辛い水虫の改善には青汁が効果的!免疫力アップで白癬菌に負けない体質に!!

辛い水虫の改善には青汁が効果的!免疫力アップで白癬菌に負けない体質に!!

日本人の5人に1人が感染していると言われている水虫。男性の病気と思われがちですが、女性の水虫患者は年々急増しています。足の皮がむけたり、足裏のかゆみがなかなか治らないと感じる人は、もしかするとすでに水虫に感染しているかも知れません。

水虫は適切な治療を受けることで完治する病気です。誰にでも起こりうる病気なので恥ずかしいと感じる必要もありません。ただ、できれば水虫にはなりたくないし、つらい症状から一刻も早く解放されたいものですよね。

水虫に悩んでいる人は、まず青汁を飲むことから始めましょう。水虫に青汁?と思う人も多いかと思いますが、青汁は水虫に負けない強い体を作るのに大変効果的なのです。今回は、水虫改善に有効な青汁の驚くべき効能を紹介していきます!

水虫とはどんな病気?

水虫とは、『白癬菌(はくせんきん)』と呼ばれるカビが原因で起こる皮膚病のことです。白癬菌は髪の毛や爪、角質などに含まれるケラチンというたんぱく質を好むので、足だけでなく全身どこでも感染する恐れがあります。

水虫の症状が足に出やすいのは、靴や靴下で足が蒸れて、カビが繁殖しやすい高温多湿の環境であることが原因に挙げられます。さらに、白癬菌は二次感染することが多く、温泉やプール、ジムなど公共施設内を歩くことで水虫になってしまうこともしばしば。

水虫の主な症状は、かゆみや水ぶくれです。症状が重い場合は赤く腫れあがったり、皮膚がめくれてジュクジュクした状態になることもあります。かかとがカサカサしてひび割れている場合は乾燥型の水虫の疑いがあります。

水虫は中年男性に多い病気というイメージがありますが、性別や年齢を問わず誰でも感染する恐れのある病気です。女性の場合、ストッキングとパンプスの組み合わせは通気性が悪く、白癬菌が繁殖する絶好の環境と言えます。

冬場のブーツも同様です。女性だからと言って水虫になりにくいということはありません。恥ずかしくて病院に行けず放置している人や、そもそも水虫になっていることを自覚していない女性も大勢いると考えられます。

水虫を治療せず放置したままにすると、悪化した場所から二次細菌感染するリスクが高まります。重症化すると通常の水虫治療では治りにくくなり、最悪の場合全身にじんましんが出てしまうこともあるようです。症状が重くなる前に、根本からしっかりと治療することが大切なのです。

水虫には種類がある!それぞれの特徴は?

水虫の原因となる白癬菌は、足だけでなく爪や手、体毛などにも寄生します。体のどの部位に寄生するかによって病名や治療方法が異なります。まずはそれぞれの特徴や症状を見ていきましょう。

足の水虫(足白癬)

水虫の9割以上は足白癬です。靴や靴下を履く時間が長ければ長いほど菌が繁殖しやすく、水虫になる確率は上がります。足の水虫は大きく分けて4種類に分けられます。

①趾間型水虫指と指の間が赤く腫れあがったり皮がむけたりする。患部が湿って赤くただれることもある。足白癬の中で最も患者数が多い種類。
②小水疱型水虫足の裏や側面に2~3mm程度の水疱がでる。強いかゆみを伴い、赤くただれることもある。水疱が破れると皮膚がかぶれて細菌感染を起こすことも。
③角質増殖型水虫足の裏の角質が硬くなるので、乾燥によってひび割れることが多い。かゆみや水疱などの症状が出ることがほとんどないので、水虫だと気付かない場合も多い。
④爪水虫爪が厚くなって爪の色が濁る。爪の表面に筋が入ってボロボロになることもある。

水虫は症状によって治療方法が異なります。一般的な水虫治療としては塗り薬を使用することが多いですが、爪水虫の場合は飲み薬が効果的と言われています。水虫かも?と思ったら、まずは専門医に相談し、適切な処置を受けるようにしましょう。

手の水虫(手白癬)

手の水虫(手白癬)

手にも水虫の症状が出ることがあります。分類は足白癬と同じですが、手の水虫で最も多いのは角質増殖型です。かゆみなどの症状はほとんど現れないため、手荒れだと勘違いして気付かないことも多いです。

足白癬に比べると感染する確率は低いですが、小さな子供でもかかってしまうことがあります。また、手白癬に感染している人は足白癬になっている可能性が高いので、これ以上菌が広がらないよう早期の治療を心がけて下さい。

頭の水虫(頭部白癬・しらくも)

頭の水虫(頭部白癬・しらくも)

頭皮にも白癬菌は繁殖します。白癬菌が毛穴に住みついてしまうと、切れ毛や脱毛班の原因となり、皮がむけてしまうこともあります。感染している部分の毛は、軽く引っ張るだけで簡単に抜け落ちてしまうことも特徴です。

しらくもは動物から感染するケースが多いと言われています。特に子供や高齢女性はしらくもにかかりやすいので、頭皮は常に清潔にするよう心がけましょう。逆に人間から動物に感染することもあるので、ペットを飼っている人は注意が必要です。

股部の水虫(股部白癬・いんきんたむし)

股部の水虫(股部白癬・いんきんたむし)

いんきんたむしは股部やお尻の周りの皮膚が赤く隆起し、強いかゆみを伴います。陰茎・陰部に左右対称に広がっていくのが特徴。放置したりかきむしったりすると色素沈着することがあります。

男性に多く見られる症状ですが、女性でもストッキングを履く習慣のある人やストレスが原因で発症してしまうことがあります。その他、石鹸で必要以上に洗いすぎたり性行為によっても感染してしまうことがあり、誰にでも起こりうるという病気ということを理解しておきましょう。

体部の水虫(体部白癬・ぜにたむし)

体部の水虫(体部白癬・ぜにたむし)

上記で説明した部分以外で発症する水虫は、ぜにたむしと呼ばれます。初期症状として、虫さされに似た赤いプツプツがではじめます。その後、徐々に広がり淡い褐色の大きな輪のようになっていきます。

体部白癬はうぶ毛が生えている場所ならどこにでも発症しうる病気です。カーペットや布団に寝転ぶだけでも感染のリスクが高まります。予防策として清潔を心がけることと、通気性の良い衣類を身につけることが大切です。

水虫の原因について

我が国の疫学調査では、足白癬が増え始める5月には、5人に1人は足白癬があり、また10人に1人は爪白癬があるという報告があります。

参考:白癬(水虫・たむしなど)

老若男女誰でもかかりうる病気ですが、水虫であることを自覚せずに生活している人も非常に多い病気なのです。

水虫に感染してしまう一番の理由は、水虫患者の皮膚からはがれ落ちた角質が肌に付着することです。付着してすぐ水虫になるのではなく、きれいに洗い流さなかったり、高温多湿な環境で長時間過ごすことで水虫の症状がではじめるのです。

温泉やプールのバスマットや居酒屋のスリッパなど、不特定多数の人が利用する場所は特に注意が必要です。常に湿っているバスマットや通気性の悪いスリッパなどは白癬菌のたまり場とも言えます。

さらに、水虫は再発率の高い厄介な病気です。毎日薬を塗れば2週間ほどで症状が落ち着きますが、これくらいでは白癬菌は完全にはなくなりません。最低でも1ヶ月、長い場合は半年ほど治療が必要なケースもあります。

自覚症状がなくなった=水虫が完治した、ということにはならないのです。見た目や症状だけで水虫が完治したかどうかを判断するのは医者であっても難しいことなので、自己判断で薬を中断するのは絶対にやめましょう。

水虫にかかりやすい性別や年齢

前項で述べたとおり、水虫は誰にでも起こりうる病気です。中年男性の病気というイメージはまだまだ強く残っていますが、女性や子供、ペットにまで感染する可能性があります。基本的に、水虫にかかるのに年齢や性別は関係ないと言っていいでしょう。

水虫にかかる確率は生活環境に大きく起因します。毎日同じ革靴を履いて過ごすビジネスマンや、日常的にストッキングやパンプスを履く習慣のある女性は水虫にかかりやすい傾向にあると言えます。

免疫力の低下も水虫の原因となります。高齢者や糖尿病を患っている人は免疫力が低いので注意が必要です。特に、高齢者の場合は爪白癬になると歩行時に体のバランスがとりにくくなり、転倒につながる危険性も高まります。

水虫が直接的な原因で死に至るということはありませんが、高齢者は一度の転倒が命とりになってしまうこともあります。集団生活が求められる介護施設や老人ホームは水虫に感染する確率も高まりますので、ご家族や介護をする方は注意が必要です。

水虫の予防方法とは?

水虫の予防方法とは?

さて、誰でも感染してしまう恐れのある水虫ですが、薬の治療以外にも日頃から簡単にできる予防法があることをご存知でしたでしょうか?症状を和らげたり、再発しないようにするためのとっておきの方法を紹介します。

①五本指ソックスを履く

五本指ソックスは趾間型の水虫を予防するのに効果的です。指の間の汗を吸収してくれるので、一般的な靴下に比べると通気性が良くなります。ただし、五本指ソックスを履いても足元が蒸れやすいことには変わりありませんので、靴下は毎日取り替えて常に清潔にするよう心がけましょう。

②靴を使い分ける

通勤通学などで毎日同じ靴を履くと靴の中にも白癬菌が繁殖してしまうので、2、3種類の靴をローテションで履き替えることをオススメします。梅雨の時期や夏場は一日ごとにしっかり乾燥させて、完全に乾ききってから履くようにして下さい。

③栄養バランスのとれた食生活

水虫予防と食事は、一見何も関係がないように思いますよね。前項でも書きましたが、免疫力が低下することで水虫にかかるリスクが高まります。水虫に負けない体を作るという意味で、栄養バランスのとれた食事はとても大切なことなのです。

まず、ビタミン類は積極的に摂取するよう心がけましょう。ビタミンは現代人の食生活では不足しがちな栄養素なので、日頃の食生活やサプリメントなどで補うことが大切です。免疫力アップに効果的なビタミンと、多く含まれる食品は次のとおりです。

栄養素多く含まれる食品効果
ビタミンA鶏・豚・牛の肝臓、あんこう、うなぎ、ほたるいか、バター、チーズ、卵など明暗感知機能を改善、上皮細胞の機能維持、がんの抑制
ビタミンB6かつお、まぐろ、さんま、とうもろこし、にんにく、焼きのり、ピスタチオなどたんぱく質の代謝向上、免疫機能の正常化、皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンCピーマン、アセロラ、ケール、レモン、ほうれんそうなどコラーゲン生成、傷の治癒

ビタミンAが不足すると、角質の代謝が悪くなり、ビタミンB6が不足すれば、脂漏性皮膚炎が起こりやすくなります。

参考:水虫治療薬の通販体験記

美肌効果があるビタミンCは傷の治りを助けてくれるので、水虫をはじめ皮膚病を患っている人は積極的に摂取すべき栄養素と言えます。

ビタミンが水虫治療に直接的な効果的があるわけではないのですが、一日の必要量を毎日摂取することで、水虫になりにくい強い皮膚を作ってくれるというわけです。傷の治りも早くなるので、水虫がなかなか治らずに悩んでいる人は意識的に摂取することを心がけましょう。

ここで一つ、水虫の薬について大切なことを述べていきます。一般的な水虫の治療薬に『ラミシール』という薬があるのですが、このラミシールはまれに次のような副作用が見られる場合があります。

胃部不快感、下痢、吐き気、腹痛、胃部膨満感、めまい、頭痛、食欲不振、味覚異常、発疹、かゆみなど

参考:ヘルスケア大学-水虫の治療薬「ラミシール」の効果と副作用

ラミシールは錠剤や塗り薬、スプレータイプなど症状に合わせて処方されますが、どのタイプのものでも副作用は起こります。このように、体質的に薬での治療が難しい場合もあることから食生活から体質改善をするのが理想的ということになるのです。

青汁の水虫改善効果について

青汁の水虫改善効果について

水虫に負けない強い体を作るためには、毎日の食生活を見直すことが大切です。塩分や脂質を控えめにした野菜中心のメニューを選ぶのが理想的ですが、日々忙しく働く現代人にとって、栄養バランスを毎日意識しながら食事をするのはとても難しいことですよね。

そこで、オススメしたいのが青汁です。青汁には水虫対策に効果的な栄養素が豊富に含まれています。普段の食事だけでは不足しがちな栄養を、いつでも手軽に摂取できるのが青汁の魅力です。水虫に効果的な栄養素は次のとおりです。

①皮膚の健康を維持するために必要不可欠なビタミン

前項でも紹介したビタミン類は、皮膚の健康を守る大切な栄養素です。特に、ビタミンB6はたんぱく質の代謝と密接に関係しており、たんぱく質の働きをサポートする大切な役割を果たしています。

皮膚を作る主な組織がたんぱく質です。たんぱく質は、それ自体の分子が大きすぎるため、そのままでは体内に吸収されません。いったん分解してから再結合し、そこから体内に吸収されるのですが、この流れの中で重要な役割を果たすのがビタミンB6なのです。

分解されたたんぱく質はアミノ酸となり、体内で利用しやすい形に合成されます。つまり、たんぱく質の摂取量が多ければ多いほどビタミンB6も必要になるというわけです。体内にアミノ酸が増えると、その分皮膚の新陳代謝も活発になるので、皮膚の健康維持につながります。

この他に、皮膚や粘膜の細胞分裂をサポートするビタミンAや、傷の治りを早くしてくれるビタミンCも積極的に摂取する必要があります。これら3つのビタミンが豊富に含まれている青汁は、水虫にかかりにくい体を作る上で必要不可欠な栄養素なのです。

②活性酸素を取り除いてくれるSOD酵素

私たちの体の中には、有毒物質や細菌を殺菌する「活性酸素」と呼ばれる物質が存在します。ウイルスから体を守る大切な役割を果たしているのですが、必要以上に増えてしまうと、体内でさまざまな障害を引き起こします。

活性酸素は酸化する力が非常に強い物質です。体内に進入した有害物質をやっつけてくれるところまではいいのですが、過剰作用で正常な細胞まで酸化させてしまい、逆に体にダメージを与えてしまう恐れがあるのです。活性酸素の増加はがんや生活習慣病の原因になるとも言われています。

そこで、増えすぎた活性酸素の量を抑えてくれるのがSOD酵素です。細胞が酸化すると、肌のターンオーバーが正常に行なわれなくなり、肌荒れや皮膚病に直結します。SOD酵素は細胞の老化を抑え、細菌から体を守るバリア機能を果たしているのです。

③SOD酵素の原料となる亜鉛

上記で紹介したSOD酵素の原料となるのが亜鉛です。細胞分裂や免疫力アップに大きな効果があり、亜鉛をしっかり摂取している人は風邪をひきにくいというデータもあるほど。アメリカでは、水虫対策の一環として亜鉛の摂取を推奨する病院も多いそうです。

SODの働きを良くするためには、抗酸化ミネラルの亜鉛が必要不可欠です。免疫細胞を活性化させて、細胞分裂が正常に行なわれるための大変重要な役割を果たしています。また、亜鉛には

炎症を抑制するという働きがあることから、感染症の症状改善や膠原病、その他各種炎症疾患などの抑制に効果を発揮します。

参考:亜鉛の免疫向上効果

どんな青汁をどんな風に飲めばいいのか?

ネットで青汁を検索すると、実にさまざまな商品がヒットします。いざ青汁を飲み始めようと思っても、メーカーや商品が多すぎて迷ってしまいますよね。免疫力を上げるためにはどんな青汁が効果的なのか、さらには、いつ飲むのが理想的なのかを調べてみました。

青汁に含まれる具体的な栄養量がわかるもの

厚生労働省では、

野菜摂取の目標量を1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上としています。

参考:e-ヘルスネット-緑黄色野菜

しかし、毎日の食事でこの量を摂取するのはなかなか大変で、自炊する機会の少ない人や外食が多い人は目標量の半分ほどしか摂取できていないのが現実。

青汁メーカーのホームページを見て、『青汁一杯で野菜○g相当が摂取できる』と具体的な栄養量が明記されているものがわかりやすいですね。ただ単に栄養豊富と謳っているものではなく、必要な栄養素がどれだけ含まれているかが見てわかるものを選ぶようにしましょう。

美味しく飲めるものをチョイス

青汁は毎日続けることに意味があります。数回飲んだだけでは大きな効果は期待できません。苦味が強くて飲みにくいものは継続するのがつらくなってしまうので、毎日の青汁タイムが楽しくなるような商品を選びましょう。

青汁は、無料お試しセットや初回限定の特別価格で購入できるものが多いので、広告や口コミを参考にしながら美味しく飲める青汁を探してみて下さいね。また、ヨーグルトやスムージーに入れるだけの簡単なレシピもあるので、参考にしてみるのもいいかも知れません。

朝食と一緒に飲むのがオススメ

寝起きの体は栄養を吸収しやすいので、朝に青汁を飲むのが効果的です。目覚めの水分補給として朝食を食べる習慣がない人にもオススメです。また、飲んだ後は食物繊維が腸を刺激してくれるため、便秘の改善にも期待ができます。

水虫改善のために、青汁を飲みましょう!

健康維持や美容効果に期待ができる青汁は、かゆみや炎症がつらい水虫改善にも大きな役割を果たします。どんな人でもかかる可能性のある水虫は決して他人事ではありません。水虫を予防するためには、病気に負けない強い体づくりをすることが大切なのです。

つらい水虫とサヨナラするため、大切な家族に水虫をうつさないため、青汁を飲んで水虫知らずの健やかな体づくりを目指しましょう!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ