青汁ダイエットならリバウンドなし!無理なく健康的に痩せられる理由とは

青汁ダイエットならリバウンドなし!無理なく健康的に痩せられる理由とは

「がんばってダイエットしたのに、リバウンドして前より体重が増えてしまった…」こんな経験ありませんか?

ダイエットを経験した人の6割以上がリバウンドしていると言われています。しかも、リバウンドを繰り返すと、太りやすくて痩せにくい体質になってしまうのです。

ダイエットのために無理な食事制限をすると、健康的に痩せられません。リバウンドしやすくなるだけでなく、体に必要な栄養素が不足して、健康や美容への悪影響もあります。

そこでおすすめなのが青汁。青汁には豊富な栄養素が含まれているので、無理なく健康的に痩せられます。リバウンドの心配もありません。

今回は、青汁ダイエットならリバウンドしにくく、健康的に痩せられることをお伝えします。青汁を取り入れて、リバウンドしにくいダイエットに取り組みましょう。

リバウンドしてしまう理由・リバウンドしてしまうダイエット方法

リバウンドしてしまう理由・リバウンドしてしまうダイエット方法

ダイエットに成功した後に、なぜリバウンドしてしまうのでしょうか。

まずは、リバウンドしてしまう理由やリバウンドしてしまう人の多くが取り組んでいるダイエット方法について確認していきましょう。

ダイエットのリバウンドとは

ダイエットのリバウンドとは

そもそも、ダイエットのリバウンドとは、どんな状態のことを言うのでしょうか。

リバウンドとは、ダイエットによって減少した体重や体脂肪がもとの数値に戻ってしまうことです。もとの数値以上に増加してしまうことも含みます。

ダイエットを経験した人の6割以上がリバウンドしていると言われています。そして、リバウンドを繰り返すと太りやすくて痩せにくい体質になってしまうのです。

ダイエットに取り組む場合は、リバウンドしないダイエット方法を選んで取り組むことが重要です。

リバウンド理由①ホメオスタシス機能と停滞期

リバウンド理由①ホメオスタシス機能と停滞期

食事量を制限すると、最初は順調に体重が減ります。しかし、ある時期からなかなか減らなくなります。この体重が減らない時期を「停滞期」といい、長いと1か月程度続くこともあります。

体に入ってくるエネルギーが急に少なくなると、体を維持させるためにエネルギー消費を減少させる「ホメオスタシス」という機能があります。

ダイエットによってホメオスタシスが機能すると、食事量の制限に伴ってエネルギー消費量が減り、なかなか体重が減らなくなるのです。

停滞期にダイエットを諦めても、しばらくホメオスタシスは機能し続けます。そのため、食事をもとに戻しても、エネルギー消費量は少ないままなので、かえって体重や脂肪が増えてしまうのです。

リバウンド理由②レプチン減少による満腹感の変化

リバウンド理由②レプチン減少による満腹感の変化

レプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌され、満腹中枢を刺激して満腹感を与えてくれるホルモンです。食事量を制限すると、このレプチンも減少します。

レプチンが減少した状態で食事量をもとに戻してしまうと、なかなか満腹感を感じないので食べ過ぎてしまうのです。その結果、体重や脂肪が増えてリバウンドしてしまいます。

レプチンの分泌量がもとに戻るまでに1か月程度かかります。そのため、食事量を少しずつ戻していかないとリバウンドする可能性が高くなるのです。

リバウンド理由③筋肉が落ちることによる基礎代謝の低下

リバウンド理由③筋肉が落ちることによる基礎代謝の低下

食事制限のみのダイエットは栄養不足になりやすく、筋肉を作るために必要なたんぱく質やビタミンが不足します。すると、筋肉が落ちてしまい、それに伴って基礎代謝も低下してしまいます。

基礎代謝は生命維持のために、何もしていなくてもエネルギーを消費する働きです。そのため、基礎代謝が高い人ほど脂肪をエネルギーに換えやすく、痩せやすいのです。

食事制限によって一時的に体重が減っても、筋肉が落ちて基礎代謝が低下しているので、食事をもとに戻したときに摂取カロリーを十分に消費できない体になってしまいます。

その結果、すぐに体重が増えてリバウンドしてしまうだけでなく、痩せにくい体質になってしまうのです。

リバウンドしてしまうダイエット法

リバウンドしてしまうダイエット法

紹介した3つのリバウンド理由からもわかるように、食事制限だけのダイエット法ではリバウンドしてしまう可能性が高いです。

急に食事量を減らすと、ホメオスタシスや基礎代謝の低下でエネルギー消費量が減ってしまいますし、レプチンの分泌量が減って満腹感を感じにくくなります。

また、ご飯やパンを一切食べない、果物しか食べないなどの極端なダイエットでは、必要な栄養素が不足し、健康や美容にも悪影響があります。

ダイエットに取り組むときは、食事制限のみのリバウンドする可能性が高いダイエット法は避けたほうがよいでしょう。

リバウンドを繰り返すと痩せにくくなる

リバウンドを繰り返すと痩せにくくなる

ここまでで、ダイエットでリバウンドしてしまう理由やリバウンドしやすいダイエット法がわかりました。

次に、リバウンドを繰り返すと痩せにくくなる理由について詳しく確認していきましょう。

リバウンドする度に筋肉が落ちて脂肪が増えている

リバウンドする度に筋肉が落ちて脂肪が増えている

無理な食事制限によるダイエットは、すぐに体重が減ります。食べる量を減らしているので当然のことです。

この状態を続けると、脂肪ではなく筋肉が落ちます。脂肪が燃えたのではなく、筋肉が落ちたことで体重が減っているにすぎません。

そして、停滞期が訪れると我慢できなくなり、食事をもとに戻すことでリバウンドしてしまいます。

すると、ダイエット前と体重は同じでも、筋肉が落ちて脂肪は増えてしまうのです。

ダイエット前よりも体脂肪率が増えるうえに、ホメオスタシスや基礎代謝の低下によってエネルギー消費量が減ることで、痩せにくい体質になる悪循環に陥ってしまいます。

脂肪はかんたんに増えるが、筋肉はなかなか増えない

脂肪はかんたんに増えるが、筋肉はなかなか増えな

筋肉はエネルギー代謝を促して脂肪燃焼を助け、基礎代謝の向上にも効果があります。しかし、リバウンドを繰り返して筋肉が落ちると基礎代謝が低下してしまいます。

すると、ちょっと運動したぐらいではかんたんに痩せない体質になってしまうのです。皮下脂肪は内臓脂肪よりも落ちにくく、皮下脂肪を落とすには基礎代謝の向上が欠かせません。

そのため、基礎代謝を上げるには筋肉を増やさなくてはいけませんが、一度落ちてしまった筋肉はなかなか増えないのです。

たんぱく質やビタミンなど、筋肉をつけるのに有効な栄養素を摂取したうえで、筋トレにも取り組む必要があります。

痩せたいからといって食事制限だけのダイエットをしてしまうと、すぐに体重が落ちてもリバウンドしやすく、痩せにくい体質になってしまうので注意が必要です。

痩せにくい体質は生活習慣病につながる

痩せにくい体質は生活習慣病につながる

無理なダイエットでリバウンドを繰り返し、痩せにくい体質になると、肥満になる可能性が高くなります。

肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病と密接な関係があると言われています。放置していると血管へ大きな負担を与え、動脈硬化を引き起こします。

そして、動脈硬化が脳卒中や心筋梗塞などの大きな病気につながるのです。

肥満は生活習慣病だけでなく、骨や関節への負担が大きくなることによる関節障害や、睡眠時無呼吸症候群など、多くの病気の原因にもなります。

無理なダイエットでリバウンドを繰り返し、痩せにくい体質になることは、生活習慣病など病気になるリスクを高めることを理解しておきましょう。

リバウンドだけじゃない!無理なダイエットの悪影響

リバウンドだけじゃない!無理なダイエットの悪影響

無理なダイエットでリバウンドを繰り返すと痩せにくくなることがわかりました。しかし、無理なダイエットの悪影響はリバウンドだけではありません。

ここでは、無理なダイエットが健康や美容に及ぼす悪影響について確認していきましょう。

貧血になりやすくなる

貧血になりやすくなる

無理なダイエットで食事制限してしまうと、貧血になりやすくなります。

鉄分が不足して血液量が減ってしまったり、ヘモグロビンの減少によって体に酸素や栄養が十分に行き渡らず、脳がエネルギー不足になってしまうことが原因です。

鉄分だけでなく、ビタミンも重要です。ビタミンは鉄の吸収を促したり、正常な赤血球を作る役割を果たしているので、不足すると血液量が減って貧血になりやすくなるのです。

貧血で倒れて頭を打つなどの大事故につながる可能性もありますし、女性の方は生理不順などにつながってしまうこともあります。

免疫力が低下して病気になりやすくなる

免疫力が低下して病気になりやすくなる

無理なダイエットは免疫力を低下させて、病気になりやすくなる原因になります。

食事から十分な栄養素が摂取できないと、筋肉が落ちることで基礎代謝が低下します。すると、血流が悪くなって基礎体温が低下し、冷え性につながります。

体が冷えると血液中の白血球の、細菌やウイルスから体を守る働きが弱まってしまうのです。その結果、風邪をひきやすくなったり、体調不良につながります。

体温が1度下がると免疫力は30%下がると言われています。免疫力の低下はがんなどの重大な病気の原因にもなるので軽視できません。

集中力が低下する

集中力が低下する

無理なダイエットは、集中力が低下する原因にもなります。

食事制限で炭水化物やたんぱく質などのエネルギー源になる食事量を減らしてしまうと、体がエネルギー不足になってしまいます。

すると、脳もエネルギー不足になって頭がぼーっとしてしまい、集中力が低下してしまうのです。

先程、無理なダイエットは貧血になりやすくなると説明しましたが、貧血で脳が酸素不足になることも集中力低下の原因になります。

肌のターンオーバーが低下する

人の肌は一定のサイクルで新しく生まれ変わっており、この一連のサイクルを「ターンオーバー」といいます。美しい肌はターンオーバーがうまく行われている証拠です。

無理なダイエットで体に必要な栄養素が不足すると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、しわやシミ、肌荒れなどの原因になります。

肌のターンオーバーを正常に保つには、ビタミンやミネラル、食物繊維などをバランスよく摂取することが大切です。

そのため、無理な食事制限で栄養不足になると、ターンオーバーが乱れて肌トラブルの原因になり、肌のはりやツヤが失われてしまうのです。

髪の毛のパサつきや抜け毛

髪の毛のパサつきや抜け毛

無理なダイエットは、髪の毛のパサつきや抜け毛の原因になることもあります。

食事制限によって、体に必要な栄養素が不足すると、その栄養は生命維持に重要な器官に優先して使われることになります。

すると、生命維持には重要ではない髪の毛には十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。その結果として、髪の毛のパサつきや抜け毛につながります。

本来は健康的に痩せて、見た目も美しくなることが目的のはずが、無理なダイエットによって病気のリスクを高め、美容にも悪影響を与えてしまうのです。

リバウンドや健康・美容への悪影響を防ぐには

リバウンドや健康・美容への悪影響を防ぐには

無理なダイエットがリバウンドの原因になり、健康や美容へ悪影響があることがわかりました。では、リバウンドや健康・美容への悪影響を防ぐには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

ここでは、健康的に痩せるために、ダイエットに取り組むときに気をつけたほうがよいことをお伝えします。

無理な食事制限をせず、体に必要な栄養素を摂取する

無理な食事制限をせず、体に必要な栄養素を摂取する

リバウンドや健康・美容への悪影響を防ぐには、無理な食事制限をせず、体に必要な栄養素を摂取することが大切です。

ダイエットのために、急にご飯やパンを一切食べなかったり、りんごしか食べないなどのように極端なダイエットをすると、体に必要な栄養素を摂取できなくなります。

食事量を減らすことで一時的に体重は減るかもしれませんが、それは体内の水分や筋肉量が減っただけで脂肪が減ったわけではありません。

栄養不足になると病気になりやすく、肌や髪の毛など、美容への悪影響もあります。また、筋肉が落ちることで基礎代謝が低下し、痩せにくい体質になってしまいます。

ご飯や肉類などを少しずつ減らし、野菜を多く食べるようにするなど、無理のない範囲でダイエットに取り組むとよいでしょう。

1か月の体重減少を5%以内に抑える

1か月の体重減少を5%以内に抑える

体に入ってくるエネルギーが急に少なくなると、体を維持させるためにエネルギー消費を減少させる「ホメオスタシス」という機能があることを説明しました。

このホメオスタシスが最大に機能するのが、体重が1か月に5%以上落ちたときだと言われています。

そのため、1か月の体重減少を5%以内に抑えると、ホメオスタシスによるエネルギー消費低下の影響が弱まり、なかなか痩せない停滞期を最小限に抑えられます。

体重60㎏の人なら1か月の体重減少を3㎏以内に抑えましょう。短期間で結果を求めようとせず、ゆっくり長期間取り組むのが、リバウンドを防ぎ、健康的に痩せられるコツです。

停滞期が来ても1か月は食事をもとに戻さない

停滞期が来ても1か月は食事をもとに戻さない

ダイエットに取り組むと、どうしても停滞期はやってきます。思うように体重が減らないと諦めて食事をもとに戻してしまう人が多いのですが、1か月は我慢しましょう。

食事量を減らすと、満腹中枢を刺激して満腹感を与えてくれるホルモンであるレプチンも減少します。このレプチンは分泌量が減少すると、もとに戻るのに1か月かかります。

そのため、急に食事をもとに戻してしまうと満腹感を感じにくく、食欲を抑えられずに食べ過ぎてしまうのです。

1か月我慢すればレプチンの分泌量に体も慣れて、少ない食事でも満腹感を得やすくなっていきます。停滞期が来ても、すぐに食事をもとに戻さないように注意しましょう。

食事制限だけでなく、運動も取り入れる

食事制限だけでなく、運動も取り入れる

食事制限だけのダイエットでは、体に必要な栄養素が不足し、筋肉が落ちて基礎代謝が低下してしまいます。それを防ぐには運動も取り入れることです。

激しいトレーニングではなく、ウォーキングや軽めのランニングなど、負荷が少なくて続けやすい有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動は体内に取り込んだ酸素を使って脂肪を燃焼してくれます。また、基礎代謝が向上して痩せやすい体質になり、健康や美容への効果も期待できます。

食事制限だけのダイエットはリバウンドしやすいので、運動も取り入れるとよいでしょう。

リバウンドもなく健康的に取り組める青汁ダイエットについて

リバウンドもなく健康的に取り組める青汁ダイエットについて

リバウンドや健康・美容への悪影響を防ぐためには、無理な食事制限をせず、体に必要な栄養素が不足しないようにする必要があります。

そこでおすすめなのが青汁。青汁で取り組める置き換えダイエットやプチ断食なら、健康的に痩せられてリバウンドの可能性も低くなります。

ここでは、リバウンドもなく健康的に取り組める青汁ダイエットについてお伝えします。

青汁で置き換えダイエット

青汁で置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、普段の食事を低カロリーのダイエット食品やドリンクに置き換えることで、カロリーや脂肪の摂取を抑えることに取り組むダイエット法をいいます。

青汁で取り組む置き換えダイエットであれば、朝食と昼食は普通に食べて、夕食を青汁にするといった方法になります。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維など、体に必要な栄養素が豊富に含まれているので、食事を青汁に置き換えても栄養不足になりません。

青汁に含まれるビタミンB群にはたんぱく質や糖質、脂質の代謝を促して脂肪の蓄積を抑える働きがあります。

また、食物繊維は腸の老廃物の排出を促し、便秘を解消して腸内環境を整える働きがあります。

青汁には、ダイエットに欠かせない栄養素が含まれているのです。

青汁に置き換えるのは夕食がおすすめ

青汁に置き換えるのは夕食がおすすめ

青汁で置き換えダイエットに取り組むなら、夕食を置き換えるのがおすすめ。

一般的に夕食は就寝時間に一番近く、夕食に食事量を増やすとエネルギーが消費されず、脂肪に変わりやすいからです。

そのため、夕食を青汁に置き換えることで摂取カロリーを抑えながらも、ビタミンやミネラルなどの栄養素は摂取できます。

人は就寝中に疲労回復や肌のターンオーバーが行われます。夕食でしっかり栄養素を摂取しておくと、健康や美肌への効果も期待できるので、健康的に取り組めるダイエット法です。

青汁でプチ断食

青汁でプチ断食

健康的に取り組めるダイエット法には、プチ断食もあります。

通常の断食は数日間食事を一切取りませんが、プチ断食は半日~2日間程度と期間が短く、栄養価の高い飲み物(青汁、野菜ジュースなど)は飲んでも良いのが通常の断食との違いです。

プチ断食で期待できる効果は以下の通りです。
  • ダイエット効果
  • 胃腸の調子が良くなる
  • 便秘を解消して腸内環境を改善する
  • 肝臓の解毒作用を高める
  • 美肌効果

プチ断食はダイエットだけでなく、健康や美肌への効果も期待できます。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれているので、青汁でプチ断食に取り組むことで、その効果を高めてくれるのです。

青汁でプチ断食の取り組み方

青汁でプチ断食の取り組み方 プチ断食には「準備期」「断食期」「回復期」があります。
  • 準備期(前日)…断食期に備えて、食事を軽めにする。
  • 断食期(半日~3日)…固形物を食べず、3食の代わりに青汁やジュースなどを飲む。
  • 回復期(断食終了翌日)…いきなり通常の食事に戻さず、おかゆで胃腸をいたわる。

前日の準備期の食事は消化の良いものにし、食事量もいつもの7割程度に抑えるようにしましょう。

断食期では基本的に水分摂取のみですが、青汁の他に具なしの味噌汁や野菜スープ、ヨーグルトや豆乳、野菜ジュースなどは摂取しても問題ありません。

そして、回復期はいきなり通常の食事に戻すと胃腸への負担が大きいので、最初の1日目は三食おかゆと薄味で消化の良いおかず、2日目以降に徐々に食事を戻していくようにします。

初めてプチ断食に取り組むときは半日~1日程度から始め、もし体調が悪くなった場合は無理をしないようにしましょう。

リバウンドが防げる、置き換えダイエットやプチ断食に最適な青汁とは

リバウンドが防げる置き換えダイエットやプチ断食には、どんな青汁を飲めばよいのでしょうか。

ここでは、おすすめの青汁を2つ紹介します。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、大麦若葉、明日葉、クマザサ、甘藷若葉の4つが原料の青汁で、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれているのが特徴。

これに果物、野菜、野草、海藻を熟成させた181種もの酵素を配合することで、消化や代謝をサポートしてくれます。

さらにプラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸の3大美容成分も配合されているので、美肌や美髪効果も期待できます。

おいしいフルーツ風味で飲みやすい味に仕上がっており、野菜が苦手な人でも続けやすい青汁です。

美容成分が豊富に含まれているので、置き換えダイエットに取り組みながら、美容にもこだわりたい人におすすめの青汁です。

青汁で健康的でリバウンドのないダイエットに取り組みましょう!!

ダイエットのために無理な食事制限をすると、栄養不足なって健康的に痩せられません。筋肉が落ちてリバウンドしやすくなり、痩せにくい体質になってしまいます。

リバウンドを繰り返すと痩せにくい体質になるだけでなく、貧血や病気、肌の老化など健康や美容への悪影響もあるのです。

ダイエットには青汁がおすすめ。豊富な栄養素が含まれている青汁で置き換えダイエットやプチ断食に取り組めば、無理なく健康的に痩せられます。

青汁を飲んで、健康的でリバウンドのないダイエットに取り組みましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ