青汁で置き換えダイエットはできる?効果的に痩せられる方法を紹介

青汁で置き換えダイエットはできる?効果的に痩せられる方法を紹介

効果的に痩せられるとして人気の置き換えダイエットですが、やり方を間違えると健康を損ねるリスクがあります。しかし置き換えに青汁を使うことで、そのリスクはなくなり健康的なダイエットが可能になります。

しかも青汁はカロリーが低いだけではありません。健康維持に必要な栄養素をたっぷりと含みながら、効果的に脂肪の燃焼を促す成分まで入っているのです。

痩せるだけのダイエットは、もう時代遅れ。これからのダイエット法では、健康的に痩せることが求められています。

青汁を使って、効果的で健康的な置き換えダイエットを始めましょう。

置き換えダイエットとは?

ダイエットの基本は、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすことです。身体のエネルギーを赤字の状態にしておけば、脂肪という貯金を切り崩すしかなくなります。その結果身体は少しずつ痩せるのです。

置き換えダイエットは、1日の食事の一部を超低カロリーの食品に換えることで、摂取カロリーを効率的に減らすダイエット法です。

初めにその大まかな流れを見てみましょう。

置き換えダイエットのやり方

安全な置き換えダイエットは、1回の食事の一部を低カロリーの食品に換える方法ですが、効果が出るまでに時間がかかります。そこで一般的には3食の内、1食を完全なダイエット食品に置き換えることになります。

朝・昼・夜の内どれを置き換えるかは自由ですが、最も効果が高いのは夕食を置き換えるパターン。なぜならほとんどの人は、夕食での摂取カロリーが一番高いからです。

置き換える食事はスムージーや、酵素ドリンク、野菜ジュースなどが多いようです。ただしカロリーと一緒に、必要な栄養素までカットしては健康的なダイエットにはなりません。

置き換える食品は栄養価の高い物

置き換える食事で理想的なものは、カロリーが低くて栄養価は高い食品です。三大栄養素である炭水化物・タンパク質・脂質が少なく、ビタミンやミネラルが豊富な食品と考えも良いでしょう。

作る時に手間がかかり過ぎるものや、非常に高価な食品では長続きしません。簡単に手に入って手軽に口にできるもの、そう考えると青汁こそがぴったりだという答えが出てきます。

青汁で置き換えダイエットが可能なの?

青汁で置き換えダイエットが可能なの?

では青汁で置き換えダイエットを始めるとして、本当に健康的なダイエットが可能なのかどうかを考えてみましょう。

ここでは重視するべきポイントとして、

  1. 確実に摂取カロリーを減らせるか?
  2. 健康維持に必要な栄養素を含んでいるか?
  3. 他の置き換え食品より優れているか?

という3つを中心に考えてみます。今まで色々なダイエットで失敗した皆さんは、特に集中して漏らさず確認してください。

摂取カロリーの大幅なカットが可能

上記の表は厚生労働省が試算した、1日の必要摂取カロリーの一覧です。年齢・男女別になっている他、日中に身体を動かす運動量も「身体活動レベル」として考慮されています・

大まかに言うと、成人の労働年代層が必要とするエネルギーは、男性が1日に2500kcal前後で、女性が2000kcal前後と考えられます。

例えばある女性の1日の食事パターンを、朝500kcal+昼700kcal+夜800kcal=合計2000kcalと仮定してみましょう。

青汁1杯のエネルギー量は、商品にもよりますが10kcalを軽く超える程度です。この女性の夕食を青汁に置き換えるとどうなるでしょうか?

青汁のカロリーは無視して良いほど低いので、1日の摂取カロリーは約1200kcalにまで大幅にカットできます。

ここまで極端ではなくても、3食の内1食を青汁に置き換えるだけで、確実に摂取カロリーを減らせることは分かります。

ただここで1つ考えてほしいことは、1食分を青汁に置き換えた場合に、身体に必要な栄養素が充分に摂取できるのかということです。

青汁は栄養バランスに優れた飲み物

置き換えに活用できる食品は、カロリーは低くても充分な栄養素を含んでいなければなりません。青汁が置き換えダイエットに最適なのは、この2つの条件を高レベルで満たしているからです。

私たちが健康を維持するためには、炭水化物・タンパク質・脂質(三大栄養素)という、身体を作るベースになる栄養素以外にも、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などをバランス良く摂らなければなりません。

理想的なダイエットの置き換え食品は、三大栄養素の含有量を抑えて、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素を充分に含んだものです。

上に挙げた表と図とは、青汁の代名詞とも言えるケールを使った青汁の栄養成分です。幅広い種類のビタミンやミネラルをたっぷりと含みながら、特にこのケールの青汁には身体を作る元になる、カルシウムや鉄分も豊富に含まれています。

青汁なら身体に必要な栄養素をしっかりと補給できて、しかも摂取カロリーを大幅に減らすという、理想的なダイエットが可能になるのです。

ダイエットに効果的な栄養素も豊富

青汁は非常に低カロリーな食品ですが、青汁がダイエットに効果的な理由はそれだけではありません。青汁には「攻めのダイエット」を可能にする重要な成分が含まれているのです。

ここでその3つの成分と働きを、簡単に説明しておきましょう。

①糖質の吸収を抑える食物繊維

青汁の最も重要な成分の1つである食物繊維は、総合的に腸内環境を改善するという働きを持っています。腸内環境が良好になると、代謝活動が盛んになるので脂肪燃焼効果も高まります。

体内に蓄積される中性脂肪の元になるのは、食事に含まれる糖質と脂質です。この2つが多い食事を摂れば摂るほど、体内の脂肪は増えてどんどん溜まって行きます。この仕組みを私たちは「太る」と呼んでいます。

食物繊維がダイエットで果たす役割は、糖質の吸収を抑制するという、他の成分には真似できない優れたもの。この効果は青汁を食前に飲み、先に食物繊維を胃の中に入れておくことで有効になります。

胃の中で食物中の水分を吸収した食物繊維は、小腸に進むとそこで食物中の糖質が、小腸壁から一気に吸収されることを抑えます。

食物繊維が糖尿病の改善に効果的なのは、この働きがあるからです。また食物繊維は、食物中の余分な糖質を吸着して、そのまま体外に排出する働きもしてくれます。

こうした働きによって、体内には必要な分の糖質しか吸収されないため、脂肪の増加を防ぐことができるのです。

さらに食物繊維そのものは体内に吸収されませんが、一部が大腸内にいる善玉菌のエサになることで、その働きを活性化してくれます。

同時に食物繊維は腸壁を刺激しながら進むため、腸のぜん動運動も活発になって、腸内環境は非常に良好な状態に改善されます。

腸の活動が正常化されると代謝アップ以外に、血流改善や冷え性の改善など、特に女性に多い悩みの解消にもつながります。

食物繊維はどの原材料を使った青汁でも、豊富に含まれている成分です。たっぷり摂りたい時には、桑の葉かクマザサ入りの青汁がおすすめです。

②むくみを解消するカリウム

青汁の中にはミネラルの一種として、カリウムも豊富に含まれています。カリウムはナトリウムと相互的に作用しながら、体内の水分調節をコントロールする大切な成分です。

青汁で毎日適量のカリウムを補充していると、体内の水分量が適正に保たれるため、むくみの解消に大いに役立ちます。

むくみが無くなることは、引き締まったボディラインを手に入れるチャンス。

カリウムは明日葉やケールの青汁に、特に多く含まれています。

③脂肪燃焼効果を高めるビタミン

体内に蓄えられた脂肪を燃焼する方法は、実は運動すること以外にもあるのです。

それは基礎代謝を高めることです。

基礎代謝とは、私たちが何も活動していない時でも、身体を維持するために行われているエネルギーの消費活動のこと。

呼吸や心拍などがそれにあたり、眠っている間でもずっと継続しています。

青汁に含まれているビタミンB群は、体内に入ってきた食物の栄養素から、エネルギーを作り出すという重要な働きをしています。

ビタミンB群の働きが活発になれば、体内の栄養素がスムーズにエネルギーに変換されて、結果的に基礎代謝をアップさせることになります。

また青汁に含まれるビタミンA・C・Eの3つも、基礎代謝をアップして脂肪の蓄積を抑制する効果が高い成分です。

こうしたビタミン類を充分に摂取していれば、痩せやすくて太りにくい身体になるので、ダイエット後のリバウンドにおびえる必要もなくなります。

しかも免疫機能も強化されて、病気にかかりにくくなるなど、健康増進の面でもビタミンにはメリットがいっぱいです。

他の置き換え食品と比較して

青汁以外にも、置き換えダイエットをサポートする色々な食品が市販されています。インターネットで検索した中で、特徴的な食品をピックアップしてみましょう。

人気のある置き換え食品
  • ダイエットシェイク
  • 酵素ドリンク
  • スムージー
  • 野菜ジュース
  • ダイエット雑炊(リゾット)
  • ビスケット
  • パスタスープ
  • こんにゃく麺

この中で雑炊やパスタなどは、単に低カロリーな素材を使っているだけなので、丸ごと1食置き換えると栄養が偏る心配があります。

現在人気が高まっているのは、シェイクという名前で分類される食品ですが、メーカーごとに原材料が違っているため定義が難しい食品です。

実際には食品由来の栄養素に、美容成分などを人工的に配合して作られたものを、総称してシェイクと呼んでいるようです。

また一時期人気が沸騰した酵素ドリンクは、野菜や果物に糖分を加えて発酵させた飲み物です。シェイクも酵素ドリンクも、ある程度の栄養素は含んでいるようですが、青汁のバランスの良さと比べるとやや見劣りがします。

どちらの食品も、使われている原材料がよく分からない点も不安です。

栄養素のバランスから考えると、青汁とスムージーが一歩リードしています。しかし原材料の品質や安全性からすれば、全般的に青汁メーカーの方がこだわりが強いように感じられます。

置き換え食品にもさまざまな種類がありますが、栄養バランスの良さと原材料の安全性を考慮すれば、青汁の優れた点がよりはっきりするのではないでしょうか。

ダイエットに効果的な青汁の選び方

ここからは具体的に、青汁を活用した置き換えダイエットについて、さまざまな角度から検証してみます。まずは数多くの青汁の中でも、最もダイエットに効果的な原材料を探してみましょう。

明日葉入りの青汁

青汁のダイエット効果の軸になるのが、食物繊維・カリウム・ビタミンの3つであることは既に説明しました。これらの成分を最もバランス良く、豊富に含んでいる青汁の原材料が明日葉です。

明日葉は日本の太平洋沿岸部に、昔から自生していたセリ科の植物です。上記の成分表を確認してみると食物繊維とカリウムは、他の青汁原料と比較しても極めて高く、ビタミンの種類が非常に多いのも明日葉の特徴です。

中でも代謝アップに関わるビタミンB群を、ほとんど全種類含んでいる野菜は、明日葉の他にはありません。またビタミンA・C・Eも、余すところなく豊富に含まれています。

これらのビタミン類が総合的に働いて、体内の代謝活動が活性化されることで、蓄えられていた脂肪はスムーズにエネルギーへと変換されます。さらに明日葉には他の野菜には含まれない、「カルコン」という特殊な成分が含まれています。

カルコンは強い抗酸化作用を持つポリフェーノールの一種。動脈硬化・高血圧・糖尿病など、重い生活習慣病の予防・改善に効果があることで知られています。

これまでの研究によってカルコンには、血中コレステロールを減少させる働きと、内臓脂肪を減少させる働きがあることが分かりました。カルコンは脂肪の増加を抑えるだけでなく、脂肪そのものを減少させてくれるのです。

このように明日葉には、総合的にダイエット効果を高める成分が豊富に含まれています。まさに置き換えダイエットにはうってつけ、今度こそダイエットに成功したいという皆さんには、明日葉をベースにした青汁をおすすめします。

食物繊維が豊富な青汁

青汁のダイエット効果の中でも、他の食品には真似できないのが食物繊維の働きです。食物繊維は糖質の吸収をコントロールしてくれるため、通常の食事の前に青汁を飲むだけでも、ある程度のダイエット効果が期待できます。

置き換えダイエットでは、食物繊維が持つ腸内環境の改善効果が大いに役立ちます。食物繊維は善玉菌を活性化させて、同時に腸のぜん動運動も活発にしてくれるので、青汁を続けていると腸内環境は非常に良好になります。

その結果体内の代謝活動がアップして、普段生活している状態でも、脂肪が燃焼しやすくなるということは既に説明しました。

ダイエットするだけではなく、太りにくい体質をキープする上でも、青汁に含まれる食物繊維の効果は必要不可欠です。

その食物繊維は、ほとんどの青汁原料に豊富に含まれています。しかしより強力な食物繊維の効果を求めるなら、桑の葉とクマザサを使った青汁を選んでみてください。

桑の葉は乾燥粉末の状態にすると、その内の約半分が食物繊維という、ほぼ食物繊維の固まりのような食品です。

クマザサは食品ではないため、詳しい成分データがないのですが、ゴボウの10倍程度の食物繊維を含むと言われることから、これもほぼ半分が食物繊維だと考えられます。

もちろんケール・明日葉・大麦若葉などの、青汁の原材料として人気の野菜にも、食物繊維はたっぷりと含まれています。食物繊維は摂り過ぎても危険はない成分なので、安心して毎日青汁で補給してください。

置き換えダイエットおすすめのタイミング

置き換えダイエットおすすめのタイミン

青汁で置き換えダイエットを始めるとしたら、1日の内のどのタイミングが最も効果的でしょうか?この点は人それぞれ生活習慣が違うため、一概に決められるものではないでしょう。

社会の一般的な生活リズムで活動している人の場合は、朝と昼を置き換えるよりは、夕食の置き換えダイエットをおすすめします。

ではその理由を考えてみましょう。

基本的には朝と昼は避ける

朝と昼間の時間帯は、多くの人が最も活発に活動している時です。仕事をしている場合、朝起きてから仕事を終えるまでは、脳をはじめとする身体の各器官は常にエネルギーを消費しています。

そのため朝食と昼食を置き換えてしまうと、大切な昼間の活動エネルギーが不足する可能性があります。エネルギー不足が常態化すると、脳の活動が低下するだけでなく、全身の筋肉量が徐々に減ってしまうというリスクも生じます。

私たちの脳は、糖質に含まれるブドウ糖をエネルギー源にしています。また筋肉を動かすエネルギーを作り出すためにも、糖質の摂取は欠かせません。そのため昼間の食事では、三大栄養素をしっかりと身体に摂り込む必要があるのです。

逆に考えれば、朝から日中にかけての時間帯は、普通に食事を摂っていてもダイエットを心配する必要はないのです。あくまでも食べ過ぎなければ、という条件は付きますが。

特に身体を使う仕事をしている人は、日中のエネルギー不足には注意した方が良いでしょう。デスクワークの人でも、日中が栄養不足では仕事の効率は格段に落ちてしまうでしょう。

夕食の置き換えがベストな理由

置き換えダイエットで最大の効果を上げるなら、夕食の置き換えがベスト。

1日の仕事を終えてリラックスした状態で食べる夕食は、3食の内で最も充実したメニューになりがちです。つまりカロリー的にも高めだということ。

そのため朝や昼の食事を置き換えるよりも、高カロリーな夜の食事を置き換えた方が、摂取カロリーを抑える効果が高いのです。

ところが、夕食を置き換えるべき理由はそれだけではありません。理解を深めるためにも、夕食を食べ過ぎたり、遅い時間に摂ったりした場合のデメリットから考えてみましょう。

食事を摂ると身体が暖まりますが、これは食事をすると同時にエネルギーも生み出されているからです。

身体がそのエネルギーを消費するために、自然に内側から熱が放出されるのです。このエネルギー量が、意外にバカにできません。

こうして熱となって消費されるエネルギーは、朝の時間帯が最も高く、夜になるに従ってどんどん低下して行きます。夕食は食べた分のほとんどが、消費されることなく体内に吸収されてしまうのです。

また夜になると身体は休息の準備を始めるため、自律神経の内の交感神経の働きが抑制されて、副交感神経の働きが優勢になります。これは身体が活動的な状態から、静的な状態に移行するということです。

副交感神経が優勢になると、身体は代謝活動も抑えるように働きます。そのため夕食で摂ったエネルギーは、日中ほど消費されずに脂肪として溜まりやすくなるのです。

他にもホルモンバランスの変化なども関係して、全体的に夜に摂った食事は、そのエネルギーが体内に蓄積されやすくなります。

そのまま眠りに就くと、身体はほとんど活動していないため、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてゆくばかり。

ここで夕食を青汁に置き換えれば、青汁には脂肪の元になる成分はほとんど入っていないので、寝ている間に太る心配はなくなります。その上大幅に摂取カロリーを抑えられるので、高いダイエット効果が得られるのです。

夕食が難しい時は朝食を置き換え

夜の置き換えダイエットがベストなことは分かりましたが、中には寝る前に空腹では良く眠れない人もいるでしょう。その場合置き換えをするなら、朝と昼のどちらが良いのでしょうか?

この判断はそれぞれの食事のタイミングと、食事の後の活動量から考えると良いでしょう。朝食から昼食の間と、昼食から夕食の間の長さを比べてみれば、朝食を置き換えた方が次の食事までの時間が短くなるはずです。

また仕事や家事などを含めた全体の活動量も、ほとんどの人は午後の方がボリュームがあると思います。

結果的に身体への負担や仕事の効率を考えると、お昼は通常の食事でエネルギーを摂り入れた方が良いでしょう。

夜の置き換えが難しい場合は、朝食を青汁に置き換えることをおすすめします。ただし朝食を軽くする代わりに、お昼のメニューを充実させ過ぎないように注意してください。

置き換えダイエット時の注意点

置き換えダイエット時の注意点

置き換えダイエットのタイミング、やり方などがひと通り理解できたら、早速青汁でダイエットをスタートしましょう。

ダイエットは自分に合ったタイミングで、1食を青汁に置き換えるだけですが、続けるにあたっては注意しておきたいことがいくつかあります。

その中でも特に重要なポイントを3つ紹介しておきます。

淡色野菜をしっかり補う

青汁の原材料は栄養成分が特に豊富な緑黄色野菜です。そのためダイエット中は、青汁だけ飲んでいれば野菜は充分と考えがちですが、それでは栄養が偏ってしまいます。

上記の表は代表的な「淡色野菜」と、比較のためにケールの成分を並べてみたものです。ビタミン・ミネラル・食物繊維など、ここで指定した成分に関しては、ケールの栄養素がずば抜けて豊富なことが分かります。

淡色野菜とは聞きなれない名前ですが、野菜の中から緑黄色野菜を除いたものです。その区分は成分中に含まれるカロテンの量によって決まり、よりカロテンの量が多い方が緑黄色野菜に分類されるのです。

上記の表で「βカロテン」の量を比較してみると、ケールだけがケタ違いに豊富で、他の3つの野菜には、気の毒なほど少ししか含まれていないことが分かります。

ではさつまいも・だいこん・玉ねぎなど、これら淡色野菜を食べることに意味はないのでしょうか?

健康増進効果の高い栄養素については、全体的に緑黄色野菜の方に多く含まれていると言えます。

しかし最近の研究によって、淡色野菜にも免疫力の向上や、生活習慣病の予防や疲労回復効果など、多くの健康効果があることが分かってきました。

今までは緑黄色野菜の陰に隠れていた淡色野菜も、徐々にその評価が見直されつつあるのです。つまり、野菜も特定の種類に偏らずに、バランス良く食べることが重要なのです。

青汁で置き換えダイエットをしている間も、食事として充分に野菜を摂るようにしてください。その時には緑黄色野菜だけを選ばずに、淡色野菜も一緒に食べることを心がけてください。

1日1食までの置き換えにする

過去のダイエットで苦い経験をした皆さんは、今度こそはという気持ちが強いと思います。しかし過度のダイエットでは、健康を損なうリスクが高まります。ダイエットは健康的に実践することに意味があるのです。

青汁の置き換えダイエットでも、1日の置き換え回数を増やすなど、危険を伴うやり方は避けてください。原則として置き換えは1日1食に抑えて、それ以上に摂取カロリーを減らすことは決して行わないことです。

そのためにも、できる限り計画的にダイエットを進めましょう。健康を維持しながらの理想的なダイエットのペースは、1か月に1kg程度と言われています。それを目安に短期的~長期的なダイエット計画を立てましょう。

脂肪1kgを減らすためには、およそ7000kcalのカロリーを消費する必要があります。これは1日に約230kcalで、1週間では約1800kcalに相当します。この分を青汁で置き換えると考えれば、それほど難しいとも思えません。

後は現在の自分の体重と相談しながら、無理のない範囲でダイエットを進めましょう。既に説明しましたが、夕食を青汁に置き換えれば1日に500kcal以上はカロリーをカットできます。

これだけでも計算上は、1か月に2~3kgのダイエットが可能になるわけですから、あまり欲張らずに、長く続けられるダイエットを目指してください。

体調が悪くなったらすぐに止める

体調が悪くなったらすぐに止める

現在の体重と目標体重とのギャップが大きいほど、置き換えダイエットは長期戦になります。

その間には季節による体調の変化や、仕事による疲れが溜まったりすることもあるでしょう。そんな時には一時的に、青汁ダイエットを休止する勇気も必要です。

また青汁ダイエットを続けていて、体調不良を感じるようであれば、思い切ってダイエットをストップした方が良いでしょう。目標はあくまでも健康的に痩せることですから。

せっかく効果が見えてきた所で休止するのは辛いと思いますが、もしも置き換えによって体調が悪くなるようなら、身体が回復するまでは通常の食生活に戻してください。

それも青汁置き換えダイエットの、長期的な計画の一部だと考えましょう。

リバウンドを防ぐ方法

さて一喜一憂しながらダイエットを進める中で、結果が出た後に多くの人がはまってしまう落とし穴があります。それがリバウンドです。

せっかく目標体重にまで痩せることができても、そこで気を抜いてリバウンドが起動してしまうと、ダイエットの効果と努力は水の泡。そうならないためにも、ここではリバウンド対策を先に考えておきましょう。

ストレスを適度に解消する

ストレスを適度に解消する

1食を置き換える生活を続けると、食欲を我慢することや空腹感などで、徐々にストレスが蓄積して行きます。置き換えダイエットでは、こうしたストレスを定期的に解消する必要があります。

ストレスが身体の許容量を超えると、直接体調の変化となって現れます。例えば全身の血行不良や、代謝活動の低下などを引き起こすと、脂肪を溜め込みやすい体質に戻ってしまう可能性も出てきます。

ストレスは腸内環境にも影響するため、青汁ダイエットで改善された腸の活動が低下して、ダイエットの効果を徐々に無効にしてしまうことも考えられます。

さらにリバウンドの最大の原因になるのが、ダイエットによるストレスから来る過食です。ストレスが限界値を超えて、今までの我慢の反動で一気に過食に走ってしまえば、身体がダイエット前に戻るのは時間の問題です。

置き換えダイエットを継続するためには、自分なりのストレス解消法を見つけておくと良いでしょう。たまには置き換えを1日休んで、自由に好きな食事メニューを楽しむのも良いかもしれません。

生活に運動を取り入れる

生活に運動を取り入れる

これはストレス解消にもなることですが、リバウンドを防ぐには生活の中に、適度な運動を取り入れることも有効です。本格的なスポーツを始めなくても、軽い運動で充分です。

運動で身体を動かすことが習慣になれば、それだけで消費カロリーを増やすことができるので、置き換えダイエットをサポートすることにもなります。

また代謝活動も盛んになるので、痩せやすい身体の状態がキープされます。これはリバウンドの防止には最も効果的なこと。

この場合の運動は最大でも、軽めのジョギングやウォーキングで充分です。平日はその時間も取れないという人は、通勤で歩く距離を少し延ばしたりすることから始めましょう。

食事と運動は、成功するダイエットの必須条件です。

全身の筋肉量を増やす

全身の筋肉量を増やす

脂肪がたっぷりの身体と筋肉質の身体を比較すると、同じ活動をしても筋肉質のタイプの方が、消費エネルギーは大きくなります。これは代謝活動に違いがあるからです。

身体全体の筋肉量が多いほど、全ての代謝活動が活発になるため、何もしない状態でも消費エネルギーが大きくなります。リバウンドを防ぐためには、筋肉量を増やして脂肪がつきにくい身体になることが有効なのです。

筋肉質の身体とは言っても、女性でも筋骨隆々の体形を目指すということではありません。男性でも女性でも、引き締まってしなやかな筋肉を増やせば良いのです。

そのためには普段から軽めで良いので、筋力トレーニングを習慣にすることをおすすめします。

市販のダンベルなどでも工夫すれば、色々な筋力トレーニングが可能です。筋力トレーニングは1日おきが基本なので、生活の中でそれほど負担にもなりません。

また下半身の筋力アップには、ウォーキングが最もおすすめです。ウォーキングは有酸素運動なので、脂肪燃焼効果も期待できます。つまり脂肪を減らしながら、同時にリバウンド対策もできるのです。

筋力アップをする上で1つ注意してほしいのは、青汁には筋肉の素材となるタンパク質が少ないということです。

そのため青汁で置き換えダイエットを続けていると、運動しても筋肉量が増えないという可能性も出てきます。

対策としては青汁以外の食事メニューで、良質なタンパク質を含む食品を積極的に摂ることをおすすめします。ただし糖質や脂質まで増やしてはいけません。

高タンパクで低カロリーな食品としては、鶏のササミやムネ肉、豚のヒレ肉、アジやイワシなどの小魚類、そして大豆食品などがあります。

こうした食品を上手にメニューに取り入れながら、運動で全身の筋肉量を増やしていけば、もうリバウンドも怖くはありません。

置き換えダイエットおすすめレシピ

置き換えダイエットは、青汁だけダイエットにしぼる必要はありません。他の飲み物や食品と組み合わせて、楽しみながらスッキリと痩せましょう。

青汁×豆乳

青汁×豆乳
参考:青汁豆乳

青汁と相性の良い飲み物としては、牛乳と豆乳を外すことはできないでしょう。特に豆乳は低カロリーでありながら、青汁に不足している良質な植物性タンパク質を豊富に含んでいます。

また豆乳に含まれるサポニンやレシチンには、血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させる効果があるため、置き換えダイエットでは青汁の強力なサポート役にもなります。

作り方は簡単で、適量の豆乳で青汁を割るだけ。冷たくしてもホットでも、季節に合わせて楽しめます。

ダイエット効果を考えるなら、味を調整した豆乳よりも、無調整タイプで糖質などを含まないものを選びましょう。

青汁×ヨーグルト

乳製品は全般的に青汁と相性が良く、ヨーグルトに青汁をプラスしても、デザート感覚で置き換えダイエットができます。空腹感を抑えるためにも、青汁ヨーグルトはおすすめのメニューです。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富なため、腸内環境を改善する効果が高く、青汁と合わせればさらに効果はアップします。

やはりダイエットのためなので、加糖タイプではなくプレーンタイプを選んだ方が良いでしょう。

青汁×炭酸水

青汁×炭酸水
参考:青汁ソーダ

どうしても空腹感に耐えらえない時は、青汁を炭酸水で割る方法がおすすめです。

炭酸水ならほとんどカロリーが無い上に、適度な満腹感が得られます。この場合も市販の炭酸飲料ではなく、純粋な炭酸水で割るようにしてください。

青汁 置き換えダイエットQ&A

青汁 置き換えダイエットQ&A

最後に青汁で置き換えダイエットをする上で、注意すべき点をいくつか紹介しておきましょう。

1食置き換えるだけで本当に痩せられるの?

ここまで見てきた通り、1食を青汁に置き換えるだけで、必要な栄養素は摂取しながら、大幅に1日の摂取カロリーを減らすことができます。

また青汁には体脂肪を減らす効果のある成分が、多くの種類含まれています。

正しいやり方をすれば、1食を置き換えるだけで充分にダイエットは可能です。

早く痩せたいから1日3食青汁にしていい?

効果を早く上げるために、3食全てを青汁にすることは、健康的なダイエットとは言えないので避けてください。身体を維持するためには、青汁だけでは摂れない栄養素も必要です。

置き換え以外の2食では、健康的な身体を維持するための栄養素を、積極的に摂るようにしてください。青汁に置き換えするのは、1日に1食だけで充分です。

置き換えダイエットすれば運動しなくていい?

運動にはダイエットの効果を高めることと、全身の筋肉量をアップして痩せやすく、リバウンドしにくい身体を作るという効果があります。

置き換えダイエットに適度な運動をプラスすれば、健康的で効率的なダイエットが可能になります。軽めで簡単な運動で良いので、毎日の生活にプラスするようにしましょう。

青汁なら健康的に置き換えダイエットが可能!

青汁なら健康的に置き換えダイエットが可能!

ダイエットは単に痩せるだけではなく、健康的に痩せなければ意味がありません。置き換えダイエットは非常に効果の高いダイエット法ですが、置き換える1食分の食事を何にするかで、成功するかどうかが大きく左右されます。

置き換える食事は低カロリーで、しかも必要な栄養素を豊富に含んだものでなければなりません。その中でベストな選択が青汁です。

青汁には健康を維持するための栄養素が豊富に、しかも非常に多様な種類が含まれています。その上摂取カロリーは無視して良いほど低いので、置き換えダイエットにこれほどぴったりの食品は、他にはないと言っても良いでしょう。

青汁の置き換えダイエットは、今日からすぐにでも始められます。まずは目標体重を設定して、長期的な計画を立ててから、無理をせず健康的に青汁ダイエットを実践してみてください。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ