レモンの青汁(グリーンハウス)口コミ体験レビュー

レモンの青汁

緑黄色野菜のケールは栄養価が非常に高く、野菜の王様といわれています。ただ、味に関しては苦みやえぐみが強く飲みにくいのが特徴的。

レモンの青汁では、レモン果汁を搾ることで青野菜独特の苦みがなくなり、爽やかな後味で飲みやすくなっているようです。原料で使用しているケールは化学肥料や農薬などを一切使わない無農薬栽培で育った国産のケールを使用。

原料の割合もケールが75%、レモン果汁や甘味料が25%の割合で配合されています。この割合なら、青汁本来の味は楽しみたいけど飲みにくいのは苦手と考える人にもちょうど良い割合だと思います。

また、レモンの青汁はビタミンCがたっぷり含まれており、2包で1日分のビタミンCを補うことができます。野菜不足の解消だけでなく、ビタミンCが豊富に含まれているのでお肌にも良さそう♪さっそく、レモンの青汁を頼んでみました!

レモンの青汁クチコミ体験レビュー

lemon-aojiru02

青汁にレモン果汁を加えたなんとも珍しいグリーンハウスのレモンの青汁。レモン果汁と青汁を一緒にしても本当に美味しいのでしょうか?

すっごく気になったので実際に注文!頼んでから4日後に商品が到着しました♪

lemon-aojiru03

さっそく袋を開けてみると、レモンの青汁、シェーカー、パンフレットが入っていました。

パンフレットの中には「超野菜ケールを科学する」というレモン青汁の主原料ケールについての効果や効能を解説した小冊子が付いてきました。

健康食品に詳しい医学博士が書いた本だけあって、かなり詳しくケールという緑黄色野菜を知ることができます♪

lemon-aojiru04

レモンの青汁にはシェーカーが付いてきます。スプーンで混ぜるよりもシェーカーで混ぜた方が溶けやすく、泡立ち豊かな青汁を作ることもできます。

lemon-aojiru05

それでは、レモンの青汁の箱を開けてみましょう。箱の中には60包分のスティックがぎっしりと入っています。

lemon-aojiru06

レモンの青汁の原料となっているケールは安全性の高い国産のものを使用。大分県は国東半島で栽培されたものだけを使用しています。

さらに、国東半島で採れるケールは農薬や化学肥料を一切使用せず栽培しています。ケールは農薬や化学肥料を使わずに栽培しようとすると、蝶や蛾の幼虫が葉に付着して葉を食べてしまいます。

そのため、契約農家の人たちは毎日一枚一枚手作業で葉っぱをチェックしており、非常に手間はかかりますが、安全で安心のできる青汁を作ってくれています。

lemon-aojiru07

それでは、粉末をコップに入れていきましょう。粉末は1包で3gと一般的な青汁と同じ内容量ですね。含まれる原料はケールとレモン果汁だけではありません。

甘味料として使われている還元パラチノースは砂糖の約半分程度の甘味度ですが、血糖値の上昇を抑制、リラックス効果もあるといわれています。

また、後に残るような甘さではなく、すっきりと爽やかな甘さが特徴的です。

このほかに、甘味料のアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物。こちらは人工甘味料として、あまり良い評判は聞かない食品添加物ですね。

砂糖の約200倍の甘味があるのに対しカロリーは砂糖とほぼ一緒。少量でもしっかり甘味を付けることができるので、多くのカロリーオフ食品に使用されています。

ただし、アスパルテームは過剰に摂りすぎた場合、副作用として頭痛やめまい、不眠や急な不安感を感じるといった症状が起こる場合もあります。

青汁なので、飲みやすくするために甘味料などの添加物を入れることは必要かもしれません。

ただ、野菜不足の解消や健康維持のために毎日飲む健康飲料なので、人工甘味料は控えてもらいたかったです。

lemon-aojiru08

レモンの青汁は顆粒タイプの粉末になっているみたいです。顆粒というのは粉末よりも粒が大きく、粒子間に一般的な粉末よりも空気を多く含んだ状態の粉末をいいます。

顆粒タイプの粉末は一般的な粉末よりも水に溶けやすく、混ざりやすいのが特徴的。

lemon-aojiru09

粉末を少し舐めてみます。う~ん、初めにレモンの爽やかな酸味と甘味が口の中に広がるのですが、その直後にケールの味が口の中で広がって後味として残る感じがしますね。

lemon-aojiru10

「1袋当たり60ccのお水などと一緒にお召し上がりください。」箱をみると、このように書かれていました。

コップに60ccの水を注ぐだけで混ぜなくてもほぼ溶けきっているようです。

lemon-aojiru11

スプーンで数回混ぜただけで、しっかり混ざりきりました。やはり顆粒タイプの粉末は溶けやすく、混ざりやすくなっていますね。

lemon-aojiru12

氷を入れてみました。においに関しては、レモンの香りとケールの青臭さが混じり合っているので、美味しそうな香りではありません。なかなか強烈な香りを放っています。

レモンの青汁の色合いは淡い緑色といった感じです。色合いは綺麗な青汁なのですが、香りはケールの青臭い香りがしますね。果たして味の方はどうなのでしょうか?

lemon-aojiru13

それでは、頂いてみましょう♪う~ん、ケールの味がとても強い青汁ですね。

ケールの苦みや渋み、青臭さを消そうとレモン果汁と甘味料が入っているようなのですが、まったくケールの味は消えていません。

むしろ、甘味料の甘さとレモン果汁の酸味がケールの青臭さと混じり合うことで、とっても飲みにくい青汁に仕上がっていますね。

lemon-aojiru14 【レモンの青汁を飲んでみて】

購入前はレモン入りの青汁なんて、とっても珍しくて飲みやすい青汁なんだろうな~と勝手な想像を膨らましていました。

しかし、レモンの青汁を実際に飲んでみて、ケールの味とレモンの味が全くかみ合っておらず、とても飲みにくい青汁だなと感じました。

なので、お茶のような飲みやすい青汁を探している人、野菜をたくさん使った青汁を飲みたい人は、別の青汁にするのが良いと思います。

実際に私も飲んでみて、ケールの青臭さと人工甘味料の科学的な甘味、レモン果汁の不自然な酸味と香りはすごく苦手に感じました。

 
-商品詳細-
商品名 レモンの青汁
メーカー グリーンハウス株式会社
価 格 6610円(税込)
1杯の価格 約102円+税
送 料 送料無料
内容量 60包入り(約1ヶ月分)
原材料

ケール、デキストリン、還元パラチノース、レモン果汁、ビタミンC、香料、甘味料(アスパルテーム、L‐フェニルアラニン化合物)

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ