青汁は美容効果にも優れた飲み物って本当?ダイエットや便秘解消におすすめ

青汁は美容効果にも優れた飲み物って本当?ダイエットや便秘解消におすすめ

健康のために毎日青汁を飲んでいる皆さんが、ある日ふと気づくことがあります。

最近ちょっと、お腹まわりがスッキリしたかもしれない?

最近すごく肌の調子がいいみたい?

これが青汁の美容効果です。健康増進に効果的な栄養素を豊富に含む青汁は、毎日の習慣として飲んでいると、身体の中から美容面でも効果を発揮してくれるのです。

しかもその効果は1つや2つではありません。女性には特に嬉しいアンチエイジング効果など、青汁の美容効果をたっぷりとご紹介します。

青汁は美容にも良いって本当?

本来美容と健康とは、切り離して別々に考えるものではありません。健康のために毎日摂りたい成分は、美容成分としても優れた働きをしてくれるものです。

スキンケアには欠かせないビタミン類や、ダイエット効果の高い食物繊維などは、わざわざ健康食品やサプリメントに頼らなくても、全部青汁に入っています。 まずは青汁に含まれる主な健康成分から紹介しましょう。

健康効果に優れた野菜成分がいっぱい

健康効果に優れた野菜成分がいっぱい
  • 健康効果
  • 食物繊維
  • ビタミンB群
  • βカロテン
  • ビタミンC

青汁とは野菜の搾り汁です。青汁メーカーはそれぞれに、健康効果の高い配合を工夫していますが、純粋な青汁であれば基本的な成分に大きな違いはありません。 その中から健康増進のカギとなる成分を、まずはいくつか挙げてみます。

①食物繊維

青汁を飲むことにより一般的な野菜よりも、良質な食物繊維をたっぷりと摂取することができます。食物繊維は身体の栄養分にはなりにくい成分ですが、腸内環境の改善と血糖値の抑制には絶大な効果を発揮します。

②ビタミンB群

8種類あるビタミンBの仲間は、体内で酵素の働きを助ける「補酵素」として働きます。主に食物中の栄養素からエネルギーを作り出す他、血液を生成したり糖の代謝にも関わっています。

そのため新陳代謝を活性化したり、貧血予防・疲労回復・血糖値の抑制、さらに皮膚や粘膜を健康に保つなど、多方面で健康増進に働きかける成分です。

③βカロテン

野菜に含まれるβカロテンはビタミンAの一種で、高い抗酸化作用を発揮する成分です。体内では免疫機能の強化、動脈硬化の予防と改善、ガンの予防と抑制など身体を守るために効果的に働きます。

目の機能を改善する働きもあります。

④ビタミンC

ビタミンCも強い抗酸化作用を持っていて、身体の老化を抑える効果をはじめとして、免疫機能の強化、貧血の予防、ストレスを低減する作用など、さまざまな健康効果を発揮してくれます。

他にも青汁には非常に多くの健康成分が含まれていますが、それらの働きはこの後で登場した時に、さらに詳しく紹介します。

美容効果にも優れた成分がたっぷり

美容効果にも優れた成分がたっぷり
  • 美容効果
  • 食物繊維
  • ビタミンB群
  • βカロテン
  • ビタミンC

では今度は、青汁の健康効果の一例として上に挙げた4つの成分が、美容面ではどのような効果を発揮するのか確認してみましょう。

①食物繊維

食物繊維は腸内環境に大きく関わっている成分ですが、積極的に摂取することで、ダイエットにも非常に優れた効果を発揮します。

食物繊維は体内で糖の吸収を抑える働きがあり、さらに余分な脂肪や老廃物を身体の外に運び出してくれます。

しかもコレステロール値を下げる効果まであるため、健康的なダイエットのためには欠かせない成分と言って良いでしょう。

②ビタミンB群

ビタミンBの仲間には、それぞれ違った働きがありますが、全体的にエネルギーの生成と消費に関わっているため、ダイエット効果が期待できる成分です。

特にビタミンB1は糖質の代謝を促し、ビタミンB2は脂質を燃焼させてエネルギーを作り出す働きをしています。こうした働きにより新陳代謝が活発になるため、ダイエット効果だけではなく、肌を美しく保つ効果もあるのです。

③βカロテン

βカロテンは、皮膚や粘膜を構成する細胞の生成に関わっていて、健康的な美しい肌を保つためには欠かせません。

強い抗酸化作用により免疫力をアップしてくれるので、皮膚や粘膜が強化され、肌の乾燥やカサつきなどを防いでくれます。

④ビタミンC

ビタミンCは強い抗酸化作用で、皮膚や血管の老化を防いでくれる以外にも、コラーゲンの生成を促進するなど、アンチエイジングの切り札と呼んでも良い成分です。

特に皮膚を健康に保つ働きに優れているため、肌にハリとツヤも持たせたり、シミやシワを予防するなど、美肌効果のためにはぜひとも摂っておきたい成分です。

このように青汁に含まれている成分は、健康面から身体をサポートすると同時に、美容面でもさまざまな効果を発揮してくれるのです。

美容に特化した青汁も販売されている

青汁には数多くの種類がありますが、本来の健康増進成分を充分に含んだまま、美容面での効果をさらに強化したタイプも販売されています。

その中でも年齢を感じさせない美しい肌を作り出す成分として、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」の三つは、美容に特化した青汁には欠かせない存在です。

コラーゲンは肌の基礎構造を作るタンパク質で、ハリとツヤのある肌のために、なくてはならない成分の一つ。

ヒアルロン酸は高い保水力を持つ成分で、コラーゲンと一緒に肌の基礎を構成しています。またセラミドは肌の表面で、強力な保湿効果を発揮する成分。

青汁を毎日続ければ新陳代謝が活発になるため、自然に肌の調子は整えられて行きます。

しかし肌の衰えやトラブルが特に気になる場合は、美容成分を強化した青汁を選ぶことも、一つの解決策になることでしょう。

青汁の美容効果とその成分

青汁の美容効果は、ダイエットと美肌だけではありません。

豊富に含まれる食物繊維・ビタミン類・ミネラル類は、若々しい身体を保つために効果的に働いてくれます。

では美容効果を生み出す成分は、青汁にはどのくらい含まれているのでしょうか?

青汁の原料の代表でもあるケールで、その成分を確認してみましょう。

青汁に含まれる主な美容成分

上記のグラフは、青汁の主原料の一つであるケールの、100gあたりの主な成分量を表しています。

特に目を引くのは、各種ビタミン類とミネラル類の含有量です。

また食物繊維も他の野菜に比べて非常に多く、カロリーは100gでたった28kcalしかありません。

もちろんこれはケール100g中の成分量なので、青汁1杯にこれだけの成分量が含まれているわけではありません。

しかし青汁は原料を搾って成分を濃縮しているため、野菜を生のまま食べるよりも、はるかに効率的に多くの成分を摂取できます。

ではこれらの成分が、どのように美容面で効果を発揮してくれるのか、ここから詳しく紹介しましょう。

ダイエット効果(食物繊維・ビタミンB1・B2)

食物繊維には腸内環境を整える働きがありますが、それはこの後で説明するとして、ここではなぜダイエットに効果があるのかを考えてみましょう。

食物繊維は最初に小腸に到達すると、後から食物として入ってくる糖質や脂質の吸収を抑えてくれます。

そのため食後に急激に血糖値が上がることを防ぎ、さらに脂肪細胞の増加まで抑制してくれます。

糖尿病の予防に効果がある「トクホ(特定保健用食品)」に、人工的な食物繊維が配合されているのも、この働きがあるからです。

また余分に摂取した糖質や脂質の一部は、小腸で吸収されずに食物繊維と一緒に大腸に送られるとも言われています。

この働きが健康的なダイエットには非常に効果的なのです。余分な糖質や脂質が体内で脂肪に変わらなければ、それだけでダイエット効果になるわけですから。

青汁にはビタミンB1も含まれていますが、このビタミンは糖質の分解に大きく関わっています。

体内で糖質が分解されてから、エネルギーとしてきちんと消費されないと、余分な糖として脂肪に変換後に蓄えられてしまいます。

これが肥満の一つの原因です。

ビタミンB1は糖質を分解した上で、エネルギーに変換してくれるので、新陳代謝や基礎代謝が活発になり、余分な脂肪を蓄えることを防いでくれます。

基礎代謝がアップすれば、身体は太りにくくて痩せやすくなります。

もう一つ青汁にはビタミンB2も豊富に含まれています。

このビタミンはズバリ、「美容のビタミン」「ダイエットのビタミン」と呼ばれるほどの成分。

脂肪を燃焼させる効果があると言われるのは、 ビタミンB2が脂質の代謝活動で重要な役割を果たしているからです。

ビタミンB1が糖質をエネルギーに変換するのに対して、ビタミンB2は主に脂質を分解してエネルギーに変換する働きをしています。

実際に脂質を分解するのは酵素の働きですが、ビタミンB2は「補酵素」としてその働きを支えているのです。

その結果新陳代謝と基礎代謝が活性化されて、身体は脂肪を蓄積しにくくなります。

つまり食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2という成分の相乗効果によって、身体は糖質や脂質をエネルギーとして活発に消費するため、脂肪として蓄える暇がなくなってしまうのです。

これこそ理想的なダイエットと言えるでしょう。

便秘解消効果(食物繊維)

便秘解消効果(食物繊維)

便秘はつらい症状以外にも、肌のトラブルや肥満などの原因になる厄介者。その根本的な原因は腸内環境の悪化にあります。

便秘の解消は、腸内環境の改善なくしては不可能です。腸内環境を整えるためには、食物繊維を毎日たっぷりと摂取することが何よりの近道です。

食物繊維の働きの一つに「腸内の掃除」があります。食物繊維は小腸から大腸へと進みながら、消化器官内に残った食物のカスや、老廃物などを吸着して身体の外に運び出してくれるのです。

さらに小腸や大腸の内壁を刺激して、ぜん動運動を活発にする働きもしてくれます。便秘の人は腸のぜん動運動が弱っているので、食物繊維のこの働きは便秘解消に非常に効果的。

しかも最近の研究によれば食物繊維は大腸内で一部が分解されて、善玉菌の働きを活性化する効果があることが分かりました。

食物繊維は総合的に腸内環境を改善してくれるので、便秘がちの人はぜひ青汁を試してください。

腸が元気になると新陳代謝もアップして、ダイエットや美肌にも効果を発揮してくれるでしょう。

美肌効果(ビタミンC・βカロテン)

美肌効果(ビタミンC・βカロテン)

さてここからは、若々しさを保つ青汁の美容効果を紹介しましょう。

ビタミン類は全般に美容効果の高い成分ですが、美しい肌づくりに欠かせないのがビタミンCとβカロテン(ビタミンA)です。

ビタミンCは皮膚や粘膜、血管などを健康的に維持する成分です。何よりもコラーゲンの生成で重要な働きをするため、ハリとツヤのある美肌を取り戻すためには、毎日しっかりと補給する必要があります。

またビタミンCはシミやそばかすの原因になる、メラニン色素の沈着を防ぐ働きも持っています。これは美白効果そのもの。

ただしビタミンCは体内で作り出せない成分なので、食事として充分な量を摂取しなければなりません。

一方のβカロテンは体内に入るとビタミンAに変換され、肌を構成する細胞の生成に働きかけるため、特にしっとりとした潤いのある肌のためには、毎日充分な量を補給する必要があります。

一般的にビタミン類は熱・水分・酸化などに弱いため、調理をする必要のない青汁による摂取は、美容効果を高める上で最も良い方法だと言えるでしょう。

アンチエイジング効果(SOD酵素)

人の老化に大きな影響を及ぼしているものの一つに、活性酸素の過剰な生成があります。

本来は健康維持のために必要な活性酸素は、余りにも過剰に生成されると逆に体内で有害な物質に変わってしまいます。

現代社会はストレス・生活の乱れ・食品中の添加物・大気中の有害物質など、さまざまな要因から活性酸素の生成が過剰になっています。

増えすぎた活性酸素は身体を老化させ、生活習慣病やガンの原因になるとさえ言われています。

この活性酸素を除去する能力が極めて高い成分が、近年注目されている「SOD酵素」です。

SOD酵素は非常に強い抗酸化作用を持ち、体内で増え過ぎた活性酸素を取り除いてくれる以外にも、全身の細胞を健康に保つ働きをしてくれます。

多くのビタミン類や酵素の中でも、これほどアンチエイジング効果の高い成分は他にありません。

SOD酵素は元々人の体内に存在する成分ですが、加齢によって徐々に働きが弱まって行きます。

青汁でも明日葉を原料にしたタイプには、このSOD酵素が豊富に含まれています。

いつまでも若さを保つためにも、青汁で毎日SOD酵素を補給しましょう。

口臭・体臭予防(クロロフィル)

口臭・体臭予防(クロロフィル)

クロロフィルは植物では葉緑素として、体内で光合成によりエネルギーを作り出す成分です。

ところが最近ではクロロフィルを使った、口臭・体臭対策のサプリメントやグッズが数多く販売されています。

実はクロロフィルには消臭・殺菌効果があり、それが天然の消臭成分として注目されているのです。

クロロフィルは野菜全般に含まれていますが、まず口の中に入った時点で口臭防止効果を発揮します。

さらに腸内にまで届いたクロロフィルは、悪玉菌が作り出した悪性のガスを、分解~消臭してくれます。

この悪性ガスは放っておくと、血液中に吸収されてから汗に混じって肌から放出されるため、体臭が強まる原因にもなります。

クロロフィルは悪性のガスを除去する以外にも、食物繊維と同じようなデトックス効果を持っています。

こうした働きでクロロフィルは、腸内環境を改善しながら体臭・口臭を予防してくれるのです。

青汁の主原料の野菜はどれも緑色が濃く、これはクロロフィルを豊富に含むことを表しています。

毎日の青汁が習慣になれば、クロロフィルの補給は万全です。

むくみ解消効果(カリウム)

むくみも女性に多い悩みですが、基本的に体内の水分調節が適切に行われないことで起こります。

例えばデスクワークで長時間同じ姿勢をとっていたり、質の良い睡眠がとれなかったりすると、脚や顔などにむくみの症状が現れます。

この症状の原因は、体内の血液循環やリンパの流れが悪くなることですが、根本的にはナトリウムとカリウムとのバランスに起因しています。

通常ナトリウムは細胞の外側に多く含まれ、逆に内側に多く含まれるカリウムとの間でバランスが保たれています。

しかし体内のナトリウムが増え過ぎたり、カリウムが不足したりして、このバランスが崩れることがあります。

その場合には体内のナトリウム濃度を保つため、身体は水分を外に出さないようにして、ナトリウムを中和しようとします。

結果的に細胞内や血液中の水分が多くなり、むくみが発生してしまうのです。

むくみを解消するためには、カリウムを充分に摂取することが何よりも効果的です。

現代の日本人は食生活の変化によって、ナトリウムの摂取が過剰で、カリウムの摂取は不足している傾向にあります。

カリウムが豊富に含まれる青汁で、積極的にカリウムを補給するようにしましょう。

冷え性解消効果(ビタミンE)

冷え性になる原因には、生活習慣の乱れや運動不足などが考えられますが、直接的には体内の血液循環が悪化して、手や足の先などが血行不良になることで起こります。

ビタミン類は全般的に体内でエネルギーを作り出す働きを持っていて、また酵素の働きを助けて熱を作り出す役割も果たしています。

そのため食事中にビタミン類が不足していると、冷え性になりやすいと言われています。

ビタミンEにはこうした働き以外にも、強い抗酸化作用によって血管や肌の老化を防ぐと共に、体内の血流を改善する効果があります。

具体的には毛細血管を拡張させる働きと、血液中の脂質を分解して血液をサラサラにする働きがあるのです。

ビタミンEをはじめ豊富なビタミン類を含む青汁は、冷え性の解消に対しても非常に効果的な食品だと言えるでしょう。

このように青汁には、天然の多彩な美容成分が丸ごと詰まっています。

毎日1杯の青汁は、健康増進を助けるだけではなく、美容効果までサポートしてくれる優れた食品なのです。

美容におすすめの青汁

多くの種類がある青汁の中から、ここで特徴的な2種類を紹介します。どちらも美容成分を強化したタイプなので、青汁選びの参考にしてみてください。

メディアハーツ「すっきりフルーツ青汁」

健康的でリバウンドしないダイエットと、年齢を感じさせない美しい肌を実感するなら、美容成分をたっぷりと配合した「すっきりフルーツ青汁」をおすすめします。

ベースになっている原料は全て国内産の大麦若葉・明日葉・クマザサで、健康増進に効果的な栄養素をバランス良く摂ることができます。

そこにプラスされた美容成分は、天然由来の81種類の酵素と、生きたまま腸まで届く2種類の乳酸菌。

上手なダイエットとは、身体に必要な栄養素はしっかりと摂りながら、不要なエネルギーをカットすること。

さらに腸内環境を改善して、身体の代謝機能までアップできれば、健康的に痩せることができてしかも太りにくくなります。

すっきりフルーツ青汁は豊富な食物繊維と、乳酸菌の力で腸内環境を改善。

体内の新陳代謝や基礎代謝に関わる酵素を配合することで、活力に満ちた若々しい身体を取り戻してくれます。

他にも美容効果の高いビタミンC・プラセンタ・セラミドと、大豆サポニンを含む豆乳パウダーも配合。身体の中から美しくなる効果をサポートしてくれます。

味もフルーツベースで飲みやすく、毎日の食生活にプラスするか、食事の一部をすっきりフルーツ青汁に置き換えれば、健康的なダイエットが可能になります。

今までのダイエット法で満足できなかった皆さんは、ぜひ一度試してみてください。

マイケア「ふるさと青汁」

原料の持つ健康効果と美容効果にこだわったのが、明日葉をたっぷり使った「ふるさと青汁」です。

原料の野菜は全てが栄養豊富で、農薬などの心配の少ない国内産。

ベースになるのは八丈島産の明日葉と、島根県産の桑の葉、熊本・大分県産の大麦若葉の三つ。いずれの原料も食物繊維・ビタミン類・ミネラル類を豊富に含んでいます。

その中でも高い美容効果で注目されているのが、明日葉に含まれるポリフェノールの一種「カルコン」です。

カルコンは強い抗酸化作用を持つ成分ですが、体内の老廃物を除去するデトックス効果にも優れています。

そのためむくみの解消やダイエットに、飲むだけで高い効果を発揮してくれます。

さらにふるさと青汁には、他の青汁では使われていない明日葉の根の成分が配合されています。その根に含まれる「LPS」は、美容全般に効果があるとして今注目の成分。

ふるさと青汁は原料の配合バランスを工夫して、美味しくて飲みやすい青汁に仕上がっています。

天然原料で健康的なダイエットを目指すなら、ぜひ一度試してみてください。

美容効果を更に高める飲み方&食べ方

青汁はシンプルに水で割って飲むことが一般的ですが、他の飲料や食品と組み合わせることで、美容効果を一層高めることも可能です。

その中から簡単に試せる3種類のメニューを紹介しましょう。

青汁×豆乳

青汁×豆乳

青汁には豊富な栄養素が含まれていますが、タンパク質だけは余り多く含まれていません。

タンパク質は身体の組織を作る大切な栄養素であり、美肌効果のカギを握るコラーゲンの生成にも必須の成分です。

豆乳には良質な植物性タンパク質が豊富に含まれているので、青汁と一緒に飲むことで、お互いの持つ栄養素の働きを高め合うことができます。

さらに大豆には「サポニン」「イソフラボン」「レシチン」「ペプチド」「オリゴ糖」など、大豆でしか摂れない美容効果の高い成分が数多く含まれています。

一例を挙げると、イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをするため、女性的な美しさを保つ効果があります。

またオリゴ糖は腸内の善玉菌を活性化させる効果があり、その他の成分には脂肪の燃焼効率アップや、脂肪吸収の抑制などの効果があります。

飲み方は季節に合わせて豆乳をホットにするか冷たくするか、そこに青汁をミックスするだけで美味しくいただけます。

牛乳が飲めない人にも、おすすめの飲み方です。

青汁×ココア

青汁×ココア

ココアもダイエット効果で一時期人気を集めた飲み物です。ココアに含まれる美容成分で注目したいのは、「カカオポリフェノール」と食物繊維。

カカオポリフェノールは強い抗酸化作用で老化を防ぐと共に、体内の血流を改善する効果もあります。ココアを飲むと身体が温まるのはこのため。

血行が良くなれば冷え性やむくみも改善され、基礎代謝がアップすることからダイエット効果にもなります。

またココアも食物繊維が豊富な食品なので、青汁と合わせて飲むことで、腸内環境の改善効果が一段と高まります。

カロリーは100gあたり271kcalですが、純粋なココアであればカップ1杯では約10kcal程度です。

最も簡単な飲み方は、ホットか冷やしたココアに青汁を混ぜるだけ。ココアは冷たくして飲んでも、身体を冷やすことなく逆に温めてくれます。

ただし市販のココア飲料には、砂糖やミルクなどの甘み成分が含まれているので、ダイエットに利用する場合は注意してください。

青汁×ヨーグルト

青汁×ヨーグルト

ヨーグルトと言えば健康食品として、腸内の善玉菌を増やす効果が真っ先に思い浮かびます。

ヨーグルトにはビフィズス菌をはじめとする乳酸菌が、他の食品に比べて格段に多く含まれています。

これらの乳酸菌が生きたまま腸まで届くと、腸内で善玉菌として働き始めます。

しかし最近の研究によると、消化の過程で死んでしまった乳酸菌も、腸内で善玉菌の増殖を助けることが分かりました。

青汁の食物繊維とヨーグルトの乳酸菌は、腸内環境を整える効果としては最強のペアです。ここまで説明してきた通り、腸内環境の改善はダイエットや美肌に非常に効果的です。

青汁をヨーグルトや飲むヨーグルトにミックスして、美味しく健康・美容効果を味わってください。

ただしヨーグルトも加糖タイプのものよりも、プレーンタイプをおすすめします。

青汁 美容Q&A

青汁 美容Q&A

最後に毎日青汁を飲む上で、注意すべきポイントを1つだけ挙げておきます。

青汁をこれから始める人も、もう習慣になっている人も、飲み方として参考にしてください。

美容に効果的な飲むタイミングはある?

青汁の美容効果を余すことなく活用するためには、青汁を飲むタイミングに注意してください。

ダイエットや便秘解消には朝、冷え性やむくみの改善には夜がおすすめですが、基本的には1日の内でいつ飲んでも大丈夫。

ただし食事と一緒に飲むタイミングとしては、食前に摂取することをおすすめします。

特に食物繊維の働きを最大限に引き出すためには、他の食物を食べる前に青汁を飲むことがベストのタイミング。

食事の前に1杯の青汁、それを毎日の習慣にしてください。

青汁は美容効果にも優れた健康飲料!

青汁は美容効果にも優れた健康飲料!

青汁は健康飲料としてイメージされがちですが、非常に美容効果の高い食品であることも間違いありません。健康と美容は切っても切れない関係にあるからです。

青汁に含まれる食物繊維・ビタミン類・ミネラル類などは、それぞれ身体の調子を整えるために、ミクロの世界で活発に働いてくれます。

またこうした成分には老化を防いで、身体を若々しい状態に保ってくれる働きもあります。

美しいボディラインと美しい肌は、健康的な生活なしでは手に入りません。

毎日の青汁習慣で、ぜひ青汁の健康効果と美容効果を体感してください。

お試し購入可能な青汁をランキングで紹介!サンプル青汁第1位はコレ!(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ