青汁を飲むだけで基礎代謝が向上!?痩せやすい体でらくらくダイエット!

青汁を飲むだけで基礎代謝が向上!?痩せやすい体でらくらくダイエット!

「がんばってダイエットしてるのに、なかなか痩せない…」こんな悩みを抱えていませんか?ダイエットには食事量を減らしたり、運動することも大切です。しかし、健康的に痩せるには基礎代謝を向上させるのが有効です。

基礎代謝は人の総消費カロリーの約7割を占め、健康的な体づくりや美容、ダイエットには基礎代謝の向上が欠かせません。そこでおすすめなのが青汁。

青汁には豊富な栄養素が含まれており、基礎代謝を向上させる効果があります。毎日の生活に青汁を取り入れることで痩せやすい体が手に入るのです。

今回は、青汁の基礎代謝向上効果を詳しく説明します。青汁を飲んで基礎代謝を向上させ、痩せやすい体を手に入れましょう!

基礎代謝について

基礎代謝について 基礎代謝について

そもそも基礎代謝とはどういうものなのでしょうか。基礎代謝を向上させることが重要な理由や基礎代謝と性別、年齢との関係について、詳しく確認していきましょう。

基礎代謝とは

心身ともに安静な状態の時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量。

参考:e-ヘルスネット-基礎代謝量

人は何もしないでじっとしていても、生命活動を維持するために心拍や呼吸、体温の維持などを行っています。このように、心身ともに安静な状態でも生命維持のために消費されるエネルギー代謝を基礎代謝といいます。

エネルギー代謝は基礎代謝のほか、食事をした後に安静にしていても代謝量が上がる食事誘発性熱産生、運動による身体活動量の3つで構成されています。

基礎代謝は全体の約7割を占め、エネルギー代謝において重要な役割を果たしています。基礎代謝は性別や年齢、体格によって個人差があります。

基礎代謝と性別、年齢との関係

基礎代謝と性別、年齢との関係

基礎代謝量は性別や年齢、体重や骨格によって基準値が異なります。厚生労働省の資料によると、39−49歳の場合、男性は基準体重68kgで1日の基準代謝量は1,520cal、女性は基準体重52.7kgで1,170calです。

女性のほうが基礎代謝が低いのは筋肉量の違いが原因です。一般に筋肉量が多いほど基礎代謝は高くなるので、男性よりも筋肉量が少ない女性は基礎代謝が低くなります。

また、基礎代謝は歳を重ねるごとに低くなる傾向にあります。加齢による基礎代謝低下の主な理由は筋肉量の低下です。

人は加齢とともに蓄えられる脂肪の量が増え、筋肉量が減っていきます。生命活動に必要なエネルギー量も減るため、エネルギー源である脂肪はなかなか減らず、基礎代謝も低下していくのです。

なぜ基礎代謝を向上させることが重要なのか

なぜ基礎代謝を向上させることが重要なのか

基礎代謝を向上させることが重要な理由は次の3つです。

  • ダイエット効果
  • 美容効果
  • 健康維持

基礎代謝が向上すると、消費するエネルギー量が増えるので、痩せやすい体になります。運動やダイエットをしたときに、基礎代謝が高い人のほうが成果が出やすいのです。

また、基礎代謝が高い人は新陳代謝もよくなるので、美容効果も期待できます。肌の細胞の生まれ変わりが活発になり、きれいな肌を保つことができます。

基礎代謝の向上は健康にもつながります。基礎代謝が上がると基礎体温も上がるので、冷え性や肩こりが改善されます。また、免疫力がアップして、病気になりにくい体になります。

基礎代謝の向上はダイエットや美容効果だけでなく、健康を保つためにも重要なのです。

基礎代謝と他の代謝との関係

ここまでで、基礎代謝の基礎知識と基礎代謝を向上させることが重要な理由がわかりました。

代謝には基礎代謝の他に新陳代謝などもありますが、基礎代謝とは何が違うのでしょうか。基礎代謝と他の代謝との関係や違いについて確認していきましょう。

新陳代謝

新陳代謝とは、古いものが新しいものへと次第に入れ替わることをいいます。私たちの体でいえば、古い細胞が排出されて、新しい細胞に入れ替わるのが新陳代謝です。

具体的には、切った爪が少しずつ伸びてくる、古くなった角質が垢となって落ちて肌が若返る(肌のターンオーバー)などです。

基礎代謝は生命維持のために消費される必要最低限のエネルギー消費であり、古い細胞が新しい細胞に入れ替わる新陳代謝とは、同じ代謝でも内容は違います。

しかし、基礎代謝が向上すると、基礎体温が上がって血流がよくなり、免疫力がアップするので新陳代謝も活発になります。

美容や健康を保つために必要な新陳代謝は、基礎代謝と密接な関係があるのです。

水分代謝

水分代謝とは、体内の老廃物を水分を通して排出する働きをいいます。

成人の体の約6割は水でできており、体内にある水分の2/3は細胞内(細胞内液)に、1/3は細胞外(細胞外液)にあります。これらの水分は、体内の水分バランスを保ちながら老廃物を除去したり、細胞に栄養を送る役割を果たしています。

水分代謝が悪くなると、新陳代謝もうまくいかなくなります。新陳代謝は古い細胞を排出し、新しい細胞に入れ替えますが、その細胞の水分のバランスが崩れてしまい、新陳代謝に影響するのです。

エネルギーを消費する基礎代謝とは働きは違いますが、新陳代謝との関連から、水分代謝と基礎代謝もお互いの働きに影響を与えていると考えられます。

脂肪代謝

脂肪代謝は体脂肪をエネルギーに変えていく働きのことです。人の体には皮下脂肪と内臓脂肪があり、脂肪のつき方や燃焼のしやすさに違いがあります。

内臓脂肪は内臓のまわりにつく脂肪で、皮下脂肪よりも燃焼しやすいのが特徴です。内臓脂肪は生活習慣病の原因になります。

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、内臓脂肪に比べると燃焼しにくいですが、備蓄エネルギーとしての役割もあります。

脂肪を落とすには基礎代謝を上げる必要があります。特に皮下脂肪は落ちにくいので、ダイエットには基礎代謝の向上が欠かせません。

基礎代謝を向上させるメリット

基礎代謝を向上させるメリット

基礎代謝が向上すると、どんなメリットがあるのでしょうか。また、どんな効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、基礎代謝を向上させる5つのメリットについて確認していきましょう。

ダイエット効果

基礎代謝を向上させるとダイエット効果が期待できます。

基礎代謝が上がることで、運動をしてない状態でもエネルギー消費量が増えるので、痩せやすい体になります。

ダイエットを成功させるためには脂肪を落とす必要がありますが、基礎代謝が向上すれば内臓脂肪だけでなく、落ちにくい皮下脂肪も燃焼してくれます。

基礎代謝はエネルギー代謝全体の約7割を占めるので、基礎代謝向上によるダイエット効果は非常に大きいのです。

美容効果

基礎代謝の向上は美容効果も期待できます。

若々しい肌を保つために大事なのが新陳代謝です。新陳代謝が活発になると、古くなった細胞を排出して、新しい細胞に生まれ変わる働きがよくなります。

体の皮膚の垢は古い角質層で、垢が落ちて新しい皮膚に生まれる肌のターンオーバーが行われています。新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーがうまく行われると若々しい肌を保つことができます。

基礎代謝が向上すると、血流がよくなって体に酸素や栄養素がしっかり運ばれます。そのため、新陳代謝も活発になり、肌や髪の毛にツヤやハリが出て、見た目が美しくなるのです。

冷え性の改善

冷え性の改善も基礎代謝を向上させるメリットです。

冷え性の原因は血流が悪くなり、体温が上がらないことにあります。エネルギー消費量が増えると血流がよくなって体温が上がりますが、基礎代謝が低い人はエネルギー消費量が少なく、血流が悪いのです。

基礎代謝はエネルギー消費全体の7割を占めるため、少し体を動かしてエネルギーが消費されても、その効果は一時的です。

血流をよくして冷え性を改善するには、基礎代謝を向上させる必要があるのです。

肩こり、腰痛の改善

基礎代謝の向上は肩こり、腰痛の改善にも効果があります。

肩こりや腰痛は、血流が悪くなって疲労物質がうまく排出されないことで慢性化します。いくらマッサージをしても、効果は長続きしないのは、基礎代謝が低いことで血流が悪いからです。

マッサージをしたときは楽になっても、翌日にはすぐに凝ってしまい、またつらい症状が続いてしまいます。

基礎代謝が向上すれば、血流がよくなって体温も上がり、疲労物質がうまく排出されるようになります。そして、肩こり、腰痛になりにくい体になるのです。

風邪をひきにくくなる

基礎代謝が向上すると、免疫力がアップして風邪をひきにくくなります。

エネルギー消費量が増えると、血流がよくなるので、体に酸素や栄養素が十分に行き渡るようになり、老廃物の排出を促します。

また、血液中の白血球のはたらきもよくなります。白血球には病原菌やウイルスから体を守る役割があるので、基礎代謝が向上すると風邪をひきにくくなるのです。

基礎代謝を向上させる効果的な方法

基礎代謝を向上させる効果的な方法

基礎代謝を向上させるとダイエット効果や美容効果などのメリットがあることがわかりました。では、基礎代謝を向上させるにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、基礎代謝を向上させる効果的な4つの方法を紹介します。

食事

基礎代謝を向上させるには、食事を見直すことが重要です。

無理なダイエットや偏った食事で体に必要な栄養素が不足すると、基礎代謝は低下してしまいます。栄養素が足りないとエネルギーを消費せず、体内に溜め込もうとするからです。

基礎代謝を向上させるためには、野菜から代謝を促してくれる栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

野菜に含まれるビタミンやミネラルには、以下のような働きがあります。

  • エネルギー消費を促して代謝をよくする
  • 血液量を増やす
  • 血行を促進して身体に酸素や栄養素を運ぶ
  • 活性酸素を抑えて体の酸化を防ぐ

基礎代謝の向上には食事、特に野菜から体に必要な栄養素を摂取することが重要なのです。

運動

基礎代謝を向上させるには運動も有効です。

筋肉量が多いほど基礎代謝は上がります。女性より男性の基礎代謝が高いのは、男性のほうが筋肉量が多いからです。運動不足で筋力が低下すると、基礎代謝は下がってしまいます。

運動は筋力アップだけでなく、体を温めて血流をよくし、汗をかくことで老廃物の排出を促してくれます。

定期的な運動で血流がアップして老廃物が排出されると、内臓の機能が上がり、基礎代謝も向上するのです。

入浴

基礎代謝を向上させるには、入浴で体を温めることも有効です。

基礎代謝が低下すると血流が悪くなり、必要な酸素や栄養素が十分に運ばれなくなります。すると、冷え性や免疫力低下で体調を崩しやすくなってしまいます。

シャワーで済ませず、湯船につかって体を温める習慣ができると、基礎代謝の向上が期待できます。体を冷やさないことが大切です。

睡眠

しっかり睡眠をとることも、基礎代謝の向上には大切です。睡眠中に体のダメージが修復され、疲労が回復するからです。

睡眠不足では、基礎代謝の向上に有効な筋肉はうまく作られません。また、新陳代謝がうまく働かず、基礎代謝の低下につながります。

疲れが取れず、体の機能が低下することも基礎代謝低下の原因になります。

青汁の基礎代謝向上効果とは

青汁の基礎代謝向上効果とは

食事や運動、入浴など、基礎代謝を向上させる方法がわかりました。中でも食事が重要で、基礎代謝の向上には青汁を飲むのがおすすめです。

青汁には豊富な栄養素が含まれており、基礎代謝の向上に効果を発揮します。ここでは、青汁の基礎代謝向上効果について詳しくお伝えします。

酵素

青汁に含まれる酵素には、消化を助け、代謝を促進する働きがあります。

酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。消化酵素は食べ物を消化して、体に必要な栄養素を摂取するために必要な酵素です。

一方、代謝酵素には摂取した栄養素をもとに体の細胞づくりをサポートする働きがあります。また、体の酸化を防ぎ、免疫力アップや自然治癒力にも関わっています。

体内で生産できる酵素の量は限られているため、食事から酵素を摂取することが大切です。しかし、野菜から酵素を効率よく摂るのは大変です。

酵素が含まれている青汁なら、毎日の生活に取り入れるだけで気軽に摂取できます。

クロロフィル

青汁に含まれるクロロフィルも、基礎代謝の向上に有効な栄養素です。

クロロフィルとは、植物の葉の成分を合成する緑葉素のことで、健康に効果があることから「緑の血液」と呼ばれています。

クロロフィルには、ヘモグロビンの生成を促し血液量を増やす働きがあります。貧血を防ぎ、体に必要な酸素や栄養素を運ぶために必要です。

クロロフィルは、ほうれん草や小松菜に多く含まれています。しかし、効率よく摂取するには加熱したり細かく切るなど、調理に工夫が必要です。

青汁なら飲むだけでかんたんに摂取できるのでおすすめです。

ビタミンB群

青汁に豊富に含まれるビタミンB群も、基礎代謝の向上には欠かせない栄養素です。

ビタミンB群にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸などがあります。

エネルギー代謝を促す働きがあり、ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はたんぱく質をエネルギーに変えてくれます。

基礎代謝は生命維持のために消費されるエネルギー代謝なので、ビタミンB群を摂取することでエネルギー代謝を促し、基礎代謝の向上が期待できるのです。

ビタミンB群はお互いの働きを助け合っているため、一緒に摂るのが効果的です。

また、ビタミンB群は水溶性ビタミンで体内に溜めておくことができません。毎日摂取する必要がありますが、種類によって多く含まれる食材が違います。

そのため、食事から摂取するのは大変ですが、青汁なら毎日の生活に取り入れるだけで効率よく摂取できるのです。

ビタミンE

うなぎやナッツ類に多く含まれるビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれています。

ビタミンEの抗酸化作用は、活性酸素を抑えて体の老化を防ぐ働きがあります。また、毛細血管を広げて血行を促進する働きもあります。

そのため、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる新陳代謝を活発にしてくれます。新陳代謝がよくなると基礎代謝も向上するので、ビタミンEの摂取は効果的なのです。

ビタミンEは青汁に豊富に含まれており、青汁を飲むことで手軽に摂取できます。

基礎代謝向上におすすめの青汁3選

基礎代謝の向上に青汁が効果的であることがわかりました。では、どんな青汁を飲めばよいのでしょうか。

ここでは、基礎代謝向上におすすめの青汁を3つ紹介します。

えがおの青汁満菜

えがおの青汁満菜は、九州産の大麦若葉と18種の健康グリーン素材が原料の青汁。基礎代謝の向上に有効なビタミンB群が豊富に含まれているのが特徴です。

飲むことで、エネルギー代謝を促進してくれるので、基礎代謝の向上が期待できます。

また、18種もの健康グリーン素材が含まれているので、野菜不足が解消できます。原料の九州産大麦若葉は化学合成農薬、化学肥料不使用で、安全や安心に強くこだわっているのもポイントです。

抹茶と緑茶をプラスして飲みやすさを追求しており、毎日続けやすい青汁です。

ステラの贅沢青汁 

ステラの贅沢青汁は、九州産のクロレラ、ケール、長命草が原料で、栄養価の高さにこだわった青汁です。

「緑の血液」と呼ばれるクロロフィルが豊富に含まれており、基礎代謝の向上に大切な血液の量を増やす効果があります。

また、ビタミンB群やビタミンEも含まれているので、エネルギー代謝や血行を促進し、基礎代謝の向上が期待できます。

栄養価にこだわった分、濃くて苦みが強い食材を使用していますが、ステラの贅沢青汁は粒タイプにすることで飲みやすくなっています。

余計な保存料や着色料は一切使用していないので、安心して飲み続けることができます。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は、大麦若葉、明日葉、クマザサ、甘藷若葉の4つの青汁原料に、果物や野菜など181種の酵素が配合されています。

酵素が豊富に含まれており、体の細胞づくりをサポートして、免疫力や自然治癒力を高めてくれます。

また、ビタミンB群も豊富に含まれているので、エネルギー代謝を促進し、基礎代謝の向上が期待できます。

酵素は体内で作られる量が限られていますが、めっちゃフルーツ青汁を飲めばかんたんに摂取できます。

味はフルーツ風味で飲みやすく、毎日続けやすいのもおすすめのポイントです。

基礎代謝向上のために青汁を飲みましょう!

ダイエットを成功させるには、痩せやすい体をつくることが有効です。そのためには、エネルギー代謝の7割を占める基礎代謝を向上させることが効果的。

青汁には基礎代謝の向上に有効な栄養素が豊富に含まれており、忙しい人でも手軽に摂取できるのでおすすめです。基礎代謝が向上すれば、もっと楽にダイエットできるようになります。

青汁を飲んで基礎代謝を向上させ、痩せやすい体を手に入れましょう!

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ