青汁で更年期のつらい症状を緩和!更年期障害の原因や改善方法を徹底解説

青汁で更年期のつらい症状を緩和!更年期障害の原因や改善方法を徹底解説

更年期は、女性ホルモンの減少で心身ともにゆらぎやすく身体にさまざまな不調が出てきます。

症状の重さは人それぞれ違うため、軽い人もいれば寝込んで動けなくなる人、まわりに理解されないままつらい日々を過ごしている人も少なくありません。

このような更年期のつらい症状を和らげるには、身体を動かし、十分な睡眠を取ることが大事です。そして、女性ホルモンの分泌をサポートする栄養素をしっかりと摂ることが大切になります。

青汁には、更年期障害の予防や改善に効果的なビタミンEやビタミンB群が豊富に含まれた栄養価の高い飲み物です。

現在、つらい症状で悩んでいる方やこれから更年期を迎える方は、毎日の生活に青汁を摂り入れてみてはいかがでしょうか。

更年期障害で悩んでいる人にもおすすめ!人気の高い青汁をランキングで紹介しています。

それでは、更年期障害の原因や改善方法、青汁の効果について詳しく確認していきましょう。

更年期障害とは

更年期障害とは、どのような原因でどういった症状が起こるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れ

女性は、40歳前後から月経(生理)の周期や日数が短くなり、出血量に変化が出はじめ不規則な状態が続きます。そして、45歳頃からは月経の周期が長くなり、50歳頃になると2~3カ月に1度の周期となりやがて月経が止まります。

医学上、月経が止まってから1年が経つと「閉経」と言われるため、一般的に日本人女性は50歳前後で閉経を迎えます。

「更年期」とは、この閉経をはさんだ45歳から55歳の約10年間を呼ぶのです。この期間は女性ホルモンが急激に減るため、心身にさまざまな不調が起こりやすい時期でもあるのです。

なぜ、更年期の時期に身体に不調が起こるのでしょうか。

女性ホルモン(エストロゲン)の減少による不調

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分かれています。まずはこの2つのホルモンの違いについて見ていきましょう。

エストロゲンは、女性らしい体を作るホルモン。乳房や子宮、膣を発育させ、12歳頃に初潮を迎えると周期ごとに分泌量の増減を繰り返します。

さらに、卵巣内の卵胞を成熟させて排卵や受精に備えたり、子宮内膜を厚くしたりする働きがあります。

エストロゲンの働きは生殖器だけではありません。循環器(心臓血管系)、脂質代謝(コレステロールや中性脂肪)、乳房、皮膚、骨など身体のさまざまな場所で働きかけます。

男性よりも女性の方が動脈硬化による病気のリスクが低いのもエストロゲンのおかけです。エストロゲンは血管をしなやかに保つ(悪玉コレステロールの増加を抑え、善玉コレステロールを増加させる)働きがあります。

この働きにより、動脈硬化を予防したり、コレステロール値を調節したり、丈夫な骨など女性の身体はエストロゲンによって守られているのです。

しかし、更年期で卵巣機能が低下しエストロゲンが減るとどうなるでしょうか。

身体を守っていたエストロゲンの働きが弱まるため、身体にさまざまな症状や病気が発症しやすくなります。

その結果、エストロゲンの減少で、高脂血症(脂質異常症)や動脈硬化などの生活習慣病や、骨粗しょう症、認知症などのリスクが上がってしまうのです。

プロゲステロンは、排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモン。子宮内膜を整え受精卵が着床しやすいようにします。妊娠が起こらない場合は、子宮内膜が剥がれ落ちそれが月経となります。

プロゲステロンにはからだの体温を上げたり、人によってはむくんだり精神的に不安定になったりすることもあります。

この2つの女性ホルモンが共に働くことで月経や妊娠、出産が成立するのです。

さらに、女性ホルモンの減少は自律神経にも影響を及ぼしホルモンバランスを乱します。

次に、女性ホルモンと自律神経の関係を見ていきましょう。

女性ホルモン減少による自律神経の乱れ

女性ホルモンは、脳の視床下部(ししょうかぶ)から指示が出ることで卵巣から分泌されます。視床下部は女性ホルモンの分泌量が多い場合は抑え、分泌量が少ない場合は増やすなど、必要に応じて女性ホルモンをコントロールしています。

加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少しても視床下部は女性ホルモンを分泌するように卵巣に指示を出します。しかし、卵巣機能が低下しているため、いくら指示を出しても女性ホルモンは増えません。

このような状態を何度も繰り返すうちに脳の視床下部はパニック状態となり、同じく視床下部でコントロールしている自律神経にも影響を与えるのです。

自律神経は、意思に関係なく身体の機能を調節する神経のこと。

心身を緊張させ興奮状態に導く「交感神経」と心身をリラックスさせ鎮静状態に導く「副交感神経」の2つの神経があります。

この2つの神経は、お互いに相対して働くことで、全身の血管や内臓の働きかけ、体温や血圧、免疫、ホルモン分泌、発汗などをコントロールしているのです。

女性ホルモン減少で自律神経に影響が及ぶと、この2つの神経のバランスが乱れます。すると体内のホルモンバランスが崩れ全身にさまざまな症状が起こるのです。

では、実際に更年期障害はどのような症状を全身に引き起こすのでしょうか。

更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少や自律神経の乱れで身体にさまざまな変化が起きます。

下記の表は、多岐にわたる更年期障害の症状をまとめたものです。1つずつ見ていきましょう。

分類症状
血管運動神経系ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ
精神神経系頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ
運動器官系腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい
消化器系食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ
泌尿器系頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁
生殖器系月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下
知覚系しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下
皮膚系皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ
血管運動神経系 血管運動神経系

先ほども説明をしたように、女性ホルモンをつかさどる視床下部は、自律神経にも影響を与えます。

自律神経には、毛細血管の拡張や収縮によって体温を調節したり、発汗を調節したりする作用があります。自律神経が乱れると、体温や発汗の機能が正常に働くことができません。

更年期障害で有名なホットフラッシュは、暑いわけでもないのに突然顔がカーッと熱くなったり、汗が止まらなくなったり、のぼせたりする症状のこと。これは、自律神経の乱れで体温や発汗の調節ができなくなっているため起こる症状です。

また、自律神経が乱れて交感神経が優位になると、血管が収縮されるため血行不良となります。それにより、手足の末端まで血液がまわらずに冷えやむくみが生じます。

さらに、心拍は自律神経によってコントロールされているため、交感神経が高まると血圧や心拍があがり呼吸が浅くなって動悸や息切れの症状がでます。

精神神経系 精神神経系

エストロゲンは、セロトニンを活発にして精神を安定させる作用があります。しかし、更年期でエストロゲン減少しセロトニンが低下するとイライラしたり、怒りっぽくなったり、不安になったりします。

さらに、気持ちの波が激しくコントロールができない状態になると、うつ病にかかってしまう可能性もあります。

また、過度のストレスは自律神経を乱す原因。交感神経が優位になると血管が収縮され血流障害が起きるため、頭痛やめまい、耳鳴りなどと言った症状がでます。

運動器官系

エストロゲンには、関節を動かす潤滑油的な作用があり、エストロゲンが低下をすると腱や関節に炎症が起こりやすくなります。

また、エストロゲンには骨密度を保つ働きがありますが、エストロゲンの分泌量が減少すると骨量も減るため、骨粗しょう症になる可能性があります。

骨粗しょう症では腰や背中の痛み、腰痛が発症することがあります。

消化器系

自律神経は消化器の働きをコントロールしています。自律神経が乱れ、交感神経が優位になり過ぎると、胃の働きが鈍くなり、消化力が低下して胃もたれの原因に。

また、副交感神経が優位になり過ぎると、胃酸の分泌が過剰に起こり、胃粘膜を荒らしてしまうため胃痛や胃もたれ、胸やけなどの症状が起こります。

泌尿器系 泌尿器系

エストロゲンの減少で、泌尿器の粘膜は薄くなり委縮します。また、加齢とともに膀胱や尿道を支える骨盤底筋が低下。泌尿器周辺の筋肉も弱くなるため泌尿器の症状も多くなります。

尿漏れは、骨盤低筋が弱くなることで尿道を締めておくことができず、せきやくしゃみ、笑う、走るなど強い腹圧がかかると起こりやすくなります。

生殖器系

エストロゲンは卵管や子宮、膣、外陰部など女性器の弾力やうるおいを保つ働きも担っています。エストロゲンの減少に伴い、腟壁の弾力やうるおいが失われると、膣は乾燥しやすい状態に。

膣が乾燥することで、痛みやかゆみ、抵抗力が落ちて膣炎などが起こりやすくなります。また、性交時は痛みを感じやすく傷ができたり出血したりすることもあるのです。

知覚系 知覚系

自律神経が乱れると皮膚の表面の知覚感覚が乱れます。しびれは、手や足の感覚がなくなったり、電気が走るように感じたりする症状です。

また、皮膚の上をアリがはうような感覚(蟻走感 )や、知覚が敏感になったり、逆に鈍感になったりします。

皮膚系

エストロゲンにはコラーゲンを増やして皮膚や粘膜を保護しうるおいを保つ作用があるため、エストロゲンが減少すると乾燥しやすくなります。そのため、皮膚はかゆくなったりかぶれやすくなったりします。

さらにストレスがあると、かゆみは強くなり、かいた刺激でますますかゆみが増します。

このように、更年期には全身にさまざまな症状が出てきます。

しかし、症状の重さには個人差があり、自分の症状が更年期障害だと気がつかない人がいる一方で、「つらくて動けない」と感じる人もいます。

そういった症状は、家庭や職場などの環境や、その人が持つ物事のとらえ方や性格、感受性の違いによって変わってきます。

また、更年期障害によく似た症状の病気もあるため、この時期の不調が必ずしも更年期障害とは限りません。不調が続く場合は、病院で医師から正しく診察してもらうことが大切です。

更年期障害を悪化させないために

更年期障害を悪化させないために

更年期障害は、ほてりやのぼせなど体に現れる症状だけでなく、イライラしたり不安になったりといった心への影響も大きいものです。

そのつらい更年期障害を乗りきるために、症状を改善させる方法について見ていきましょう。

ストレスをためない

更年期の時期は、家庭環境や社会での環境に変化が起こりやすい時期です。

たとえば、子どもの就職や結婚での巣立ち、夫や自分自身の定年退職、親の介護など。日常生活の変化がストレスとなる場合があります。

心身が安定している時期であれば、日常の変化にもうまく乗り切れることでしょう。しかし、自律神経が不安定になっている時は、些細なことでも不安定になりやすくうまく対応することができなくなります。

こういった環境の変化や心身の変化でストレスを感じ、さらに更年期障害を悪化させている可能性があるのです。

更年期の時期は、ストレスをためないことが大切。たとえば、夢中になれる趣味を見つけたり、友達と出かけたりとちょっとした息抜きがストレス解消になります。

十分な睡眠

寝つきが悪い(入眠障害)、眠りが浅くて何度も目が覚める(中途覚醒)。朝早くから目が覚める(早朝覚醒)、十分に睡眠を取っても疲れが抜けない(熟眠障害)など。更年期には、不眠で悩む人が多くいます。

女性ホルモンの減少で自律神経が乱れ交感神経が優位に働いていると、脳は覚醒した状態となり寝付きが悪くなるからです。

睡眠不足が続くと身体の疲れを取れず、さらに更年期障害を悪化させてしまう場合があります。体調を整えるためには、十分な睡眠が必要不可欠。

ストレスや緊張で異常に興奮している交換神経を和らげて、リラックス時に優位になる副交感神経を働かせてあげなければなりません。

スマートフォンのブルーライトは、脳を刺激し眠れなくなるため、就寝前はスマートフォンを見ることを控えましょう。

また、もともと身体に備わっている体内時計を整えることも大切です。毎日、同じ時間に就寝や起床をすることで身体のリズムを一定に保つようにしましょう。起床後すぐにカーテンを開けるなど朝に光を浴びることで体内時計が整いやすくなります。

適度な運動

身体を動かすことで、血行がよくなる、肥満防止、筋肉や骨が丈夫になるといった効果が期待できます。

また、適度な運動を行うことで爽快感やストレス発散効果を得ることができ、更年期のイライラやしびれ、感覚異常にも効果があります。

更年期以降に適したスポーツは有酸素運動です。とくに、ウォーキングやストレッチ体操がおすすめ。無理をせずに楽しみながらできる運動を行いましょう。

ホルモンバランスを整える(栄養素)

ホルモンバランスを整える(栄養素)

女性ホルモンは、体内に存在している酵素の働きで分泌されます。その酵素の働きをサポートするのがビタミンやミネラルなどの微量栄養素です。

ビタミンやミネラル不足はホルモンバランスを乱す原因となります。

そのため、更年期の時期はビタミンやミネラルをしっかりと補ってホルモンバランスを整えて行かなければなりません。

青汁はホルモンバランスを整える栄養素が豊富!

青汁はホルモンバランスを整える栄養素が豊富!

青汁に含まれるビタミンE、ビタミンB6、葉酸はとくに更年期の時期に症状を和らげてくれる栄養素です。どのような働きがあるのかそれぞれの栄養素について詳しく見ていきましょう。

ビタミンE(ホルモンバランスを整える)

ビタミンEの化学名はトコフェロール。ギリシャ語で「子どもを産む力を与える」という意味があり、女性ホルモンの味方となるビタミンです。

ビタミンEは、女性ホルモンや男性ホルモンの代謝に関与しているため、脳下垂体に働きかけてホルモンの分泌を促進。更年期に乱れやすいホルモンバランスを整える作用があります。

また、抗酸化作用に優れたビタミンEは、血液中のコレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。それにより、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病を予防する効果があるのです。

先ほども説明したように、エストロゲンが減少すると女性は生活習慣病のリスクが高まります。生活習慣病を予防できるビタミンEの働きは更年期の女性にとって欠かすことができません。

さらに、ビタミンEは毛細血管を広げて血行を促進し、全身の血流を改善します。冷えや肩こり、手足のしびれなど更年期に起こりやすい症状の改善に効果があります。

ビタミンB6(エストロゲンの代謝促進)

ビタミンB6は、エストロゲンの代謝に働きかけてホルモンのバランスを整えます。そのため、更年期に乱れがちなホルモンバランスを整えて改善する効果が期待できます。

また、ビタミンB6はたんぱく質の代謝に欠かせない栄養素。ビタミンB6は、食物のたんぱく質を分解して体のたんぱく質を合成する過程において酵素をサポートするのです。

ビタミンB6をしっかりと摂ることで、たんぱく質の代謝がスムーズになり、更年期障害で影響を受けやすい皮膚や粘膜、髪、歯、爪を丈夫にすることができます。

さらに、ビタミンB6はセロトニンなどの神経伝達物質の合成を促進させます。セロトニンには、自律神経を整え精神状態を安定させる働きがあるため、更年期の不安感を和らげることができるのです。

葉酸

葉酸は、動脈硬化と骨粗しょう症の予防に効果的です。

血液中に含まれるアミノ酸の1つ「ホモシステイン」は、加齢とともに生成されやすくなり、血中ホモシステインが増えることで動脈硬化のリスクが高まると言われています。

ホモシステインは、葉酸やビタミンB6、ビタミンB12などの働きでメチオニンやシステインという物質に変換します。しかし、葉酸やビタミンB6などが不足していると血液中のホモシステイン濃度を下げることができず、活性酸素を発生させて動脈硬化を促進させます。

また、ホモシステインは骨粗しょう症にも関係しており、ホモシステインが増えると骨量が多くても骨折しやすくなります。

つまり、ホモシステインは血管(動脈硬化)と骨(骨粗しょう症)の両方のリスクを高める物質なのです。

葉酸は細胞の新生をサポートする働きで、妊娠初期に必要となる栄養素として知られています。しかし、葉酸は更年期以降もしっかりと摂取をし、動脈硬化や骨粗しょう症を予防する必要があります。

青汁 更年期 Q&A

青汁 更年期 Q&A

ここでは、青汁と更年期についてQ&A形式で見ていきましょう。

青汁を飲めば更年期の症状は治るの?・・・NO

青汁は、薬ではなく栄養補助食品のため、青汁を飲むだけで更年期の症状が治るわけではありません。

規則正しい生活や、栄養バランスのよい食事、適度な運動や睡眠、ストレスをためないなど自律神経のバランスを整える心がけが大切になります。

しかし、青汁にはホルモンバランスや自律神経を整えるための必要な栄養素がたっぷり含まれています。毎日、習慣的に飲むことで更年期障害の症状改善に期待ができます。

更年期障害の予防として青汁は効果あるの?・・・YES

更年期は、閉経をはさんだ45歳から55歳の約10年間です。

しかし、30代後半あたりから女性の身体は閉経にむけて変化をしていくため、体調の変化に敏感になる方も多くいます。

この頃になると、まだ本当の更年期ではありませんが、徐々に女性ホルモンの分泌が少なくなるため、自律神経が乱れて動悸やめまい、イライラ、不安感といった症状がでることも。

青汁には、女性ホルモンの働きを助けてくれる栄養素が含まれています。

更年期の時期を少しでも楽に過ごせるように、更年期を迎える前から青汁を飲んでホルモンバランスを整えておくとよいでしょう。

青汁を豆乳で割ると更年期障害に良いって本当?・・・YES

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きがあります。そのため、更年期によりエストロゲンの減少にともなう身体の不調を和らげる効果があります。

また、イソフラボンの働きが骨からのカルシウム溶出を抑えるため、骨密度を維持する効果もあります。

さらに、食品からイソフラボンを多く摂取している人は、乳がんや脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病のリスクも下がります。

青汁で更年期のつらい症状を緩和しよう

青汁で更年期のつらい症状を緩和しよう(まとめ)

更年期は、女性ホルモンの減少によりホルモンバランスが大きく乱れる時期です。

さらに、ホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響を及ぼし、めまいやのぼせ、不安やイライラなど身体に様々な症状を引き起こします。

更年期は女性であれば、避けて通ることはできません。しかし、人によって症状の程度に違いはあります。

更年期の症状を緩和させるには、バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動、ストレスをためないことが大切です。

また、女性ホルモンの分泌をサポートする栄養素をしっかりと補わなければなりません。

青汁には、ホルモンバランスを整えるビタミンEやビタミンB群が豊富に含まれています。更年期障害の予防や改善には、青汁がおすすめです。

ぜひ、毎日の生活に青汁を摂り入れてみてはいかがでしょうか。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ