日和見菌の3種類に分けられます。

善玉菌が多ければ健康に、悪玉菌が多ければ日和見菌も悪玉菌に変化するため病気や体調不良につながりやすくなるのです。

また、善玉菌は増えると腸の動きを活発にするため、規則正しいお通じにつながりやすくなります。

そして、難消化性デキストリンは善玉菌の餌になることで、善玉菌を増やす効果を持っているのです。

高い安全性 高い安全性

このような多くの作用に加えて最も重要なのは、難消化性デキストリンが安全な成分ということです。難消化性デキストリンはジャガイモやトウモロコシのでんぷんから作られた成分で、副作用がありません。

発売から25年以上経過していますが、重篤な健康被害の報告例は今のところないのです。

乳酸菌(健康効果の向上)

乳酸菌(健康効果の向上)

青汁には乳酸菌が配合されている商品が多くあります。

青汁に求められる効果の一つとして便秘解消がありますが、乳酸菌は腸内環境を整える効果に優れており、便秘解消効果を高めてくれるのです。

では、乳酸菌はどのように腸内環境を変えるのでしょうか。腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌があると説明しましたよね。

そして、乳酸菌は善玉菌の一つなのです。乳酸菌は腸内で糖や水溶性食物繊維を餌にして乳酸を作りますが、これが腸内を弱酸性に変えます。

悪玉菌はアルカリ性の環境を好むため、弱酸性になると増殖が抑えられるのです。

また、乳酸菌は善玉菌を増やす効果にも優れています。近年は「生きたまま腸に届く乳酸菌」という触れ込みの商品も多く販売されていますが、生きた乳酸菌は直接善玉菌を増やし、死んだ乳酸菌は善玉菌の餌となって増やす効果があることが分かっています。

このように、青汁の食物繊維の効果に加えて乳酸菌による腸内環境向上によって腸の動きが活性化し、便秘解消効果が高くなると考えられるのです。

安全性の高い青汁の見分け方

青汁には添加物が配合されている場合があり、種類よっては注意が必要であるということがお分かりいただけたでしょうか。

では、安全性の高い青汁を見分けるにはどうすればよいのか、詳しく説明していきます。

原料・添加物の配合割合

原材料や添加物の配合割合が知りたいなら、青汁の商品を買う前にパッケージの表示を確認しましょう。青汁の商品はJAS法によって表示義務が定められており、重量の多い順に成分が表示されています。

青汁の場合は原材料となる野菜の名前が一番左にあれば、原材料がもっとも多いということになります。

しかし、問題のある青汁もあります。次の例を見てみましょう。

こんな青汁には注意しよう

こんな青汁には注意しよう

青汁は原材料の栄養素を継続して長期間摂取することで体質を徐々に変えていくことを目的にしています。

たとえば、一年近く飲み続け、気が付いたら体の調子が良くなっていた、というのが青汁の正しい効果なのです。

ところが、(例)にある青汁の場合、原材料である大麦若葉よりも還元麦芽水飴という甘味料が多く含まれています。このような青汁を長期間飲み続けても原材料による健康効果は得づらく、むしろ肥満につながる可能性も出てきます。

青汁を選ぶときは必ず表示による成分を確認し、原材料が一番多く含まれていることを確認しましょう。

添加物が気になる人は無添加青汁がおすすめ

添加物が気になる人は無添加青汁がおすすめ

添加物が気になって青汁を飲めないという人には、完全無添加の青汁もありますので、ご紹介します。

サンスター粉末青汁

サンスターの粉末青汁は5種類の国産野菜のみで作られた完全無添加の青汁です。防腐剤が含まれていないため賞味期限が約9カ月と短いですが、その代わり安全性は抜群です。

また粉末青汁は、通常の青汁が一包約3~4gなのに対して、一包10gと3倍近く、野菜100g相当の栄養が含まれています。

厚生労働省は一日当たり350gの野菜を摂取するよう推奨していますが、日本人の平均野菜摂取量は約277g。不足している野菜を粉末青汁一包で補えるのです。

使用されているのは、固有のポリフェノールなどが含まれるケールをはじめ、明日葉、モロヘイヤ、ブロッコリー、大麦若葉など栄養豊富な野菜ばかり。、生活習慣病予防や便秘解消、アンチエイジング、美肌など多くの効果が期待できます。

しかし、完全無添加だと飲みづらいのでは?と思われるかもしれません。サンスターはその問題を野菜の配合バランスを調整することで解決しています。

ケールは苦み・青臭さがありますが、甘みのある大麦若葉とブロッコリーでそれを打ち消し、明日葉のスパイシーさを加えてアクセントにしています。さらに、モロヘイヤは粉っぽさを抑える効果があり、とろみを出して飲みやすくしているのです。

完全無添加でありながら飲みやすさにもこだわったサンスターの粉末青汁は、安心、安全に健康を目指す人におすすめの青汁です。

青汁 添加物Q&A

青汁 添加物Q&A

ここでは青汁と添加物について質問形式で答えていきます。

青汁を飲まない方がいい人っているの?・・・YES

青汁は健康維持や生活習慣病を予防したい人にお勧めの飲料です。しかし、次のような人は青汁を飲まない方が良いでしょう。

1歳未満の赤ちゃん…1歳未満の赤ちゃんは胃腸が未熟で青汁を消化できない場合があります。また、蜂蜜が配合されている青汁は乳児ボツリヌス症という症状を引き起こすことがあるので絶対に与えないでください。

野菜にアレルギーがある…青汁の原材料である野菜にアレルギーがある場合は飲まないでください。

ワーファリンを服用している人…ワーファリンとは血液を固まりづらくする薬です。ところば、青汁の原材料のほとんどにはビタミンKという血液を凝固させる成分が含まれており、薬の効果を減少させてしまいます。

妊娠中の女性…青汁に人工添加物が含まれている場合、胎児に悪影響を与えることがあります。

腎機能傷害のある人…青汁にはカリウムという成分が多く含まれています。しかし、腎臓が弱っているとカリウムが排出されず、体内にとどまって高カリウム血症を引き起こすことがあります。

無添加青汁は飲みにくいって本当?・・・YES

本当です。無添加の青汁は野菜を粉末にしただけの状態ですので、青臭さを感じやすくなります。特にケールは苦みが強いため、飲みやすいとは言えません。

しかし、近年主流の大麦若葉の場合は抹茶のような風味で非常に飲みやすい味です。またクマザサ、桑の葉などの青汁もクセが少ない味です。

それでも、どうしても飲めない、と感じたら、牛乳やヨーグルトに混ぜてみましょう。青臭さや苦みを打ち消して飲んだり食べたりしやすくなりますよ!

人工甘味料はすべて危険なの?・・・NO

人工甘味料のすべてが危険とは限りません。

現在厚生労働省が許可している添加物で健康被害が報告された例は、長期間大量に摂取した場合です。そのため、商品に記載されている使用量を守っていれば問題ないと言えるでしょう。

たとえば青汁によく使用されるスクラロースの場合、厚生労働省ではADI(一日摂取許容量)を15mgとしており、非常に使用量を低く設定しているのです。

参考:厚生労働省

またショ糖の600倍の甘さということで、実際の商品に使われるスクラロースはもっと少ない量になります。たとえば、チューインガムの場合1kgあたり2.6mg以下、ジャムの場合は1kgあたり2.0mg以下とされています。

どの食品も一日に1kgも食べませんよね。このように、日常で摂取する場合はごく微量になり、危険性は非常に低いのです。

購入前に青汁のパッケージを必ず確認!(まとめ)

購入前に青汁のパッケージを必ず確認!(まとめ)

添加物はできるだけ避けたい、という人も多いでしょう。しかし、添加物のすべてが危険というわけではありません。

たとえば天然添加物やビタミン類、乳酸菌などの添加物が含まれている場合は、むしろ添加物自体に健康効果があります。

一方、人工添加物が含まれている場合も厚生労働省の許可を受けた安全性の高いものしか含まれていません。使用量も規制されていますので、神経質になりすぎないようにしましょう。

また、購入するときはパッケージの表示を確認してみてください。JAS方により、成分量の多い順に記載されているので、原材料の割合などが分かります。

青汁は長期間継続する飲料です。自分が納得する青汁を見つけてくださいね!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ