酵素を摂るなら青汁が一番!健康・美容に効果を発揮する酵素の働き

青汁 酵素

私たちの生命活動に欠かせない酵素は、毎日体内で作り出されたり食事から摂取されたりしています。しかし体内で合成される酵素には限りがある上に、年齢と共に体内の酵素の量は減る傾向にあります。

そのため酵素を多く含む食品やサプリメントを活用することになりますが、なかなか効率よく摂取できない成分でもあります。

そんな酵素を手軽に補給できるのが青汁です。生きた酵素をたっぷりと含む青汁なら、毎日1杯飲むだけで簡単に酵素が補えるのです。

生きるために必要な栄養素!酵素とは?

酵素は人間の体内で働くタンパク質の一種で、3000種類以上もあると言われています。酵素の働きをひと言で表すと、物質の間の「触媒(しょくばい)」であるということです。

触媒というのはそれ自体が変化したりはせず、他の物質が変化する時の仲立ち役になるもののことです。簡単に言えば、物質どうしが反応することを助けているのが酵素です。

その酵素は身体の中のあらゆる反応に関わっていて、食物の消化から代謝や排泄に至るまで、酵素抜きで行われる反応は無いと言っても良いでしょう。

酵素は人間の体内で生成される「潜在酵素」と、食物から摂取される「食物酵素」に大別されます。ここでは最初に、潜在酵素の主な働きをさらに2つに分けて説明します。

エネルギーを摂り込む消化酵素

潜在酵素の種類は大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」との2つ。3000種類以上ある酵素はこのどちらかに属していて、しかも1種類の酵素は原則1つの働きしかできません。逆にそれが酵素の種類が多くなる理由でもあるのです。

人間が食事をして体内に食物が入ってきた時に、まず働き始めるのが消化酵素です。面白いことに食物の3大栄養素ごとに、担当する消化酵素が決まっています。その中の代表的な酵素だけ、簡単に紹介しておきましょう。

炭水化物消化酵素「アミラーゼ」

唾液や膵液(すいえき)に含まれて、主に糖類であるデンプンを分解します。腸液には別な酵素の「サッカラーゼ」や「ラクターゼ」があり、糖類を単純な構造の「単糖」に分解します。

タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」

胃液・膵液・腸液に含まれるさまざまな酵素の総称で、主にタンパク質を分解してアミノ酸へと変化させます。

脂肪分解酵素「リパーゼ」

胃液・膵液・唾液に含まれ、脂肪を分解します。

こうした消化酵素は、食物が口の中に入った時からすぐに働き始め、胃から腸へと送られる食物を徐々に細かく分解して行きます。そして最終的に食物は腸によって吸収されるレベルまで小さくなり、栄養素として身体の中に摂り込まれるのです。

エネルギーを活用する代謝酵素

消化酵素によって分解された栄養素は、腸を通して体内に吸収されます。これらの栄養素をエネルギー源として、私たちは呼吸や思考などのあらゆる生命活動を行います。そこで働くのがもう一方の「代謝酵素」です。

吸収された栄養素を体内の各細胞に届けるのも、その栄養素を細胞内でエネルギーに変えるのも、さらにできたエネルギーを使って身体を活動させるのも代謝酵素。つまり消化以外のすべての活動は、代謝酵素が関係しているのです。

代謝酵素は脳や心臓をはじめとするすべての臓器や、血管や皮膚などの組織、さらに血液の中にも存在しています。当然新陳代謝や免疫機能なども、代謝酵素の働きがなければできません。

酵素の働きはバランス・ゲーム

1日に体内で生成される酵素の量はほぼ一定で、消化酵素と代謝酵素は相互に関係しながらバランスを保っています。さらに酵素の生成には、代謝酵素よりも消化酵素を優先するというルールがあります。

実はこの性質が人間の体調管理に、かなり複雑な影響を与えるのです。例えば肉類や油を多めに使った料理を、食事会などでつい食べ過ぎたとしましょう。こうした消化しにくい食物に対しては、いつもよりも多めに消化酵素を生成しないと対応できません。

体内で生成される酵素の量は一定なわけですから、消化酵素が増えた分は代謝酵素を減らしてバランスを取る必要があります。

代謝酵素の働きが充分でなくなると新陳代謝も不活性になり、体調不良を覚えたり老化が進む原因にもなります。

普段から野菜や穀物を中心にした食生活を続けていれば、代謝酵素を充分に確保することができますが、肉類や加工食品ばかりの乱れた食生活では、どうしても消化酵素にバランスが傾いてしまいます。

これは青汁の健康効果にも大きく関わってくるので、ここでしっかりと憶えておいてください。

今注目されるSOD酵素とは?

酵素の中で現在注目されているものに、「SOD酵素(スーパーオキサイド・ディスムターゼ):Superoxide dismutase」があります。スーパーオキサイドとは「活性酸素」のことで、SOD酵素は「活性酸素を分解する酵素」と考えれば良いでしょう。

活性酸素は近年健康や美容面で重要視されている物質で、人間の体内では4種類の活性酸素が発生します。今では完全に悪役扱いの活性酸素ですが、外から入ってくるウィルスなどから身体を守ったりする重要な働きもあります。

しかし活性酸素は不規則な生活習慣やストレス、乱れた食生活や喫煙などが原因で増えすぎることがあり、今度は逆に身体にとって悪い働きをするようになります。

現在では活性酸素が増えすぎると、生活習慣病やガンの原因になったり、体内の酸化を促進して老化を加速させる原因になると言われています。

SOD酵素の働きは、こうして増えすぎた活性酸素を除去する「抗酸化作用」です。抗酸化作用を持つ成分には、ビタミン類やポリフェノールなどのように、身体の外から摂り込むタイプもありますが、SOD酵素は私たちの体内で生成されるもの。

活性酸素を減らすための、何よりも頼もしい味方がSOD酵素なのです。

補うのが難しい?酵素を上手に摂る方法

酵素がいかに私たちの身体に重要な働きをしているのか、ここまででかなり理解できたことと思います。簡単にまとめておくと、私たちの生命活動は酵素がないと成り立たないということです。

しかし潜在酵素が生成される量は、遺伝子によってほぼ一生分が決まっているようなのです。つまり必要なだけどんどん酵素を作り出すことは、身体のしくみ上無理だということ。

しかも酵素が作られる量は、年齢とともに年々減少して行くのです。絶対に必要なのに徐々に不足して行く潜在酵素、では足りない分はどうすれば良いのでしょうか?

足りない酵素は食べて補給!

酵素には体内で生成される以外にも、もう一つ別な種類がありました。それが「食物酵素」です。

私たちが食べる野菜・果物・肉・魚など、元々生命として生きていた食品にはすべて酵素が含まれています。私たちは毎日の食事で意識しないうちに、酵素を体内に摂り入れているのです。

食べ物として体内に入った食物酵素は、いったん身体の中に吸収されることなく、そのまま直接消化酵素として働き始めます。

体内の潜在酵素はバランスを保っていますから、外から酵素が補給されれば余裕が生まれて、代謝酵素を充分に作り出せるようになります。

年齢とともに減ってくる潜在酵素は、食物酵素を多く含む食品を摂るように心がければ、全体的なバランスが保たれて健康を維持できるようになります。

また代謝酵素でも一部は食品から補給することができ、SOD酵素も明日葉などに多く含まれています。明日葉と言えば、今では青汁の原料として皆さんごぞんじの野菜です。

積極的に食べたい食品と避けたい食品

酵素には1つだけ、熱に弱いという弱点があります。酵素は種類にもよりますが、ほとんどが約47~48度の温度で活動できなくなってしまうのです。ですから食物酵素を効率的に補給するには、加熱調理しないで食べられる食品がおすすめです。

まず最も新鮮な生きた酵素を摂取するなら、野菜や果物を多めに摂ることです。ビタミン類やミネラル類も豊富なので、質の良いものを毎日たくさん食べましょう。また日本人にはなじみの深い発酵食品や海藻類にも、良質な酵素がたっぷりと含まれています。

意外にも肉類は生で食べると酵素が摂取できて、消化もそれほど悪くはありません。しかし生食よりは加熱調理が基本なので、料理になった時点では酵素も失われて消化も悪くなります。

その点は魚も同じですが、日本には刺身や寿司という上手な食べ方があります。しかも必ず醤油という発酵食品を使いますから、消化力アップのためには非常に理にかなった料理だと言えるでしょう。

逆に酵素のバランスを崩す食品の代表が、精白された砂糖である「ショ糖」です。商品によっては「果糖ブドウ糖液糖」などとも表示されています。こうしたショ糖はジュースなどの清涼飲料やお菓子類、素材にこだわらないパンやスイーツ類などにも含まれています。

また出来合いの加工食品やコンビニの調理済み食品には、ショ糖以外にも多くの人工的な調味料や保存料が含まれています。

これらのショ糖や食品添加物は、酵素の力で消化するのにかなりの負担がかかります。多く摂り過ぎると確実に潜在酵素のバランスを崩すので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。

酵素をたっぷり摂れる食品メニュー

食品中の3大栄養素を分解する酵素については、少し前の項で説明しましたが、それらの消化酵素は積極的に食品から摂取できます。今後の健康メニューづくりの参考までに、代表的なおすすめの食品を紹介しておきます。

炭水化物消化酵素「アミラーゼ」を摂取できる食品

主に糖類を分解するアミラーゼは、果物全般・大根・キャベツ・かぶ・にんじん・山芋などに多く含まれています。またアミラーゼは唾液に多く含まれるので、良く噛んで食べるとより一層消化の力がアップします。

タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」を摂取できる食品

タンパク質を分解するという大切な働きをするプロテアーゼは、納豆・パパイヤ・パイナップル・メロンなどに多く含まれています。

脂肪分解酵素「リパーゼ」を摂取できる食品

脂肪を分解するリパーゼは、納豆・大根・きゅうり・トマト・ほうれん草・セロリなどに多く含まれています。リパーゼは脂肪の燃焼にも関係しているので、ダイエット中の皆さんはこれらの食材に注目してください。

昔から大根を食べると消化に良いと言われていましたが、消化酵素を補給するにはやはり野菜や果物を多めに摂ることが大切です。これらの食品を毎日の食卓に上手に活かして、体内の酵素バランスを理想的な状態に保ちましょう。

美容にも効果的な酵素の働きとは?

私たちの生命活動に欠かせない酵素は、毎日の生活の中で健康を維持したり、体内の組織を新しいものに入れ替えるなど休みなく働いています。今なぜ酵素の働きが注目されているのかと言えば、酵素を上手に活用することで、さまざまな健康効果や美容効果が期待できるからです。

そこでまずは酵素を効果的に活用することで、どのような美容効果が生まれるのかを確認しておきましょう。

無理なくダイエットができる!

代謝酵素を活性化することができれば、普段の生活で消費されるエネルギーが多くなり、つらい食事制限や運動に頼らずダイエットが可能です。そのカギを握るのが「基礎代謝」。

基礎代謝とは、私たちが生命を維持する上で行うエネルギーの消費活動で、呼吸や心臓を動かすなどの休みなく行われる代謝のことです。基礎代謝エネルギーは日々の仕事や運動で消費されるよりもずっと多く、1日の消費エネルギーのおよそ6割を占めています。

消化酵素と代謝酵素とのバランスを改善すれば、代謝酵素が活発化して基礎代謝がアップ。それだけで消費されるエネルギーが増加して、健康的で無理のないダイエットができるのです。

肌の若返りと美肌効果

全身の肌は一定の周期で入れ替わっていて、これを「ターンオーバー」と呼びます。同じように見える肌でも、通常はおよそ1ヶ月で完全に新しい組織に生まれ変わっているのです。

このターンオーバーが正常に行われていれば、肌のトラブルに悩まされることはありません。

しかし残念なことに、年齢と共にターンオーバーの周期も長くなり、肌の再生能力も衰えるためトラブルが起こりやすくなります。それを防ぐ最も有効な方法が、代謝酵素を活性化して新陳代謝をアップさせることなのです。

新陳代謝とは、身体の中のさまざまな細胞が新しく生まれ変わることで、ターンオーバーもその1つ。代謝酵素の働きが活発になって新陳代謝がアップすれば、肌の再生も活発になります。

その結果シミ・くすみや肌荒れなどのトラブルが減り、ハリとツヤのある美肌が取り戻せるのです。特にSOD酵素の活性化が、美肌を手に入れる近道だと言われています。

酵素で便秘や下痢にサヨナラ

便秘の原因になるのは腸の活動の低下と、食物がきちんと消化されていないことによる腸内環境の悪化です。青汁に豊富に含まれる食物繊維には、こうしたトラブルを改善する効果がありますが、食物酵素を積極的に摂ることでも便秘は解消できます。

便秘がちな人の体内では消化酵素の働きが低下していて、しっかりと食物が消化されないまま腸に送られてしまいます。こうした未消化の食物は腸内の悪玉菌のエサとなり、腸内環境全体を悪化させてしまいます。

食生活を改善して効果的に食物酵素を摂り入れれば、食物酵素が消化酵素の働きを助けて、食べた物が正しく消化吸収されるようになります。すると腸内の善玉菌と悪玉菌とのバランスが整えられて、腸の働きそのものが活発になります。

腸が元気を取り戻せば自然にお通じも良くなって、便秘や下痢に悩まされることもなくなります。

代謝アップでむくみも解消

酵素でむくみが解消されるしくみも、便秘解消などと同じく新陳代謝のアップによるものです。むくみの原因は塩分の摂り過ぎなどで、体内の水分調節がうまく働かなくなることだと言われています。

しかし根本的な原因は、生活習慣の乱れや加齢によって新陳代謝が低下することです。代謝酵素の働きを活発化させれば、水分の吸収~排出がスムーズになり、むくみも解消するでしょう。

このように酵素の働きで美容効果を高めるなら、食物酵素を効果的に体内に摂り込んで、消化酵素の働きをサポートすることが重要です。その結果潜在酵素のバランスが改善して、代謝酵素の働きに余裕が生まれるわけです。

普段から野菜や穀物を中心に果物なども多めに食べて、良質な食物酵素を身体の中に積極的に摂り込みましょう。そして肉類や加工食品はなるべく控え、消化酵素と代謝酵素とのバランスを整えることを心がけましょう。

酵素の力で健康効果をアップ!

ここまで確認してきたように、消化酵素と代謝酵素とのバランスを維持して、しかも食物酵素を有効に活用することで、身体にはさまざまな良い効果が生まれます。

消化酵素と食物酵素がしっかりと働けば、食物から無駄なく栄養素を摂り込むことができ、その栄養素は代謝酵素によって健康を維持するエネルギーとして使われます。

普段から質の良い酵素を摂る習慣をつけておくと、こうした酵素の連携プレーがスムーズに行われ、多くの健康効果を得ることができます。その中の主な効果を紹介しておきましょう。

免疫力の改善は腸の中から

意外にも免疫力と腸との間には、非常に強い関係があります。免疫機能の核となる免疫細胞の活性化には、善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌のバランスが重要なのです。「免疫細胞は腸で作られる」とまで言われる理由がここにあります。

腸内環境を整えて腸の活動を活発にするには、消化酵素が正しく働いて食物を吸収しやすい状態にまで分解する必要があります。それには食物酵素による適切なサポートも必要です。

腸の働きが改善されれば、全身に充分な量の免疫細胞が届けられ、身体全体の免疫機能もアップします。

さらにSOD酵素をはじめとする代謝酵素には、強い抗酸化作用を持つものがあり、体内の活性酸素を除去して免疫機能をアップしてくれます。また代謝酵素が基礎代謝と新陳代謝を高めることも、免疫機能の向上につながります。

血液サラサラ効果で生活習慣病を予防

日本人に多い動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などは、血液がドロドロになって流れが悪くなることから起こると言われています。原因はさまざまですが、血液の流れが悪くなるのは脂質の1つである悪玉コレステロール(LDL)が増えることが大きく関わっています。

血液がスムーズに流れなくなると当然代謝も悪くなり、しかも血管内部にコレステロールが付着しやすくなり、ある時突然血管が詰まったりしてしまいます。場合によっては命に係わるトラブルですが、悪玉コレステロールの増加にも活性酸素が関係していると言われます。

SOD酵素などの代謝酵素が活性化すれば、体内の抗酸化作用が高まって悪玉コレステロールの活動を抑えてくれます。その結果血液がサラサラになり、さまざまな生活習慣病を予防することにもなるのです。

消化酵素で胃もたれスッキリ

胃もたれとは胃の中に長時間食べ物がとどまって、腹部に不快感を生じる症状です。原因は加齢やストレスなどで、胃が食物を送り出す「ぜん動運動」が弱まることや、食べ過ぎや油分の摂り過ぎで消化不良を起こすことなどです。

この時に安易に胃薬に頼っても、効果は一時的でまたすぐに同じ症状が現れます。それよりも食物酵素を上手に摂り込んで、消化酵素の働きを活発にさせる方が胃もたれ解消にははるかに有効です。

それには普段から野菜や果物から良質な食物酵素を摂って、消化酵素の働きを補うことが大切です。消化機能に余裕が生まれれば、代謝酵素の働きが活発になるので、胃そのものの働きも改善されて、胃もたれなど消化系のトラブルはすっきりと解消されるでしょう。

代謝酵素が効果的に疲労を回復

なかなか抜けない疲労を回復するには、とにかく身体を休めることが基本ですが、代謝酵素の働きを活性化すればもっと効果的に疲れを取り除くことができます。

疲れが取れない原因は、加齢などで体内の新陳代謝が低下していることや、活性酸素が増加していることなどが考えられます。こんな時は消化酵素と代謝酵素のバランスが乱れているのかもしれません。

食事のメニューや習慣を見直して、代謝酵素の働きに余裕が生まれるようにすれば、疲労の回復も早まるはずです。

他にも酵素の働きを活発にすることで、高血圧の予防や糖尿病の予防などの、さまざまな健康効果が期待できます。そのためには毎日の食生活で、効率的に質の良い酵素を体内に摂り入れる必要があります。それを簡単に実現できるのが、毎日青汁を飲む事なのです。

酵素入り青汁で効率的に健康効果をアップ!

これだけ身体に良いことずくめの酵素は、毎日青汁を飲むことで効率的に摂ることができます。その中でも成分中の酵素にこだわった青汁を、3種類紹介しておきます。 毎日の食生活にプラスして、酵素の美容と健康効果を試してみてください。

リッチグリーン

「リッチグリーン」のこだわりは、「生搾り」であることです。生搾りとは青汁の製造過程で、野菜から汁を搾ったり乾燥したりする時に一切熱を加えない製法のこと。この製法なら熱に弱い酵素やビタミン類も、原料の成分そのままに青汁に配合することができます。

原料の大麦若葉は栽培方法にもこだわって、栄養成分が濃厚な原種に近い品種を選び、農薬を使わずに手間をかけて契約農家が育てています。また甘味料や保存料などの添加物も一切使っていないため、安心して毎日飲むことができます。

酵素が生きている青汁はグラスに注ぐだけで分かると言われますが、リッチグリーンはグラスに注ぐと表面を細かな泡が覆います。この豊かな泡立ちが、酵素が生きている証拠なのです。

SOD酵素をはじめ50種類以上もの酵素や有効成分が含まれた青汁を、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。

フレッシュフルーツ青汁

フルーツの成分もプラスして、112種類の酵素と乳酸菌まで配合したのが「フレッシュフルーツ青汁」です。青汁の成分として野菜にフルーツまで加えることで、質の良い酵素をたっぷりと補給できます。

原料には厳選された国内産の大麦若葉と、SOD酵素を含む鹿児島産の明日葉、さらにアミノ酸を多く含む北海道産のクマザサを使用。そこにビタミンやミネラルを多く含むフルーツ成分を、たっぷりと配合しています。

さらに「有胞子乳酸菌」という胃酸や熱にも強い種類の乳酸菌を、1スティックあたり100億個も配合。乳酸菌が生きたまま腸まで届くので、善玉菌や代謝酵素の働きが活発になって、健康や美容に高い効果を発揮します。

またジュースのようにゴクゴク飲める美味しさも、フレッシュフルーツ青汁の特長です。

ふるさと青汁

SOD酵素をたっぷりと含む明日葉を主原料にしたのが、この「ふるさと青汁」です。他の青汁と比べても原料には特にこだわっていて、八丈島産の明日葉に熊本・大分産の大麦若葉、それにミネラル豊富な島根産の桑の葉を配合しています。

こうした原料は、可能な限り農薬や化学肥料に頼らない栽培方法で育てられていて、新鮮な酵素以外にもビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含んでいます。

また主原料の明日葉は根の部分まで使い、健康・美容分野で注目されている「LPS」などの有効成分も摂ることができます。味にクセのない原料をバランス良くブレンドすることで、毎日飲める美味しい青汁になっています。

これらの酵素にこだわった青汁は、できるだけホットにせずに飲むことをおすすめします。酵素は47~48度という温度で効果が失われてしまうので、確かな健康・美容効果のためにも常温か冷やして毎日飲んでください。

健康・美容効果の高い酵素は青汁で補給!

私たちの身体は、酵素の働きで保たれていると言っても言い過ぎではありません。それくらい酵素の働きは、身体の隅々にまで及んでいるのです。

その酵素にもっと効果的に働いてもらうためには、消化酵素と代謝酵素のバランスに注意する必要があります。普段の食事で消化酵素を使い過ぎると代謝酵素が不足して、生活習慣病になったり老化を速めることにもなりかねません。

毎日の生活習慣に青汁をプラスすれば、質の良い食物酵素が補給できる上に、消化酵素の働きに余裕が生まれます。その余裕は代謝酵素の活性化につながって、さまざまな健康・美容効果を生み出してくれます。

青汁には多くの栄養素や食物繊維が、バランス良くギュッと詰め込まれています。そこに酵素の力が加われば、健康・美容への対策は万全です。美味しく手軽に青汁で、健康的な毎日を楽しみましょう。

酵素がたっぷり含まれている青汁を厳選!酵素ランキング第1はコレ(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ