青汁で冷え性は改善する?冷え性の原因と青汁の効果について解説!

青汁で冷え性は改善する?冷え性の原因と青汁の効果について解説!

どれだけ厚着をして、靴下や手袋で体を温めても手や足の先、身体の芯が冷たくなる「冷え性」。とくに女性は悩んでいる人が多いですよね。

冷え性の主な原因は血行不良。血液がスムーズに全身に行き渡らないため起こってしまうのです。

そして、そのまま我慢をしていると、頭痛や肩こり、むくみ、不眠、肌の老化などさまざまな症状や病気を引き起こす可能性があります。

冷え性の改善には、運動や入浴などで体を温めることも大切です。しかし、根本的に解決するには、血行を良くする栄養素を摂り入れる必要があります。

そこで効果的なのが青汁。毎日、手軽に飲める青汁であれば、血行を良くする栄養素を豊富に摂れるのです。

冷え性で悩んでいる人にもおすすめ!人気の青汁をランキングで紹介しています。

青汁が気になるという人はチェックしてみてください。

それでは、冷え性と青汁の効果について詳しく確認していきましょう。

冷え性とは

西洋医学には「冷え性」という病名はありません。しかし、「冷えは万病のもと」。大きな病気につながる症状のため、十分な対策が必要です。

まずは冷え性の種類や症状について見ていきましょう。

冷え性の種類

冷え性の種類

冷え性の主な種類は以下の4つです。

  • 末端冷え性(四股未端)
  • 内蔵型冷え性
  • 下半身型冷え性
  • 全身型冷え性

それぞれの特徴や症状について確認していきます。

末端冷え性

末端冷え性とは、手や足などの体の末端まで血液が行き届かず血行が悪くなり冷えてしまう症状です。なかには、手の平や足の裏が氷のように冷たくなる人もいます。

健康な人に比べて、食事の摂取量や運動量、代謝量、筋肉量が低いため、十分な「熱」が作られていないのが要因。そのため、ダイエットをしている若い女性や、痩せ型の人に多く見られます。

末端冷え性の症状は、ひどくなると、手足の血行障害でかゆみや痛みを伴う「しもやけ」や手足の指にひび割れが起きる「あかぎれ」になりやすくなります。

また、冷えが原因で血流が悪くなるため、手足だけでなく、腰痛や肩こり、頭痛など体のさまざまな部分に不調がでます。

さらに、人は眠りに入るとき通常手足から熱を放散し体の内部の温度を下げるのですが、手足が冷たいと熱を放散することができず体温を下げることができません。

すると、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりなど、不眠の症状がでてしまいます。

内蔵型冷え性

内蔵型冷え性

内臓型冷え性とは、手足や体の表面は温かいのに、体の中が冷えてしまう症状です。手足と異なり内臓を触って確認できないため自覚症状がないのが特徴です。

内臓型冷え性には、寒い環境でも皮膚の交換神経が働かないため血管の収縮がありません。そのため、皮膚表面から熱が放散し体の内部の温度が下がります。手足は温かいのにお腹が冷えているのはその理由からです。

このタイプの冷え性は、交感神経が弱い体質的な人や肥満傾向、アレルギー体質といった副交感神経が優位になりやすい人に起こりやすくなります。

また、開腹手術などで臓器や組織面が癒着し血流が悪くなると、それが原因で内臓型冷え性になることもあります。

内臓が冷えると、腸管の機能が低下し腸内環境が悪化。すると、お腹にガスが溜まる、下痢や腹痛、便秘の症状が出ます。

下半身型冷え性

半身型冷え性

下半身型冷え性は、下肢の血管を調節する神経が腰や臀部で圧迫され、下半身の血流が悪くなり冷えてしまう症状です。

加齢や運動不足、姿勢、座りっぱなしなどの生活スタイルが血液の流れに影響を及ぼし、30代以上の中高年の男女に多く見られます。

体全体の血液量は変わらないため、足が冷えると下半身は血流不足、上半身は血流過多と偏った状態になります。そのため、上半身が熱くなりほてったり、のぼせやすくなったりします。

また、血液の巡りが悪くなることで足のだるさ、むくみ。クマ、シミ、そばかすなどの肌荒れ。女性では生理不順や生理痛の悪化といった症状が出ます。

このタイプは上半身が温かいため、下半身が冷えている自覚がないまま冷え症が原因で体調不良を引き起こしている場合もあります。

全身型冷え性

全身型冷え性

全身型冷え性は、体の表面や体内の温度も低下し全身が冷えてしまう症状です。全身型は、生まれつきの体質にもよりますが、生活習慣の乱れや疲労、ストレスによる自律神経の乱れ、代謝機能の低下が原因で起こります。

内臓機能も低下するため、だるさや食欲がなくなるなどの症状がでます。また、体温の低下で免疫機能が落ち、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

また、全身が低体温になると、体内の温度差がないため、冷えていることに気がつかない場合もあるので注意が必要です。

慢性的にだるさがある場合は、自覚症状がなくても全身が冷えている可能性があります。

冷え性で最も多い原因は末端冷え性

先ほど説明したように、冷え性には4つのタイプがあります。

そのなかでもとくに多くの人が悩んでいるのが、手や足が冷える末端冷え性。なんと、男女ともに8割以上が、末端冷え性であると言われるほどです。

ここでは、末端冷え性についてさらに詳しく見て行きましょう。

末端冷え性の主な原因は血行不良

末端冷え性の主な原因は血行不良

血液には、体内で循環し熱を体中に運ぶことで体の温度を一定に保つ役割があります。そのため、血液の流れが悪い場所では温度が上がりにくく冷えを感じるのです。

末端冷え性の特徴は手や足が冷たくなること。つまり、手や足の末梢血管まで血液が行き届かず血行不良により冷えが発生します。

ではなぜ、手や足の末梢血管に血液が行き届かなくなるのでしょうか。

それは、体が冷えて血流が悪くなると、心臓や肝臓、腎臓といった主要な器官に優先的に血液が送り込まれるからです。

そのため、心臓から遠く離れた手や足は血液が送り込まれる優先度が低く、血流が悪くなります。

すると、体内での血の巡りが滞り体全体に栄養が運ばれず、老廃物が体内に滞留。それにより、血行不良で代謝が落ちてしまい、内臓の働きが悪くなりさらに冷えが悪化するのです。

次は、血行不良が起こるそもそも要因について確認していきましょう。

血行不良を引き起こす要因

血行不良の主な要因として考えられるのは、次の5つです。

血行不良を引き起こす要因
  • ストレスや不規則な生活
  • 外気温が低い環境
  • 筋肉量不足
  • 血液の質
  • 女性ホルモンの乱れ 

それぞれを詳しく見てみましょう。

ストレスや不規則な生活

ストレスが多い人や、生活が不規則な人は、体が常に緊張状態になっているため交感神経が優位になっています。

交感神経とは、血液の流れをコントロールしている自律神経の1つです。

自律神経は、心身を緊張させ、興奮状態に導く「交感神経」と、心身をリラックスさせ鎮静状態に導く「副交感神経」の2つに分かれています。

この2つの神経はバランスを取ることで心身の健康が守られているのです。

しかし、ストレスや不規則な生活で交換神経が優位になると血管が収縮されます。そして、血流が悪くなってしまうのです。

このように、ストレスなどから心身を守る防衛反応が過剰に働くと血液の流れが滞ります。

外気温が低い環境

外気温が低い時、体温を維持するために交換神経が働きます。すると、血管は収縮し手足に流れる血液が減少し、体の中心に集まるのです。そのため、体温は維持されますが手や足の末端まで血液が行きわたらなくなり血行が妨げられます。

筋肉量不足

筋肉は心臓と同じように血液を全身へ送る働きがあります。そのため、筋肉量が少ないと血液を送る動きが小さくなり、血液が全身に行き渡りにくくなるのです。

とくに女性は筋肉量が少ないため血行不良になりやすくなります。

血液の質がわるい 血液の質

食生活は血液の質に大きな影響を与えます。

健康な人であれば、心臓から送り出された血液はスムーズに全身を巡ります。そして、酸素や栄養を届けることで、体に溜まった老廃物を回収できるのです。

しかし、糖質、塩分、脂質、食品添加物の過剰摂取やジャンクフードが中心といった、乱れた食生活を続けていると血液の質が悪くなります。

血液中に糖質や脂質が増え、ドロドロの血液になり、全身にスムーズに流れなくなるのです。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンは、間脳の視床下部から脳下垂体、そして卵巣へと指令が伝えられ分泌されます。

間脳にある視床下部は、自律神経の中枢もかねているため女性ホルモンにトラブルが起こると自律神経のバランスも乱れます。

ストレスや更年期により女性ホルモンが乱れると、先ほども説明したように、自律神経の影響で血行不良が起きてしまうのです。

以上のことが要因となり、血流は悪くなってしまいます。では、これらを防ぐためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

血流改善に有効なこと

血行を良くして冷え性を改善するために、次の4つのことに気をつけて普段の生活を送りましょう。

血流改善に有効なこと
  • 適度な運動や筋肉をつける
  • ストレスをためない
  • 足湯で体を温める
  • 血流改善に有効な食べ物をとる

それぞれを詳しく確認していきます。

適度な運動や筋肉をつける

筋肉には、血液の流れをよくする働きがあります。筋肉を縮ませることで、血管を圧迫し血液を押し上げるからです。

そのため、血流改善には適度な運動が効果的。とくに、スクワットやウォーキングなどの運動は、下半身に留まりやすい血液の循環を良くするためおすすめです。

また、呼吸と動作を大きくゆっくりと行うストレッチは、副交感神経を優位にするため全身の緊張がほぐれ血流改善に効果があります。

ストレスをためない

副交感神経は、心身がリラックスをしているときに優位になります。すると、血管が緩み血液の流れがよくなります。

自然の中でゆっくり過ごす、好きな音楽を聴く、深呼吸をするなど上手にストレスを発散しリラックスを心がけると効果的です。

足湯で体を温める

足やふくらはきをお湯につけて温める入浴方法も血流改善に効果的です。

血液は心臓から出て全身に行きわたり、静脈を通って心臓に戻ります。しかし、足の静脈は重力に逆らっているため血液が戻りにくく下半身に留りやすいのです。

そこで、下半身にたまった血液を心臓に戻すポンプの働きをするのが「ふくらはぎ」。ポンプの役割をするふくはぎを温めると動きが良くなり、下半身に溜まった血液を上半身へ押し上げます。

その結果、血液が心臓に戻って全身にスムーズに流れるのです。

血流改善に有効な食べ物をとる

ダイエットなどで無理な食事制限や不規則な食生活による栄養不足は血行不良をまねき、冷え性の原因となります。

そのため、冷え性の改善には、毎日の食事から血流改善に有効な栄養を意識して摂ることが大切です。

では、どのような栄養素を中心に摂ればよいのかを確認していきましょう。

血流改善に有効な栄養素

血流改善に有効な栄養素

血流改善に有効な栄養素は次のとおりです。

ビタミンB1

ビタミンB1は体内の糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンです。エネルギーの代謝を高めることで熱を生みだし血行を改善します。

ビタミンB2

ビタミンB2 は脂質や糖質、たんぱく質を分解しエネルギーの代謝を高めます。また、体を構成する細胞の新陳代謝に欠かせないビタミンです。

ビタミンC

ビタミンCは、膚や血管の老化を防ぎ毛細血管を丈夫に保つ働きがあります。そのため、ビタミンCが不足すると血管が弱くなり、血液の流れも悪くなってしますのです。

ビタミンE

ビタミンEは末梢血管を拡げて血行を促進させる働きがあります。全身の血行が良くなることで冷え性にも効果的。また、性ホルモンの代謝にも関与しホルモンバランスを整えます。

パントテン酸

パントテン酸は、体内でエネルギーをつくるために必要な栄養素です。また、ストレスを感じたときに体内で分泌される副腎皮質ホルモンの産出をうながす働きがあります。

ポリフェノール

ポリフェノールは、植物が光合成でつくる糖分の一部が変化したもので強い抗酸化力があります。また、血栓を予防する効果や血管を守る作用、血流を改善する作用などさまざまな効果があります。

鉄は、赤血球の成分となります。赤血球中のヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割があるため、鉄分が不足すると全身に酸素が行きわたらず貧血や倦怠感、めまいなどの症状が出ます。

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉や臓器、骨や髪などを作る栄養成分です。たんぱく質が不足すると代謝が落ちるため、冷え性の原因にもなります。

血行の良い身体を作りには、以上の栄養素を十分に摂ることが大切。そして、これらの栄養素を手軽に摂れるのが青汁です。

青汁に含まれる栄養素は血流改善に効果的

青汁は栄養価の高い飲み物です。血行をよくするビタミンEやビタミンB1・B2の栄養素がたっぷり含まれているため、血流改善に効果が期待できます。

血行を良くするビタミンEが青汁には豊富

血行を良くするビタミンEが青汁には豊富

ビタミンEは、体内の脂質や酸化を防ぐ抗酸化作用の働きが強いビタミンです。そのため、体内の細胞膜の酸化だけでなく、血液中の悪玉コレステロール値を下げて血管をきれいにする作用があります。

血液がスムーズに流れることで、身体中の細胞組織に編み目状に分布している毛細血管が拡がり栄養や酸素を送ることができます。

そのため、手や足など身体の末端部分まで血の巡りがよくなり冷え性改善に効果が期待できるのです。

また、ビタミンEは血行不良で起こりやすい肩こりや頭痛などの症状も緩和してくれます。ビタミンEは青汁の主原料である大麦若葉や明日葉に豊富に含まれています。

体温の上昇に効果的なビタミンB1・B2も多い

体温の上昇に効果的なビタミンB1・B2も多い

ビタミンB1・B2は、ご飯やパンなどの糖質を体内で分解しエネルギーに変える補酵素としての役割があります。

そのため、ビタミンB1・B2は不足するとエネルギーに変えることができず、疲れやすく脳や神経機能に影響が出てしまうのです。

ビタミンB1・B2を不足することなく摂っていれば、脳や神経の大切なエネルギー源となり中枢神経や末梢神経を正常に働かせます。

これにより、血流が良くなって体温が上がるため、冷え性の改善が期待できるのです。

ビタミンB1は青汁の原料となる大麦若葉に。ビタミンB2は明日葉やゴーヤに多く含まれています。

しかし、ビタミンB1は熱で壊されやすい栄養素でもあります。そのため粉末青汁を選ぶときには製造方法を確認することが大切です。

製造過程で熱がかからないフリーズドライ製法のものを選ぶとよいでしょう。

青汁 冷え性Q&A

青汁 冷え性Q&A

ここでは、青汁と冷え性についてQ&A形式で見ていきましょう。

青汁を飲むと冷え性になるって本当?

NO

青汁を飲んでも冷え性にはなりません。ただし、青汁に含まれるカリウムには利尿作用があり、尿と一緒に体温も下がるため一時的に体を冷やしてしまう場合があります。

また、冷えがひどい人は、青汁を飲むときに冷たい水で作るとさらに体を冷やしてしまう可能性があります。

その場合は水ではなく、お湯やあたためた牛乳で青汁を作ったり、体を温める効果のあるショウガを足したりしするのもよいでしょう。

しかし、青汁は温めてしまうとビタミンB1やビタミンCなど熱に弱い栄養素が壊れてしまう場合があるので注意してください。

冷え性による便秘にも青汁は効果ある?

YES

冷え性の人は、血の巡りが悪いため大腸がスムーズに働かず便秘になりやすい状態です。便秘解消のためには、血流を改善し腸内環境を整えなければなりません。

青汁には、血流改善に効果のあるビタミンEやビタミンB1・B2の栄養素だけでなく、食物繊維も豊富です。

とくに青汁に多く含まれる水溶性食物繊維は、ゲル状になることで、便を柔らくしたり、腸内の善玉菌(乳酸菌など)のエサになって善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

そのため、青汁は冷え性による便秘にも効果が期待できるのです。

冷え性対策グッズより青汁の方が良い?

YES

冷え性対策グッズには、レッグウォーマーやインナーなど様々なものがあります。たしかに使用中は温かくてとても心地よく感じますが、使用をやめると体は元へ戻り冷えてしまうのです。

しかし、青汁であれば血流改善に効果的なビタミンEやビタミンB1・B2 などの栄養素が豊富に含まれているため、体の中から根本的に冷え性改善が期待できます。

そのため、冷え性の改善には、一時的な冷え性対策グッズよりも青汁の方が効果的と言えるでしょう。

血行不良に効果的な青汁を飲んで冷え性を改善!(まとめ)

血行不良に効果的な青汁を飲んで冷え性を改善!

冷え性は、血行不良が原因で起こる症状です。そのため、血行を改善し血の巡りを良くしなければなりません。

血行を改善するためには、適度な運動や筋肉をつけること、入浴で体を温めること、ストレスをなくし自律神経を整えていくことが大事です。

そして、毎日の食事の中で血行を良くする栄養素を積極的に取り入れて行かなければなりません。

青汁は、血行を改善する栄養素が豊富に含まれている飲み物。そして、毎日手軽に必要な栄養素を取ることができるため、冷え性の予防や改善に効果が期待できます。

ぜひ、冷え性の改善に青汁を試してみてはいかがでしょうか。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ