コエンザイムQ10は青汁で補うのが最適!生活習慣病やダイエットにも効果的

青汁 コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、体内のエネルギー生産をサポートする補酵素で、人の体には不可欠な成分。

健康や美容にも高い効果を発揮するため、不足することなく摂りたいと考える人が多くいます。

しかし、コエンザイムQ10は食事から摂取するのが難しい成分であるうえに、加齢によって減少してしまうのです。そこでおすすめなのが青汁。

コエンザイムQ10配合の青汁なら手軽に摂取でき、しかも、コエンザイムQ10の働きを高める栄養素も含まれているのです。

今回は、コエンザイムQ10を効率よく補える青汁があること、そして、コエンザイムQ10の特徴や効果についても詳しく説明します。

コエンザイムQ10の健康効果

まずは、コエンザイムQ10の健康効果について、詳しく確認していきましょう。

生活習慣病の予防

人が活動するために必要なエネルギーは、細胞の中にあるミトコンドリアで作られますが、コエンザイムQ10は、ミトコンドリアがエネルギーを作るうえで不可欠な成分。

コエンザイムQ10が不足すると、ミトコンドリアがエネルギーを作る働きが弱まり、食事から摂取した脂質や糖質、体に蓄積された脂肪がうまく燃焼されなくなるのです。

そして、エネルギー生産がうまくいかなくなると、脂質や糖質は脂肪として蓄積されやすくなり、やがて高血圧や脂質異常症などの生活習慣病へとつながっていきます。

つまり、コエンザイムQ10には、ミトコンドリアのエネルギー生産を助け、脂質や糖質、蓄積された脂肪を効率よく燃焼することで、生活習慣病を予防する効果があるのです。

疲労回復

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去することで疲労回復を促す効果があります。

活性酸素には細菌やウイルスを分解する働きがあるため、健康維持に必要な成分ですが、増えすぎると健康な細胞まで攻撃してしまうのです。

そのため、活性酸素が増えすぎると、細胞のエネルギーを作る働きを弱めてしまい、疲れを感じるようになるだけでなく、老化を早め、がんの原因にもなります。

コエンザイムQ10には、抗酸化作用により増えすぎた活性酸素を除去してくれるので、疲労回復効果が期待できるのです。

関節痛の緩和

関節の軟骨部分はコラーゲンやヒアルロン酸などの成分から構成されており、骨と骨をつなぐクッションの役割を果たしています。

しかし、加齢や肥満による体重増加などが原因で軟骨がすり減ってしまうと、骨同士が直接こすれてしまい、関節痛が起こるのです。

コエンザイムQ10はコラーゲンの生成に関わっており、細胞を活性化させて軟骨の生成を促す働きがあるため、摂ることで関節痛を緩和する効果が期待できるのです。

コエンザイムQ10は加齢とともに減少してしまうので、毎日摂取することが関節痛の予防にもつながります。

骨粗しょう症の予防

骨は加齢とともに弱くなるものですが、とくに女性は閉経をきっかけに骨粗しょう症のリスクが高まります。

女性ホルモンのエストロゲンは骨の新陳代謝に関わっているため、閉経後にエストロゲンの分泌が減少することによってカルシウムが流出し、骨が弱くなりやすいのです。

また、カルシウムの他にコラーゲンも骨を構成しているため、加齢によってコラーゲンが減少することも骨が弱くなる原因のひとつ。

コエンザイムQ10にはコラーゲンを作る働きがあり、摂ることで骨に必要なコラーゲンを補ってくれるのです。

さらに、骨を構成するコラーゲンが増えることで、食事などから摂取したカルシウムを吸着しやすくなる効果もあります。

このように、コエンザイムQ10を摂取することで骨のコラーゲンとカルシウムを補い、骨粗しょう症を予防する効果が期待できるのです。

認知症予防

認知症の約7割を占めるのがアルツハイマー型認知症で、アミロイドβなどの異常たんぱく質が脳の正常な細胞を破壊することが原因で発症すると言われています。

コエンザイムQ10には、この異常たんぱく質を溶かして脳細胞への沈着を遅らせる働きがあるのです。

また、脳出血や脳梗塞など、脳の血管障害が原因で発症する脳血管性認知症の予防効果もあります。

コエンザイムQ10のエネルギー生産を助ける働きが、糖質や脂質の燃焼を促すことで血液中の中性脂肪を減らし、血液をサラサラにして血管を詰まりにくくしてくれるのです。

また、強い抗酸化作用で細胞の老化を防ぎ、脳の血管を破れにくい、健康な状態に保つ働きも期待できます。

認知症はある日突然発症するのではなく、長い年月をかけて徐々に進行する病気。

そのため、コエンザイムQ10を摂取することで、認知症を予防したり、発症を遅らせることができるのです。

健康効果だけじゃない!美容効果にも優れている

コエンザイムQ10は健康効果だけでなく、美容効果にも優れています。次に、コエンザイムQ10の美容効果について確認していきましょう。

シミやくすみを改善

シミやくすみは、紫外線を浴びることによって作られる、メラニンという黒色色素が原因。

メラニンは色素細胞のメラノサイトで作られますが、紫外線を浴びるとメラニンの生成が促進されるのです。

紫外線を浴びると発生する活性酸素がメラノサイトを刺激し、メラニンを誘発するシロシナーゼという酵素を活発化させます。

そして、加齢や肌の乾燥、栄養不足などで肌のターンオーバーがうまく働かないと、メラニンが角質層に蓄積してしまい、シミやくすみになってしまうのです。

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制してシミやくすみの原因になるメラニンの生成を防ぐ働きがあります。

また、活性酸素を抑制することで肌の老化を防ぎ、ターンオーバーがうまく働くようになることで、できてしまったシミやくすみを改善する効果も期待できるのです。

しわやたるみの改善

しわやたるみは、肌に含まれる水分やコラーゲンが減少し、肌のハリがなくなることが原因で起こります。

乾燥や紫外線、ストレス、活性酸素などが、細胞にダメージを与えることで肌のバリア機能を低下させ、水分やコラーゲンを失い、肌のハリや弾力がなくなってしまうのです。

コエンザイムQ10には、細胞のエネルギー生産を高める働きや、強い抗酸化作用で活性酸素を抑える働きがあります。

そのため、細胞を健康な状態に保って肌のバリア機能を高め、真皮(皮膚の奥)でのコラーゲンの合成を促進する効果が期待できるのです。

このように、コエンザイムQ10には肌のハリや弾力をキープし、しわやたるみを予防・改善効果があるのです。

美肌効果(肌のターンオーバーを正常化)

健康的で美しい肌を保つには、新しい肌に生まれ変わる、肌のターンオーバーを正常化することが大切です。

肌のターンオーバーは、古い細胞が形を変えながら押し上げられて肌の表面まで上がり、最後はアカになってはがれ落ちる一連のサイクルのこと。

このサイクルがうまく機能し、日々新しい肌に生まれ変わることによって、健康的で美しい肌を保つことができるのです。

コエンザイムQ10には、新しい細胞のエネルギー生産を高める働きや、強い抗酸化作用で、細胞にダメージを与える活性酸素を抑える働きがあります。

そのため、摂ることで細胞の働きを高め、肌のターンオーバーを正常化する効果、つまり、美肌効果ができるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果を高めるには、食事から摂った糖質や脂質、もともとある脂肪を燃焼する必要があります。

基礎代謝が高い人は、脂肪を効率よく燃焼させることができますが、加齢や運動不足などが原因で代謝が下がるとうまく燃焼されず、痩せにくい体質になってしまいます。

コエンザイムQ10の細胞のエネルギー生産を高める働きが、エネルギー代謝を促進して糖質や脂質、もともとある脂肪も効率よく燃焼させてくれるので、ダイエット効果が期待できるのです。

つまり、コエンザイムQ10を摂ることで基礎代謝が向上し、痩せやすい体質になるのです。

これだけの効果があるコエンザイムQ10ってなに?

これだけの健康・美容効果があるコエンザイムQ10とは、そもそもどういうものなのでしょうか。ここでは、コエンザイムQ10の役割や特徴についてお伝えします。

体の中でのコエンザイムQ10の役割

コエンザイムQ10とは、体内で合成される「ビタミン様物質」のこと。

かつてはビタミンQと呼ばれていましたが、通常ビタミンは体内では合成されないため、ビタミンと区別するためにビタミン様物質に分類されています。

コエンザイムQ10は脂溶性の物質で、脂に溶ける性質を持っている一方、水にはほとんど解けないという特徴があります。

コエンザイムは日本語で「補酵素」を意味し、Q10はある構造(キノン骨格とイソブレノイド側鎖)が10回繰り返されていることが名前の由来。

人の60兆個もの細胞の中にはミトコンドリアが存在し、活動するためのエネルギーを作り出していますが、コエンザイムQ10は補酵素として、ミトコンドリアの働きを助ける役割があるのです。

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類がある

酸化型はコエンザイムQ10が食品に含まれているときの状態のもので、従来の医薬品やサプリメントには酸化型がよく使われていました。

体内に取り込んだ酸化型のコエンザイムQ10は、酵素と結びついて化学反応を起こし、体内で活用できる還元型に変化するのです。

しかし、酸化型から還元型に変換するにはエネルギーが必要で、加齢やストレスなどで変換する力が低下してしまうことから、効率よく吸収できないデメリットがあります。

ところが最近では、株式会社カネカが世界で初めて還元型のコエンザイムQ10の製造に成功したことをきっかけに、各社が還元型のコエンザイムQ10を販売するようになりました。

還元型は体内で変換する必要がなく、そのまま使えて吸収力が高いのがメリット。コエンザイムQ10の効果を最大限に得るなら、還元型を摂取するのがおすすめです。

加齢によってコエンザイムQ10は減少する

コエンザイムQ10は人の体に不可欠な成分ですが、その量は加齢によって減少します。

体内で合成される成分ではあるものの、20歳をピークに年々減少し、40歳を過ぎる頃から急激に少なくなると言われています。

エネルギー生産や抗酸化作用があるため、減少すると代謝の衰えや老化が進み、それを補うためにますますコエンザイムQ10が使われる悪循環に陥ってしまうのです。

残念ながら、加齢による減少は避けられないため、不足分は外から摂取して補う必要があります。

元気な人ほどコエンザイムQ10が多い

コエンザイムQ10には優れた健康・美容効果があるため、元気な人ほど多い傾向にあります。

人が活動するにはエネルギーが必要ですが、コエンザイムQ10はエネルギー生産に不可欠な成分であるため、元気な人ほど細胞に多く含まれているのです。

また、コエンザイムQ10の抗酸化作用は、疲労や老化の原因である活性酸素を除去する働きもあります。

そのため、コエンザイムQ10が多い人ほど病気や疲れなどの不調が少なく、見た目も若々しくて元気な人が多いのです。

コエンザイムQ10を効率的に補う方法

コエンザイムQ10は加齢によって減少するため、効率よく補うことが大切です。ここでは、コエンザイムQ10を効率的に補う方法をお伝えします。

食事から補うのは難しい

コエンザイムQ10は魚類ではいわし、肉類では豚肉、ピーナッツや大豆などの豆類に多く含まれています。

その含有量は、いわしが100gあたり約6.4㎎、豚肉が約3.8㎎、ピーナッツが約2.6㎎、大豆が約1.9㎎です。

一方、コエンザイムQ10の1日の摂取量の目安は30~100㎎。

厚生労働省は1日あたり300㎎までなら摂取しても安全としていますが、医薬品分野では1日30㎎の用量で承認されており、サプリメントでは100㎎までの製品が多く出回っています。

1日の目安摂取量の30㎎を食事で補おうとすると、いわし約5匹(1匹100g)、豚肉約800g、ピーナッツ約1.1kg、大豆約1.5kgも食べる必要があるのです。

このように、食品に含まれるコエンザイムQ10は少量のため、食事から補うのは難しいのです。

参考:厚生労働省:コエンザイムQ10の安全性

コエンザイムQ10を補うなら青汁

コエンザイムQ10を食事から補うのは難しいですが、コエンザイムQ10が配合された青汁やサプリメントなら手軽に補うことができます。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているため、コエンザイムQ10とその他の栄養素が同時に摂れるのです。

しかも、青汁にはコエンザイムQ10の効果を高める栄養素も含まれており、より高い健康・美容効果が得られます。

コエンザイムQ10を補うなら、青汁がおすすめです。

コエンザイムQ10の効果を高める栄養素

青汁には、コエンザイムQ10の効果を高める、以下のような栄養素が含まれています。

  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • ビタミンE

青汁に含まれるビタミンB1には、糖質をエネルギーに換える働きや、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。

また、ビタミンCにはコラーゲンの生成や抗酸化作用、ビタミンEには抗酸化作用や細胞膜を守る働きがあるのです。

コエンザイムQ10は、エネルギー生産に関わっているので、糖質をエネルギーに換えるビタミンB1との相乗効果が期待できます。

また、ビタミンCの細胞に必要なコラーゲン生成や、ビタミンEの細胞膜を守る働きが、細胞に存在するコエンザイムQ10の働きを助けるのです。

さらに、コエンザイムQ10とビタミンC、Eそれぞれの抗酸化作用の相乗効果により、老化を防いで細胞を健康に保つ効果もあります。

このように、青汁に含まれるビタミンB1、C、Eには、コエンザイムQ10をサポートする役割や相乗効果が期待できるのです。

コエンザイムQ10配合!オススメの青汁

コエンザイムQ10を補うなら青汁が効果的であることがわかりました。では、どんな青汁を飲めばよいのでしょうか。

ここでは、コエンザイムQ10が配合された、おすすめの青汁を紹介します。

青汁畑

 

青汁畑はコエンザイムQ10が配合された青汁で、食物繊維が豊富な島根県産の大麦若葉をはじめ、厳選素材の明日葉、キダチアロエ、胡麻若葉を使用。

4種類の野菜には食物繊維やビタミン、ミネラル、鉄分などが豊富に含まれており、野菜不足を解消しながら、コエンザイムQ10を摂取できます。

また、コエンザイムQ10の他にもヒアルロン酸、グルコサミンなどの美容成分も配合されているので、野菜成分と美容成分の栄養素をバランスよく補えるのです。

さらに、毎日飽きずに飲み続けられるように、抹茶、煎茶を配合して日本人に飲みやすい味に仕上げています。

青汁畑はコエンザイムQ10と野菜成分、美容成分が1度に補える、おすすめの青汁です。

美感青汁

美感青汁は、コエンザイムQ10が配合されているジェルタイプの青汁。水に溶かす必要がなく、そのまま食べられるのが特徴です。

コエンザイムQ10の他に、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、セラミド、ビタミンCなど、美肌や美髪に欠かせない美容成分がたっぷり含まれています。

また、カルシウムやマグネシウム、鉄分が豊富なクマザサをメインに、明日葉、大麦若葉などの青汁成分を贅沢に配合することで、野菜不足も補えるのです。

さらに、クマザサの豊富な栄養素を取り逃がさない、特許取得の細胞破壊製法を採用したり、保存料・合成着色料未使用など、品質と安全にもこだわっています。

デザート感覚でおいしく食べられるマンゴー味で、青汁特有のニオイも味も気になりません。しかも、1本3kcalなのでダイエット中でも安心。

美感青汁は、青汁特有のニオイや味が苦手な人、忙しくて水に溶かすのも面倒な人におすすめです。

コエンザイムQ10配合の青汁を飲むときの注意点

コエンザイムQ10配合の青汁を飲むときは、「チーラヂンS」「ワーファリン」との併用を避ける必要があります。

「チーラヂンS」は甲状腺ホルモン剤で、甲状腺の機能低下などの治療に用いる薬。甲状腺には血液中にホルモンを分泌して、新陳代謝を正常に保つ働きがあります。

このチーラヂンSとコエンザイムQ10を同時摂取すると、血圧が上昇したという報告があるのです。

また、高血圧の薬である「ワーファリン」は、血液を固めるのに必要なビタミンKの働きを抑えて血栓ができないようにする作用がありますが、コエンザイムQ10はワーファリンの効果を弱めてしまうのです。

さらに、青汁にはビタミンKが含まれているため、ビタミンKの働きを抑えるワーファリンの作用を妨げてしまうことも、併用してはいけない理由のひとつです。

「チーラヂンS」「ワーファリン」を服用中の方は、コエンザイムQ10配合の青汁との併用は避けてください。

コエンザイムQ10配合の青汁で健康的な毎日を手に入れよう!

体内のエネルギー生産に関わり、強い抗酸化作用を持つコエンザイムQ10は、人の体には不可欠な成分。しかし、加齢によって減少するため、外から補う必要があります。

コエンザイムQ10配合の青汁なら、食事から摂るのが難しいコエンザイムQ10を効率よく補え、しかも、コエンザイムQ10の健康・美容効果をより高めてくれるのです。

コエンザイムQ10配合の青汁を飲んで、健康的な毎日を手に入れましょう! 

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ