青汁を飲めばコレステロール値が低下する?青汁の効果と働きについて解説

青汁を飲めばコレステロール値が低下する?青汁の効果と働きについて解説

青汁が健康に良いことは広く知られていますが、体内の脂肪やコレステロールを、適正に保つ効果があることまで知っている人は少ないかもしれません。

現代の日本では食生活の変化によって、以前に比べると脳梗塞や心筋梗塞など、血液の循環器系統の疾患が増え続けています。これは食事で脂質を摂り過ぎることが原因と考えられています。

青汁の中には、こうした疾患の要因でもある悪玉コレステロールや、中性脂肪を効果的に減らしてくれる成分が含まれています。

では青汁のどの成分が、どのような仕組みでそうした効果を生み出すのか、身体の中で起こっているミクロの世界をのぞいてみましょう。

コレステロールとは?

皆さんコレステロールと聞くと、身体にとって非常に良くないもの、というイメージがあるかと思います。コレステロールはできる限り減らした方が良い、と考える人も多いかもしれません。

しかしコレステロールは、私たちの健康を維持する上では欠かせないものです。最初にコレステロールについての誤解を解くためにも、その働きについて一緒に考えてみましょう。

コレステロールの種類

コレステロールという物質そのものは、私たちの体内に1種類だけ存在すると考えて良いでしょう。ところが実際には「善玉」や「悪玉」のようにも分類されています。

実はこの分類はコレステロールそのものではなく、血液中を移動する時のコレステロールの構造による違いなのです。

この構造は「リポタンパク質」と呼ばれています。リポタンパク質はコレステロールや中性脂肪を含み、全体的にボール状になって存在します。

細かい分類は省きますが、このリポタンパク質には5つの種類があり、その中に「HDL(善玉コレステロール)」と「LDL(悪玉コレステロール)」も含まれています。

コレステロールはもう1つ別の角度からも、2つに分類されます。

1つは食事から体内に摂取されるコレステロールで、特に肉類や脂分の多い食品に多く含まれています。もう1つは私たちの体内で合成されるコレステロールで、主に肝臓内で合成されます。

こうしたコレステロールはやはり肝臓でリポタンパク質に合成されて、血液中を通って全身に輸送されるのです。

正確にはHDLもLDLも、リポタンパク質として説明するべきところですが、話が分かりづらくなるので、ここからはコレステロールに統一して進めます。

コレステロールの働き

ここで紹介することは、一般的なコレステロールのイメージとは大きく違った内容なので、驚かれる皆さんも多いことでしょう。

まずコレステロールは人の体内の、さまざまな組織の構成要素になっています。

成人の場合体内のコレステロール総量は、およそ100~150g程度。

その内約3分の1が、特に脳を含めた神経系の中に存在しています。他にも皮膚の脂肪組織の中に、かなりの割合が含まれています。

私たちの身体の中で、コレステロールは非常に重要な働きをしています。1つは全身の細胞の、細胞膜の構成素材になっていることです。コレステロールが無ければ、細胞は正しく生成されません。

もう1つは重要なホルモンを生成する働きです。コレステロールは副腎皮質ホルモン・エストロゲン(女性ホルモン)・テストステロン(男性ホルモン)など、生命活動に欠かせない多くのホルモン生成に関わっているのです。

さらにコレステロールは、体内でビタミンA・D・E・Kなどを合成する時にも、重要な働きをすることが分かっています。

コレステロールとは身体にとっての厄介者などではなく、私たちの身体を維持するためには、無くてはならない大切な物質なのです。

善玉と悪玉コレステロール

全身の組織で必要とされるコレステロールは、前に述べたようにリポタンパク質という形で、血液中を輸送されます。

この輸送に関わる働きの違いから、私たちはコレステロールを「HDL(善玉)」と「LDL(悪玉)」と呼んで区別しています。

簡単に説明すると、肝臓で合成されたコレステロールを、血管の中を通って全身に届ける役目をするのがLDL。逆に血管中を巡って、余分なコレステロールを回収するのがHDLの役割です。

適正なLDL量が保たれていれば、コレステロールは身体にとって悪い作用をすることはありません。

しかし食生活の乱れなどで適正値を超えると、血管の壁にコレステロールが溜まったり、血管そのものが硬化したりすることがあります。これが動脈硬化です。

そのため健康を維持するには、LDLの数値を適正に抑える必要があることから、LDLを悪玉コレステロールと呼んで、悪者扱いするようになったのです。

コレステロールと中性脂肪の違い

私たちが肥満の原因として「脂肪」と呼んでいるものは、正確には「中性脂肪」を指しています。この中性脂肪が内臓周辺や皮下に貯蔵されることで、人は太って行くのです。

中性脂肪は私たちが食事から摂る、糖質と脂質を元にして作られます。中性脂肪が作られるのは小腸で吸収された時と、必要に応じて肝臓で再合成される時との2つのタイミングです。

中性脂肪は私たちが身体を動かしたり、生命活動を維持する時の重要なエネルギーになります。

そのためには身体の各所に送り届ける必要がありますが、中性脂肪だけでは血液中を上手く移動できないので、リポタンパク質という形で輸送されるのです。

リポタンパク質には5つの種類がありますが、それぞれに中性脂肪が含まれています。その中で最も体内に多く存在するタイプでは、成分の約85%が中性脂肪で占められています。

LDLの場合は約10%で、HDLの場合は約5%と非常に少なめです。

中性脂肪が身体に必要な分以上に作られると、使わない分は非常時のための貯蔵に回されます。食事で中性脂肪の原料を摂り込み過ぎると、余分な中性脂肪が作られて貯蔵されることになります。

このように、コレステロールと中性脂肪は、同じリポタンパク質の構成素材ではありますが、その役割は大きく違っています。

コレステロールは主に細胞などの構成材として、中性脂肪は身体を動かすエネルギーとして使われているのです。

コレステロール値が高いとどうなるの?

脂質異常症
参考:脂質異常症

以前まで医学界では、血液中の総コレステロール値によって、疾患や治療の判断を行ってきました。しかしその方法ではLDLもHDLも同じ扱いになり、信頼性の問題が指摘されたことから、現在ではさらに詳細な判断の方法が使われています。

いずれにしても、コレステロール値が高過ぎることが、さまざまな疾患を引き起こす原因になると言われています。

では適正なコレステロール値と、異常なコレステロール値との境界線はどこにあるのでしょうか?

コレステロールの基準値について

コレステロール値は、血液1dl(デシリットル)当たりに、何mgのコレステロールが含まれているのかを表す数値です。

まずは上記の表ですが、総コレステロールだけではなく、その中のLDLコレステロール値まで明確にすることで、正常値か異常値かを判断します。

LDLコレステロール値が適正値を超えると、「高コレステロール血症」の可能性が出てきます。

次の表はさらに別な角度から、脂質異常を判断するためのものです。この表による診断では、LDLコレステロール値が高い場合、HDLコレステロール値が低い場合、さらに中性脂肪値が高い場合という3つの条件から、総合的に脂質異常を判断します。

全体的には総コレステロール値よりも、LDLとHDLとの比率や中性脂肪値の高さによって、脂質異常の危険性が判断されるのです。

ただし実際には基準値以外にも、体質や習慣などの「危険因子」を考慮した上で脂質異常の診断が行われます。

危険因子とは家族に動脈硬化の病歴がないかどうかや、本人が高血圧症や糖尿病を発症していないか、また喫煙の習慣の有無などのことです。

こうした危険因子の要素が多い場合は、例えばLDLコレステロール値が基準値以下でも、脂質異常のリスクが高いと判断されます。

コレステロールの危険性について

高コレステロール血症の状態が続くと、身体は徐々に病気にかかりやすい状態になりますが、すぐに何らかの疾患を発症することは少ないでしょう。

初期症状などもないまま、少しずつ体内で脂質異常が進行して、ある時突然発症することが逆に恐ろしいと言えるかもしれません。

高コレステロール血症を放置しておくと、かなりの確率で動脈硬化が進みます。この状態が続くと、血管のあちこちにコレステロールが付着して、血管が狭くなる部分が出てきます。

狭くなっても正常な状態の約75%の広さがあれば、血液は問題なく流れ続けます。しかしそれ以上に狭くなると、徐々に血液の流れが滞るようになります。

階段や坂道で息切れがしたり、胸の痛み・頭痛・めまいなどが頻繁に起こる場合には、かなり動脈硬化が進行していると考えて良いでしょう。

さらに症状が進行すると、今度は体内の主要な冠動脈も同じような状態になり、脳や心臓につながる冠動脈が狭くなってしまうと、命の危険を伴う脳梗塞や心筋梗塞が発症してしまうのです。

高コレステロール血症の危険性は、動脈硬化だけではありません。コレステロールが多過ぎると、胆のうの中で結晶化しやすくなり、それが大きくなると結石となり「胆石症」を引き起こします。

胆のうは図のように、肝臓の隣にある小さな器官で、そこから胆汁を分泌して主に消化機能を助けています。ここに溜まったコレステロールが結石になると、ひどい痛みが続くようになります。

さらに胆のうだけでなく、肝臓や膵臓が炎症を起こす原因にもなります。胆石症は中高年の、しかも女性に多く発症すると言われています。

肩こりや背中の痛みなど、他の疾患との区別が難しい症状が出る場合もあるので注意が必要です。

高コレステロールの状態を放置しておくと、高血圧や糖尿病などさまざまな生活習慣病の原因になる可能性があります。

普段から高コレステロールにならない生活を心がけて、予防することが何よりも大切なことです。

コレステロール値が高くなる原因

身体が健康な状態であれば、コレステロール値は自然にコントロールされています。コレステロール値が高くなるのは、自身の身体に何か健康上の問題があるか、食事などの外的要因が関係している可能性があります。

高コレステロール血症は自覚症状が現れにくいので、発症を予防するためには、コレステロール値が高くなる原因を知っておく必要があるでしょう。

コレステロールは加齢と共にバランスが変化

意外に知られていないことですが、健康な人でもコレステロール値は年齢と共に変化します。HDLは比較的安定していますが、LDLは年齢と性別によってかなり大きく変化するのです。

「年齢別LDL値の推移」

上記のグラフはLDLの年齢ごとの推移を表していますが、コレステロール値は男女共に40~50代まで上昇してから、その後は徐々に下がる傾向があります。

これは代謝機能の変化や、ホルモンバランスと関係していると考えられます。

女性は閉経後にリスクが高まる

「年齢別LDL値の推移」

再び同じグラフからですが、ここには一目ではっきりと分かる特徴があります。

それは50代で女性のLDL値が、男性のLDL値を逆転していることです。その後のグラフの推移も、女性が男性を大きく上回ったまま。

この直接的な原因は、女性の閉経にあると考えられます。女性の月経や妊娠には、「エストロゲン」という女性ホルモンが関わっています。エストロゲンが周期的に変化をすることで、女性の月経周期が決まります。

実はエストロゲンには体内の脂質を調整する役割もあり、全体的にLDLの値を下げて、HDLの値を上げるという働きもしています。

女性が閉経を迎えると、このエストロゲンの分泌が大幅に減少するため、閉経後の女性は脂質異常になりやすいのです。

食生活が大きく影響する

食生活が大きく影響する

加齢や女性の閉経は誰にも避けられない身体の変化ですが、高コレステロール状態になる原因には、日常生活も大きく関わっています。特に食生活には要注意。

以前はコレステロール値を下げるためには、コレステロールを多く含む食品を摂らない、ということが推奨されていました。例えば鶏卵を毎日食べることは、コレステロール値を上げると考えられていたのです。

しかし現在では、体内で合成されるコレステロールが重視されるようになり、高コレステロールの食品摂取を制限するという考え方は、見直されつつあります。

ただしそれは、脂質過剰の食品を無制限に食べて良いということではありません。

逆に高コレステロール食品を適度に抑えながら、その他の脂肪を多く含む食品の摂取に気を付けることが、健康を維持する上で重要であることが分かってきたのです。

つまり高コレステロールによる動脈硬化を予防するためには、自身の食生活を見直すことが、以前よりも重要視されるようになったのです。

そのための食生活の改善については、この後のテーマで詳しく確認することにしましょう。

コレステロール値を下げるには?

コレステロール値を下げるには?

高コレステロール血症と、その先にある動脈硬化を予防するためには、普段から食生活に充分気を付けることが大切です。特に、高コレステロール食品だけでなく、脂肪を多く含む食品の摂り過ぎに注意すること。

ところが食品に含まれる脂肪分にはさまざまな種類があり、その全てをカットすれば良いわけではありません。

ここでは脂肪分の摂取の仕方を中心に、食生活の改善について考えてみましょう。

食生活の改善が最も有効

食生活の改善が最も有効

高コレステロールの状態は、一般的に肥満体形の人や、脂肪分が多い食品を好む人がなりやすいと考えられています。この考えそのものは間違いではありません。

しかし食品に含まれる脂質も三大栄養素の一つとして、身体の中で非常に重要な働きをしています。食事の中の脂肪分を、徹底的にカットしてしまうことは、身体にとっては逆に危険なことなのです。

では食生活の中の何を改善すれば良いのでしょうか?その答えは脂肪の量ではなく、摂取する脂肪の質にありました。

ここからは摂取に注意すべき脂肪分について、順番に確認して行きます。

①飽和脂肪酸
①飽和脂肪酸
参考:口臭原因

飽和脂肪酸は簡単に言うと、肉類や乳製品に多く含まれるタイプの脂質です。

近年日本人の間で、動脈硬化などの循環器系の疾患が増えたのは、この飽和脂肪酸の摂り過ぎが原因とも考えられています。

飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、LDLコレステロールと中性脂肪が増えることが分かっています。

また比較的高い温度でも固くなる性質があるため、血液中に入ってその粘度を高めてしまうことから、一段と動脈硬化のリスクが増してしまいます。

飽和脂肪酸を多く含む食品は、脂肪分の多い肉の部位、ソーセージやベーコンなどの加工肉、バターや生クリームなどの乳製品です。

植物性でもパーム油や、ヤシ油には多く含まれているので注意してください。

②トランス脂肪酸

脂質には飽和脂肪酸の他にも、不飽和脂肪酸というタイプがあります。その中でも過剰摂取に注意する必要があるのが、トランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸は天然の食品にも少量含まれていますが、食用油を使った食品に非常に多く含まれています。これは食用油を作る時に行われる「水素添加」という加工工程で、トランス脂肪酸が発生するからです。

トランス脂肪酸は、海外では摂取を厳しく制限する国もあるほどで、健康へのさまざまな悪影響が指摘されています。

トランス脂肪酸の摂り過ぎでも、LDLコレステロールと中性脂肪が増える他、心臓疾患の直接的な原因になるとも言われています。

この厄介な油は現在多くの食品に含まれています。一例を挙げると、食用油・マーガリン・ショートニングや、加工油を使った菓子類・パン・ケーキ・インスタント食品などがあります。

さらにスーパーやコンビニで販売されている、惣菜や弁当に好んで使われる揚げ物にも、トランス脂肪酸が入っていると思って間違いないでしょう。

国際的には、食品から摂取する必要が無いとまで言われているトランス脂肪酸も、今の日本ではかなり摂り過ぎの傾向にあります。

③食品中のコレステロール

食品に含まれコレステロールそのものは、2015年の厚生労働省の指針により摂取制限基準が撤廃されました。

食品中のコレステロールと、高コレステロール血症との間には、明確な因果関係が認められないと判断されたからです。

しかし普段からLDLの値が高い人や、高齢者の特に女性の場合は摂取量を抑えた方が良いでしょう。コレステロールは鶏卵・肉のレバー・イクラ・すじこなどに多く含まれています。

またマヨネーズやチーズ類も含有量が多いので、過剰摂取には注意してください。

④糖質

コレステロール値を引き上げるのは、脂質だけではありません。やはり三大栄養素の一つである糖質も、摂り過ぎるとLDLコレステロールや中性脂肪を増やしてしまいます。

糖質は身体に吸収されると、活動に必要な分以外は肝臓に蓄えられるか、中性脂肪に形を変えて血液中に放出されます。

この中性脂肪がLDLを増やしてHDLを減らしてしまうため、血液中のコレステロールのバランスが悪くなってしまいます。

糖質は非常に幅広く多くの種類の食品に含まれています。ただし普段から、甘い物はあまり食べないように心がけていれば、それほど心配する必要はないでしょう。

ここまで見てきたように、現在の日本人の食生活ではコレステロールをはじめとして、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を摂り過ぎる傾向があります。

食生活を改善するためには、こうした成分を含む食品の摂取を控えると同時に、野菜・海藻・キノコなどの食品を多めに摂る必要があります。

さらに体内に摂り込んだ脂質や糖質を、効率的にエネルギーに変えながら、過剰に摂取してしまった分は速やかに体外に排出できれば理想的です。

それができる食品は限られていますが、その一つが青汁なのです。

青汁でコレステロール値を改善

青汁でコレステロール値を改善

青汁は単に野菜の成分を濃縮した飲み物ではありません。健康増進に効果的な成分を多く含みながら、コレステロールや中性脂肪の増加を抑える働きもしてくれるのです。

毎日青汁を飲む習慣を続けていれば、動脈硬化や生活習慣病になりづらい身体に変わってきます。

それは青汁の成分の中に代謝を活性化させて、余分な脂質や糖質を排出するという優れた効果があるからです。

それらの成分について、ここから詳しく確認することにしましょう。

コレステロール値を下げる青汁の成分

青汁にはコレステロール値を低減したり、ダイエットに効果のある成分が数多く含まれています。

その中から特に重要な成分の特徴と働きについて見てみましょう。

上記の表は青汁の原材料としては代表的な、明日葉とケール100g中に含まれる成分の一部です。

どちらも野菜なので非常にカロリーは低く、脂質や脂肪酸の含有量はほんのわずかで、コレステロールは含まれていません。

また青汁に豊富な栄養成分として、食物繊維・ビタミンC・ビタミンEがありますが、これらの成分がどう働くことで、どのような効果が生まれるのかを確認しましょう。

表の中でビタミンEは、トコフェロールとして表示されています。

食物繊維

高コレステロールの予防で中心的な役割をするのが、青汁に極めて多く含まれる食物繊維です。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」との2種類があります。

血糖値の抑制に効果的な成分として、現在さまざまな健康食品に含まれているものに「難消化性デキストリン」があります。

上記のグラフはその効果を表すもので、上段(青線)は普通に食事をした場合の血糖値の変化で、下段(赤線)は食事と一緒に難消化性デキストリンを摂った場合の変化です。

この研究結果によれば、難消化性デキストリンには明らかに、食後の血糖値の上昇を抑制する働きがあるということです。

そしてこの難消化性デキストリンは、人工的に抽出された成分ではありますが、水溶性食物繊維の一種です。

青汁に含まれる天然の水溶性食物繊維にも、食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。

食物繊維はまず胃の中で水分を吸収してふくらみ、その後食物と一緒になって小腸に送られます。

食物繊維が少ない状態では、食物に含まれる糖質や脂質は、小腸壁から吸収されてエネルギーになる他、余った分は肝臓で中性脂肪に合成されてから、再度血液中に放出されます。

その結果、血中の中性脂肪が濃度を増して、コレステロール値も上昇してしまいます。ところが水溶性食物繊維が充分に含まれていると、小腸壁から糖質や脂質が一気に吸収されることを防いでくれるのです。

さらに食事で摂り過ぎた糖質や脂質は、この時に食物繊維に吸着したまま身体の外に排出されます。

つまり食前に青汁を飲んでおけば、豊富な食物繊維の働きで、過剰な糖質や脂質が身体に摂り込まれなくなるのです。

その結果体内で作られる中性脂肪も減ることになり、血液中のコレステロール値も安定した状態を保つことができます。

ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは人の体内では合成できない成分なので、食事として常に摂取する必要があります。ビタミンCは免疫力の向上や、肌を健康に保つ効果の高い成分ですが、実は高コレステロールを予防する効果も高いのです。

体内のコレステロールは通常、胆のうで「胆汁酸」に変わってから体外に排出されます。この働きがスムーズに行われていれば、高コレステロール状態になることはありません。

ビタミンCはコレステロールを胆汁酸に変える時に、必要不可欠な成分です。

青汁でビタミンCを充分に補給しておけば、いらなくなったコレステロールを排出する働きは、常に適正に行われます。

またビタミンCは熱に弱い性質があるので、常温のままビタミンCを補給できる青汁なら、その効果を最大限に活かすことができるでしょう。

ビタミンE

ビタミンE

強力な抗酸化作用で知られているビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれる通り、活性酸素の活動を抑える作用が高いため、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防に効果的な成分です。

血液中のコレステロールや中性脂肪は、活性酸素の影響を受けて酸化すると、動脈硬化の原因となる過酸化脂質に変化します。

この過酸化脂質が血管壁に付着すると、血管が詰まりやすくなるのです。

ビタミンEは、コレステロールや中性脂肪が過酸化脂質に変化することを抑制します。またビタミンEはコレステロールを運ぶ、リポタンパク質の中にも存在しています。

そのためビタミンEが充分に補給されていれば、リポタンパク質が活性酸素で酸化することもなくなります。

さらにビタミンEには、体内の毛細血管を広げる働きもあります。この働きによって全身の血流も改善されるため、一層動脈硬化になりにくい身体になるのです。

クロロフィル(葉緑素)

クロロフィルは植物が持つ葉緑素のことなので、青汁の原材料にも豊富に含まれている成分です。

クロロフィルにはビタミンEと同様に、非常に強力な抗酸化作用がある他、造血作用があることでも知られています。

クロロフィルの抗酸化作用が、どのように働くのかはビタミンEと同じです。さらにクロロフィルには、血液中のLDLコレステロールを吸着して、体外に排出する働きも確認されています。

こうした作用により、クロロフィルをたっぷりと摂取していると、血液がサラサラになって動脈硬化になりにくくなるのです。

またクロロフィルは「緑の血液」とも呼ばれ、人の血液に含まれるヘモグロビンの一部と構造が似ています。

そのため鉄と結びついて血液の材料にもなり、体内の血液を増やすと同時に全身の血流を改善する効果もあります。

カルコン

カルコン

青汁の原材料の中でも明日葉だけにしか含まれない成分がカルコンです。ポリフェノールの一種であるカルコンは、強い抗酸化作用を持ち、血中コレステロールや内臓脂肪を減少させる他、血糖値を下げる働きもしてくれます。

カルコンの主な働きは、「アディポネクチン」という物質を増やすことにあります。この物質は脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種ですが、内臓脂肪を減少させる効果と共に、体内でコレステロールや中性脂肪を減らす効果があると言われています。

またアディポネクチンには、血管内にできた傷を修復する作用と、血管を拡張して血流を改善する作用も認められています。

しかもカルコン自体にも、血流を改善する効果があることが分かっています。

青汁に含まれるこれらの成分の相乗効果によって、高コレステロール血症から動脈硬化になる危険性を未然に防ぐことができます。

青汁を毎日続けて飲むだけなので、今日からでもすぐにコレステロール対策がスタートできるわけです。

コレステロール対策におすすめの青汁

多くの種類の青汁の中から、コレステロール対策におすすめの青汁を2つ紹介します。青汁選びの参考にしてください。

大正製薬 キトサン青汁

トクホ(特定保健用食品)にも指定されている、「ヘルスマネージ」の大麦若葉キトサン青汁は、LDLコレステロール値を下げる効果のあるキトサンを配合しています。

キトサンはカニやエビの甲羅などに含まれる、動物性食物繊維の一種です。この成分には血液中のLDLコレステロールを吸着して、体外に排出する効果と、血管内をきれいにして血管の柔軟性を高める効果があります。

原材料には大麦若葉をベースにして、そこにキトサンをプラスした青汁なので、コレステロール値が気になる皆さんは、ぜひその効果を体験してみてください。

マイケア ふるさと青汁

コレステロール値の低減に効果のある、カルコンをたっぷり含んだ明日葉をベースに、豊富な食物繊維やビタミンを含む、桑の葉と大麦若葉をプラスしたのが「ふるさと青汁」です。

コレステロール対策に有効な成分は、この青汁なら余すことなく全て含まれています。実は桑の葉に含まれる食物繊維は、青汁の原材料の中でもトップクラス。さらに大麦若葉には、各種ビタミンがバランス良く含まれています。

しかも原材料は、どれも国内産で栽培方法にまでこだわっているので、安心して毎日続けることができます。

味の良さにも定評があるため、毎日美味しくコレステロール対策ができるでしょう。

青汁 コレステロールQ&A

青汁 コレステロールQ&A

最後に青汁のコレステロール対策に関する疑問に、ちょっとだけ答えておきましょう。

コレステロール値が下がれば青汁は飲まなくていい?

青汁は継続して飲むことで、健康効果が持続する健康サポート食品です。コレステロール値が改善された時点で飲むことを止めてしまうと、身体は徐々に改善前の状態に戻ってしまいます。

青汁を飲んでコレステロール値が下がったら、その状態を維持するためにも、毎日の青汁習慣は欠かさないようにしてください。

動脈硬化だけでなく、他の病気を予防するためにも続けることが大切です。

コレステロール対策におすすめの飲み方はある?

青汁と相性の良い飲み物としては、豆乳が良く知られていて、青汁の豆乳割りは人気のあるレシピとして紹介されています。

この豆乳の原材料である大豆にも、さまざまな健康効果のある成分が含まれています。その中の1つである「大豆タンパク」には、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を減らす効果があると言われています。

青汁にこの大豆タンパクを加えれば、コレステロール対策は万全です。

青汁を飲んでコレステロール値を下げよう!

青汁を飲んでコレステロール値を下げよう!

コレステロールは、決して身体にとって害のある物質ではありません。私たちの健康を維持するためには、なくてはならない成分の一つです。

しかし近年の食生活の変化などから、体内のコレステロールのバランスが崩れて、いわゆる悪玉コレステロールが増え過ぎてしまうと、身体は徐々に血管の中から侵されて行きます。

場合によっては脳梗塞や心筋梗塞などの、命に関わる病気につながる危険性もあります。

ありがたいことに青汁には、悪玉コレステロールを減らす効果の高い成分が豊富に、しかも多くの種類含まれています。

青汁なら面倒な手間もかからず、毎日飲むだけで確かな効果を感じることができるでしょう。突然やって来る動脈硬化のリスクを避けるためにも、早めに青汁でコレステロール対策を始めましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ