青汁でおならが増えるのは腸内環境が改善されるから!?臭い改善にも効果的!

青汁でおならが増えるのは腸内環境が改善されるから!?臭い改善にも効果的!

青汁を飲むとおならの回数が増えたり、臭くなったりするという噂があります。健康や美容のために青汁を飲みたいけれど、これが心配で青汁を敬遠している人もいるようです。

確かに、青汁を飲むとおならの回数が増えることもあります。しかし、それは腸内環境が良くなっている証拠です。青汁が原因でおならが臭くなることはありません。

それどころか、青汁を飲めば腸内環境が改善され、気になるおならの臭いを改善する効果もあるのです。

今回は、青汁を飲めば腸内環境が改善され、おならの臭い改善に効果的であることを詳しく説明します。

おならについて

おならについて

そもそも、なぜおならが出るのでしょうか。また、おならはどんな役割を果たしているのでしょうか。

ここでは、おならが出る仕組みやおならの役割、おならの回数が増える理由などについて確認していきましょう。

おならが出る仕組み

おならが出る仕組み

おならの大半は食べ物と一緒に飲み込んでしまった空気で、全体の70%を占めます。

そして、20%が体内の血液中のガスが腸壁を通じて腸に出てきたもの、残り10%は食べ物のカスが、大腸で腸内細菌の作用で分解されるときに発生するガスだといわれています。

食べ物を消化、吸収するときは、胃で消化された食べ物が小腸に送られます。そして、小腸で栄養分が吸収された食べ物のカスが大腸に送られて便となり、体外へ排出されます。

一緒に飲み込んだ空気や血液中のガスには、ほとんど臭いはありません。おならの臭いのもとは、食べ物のカスが大腸によって分解されて便になるときに発生するガスにあります。

10%のガスに含まれる硫化水素やインドール、スカトール、アンモニアなどの成分が、臭いの原因なのです。

おならの役割

おならには体内の有害ガスを排出する役割があります。

腸内にガスがたまると、腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなってしまいます。便秘になりやすくなり、溜まった便から有害ガスを発生して、さらに腸内環境が悪化する悪循環に陥ります。

腸内にガスがたまる状態が続いて悪玉菌が増えると、活性酸素が発生するので体が酸化し、老化や免疫力低下にもつながります。

また、おならを我慢すると、お腹が張って腹痛を引き起こしたり、すい臓や胆のうを圧迫して激しい痛みを感じることもあります。

体の健康を維持するために、おならは重要な役割を果たしているのです。

おならの回数が増える理由

おならの回数が増える理由

おならの回数が増える理由には、以下のようなものがあります。

  • 早食い
  • 炭酸飲料
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食べ物

早食いは食べ物をよく噛まないで飲み込んでしまうので、一緒に空気を飲み込みやすくなります。また、炭酸飲料の炭酸には二酸化炭素が含まれているので、おならの回数が増えてしまうのです。

そして、ストレスを抱えると、無意識のうちに空気を飲み込んでしまうことがあります。また、自律神経が乱れて胃腸の働きが低下し、食べ物がうまく消化できずにガスが発生しやすくなってしまうのです。さらに、睡眠不足も自律神経の乱れを引き起こします。

そして、肉類や食物繊維を多く含む食品も、おならの回数が増える原因になります。

肉類のたんぱく質を腸の悪玉菌が分解するときにガスを発生。また、焼き芋など食物繊維を多く含む食品は、乳酸菌がその食物繊維を分解するときにガスが発生します。

そのため、肉類や食物繊維をたくさん摂るとおならの回数が増えるのです。

おならが頻繁に出てしまう病気

おならが頻繁に出てしまう病気

おならが頻繁に出てしまう病気には、以下のようなものがあります。

  • 呑気症
  • 便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 胃炎

呑気症は、無意識のうちに空気を多く呑み込んでしまう病気です。ストレスに起因していることが多く、歯を噛みしめてしまうことも原因のひとつです。

便秘によって便がスムーズに排出されないと、悪玉菌が増えてガスが発生しやすくなります。

過敏性腸症候群も、おならが頻繁に出てしまう病気のひとつです。炎症などの異常は見られないのに、便秘や下痢、お腹の張りが慢性化する病気です。ストレスとの関連が強いといわれてます。

また、胃炎などの胃の病気で消化がうまくできないと、腸でガスが発生しやすくなり、おならが頻繁に出てしまう原因になります。

青汁を飲むとおならが増える?青汁とおならの関係

青汁を飲むとおならが増える?青汁とおならの関係

ここまでで、おならが出る仕組みや役割、おならの回数が増える理由や病気がわかりました。

次に、青汁とおならの関係について説明します。青汁を飲むとおならが増えることがありますが、体にとってはよいことなのです。

腸内環境がよくなっている

青汁を飲むと、おならの回数が増えることがあります。これは腸内環境がよくなっている証拠です。

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。その食物繊維が腸を刺激し、腸の動きを活発にしてくれるのです。

食物繊維には、腸内で老廃物を体外へ排出する役割があります。排便を促して便秘を解消し、腸内環境を改善してくれます。

今まで腸の動きが悪かったのが、腸内環境の改善で腸の動きが活発になったことで、おならの回数が増えます。

おならにも体内の有害ガスを排出する役割があるので、腸内環境がよくなることでおならの回数が増えるのは、健康のために必要なことなのです。

臭いおならは出ない

青汁を飲んでおならの回数が増えても、腸内環境がよくなっているので、臭いおならは出なくなっていきます。

おならが臭いのは、悪玉菌が多いなどの腸内環境の悪化が原因です。食べ物のカスが悪玉菌によって分解されることで、硫化水素やインドールなどの臭いのもとになる成分を含むガスが発生するのです。

また、便秘が続いて排便されずに腸に留まり続けると、有害ガスを発生して臭いおならが出ます。

しかし、腸内環境がよくなって善玉菌が増えると、臭いのもとになるガスは発生しないので、臭いおならは出なくなるのです。

青汁を飲み始めたばかりのころは、しばらく臭いおならが出るかもしれませんが、飲み続けるうちに腸内環境がよくなり改善していくでしょう。

おならの種類について

おならには良いおならである発酵型と悪いおならである腐敗型の2種類があります。それぞれのおならについて詳しく説明します。

発酵型

発酵型のおならは、善玉菌が炭水化物を分解するときに発生するガスのことです。出るときに大きな音がする特徴がありますが、二酸化炭素や水素などが主な成分のため、臭いはほとんどありません。

発酵型のおならが出るのは、腸内環境がよく、善玉菌の活動が活発である証拠です。

青汁には食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を改善してくれます。そのため、基本的に青汁を飲んで出るのは、この発酵型のおならなのです。

腐敗型

腐敗型のおならは、悪玉菌が肉類などの動物性たんぱく質を腐敗させたことで発生するガスのことです。発酵型に比べて音が小さく、無音であることも多いですが、硫化水素やインドールなどが主な成分のため、悪臭がするのが特徴です。

腐敗型のおならが出るのは腸内環境が悪く、悪玉菌が増えていることが原因。腸内環境が悪化しているので、便秘や下痢、お腹の張りなどのトラブルが起きやすくなります。

また、活性酸素が多く発生するので、体が酸化して老化が進み、免疫力が低下して病気になりやすくなるのです。

腐敗型のおならが出る原因

腐敗型のおならが出る原因

おならには良いおならの発酵型と悪いおならの腐敗型があり、それぞれの特徴がわかりました。では、なぜ腸内環境が悪化して、腐敗型のおならが出るのでしょうか。

ここでは、腐敗型のおならが出る原因について詳しく確認していきましょう。

食生活の乱れ

肉類やファストフードばかり食べて野菜不足になると、腐敗型のおならが出やすくなります。

腐敗型は、悪玉菌が肉類などのたんぱく質を腐敗させた時に発生したガスが出るおならです。そのため、肉類ばかりで野菜不足になると、腸内環境が悪化し、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまいます。

肉類を食べても野菜をしっかり摂っていれば、腸内環境は良好に保たれるため、善玉菌は減ることがなく、腐敗型のおならは出にくくなるのです。

しかし、野菜から食物繊維など、腸の働きを助ける栄養素を摂取しないと、悪玉菌はすぐに増えてしまいます。

そのため、食生活が乱れて野菜不足になると、腸内環境が悪化して腐敗型のおならが出やすくなるのです。

便秘

便秘になって、便がスムーズに排出されずに腸内に留まり続けると、有害ガスが発生するので腐敗型のおならが出ます。

また、便秘になると腸の働きが低下して腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えてしまうのです。すると、さらに腸内環境が悪化して便秘が解消されない悪循環に陥ります。

便秘は食生活が原因であることが多く、便秘を解消するには野菜中心の食生活にするなど、食生活の見直しが必要です。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、下痢や腹痛、腹部膨満感などの症状が現れる病気で、主にストレスに起因します。これも、腐敗型のおならが出る原因のひとつです。

検査をしても異常がないと診断されることが多いので、対処法が難しい病気でもあります。定期的に受診しながら、仕事や家事など日常のストレスを減らしてくことが大切です。

過敏性腸症候群で腐敗型のおならが出るのは、胃腸の働きが低下して、食べ物の消化や吸収がうまくいかないからです肉類を減らして、消化の良い野菜中心の食生活を心がけるようにしましょう。

大腸がん

大腸がんも、腐敗型のおならが出る原因の病気です。主な症状は腹痛や下痢、便秘、血便、吐き気などがあります。

大腸がんで大腸から出血があったり、腸内環境が悪化すると、おならの臭いが急にきつくなることがあります。

急におならが臭くなったり、食生活に気を付けているのに腐敗型のおならが出る場合は、念のため、病院に行って診てもらったほうがよいでしょう。

腐敗型のおならを減らす方法とは

腐敗型のおならを減らす方法とは

臭いがきつい腐敗型のおならを減らすには、どうすればよいのでしょうか。ここでは腐敗型のおならを減らす方法を紹介します。

野菜中心の食生活

腐敗型のおならを減らすには、野菜中心の食生活にすることが大切です。

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルなど、腸内環境の改善に有効な栄養素が含まれています。老廃物の排出を促し、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす働きが期待できます。

逆に肉類ばかり食べていると腐敗型の原因であるたんぱく質が腸内に留まり、悪玉菌が増えて臭いおならが出やすくなってしまいます。

野菜から腸によい栄養素を摂取して、腸内環境を整えることで腐敗型のおならを減らすことができます。

適度な運動

腐敗型のおならを減らすには、適度な運動も有効です。

腸の善玉菌を増やすには、腸のぜん動運動を活発にさせる必要があります。そして、ぜん動運動に大きく関わっているのが自律神経である副交感神経です。

ストレッチや筋トレ、ウォーキングなどの適度な運動は、副交感神経を高めてくれます。すると、腸のぜん動運動が活発になって便の排出を促し、腸内環境が改善されるのです。

副交感神経が高まると、ストレス軽減や質の良い睡眠にもつながり、身体が休まって胃腸の調子が良くなる効果もあります。

ストレス軽減

強いストレスがかかる状態が続くと、自律神経が乱れてしまいます。その結果、胃腸の働きが低下し、腸内環境が悪化してしまうのです。

すると、腸内の悪玉菌が増えて、腐敗型のおならが出やすくなります。

腐敗型のおならを減らすには、趣味や運動、リラックスする時間を作るなど、ストレスをうまくコントロールすることも大切なのです。

しっかり睡眠をとる

しっかり睡眠をとることも、腐敗型のおならを減らす方法です。

胃腸の働きは自律神経に大きな影響を受けます。しっかり睡眠をとることで自律神経が整い、胃腸の働きがよくなるのです。

人は睡眠中、副交感神経が優位になっています。すると、胃腸の働きがよくなり、腸のぜん動運動が活発になって老廃物の排出を促します。

しっかり睡眠をとったときほど、きちんと排便されるのはこのためです。腸内環境を整え、腐敗型のおならを減らすためにも睡眠はしっかりととりましょう。

青汁は臭いおならの原因にはならない!改善効果がある!

青汁は臭いおならの原因にはならない!改善効果がある!

ここまでで、臭いおならの原因とそれを減らす方法がわかりました。

腐敗型のおならを減らすには、青汁を飲むのがおすすめです。青汁は臭いおならの原因にはなりません。それどころか改善効果があります。

ここでは、青汁のおなら改善効果を詳しく説明します。

食物繊維

青汁に豊富に含まれている食物繊維は、腸内環境を改善し、腐敗型のおならを改善してくれます。

食物繊維には、腸のぜん動運動を活発にして、老廃物の排出を促すはたらきがあります。また、腸内の善玉菌を増やす整腸作用もあるので、腸内環境の改善が期待できます。

腐敗型のおならが出る一番の原因は、腸内の悪玉菌です。食物繊維を摂って便秘を解消し、腸内環境が改善されれば、悪玉菌が減って善玉菌が増えます。そして、臭いおならが改善されるのです。

食物繊維を多く含む食材は限られているため、毎日の食事から食物繊維を摂るのは大変です。しかし、食物繊維を豊富に含む青汁なら手軽に摂取できるのです。

酵素

青汁に含まれる酵素は、食べ物の消化を助け、胃腸の働きを改善してくれます。

酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があり、消化酵素は食べ物を消化して、体に必要な栄養素を腸で吸収する働きを助けてくれるのです。

消化がうまく行われず、腸で栄養素が十分に吸収されない食べ物カスが大腸に運ばれると、腸内細菌による分解がうまくいかないので、腐敗型のおならが出てしまうのです。

また、代謝酵素はたんぱく質などのエネルギー代謝を促進し、活性酸素を抑制して体の酸化を防いでくれます。免疫力がアップし、腸内環境を良好に保つために必要です。

酵素が含まれている青汁を飲むことで、手軽に摂取できます。

乳酸菌

乳酸菌は、腸内環境を整えるために重要な役割を果たします。

摂取した乳酸菌は、生きたまま腸に届く生菌と胃酸などによって死滅する死菌の2つに分かれます。

生菌には悪玉菌が発生させる、硫化水素やインドールなどの有害ガスを発生を防ぐ働きがあります。また、悪玉菌の増殖を抑える働きまであるのです。

一方、死菌には生菌が退治した悪玉菌を吸着して、体外へ排出する役割があります。

乳酸菌を摂取して悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌が増えれば腐敗型のおならを減らすことができます。乳酸菌が含まれている青汁なら、手軽に乳酸菌が摂取できるのでおすすめです。

オリゴ糖

青汁に含まれるオリゴ糖も、腸内環境の改善に効果を発揮します。

オリゴ糖は胃や小腸で分解されず、そのまま大腸に届けられる性質を持っています。オリゴ糖は腸内に住み着いている善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やす役割があるのです。

腐敗型のおならを減らすには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが有効。オリゴ糖を摂ることで善玉菌が活性化し、悪玉菌の増殖を抑えることができるのです。 オリゴ糖は野菜やはちみつに含まれていますが、オリゴ糖を含む青汁を飲むことで効率よく摂取できます。

おなら改善効果がより期待できる青汁

青汁のおなら改善効果について確認できました。では、具体的にどんな青汁を飲めばよいのでしょうか。ここでは、おなら改善効果がより期待できる青汁を2つ紹介します。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、北海道産のクマイザサが原料の青汁です。食物繊維やカルシウム、鉄、マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

また、約40種類の植物発酵エキスや善玉菌を増やす乳酸菌、オリゴ糖、さらに成分のほとんどが食物繊維の寒天も含まれています。

腸内環境の改善に効果のある栄養素が豊富に含まれているので、おなら改善効果が期待できます。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、商品名からもわかるように「食べる青汁」であることも大きな特徴。持ち運びに便利でおいしく、デザート感覚で食べられるので、続けやすい青汁です。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、大麦若葉、明日葉、クマザサ、甘藷若葉の4つが原料の青汁で、食物繊維が豊富に含まれています。

さらに、果物や野菜など181種の酵素や乳酸菌が配合されています。

食物繊維と乳酸菌が悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、酵素が食べ物の消化、吸収を助けてくれます。飲むことで腸内環境を整え、おなら改善効果が期待できます。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は飲みやすさにもこだわっており、フルーツ野菜ジュースのようなおいしさ。青汁が初めての方でも続けやすい青汁です。

青汁は臭いおならの原因にはならない!それどころか、おなら改善効果があります!

青汁を飲んでおならの回数が増えることはありますが、臭いおならの原因にはなりません。それどころか、おなら改善効果があります。

臭いおならは腸内環境の悪化が原因で、大腸がんなどの大きな病気が潜んでいる可能性もあります。青汁には腸内環境の改善に有効な栄養素が豊富に含まれており、臭いおならの改善に効果的です。

青汁を飲んで腸内環境を整え、気になるおならの臭いを改善しましょう!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ