青汁が夏バテ解消の救世主になる?夏バテの原因と改善方法について解説!

青汁が夏バテ解消の救世主になる?夏バテの原因と改善方法について解説!

近年、猛暑日が増えて冷房の効いた部屋で過ごすことが多くなりました。その結果、食欲不振、だるさ、疲労が取れないなどの不調、いわゆる夏バテになる人が増えています。

原因は、極端な寒暖差による自律神経の乱れや睡眠不足、胃の機能低下です。

解消するためには胃に負担をかけず、ビタミン・ミネラルを摂取すること。そして、おすすめなのが青汁です。

青汁には夏バテ解消に効果的なビタミン、ミネラルがたっぷり含まれています。しかも、水に溶いて飲むだけなので、食欲が無くても手軽に飲めるうえに胃腸に負担がかかりません。

今回は夏バテについて解説します。夏バテになる理由や、夏バテの予防・解消方法、青汁が夏バテ解消に効果的な理由などについて詳しく見ていきましょう。

夏バテとは

夏バテとは夏の暑さに疲れることではありません。具体的には、次のような症状を夏バテと定義しています。

夏バテの症状

夏バテの症状

夏バテは別名・暑気中り(しょきあたり)と言います。文字どおり、夏の暑さに体が対応しきれず、体調不良が起こることを夏バテというのです。

特に日本は暑いだけでなく湿気も高いため、夏バテが起こりやすい環境にあります。

湿度が高すぎると汗をかいても気化熱が発生せず、体内に熱がこもって体力を消耗し、夏バテになりやすくなるのです。気化熱とは水分と熱が一緒に蒸発する現象で、汗は気化熱によって体を冷やしているのです。

具体的には夏バテには、体がだるくなる、食欲がなくなる、疲労がいつまでもとれない、不眠などの症状が挙げられます。夏バテが悪化すると、吐き気、発熱、めまい、下痢、風邪などの症状も起こります。

では夏バテの原因はどのようなものでしょうか。具体的に次の項目で説明します。

夏バテの原因

夏バテには次のような複数の原因があり、密接に関わりあっています。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

夏バテの大きな原因の一つが自律神経の乱れです。

自律神経とは生命を維持するために自分の意志とは関係なく働く神経です。呼吸、体温調整、発汗、血液の循環、臓器の動き、消化・吸収などを調整する重要な神経になります。

自律神経には心身を緊張状態にする「交感神経」とリラックス状態にする「副交感神経」があり、この二つがバランス良く切り替わることで健康が維持されています。

ところが、外の暑さとクーラーで冷えた屋内のような急激な気温の変化は、自律神経を乱す原因になります。

たとえば、暑いところでは副交感神経を優位にし、血管を拡張して熱を放出しますが、寒いところでは交感神経を優位にして血管を締め、体温を上げようとします。

その切り替えが頻繁かつ極端すぎると、徐々に自律神経が疲労。機能低下を起こして、自律神経の切り替えがうまくいかなくなってしまうのです。

自律神経の切り替えがうまくいかなくなると、食欲不振、めまい、倦怠感、動悸、頭痛、発汗のような症状が現れるようになります。夏バテの症状と同じですね。

また、自律神経が乱れると汗のコントロールも乱れて多汗になりがち。汗が大量に出ると、塩分(ナトリウム)がどんどん排出されます。さらに暑いからといって、水を大量に飲むと血液中の塩分濃度が薄くなり、低ナトリウム血症になりかねません。

体に悪いとされる塩分(ナトリウム)ですが、不足するとめまい、嘔吐、疲労感につながり、最悪の場合は痙攣、昏睡状態を引き起こします。

夏バテだと思っていたら低ナトリウム血症だった、という場合もありますので、大量の汗をかいたら水分だけでなく塩分を補給する必要があります。

このように、夏バテの大きな原因は寒暖差による自律神経の乱れなのです。

平均体温が1度下がると免疫細胞・白血球の働きが30%ダウンすると言われています。これは血流が関係しています。

低体温は血流の流れが悪い状態です。免疫細胞は血液によって全身に運ばれ、外敵であるウイルスや細菌から体を守っているため、血流が悪くなる=体温が下がると免疫力が下がってしまうということなのです。

そして、冷房を使いすぎると体温が下がったままになる、いわゆる「冷え性」になりやすくなります。

体は寒さを感じると交感神経が優位になり、熱を逃がさないように血管を縮めるため、血行が悪くなり、冷え性になってしまいます。そして、体温が下がると免疫力が下がり、夏バテの症状の一つである夏風邪などをひきやすくなります。

体力の消耗

体力の消耗

暑い日々が続くと自律神経が体の熱を逃そうと働き続けて体力を消耗し、疲労がたまりやすくなります。また、自律神経が疲労して乱れると、消化器官が機能低下を起こすことがあります。そして、食欲不振や消化不良を引き起こしてしまうのです。

さらに、強力な紫外線も体を疲れさせます。日差しを浴び続けた後、疲れを感じることはありませんか?

紫外線を浴びると人の体内では「活性酸素」という強力な酸化力を持った酸素が大量に増えます。

活性酸素は呼吸時に必ず生じ、強力な酸化力で細菌やウイルスを排除する働きを持ちますが、増えすぎると今度は体内の細胞を攻撃。活性酸素によって攻撃されると細胞が酸化(老化)して臓器の機能低下や疲労を引き起こしてしまうのです。

このような理由から体力の消耗が続くと、倦怠感や食欲不振が長引いてしまいます。

胃腸の機能低下

胃腸の機能低下

暑くなると冷たいものを食べ飲みする機会が増えますよね。そのような冷たい食品は胃腸を急激に冷やし、機能低下を起こして食べた物の消化を悪くしてしまいます。

参考:胃腸疾患

その結果、食欲不振・胃もたれなどの夏バテ症状が現れるようになります。そうなると栄養をしっかり吸収できず、体が栄養不足になり、疲労感にもつながってしまうのです。

夏は焼き肉と冷たいビール!なんて人もいるかもしれませんが、このような食事は最悪の組み合わせです。冷たいビールを飲んで胃腸が冷え、機能低下しているところに消化しづらい脂質の固まりが送られてくるからです。

このような食事は胃腸を疲れさせ、夏バテを促進させてしまいます。

また、胃腸が冷えると血流の流れが悪くなり、体が冷えて肩こりやめまい、免疫力の低下を招く原因にもなります。

睡眠不足

睡眠不足

夏バテは睡眠不足によって起こされる場合があります。

通常の睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠を交互に繰り返します。眠りにつくと最初に90分のノンレム睡眠が始まり、次にレム睡眠が訪れます。この最初のノンレム睡眠で深い眠りに落ちることで体や脳が休息し、疲労が回復するのです。

ところが、暑さが続くとなかなか寝付くことができません。また、眠れているつもりでも、暑さのため浅い眠りのままでノンレム睡眠に入れず、知らず知らずのうちに睡眠不足になっていることがあります。

ノンレム睡眠は脳と体を休ませる質の高い睡眠です。それが取れないと、疲労が蓄積して夏バテの症状である倦怠感や疲労が取れない状態になってしまうのです。

また、睡眠不足のままだと夏バテの症状がいつまでも回復しません。夜はエアコンなどを使って一定時間涼しくし、ノンレム睡眠を上手に取り入れて睡眠の質を上げましょう。

夏バテの予防・改善方法

夏バテの原因がお分かりいただけましたね。では、夏バテを予防・改善するためには、どのような方法があるのでしょうか。次から具体的に見ていきましょう。

適度な運動

適度な運動

暑い時に運動なんてしたら、よけいバテるのでは?と思いがちですが、適度な運動は自律神経のバランスを整える効果があります。

夏バテは自律神経が乱れ、緊張状態の交感神経から切り替わらなくなることで起こります。しかし、有酸素運動には副交感神経を優位にする効果があるのです。

有酸素運動とは酸素をしっかり取り込みながらする軽度の運動のことで、エアロビクスとも言います。

代表的な有酸素運動としてゆっくりのウォーキング、ヨガ、水泳、ラジオ体操などがあります。また、30分程度の運動で済ませ、疲労をためないことも重要です。

このような運動をすることで副交感神経への切り替わりが起こり、自律神経のバランスが整えられていきます。また、運動を継続することによって体力が付くと、夏バテになりづらくなる利点も。

さらに、運動をすることで空腹感が増して食欲が促進されたり、肉体の疲労から睡眠の質が高くなったりといった夏バテ改善効果も期待できます。

冷房の設定温度(節電反動冷えに注意)

冷房の設定温度(節電反動冷えに注意)

「冷房は体に悪い」と思っていませんか?冷房を上手に使えば夏バテを解消しやすくなります。

夏バテは外気の暑さと冷房で冷えた屋内の温度差によって自律神経が乱れて起こります。そのため、冷房の設定温度を外気温から5度程度下げた温度にすると夏バテ防止に効果的です。

具体的には27~28度にし、ドライに設定することで自律神経の乱れや体力の低下を防ぐことができます。また、この設定温度は環境省が推奨する節電効果の高い温度でもあります。

もし、冷房をつけていても暑く感じるときは、サーキュレーターや扇風機を併用してみましょう。下に溜まった冷気を循環させることで部屋全体を効率よく涼しくします。風を受けることで涼しさも感じられます。

また、節電のためにエアコンを切ったり、推奨以上の温度設定にするのはやめましょう。節約や健康のためだと思って暑い中で過ごし続けると、熱中症になり命を危険にさらすことになりかねません。

そのうえ、節電しすぎると暑さを感じ、冷たい飲み物・食べ物を無意識で摂取し続けて「節電反動冷え」を起こすことがあります。

節電反動冷えとは、胃腸を含む内蔵が冷えて機能低下を起こし、血流が悪くなって免疫細胞に酸素・栄養が届かず、免疫力の低下を引き起こしてしまう状態です。

節電反動冷えを防ぐには胃腸や内蔵を冷やさないこと。意識して冷たい物を控え、体を温めるショウガなどの食材を摂取し、できるだけお風呂につかって体を温めましょう。

食べ物

食べ物

暑さで汗をかくと、ビタミン・ミネラルが大量に失われ、疲労やめまいなどの夏バテの症状を引き起こすことがあります。そのため、夏バテ解消効果の高い栄養素が含まれる食事を摂ることが重要です。

たとえば、ビタミンB群やビタミンCは夏バテ解消に高い効果があります。ビタミンB群は食べた物をエネルギーに変える働きがあるため、疲労回復効果が高いのです。一方、ビタミンCには活性酸素を除去する働きによる疲労回復効果があります。

ビタミンB群は魚介類や肉類に、ビタミンCや野菜・果物に多く含まれます。

さらに、ミネラルも重要です。汗をかくとナトリウム(塩分)、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが排出されます。

このようなミネラルはビタミン類が体内で働くときに使われたり、神経・筋肉を正常に働かせたり、体内の水分量を調節したりといった役割を持っており、不足すると疲労感につながります。

ビタミン・ミネラルは相互に影響しあっているため、サプリやミネラルウォーターなどを摂取するより、多種類のビタミン・ミネラルが豊富に含まれる野菜や果物を食べた方が効果的です。

また、汗で大量の水分が体から出てしまうため、こまめな水分補給も必要です。喉の渇きを覚えた時には、すでに体内の水分が不足した状態です。汗をかいたとき以外でも、時間を決めて水分を摂取するようにしましょう。

青汁は夏バテ解消に効果的

青汁は夏バテ解消に効果的

夏バテ解消には栄養が重要です。しかし、すでに夏バテの症状が現れている場合、三食きっちり食べるのは難しいですよね。

そんなときは青汁を飲んでみましょう。青汁は栄養価が高く、次のような夏バテ解消に効果的な栄養たっぷり!水や牛乳に溶かすだけの手軽さなので、手間もかかりません。

免疫力を高める「βカロテン・ビタミンE」

免疫力を高める「βカロテン・ビタミンE」

夏バテによって下がった免疫力を高めるには青汁に豊富に含まれるβカロテン、ビタミンEが効果的です。

βカロテンもビタミンEも細胞を酸化させる活性酸素を除去する「抗酸化作用」を持っています。活性酸素は免疫を下げる大きな要因なのです。

そもそも、免疫が下がる原因の一つに「胃腸機能の低下」があります。免疫細胞は実に6~7割近くが腸内に存在しており、胃腸機能の低下=免疫力の低下なのです。

そして、活性酸素が増えると細胞を攻撃し内蔵機能を低下させるため、胃腸機能も低下し、免疫力が下がってしまいます。

しかし、βカロテンやビタミンEなどによって活性酸素が除去され、胃腸の機能が向上することで免疫力が高められるのです。

また、βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAは粘膜や皮膚の健康を維持する働きがあり、細菌やウイルスの侵入を防ぐ免疫作用を持っています。

胃腸の機能回復に「パントテン酸」

胃腸の機能回復に「パントテン酸」

パントテン酸はビタミンB群の一種で、ビタミンB5とも呼ばれます。野菜や果物に多く含まれており、青汁にもたっぷり含まれています。

パントテン酸は炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質の三大栄養をエネルギーに変えるサポートをするため、疲労回復に効果的!

また、パントテン酸は抗ストレスホルモンを合成する副腎の働きを強化して、ストレスを軽減させる働きを持っています。その効果から「抗ストレスビタミン」と呼ばれるほど。

夏の暑さは心身にストレスを与え、自律神経を狂わせて交感神経を優位にします。その結果、胃腸の機能も乱れて消化不良や胃もたれを起こしてしまうのです。

しかし、パントテン酸によってストレスを軽減し、自律神経を守ることで胃腸への負担を軽減することが期待できるのです。

疲労回復に「ビタミンB群・ビタミンC」

疲労回復に「ビタミンB群・ビタミンC」

ビタミンB群には食べた物をエネルギーに変える働きがあり、夏バテの疲労回復に高い効果が期待できます。

そして、青汁には次のようなビタミンB群が含まれているのです。

ビタミンB1…

糖質をエネルギーに変え、筋肉や神経の疲労をとります。

ビタミンB2…

糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変え、粘膜を保護して免疫力を高める効果があります。

ナイアシン(ビタミンB3)…

糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変え、アルコールやアセトアルデヒド(アルコール分解時に生じる二日酔いの原因物質)の分解を助け、二日酔いを予防・改善します。夏はビールなどの飲酒の機会が増えるので、ナイアシンの積極的な摂取が望まれます。

ビタミンB6…

タンパク質をエネルギーに変え、神経伝達物質の生成をサポートして精神を安定させます。

葉酸(ビタミンB9)…

細胞分裂を促して細胞を若返らせ、代謝を高めて疲労しづらい体を作ります。

このように、ビタミンB群はエネルギーを得るために必要な栄養素で、不足すると疲労がいつまでも解消しません。また、ビタミンB群は互いに影響しあい、単体よりも複数で摂取する方が高い効果が得られます。

青汁に含まれるビタミンB群の量は決して多いとはいえません。しかし、バランス良く複数のビタミンB群が含まれていることから相互作用によって効果が高められることが期待できるのです。

また、青汁にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは活性酸素を除去する働きによって細胞の老化を抑制し、疲労回復効果や免疫向上効果が期待できるのです。

実際に、実験でビタミンCを投与されたラットの疲労回復効果が確認されています。また、ビタミンCは慢性疲労症候群の治療薬としても使用されており、夏バテによる疲労回復に高い効果が見込めます。

青汁 夏バテQ&A

青汁 夏バテQ&A

ここでは夏バテと青汁についてQ&A形式で回答します。

青汁は夏バテ以外に疲労回復効果もあるの?・・・YES

青汁は栄養価の高い野菜を原材料にしており、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。そのため、夏バテに限らず日常的に疲労回復効果があります。

たとえば、青汁には抗酸化作用の高いβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、クロロフィル、ポリフェノールが含まれています。つまり、活性酸素による疲労を回復させる効果に非常に優れているのです。

また、ビタミンB群によって食べた物をエネルギーに変える効果もあります。

さらに、青汁はミネラルも含まれています。原材料の種類によって含有量に差はありますが、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、カリウムなどが豊富です。

人間にとってミネラルの必要量はわずかですが、血液、骨、歯、筋肉を作る時に使われたり、神経伝達物質の生成をサポートしたりするなどの働きを持っており、夏バテ解消はもちろん、免疫力の向上にも重要な役割を持っています。

そして、このような栄養が含まれる青汁を継続して飲み続けることで、疲労しづらい体質になることが期待できるのです。

夏バテ対策に青汁をたくさん飲んだほうが良いの?・・・NO

夏バテに効果的な栄養素をたっぷり含んだ青汁ですが、大量に飲めば良いというわけではありません。

青汁には必ず摂取目安があります。ビタミン、ミネラルは種類によっては過剰摂取になり副作用をもたらします。

また、青汁は食物繊維が非常に豊富。食物繊維は摂取のしすぎによって便秘または下痢を引き起こしてしまう原因なのです。

夏バテで体力が低下しているときに下痢になると栄養がしっかり摂取できず、さらに体力を低下させてしまいます。また、便秘も腸内環境を悪化させて免疫力を低下させる原因になりかねません。

青汁はパッケージ記載の使用量を守って飲みましょう。

青汁を飲んで暑い夏を乗り切ろう!(まとめ)

青汁を飲んで暑い夏を乗り切ろう!(まとめ)

夏バテとは暑さに体が対応しきれず起こる不調のことです。現代人は特に冷房が普及し、外との極端な寒暖差で自律神経が乱れて夏バテを起こしやすくなっています。

夏バテを解消するには、適度な運動や冷房の温度を高すぎず低すぎず設定すること。さらに、重要なのが体力を回復するための栄養補給です。

そして、青汁には夏バテ予防・解消に効果的なビタミン、ミネラルがたっぷり!しかも水や牛乳に溶かすだけなので夏バテで食欲がない時にも手軽に飲めます。

青汁を継続して飲み続けることで免疫力低下や疲労蓄積のしづらい体作りにつながる効果も期待できます。

暑い夏こそ青汁を飲んで乗り切りましょう!

人気の青汁徹底比較!栄養価の高い青汁だけをランキングで発表(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ