青汁でビフィズス菌が増える!腸内環境が良くなればメリットがいっぱい

青汁 ビフィズス菌

腸内環境を良くするには腸内の善玉菌を増やすことが大切。そして、その善玉菌の代表格がビフィズス菌です。

ビフィズス菌は人の腸内に生息していますが、加齢やストレスなどで減少してしまうため食事から補う必要があります。そこで、おすすめなのが青汁。

青汁に含まれる食物繊維には、多くの健康効果が期待できるビフィズス菌を増やす働きがあります。また、同様の働きを持つオリゴ糖が配合された青汁もあります。

今回は、青汁のビフィズス菌を増やす効果、そしてビフィズス菌についても詳しく説明します。

ビフィズス菌について

まずは、ビフィズス菌の種類と働き、乳酸菌との違いなど、ビフィズス菌の特徴を確認していきましょう。

ビフィズス菌の種類と働き

ビフィズス菌は人の腸内に最も多く生息している善玉菌で、腸内には1~10兆個ものビフィズス菌が生息していると言われています。

善玉菌にはビフィズス菌の他に乳酸菌や納豆菌など、さまざまな種類がありますが、そんな善玉菌の中で99%以上を占めるのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌には多くの種類があり、人の腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が発見されています。

善玉菌であるビフィズス菌には整腸作用があり、悪玉菌から腸内環境を守り、腸内を良好な状態に保つ働きがあるのです。

ビフィズス菌と乳酸菌との違いは?

善玉菌にはビフィズス菌の他に乳酸菌もありますが、ビフィズス菌と乳酸菌は何が違うのでしょうか。主な違いは以下の通りです。

  • 善玉菌の占める割合がビフィズス菌は99%以上、乳酸菌は0.1%
  • ビフィズス菌は酸素があると生育できないが、乳酸菌は生育できる
  • ビフィズス菌は人や動物の腸内に生息しているが、乳酸菌は乳製品や漬物などの発酵食品にも生息している
  • 乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出すが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸も作り出す

とくにビフィズス菌が乳酸だけでなく酢酸も作り出すことが大きな違いで、酢酸は強い殺菌力で悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

参考:ビフィズス菌と乳酸菌の違い|ビフィズス菌研究所

ビタミン合成との関係

ビフィズス菌にはビタミンCをエサとして、ビタミンを合成する働きがあります。ビフィズス菌は腸内でビタミンB群やビタミンKを作り出しているのです。

ビタミンB群は代謝ビタミンと呼ばれ、たんぱく質や脂質、糖質をエネルギーに変える働きがあり、他にも皮膚や粘膜を健康に保つ、神経の働きを正常に保つなどの働きもあります。

また、ビタミンKは血液の凝固作用があり、出血時に血液を固めて止める働きやカルシウムを骨に沈着させて骨を丈夫にする働きがあります。

このように、ビフィズス菌には人の健康維持に欠かせないビタミンを合成する働きがあり、健康的な生活を送るために重要な存在なのです。

赤ちゃんの腸内細菌は99.9%がビフィズス菌!?

生まれる前の胎児の腸はまったくの無菌状態ですが、生まれてすぐに赤ちゃんの腸には菌が棲みつくようになり、授乳期にはビフィズス菌が約90%になると言われています。

しかし、離乳期に入って離乳食を食べるようになる頃から悪玉菌が増えはじめ、やがて大人と同じ食事を摂るようになる頃には、腸内細菌も大人と同じバランスになります。

そして赤ちゃんの頃には90%以上占めていた善玉菌が、大人になると善玉菌20%、悪玉菌10%、健康な時には影響のない日和見(ひよりみ)菌70%と腸内バランスが変化していくのです。

さらに歳を重ねると、自然に善玉菌の数が減って悪玉菌が増えていきます。そのため、中高年以降は特に意識して腸内環境を整えていく必要があります。

腸内環境を改善するビフィズス菌の効果

次に、ビフィズス菌の一番の働きである腸内環境を改善する効果について確認していきましょう。

有害菌を抑えて腐敗産物を減少させる

ビフィズス菌が糖を分解するときに作り出す乳酸や酢酸といった成分は、腸内の有害菌を抑えてくれます。

有害菌によって作られるアンモニアやインドールなどの腐敗産物は、悪玉菌を増やして腸内環境を悪化させ、便秘や下痢、お腹の張り、おならが臭うなどのトラブルが起こりやすくなりるのです。

しかし、ビフィズス菌は有害菌を抑える働きがあるので、ビフィズス菌が増えると腐敗産物も減少して腸内環境が整います。

そのため、腸内のビフィズス菌を増やすことが、便秘の解消や下痢の改善などにつながるのです。

酢酸が大腸菌を抑えて感染症を予防

ビフィズス菌が糖を分解するときに作り出す酢酸には、大腸菌を抑えて感染症を予防する効果もあります。

酢酸はお酢などに含まれる成分で、強い殺菌力を持ち、腸の粘膜を保護する働きがあります。この酢酸の強い殺菌力が大腸菌の増殖を抑え、感染症を予防してくれるのです。

酢酸の殺菌力は、乳酸など他の酸性物質に比べて大腸菌を抑える効果が高く、その効果は病原性大腸菌O157の増殖を防ぐほど強いものです。

酢酸を摂るためにお酢を飲んでも、消化の途中で吸収されてしまうので大腸までは届きません。そのため、大腸で酢酸に働いてもらうにはビフィズス菌を増やす必要があります。

参考:ビフィズス菌の働き|ビフィズス菌研究所

ビフィズス菌で腸内環境が良好になればメリットがいっぱい

ビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸には、腸内の有害菌を抑え、感染症を予防するなど腸内環境を整える効果があることがわかりました。

ここでは、ビフィズス菌で腸内環境が良好になることで、得られるメリットについて確認していきましょう。

免疫力の向上効果

免疫力とは、細菌やウイルスなどの侵入を防ぎ、身体を正常な状態を保つ働きのことです。

腸は免疫細胞全体の60%~70%が集中していると言われており、腸内環境を整えることで免疫力の向上効果が期待できます。

腸では栄養の吸収が行われますが、同時に細菌やウイルスが侵入する入口でもあります。

そのため、腸には免疫細胞が集中しており、栄養素の吸収だけでなく、有害物質を攻撃して排除する役割も担っているのです。

ビフィズス菌を増やして腸内環境が整えば、腸の免疫システムの働きも良くなって細菌やウイルスが侵入しにくくなり、病気になりにくい体になります。

人の体には毎日がん細胞が生まれていますが、がんにならないのは免疫があるからです。そのため、免疫力を高めることは、がんなどの大きな病気を予防することにもつながります。

花粉症予防効果

花粉症が起こるのは、免疫システムの過剰反応が原因です。花粉が体内に入ると、有害物質だと反応して「IgE抗体」という花粉を排除する物質が作られます。

このIgE抗体には細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きがあるものの、数が増えすぎると鼻水や目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

しかし、ビフィズス菌によって腸内環境が整うと、免疫システムのバランスも整うので花粉への過剰反応が抑えられ、花粉症を予防する効果が期待できるのです。

花粉症を予防するには、まずはメガネやマスクなどで花粉を体内に入れないことが大切ですが、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整えることも有効です。

ダイエット効果

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、便秘の原因になります。便秘になると下腹がポッコリしてくびれがなくなってしまうので、若々しい外見が失われてしまうのです。

また、便秘になるとさらに悪玉菌が増えるので、ますます腸内環境が悪化し、栄養の吸収が悪くなって基礎代謝の低下を招きます。

すると、脂質や糖質がうまく代謝されず、脂肪が蓄積されやすくなります。つまり、痩せにくい体質になってしまうのです。

しかし、ビフィズス菌が増えて腸内環境が整えば、便秘が改善してポッコリお腹がなくなり、基礎代謝も向上して痩せやすい体質に変わります。

ビフィズス菌には、脂質や糖質の代謝に欠かせないビタミンB群を合成する働きもあるので、ビフィズス菌が増えればより高いダイエット効果が期待できるのです。

美肌効果

ビフィズス菌が増えて腸内環境が良好になると、免疫力が向上します。すると、新しい肌に生まれ変わる肌のターンオーバーや、肌のバリア機能が正常に保たれるのです。

また、肌を正常に保つには必要な栄養素の摂取が欠かせませんが、栄養を効率よく吸収するには、腸内環境が良好であることが重要です。

たとえば、ビタミンB2は脂質の代謝を助ける働きがあり、不足するとニキビや吹き出物が出やすくなります。

また、ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑えてシミを改善したり、コラーゲンの合成を促してキメを整える効果があります。

ところが、いくら美肌に有効な栄養素を摂取しても、腸内環境が悪くて栄養素が十分に吸収できなければ効果は半減してしまうのです。

しかし、ビフィズス菌により腸内環境が良好に保たれていれば、美肌に有効な栄養素を効率良く吸収できます。つまり、ビフィズス菌を摂るこで美肌効果が期待できるのです。

コレステロール値の改善効果

ビフィズス菌で腸内環境が整えられると、コレステロール値の改善効果も期待できます。

ビフィズス菌は代謝ビタミンと呼ばれるビタミンB群を合成する働きがあります。そのため、腸内にビフィズス菌が増えると体内でビタミンB群が作られるのです。

体内のビタミンB群が増えると、脂質や糖質などのエネルギー代謝がスムーズに働くので、中性脂肪やコレステロールが必要以上に蓄積されにくくなります。

そのため、コレステロール値が下がって高脂血症などの生活習慣病を予防し、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管系疾患のリスクを下げてくれるのです。

つまり、ビフィズス菌が増えて腸内環境が良好になることで、大きな病気のリスクを下げる効果も期待できます。

ビフィズス菌はどうすれば増えるの?

免疫力の向上やダイエット効果、健康維持など、ビフィズス菌を増やして腸内環境が良くなると多くのメリットが得られます。

では、ビフィズス菌はどうすれば増えるのでしょうか。ここではビフィズス菌を増やす方法をお伝えします。

ビフィズス菌を含んだ食べ物はない!?

腸内環境を整え、健康効果が期待できるビフィズス菌ですが、実はビフィズス菌を含んだ食材はありません。

ビフィズス菌は人の腸内に生息する腸内細菌であるため、何の加工もされていない自然の食材には含まれていないのです。

そのため、ビフィズス菌を食べ物から摂取するには、ビフィズス菌が添加された食品を摂る必要があります。

ビフィズス菌が添加された食品はヨーグルトや乳酸菌飲料が代表的ですが、ビフィズス菌を増やすのは簡単ではありません。

ビフィズス菌は酸に弱く、増やしにくい

ビフィズス菌は偏性嫌気性の細菌で、酸素があると生息できない特徴があります。また、酸に弱いので、腸に届く前に胃酸などで死滅してしまうので、簡単には増やせないのです。

しかし最近は、酸に弱いというビフィズス菌の欠点を解消し、「生きて腸まで届く乳酸菌」と記載された商品が増えてきています。

そのため、食品からビフィズス菌を摂るときは、生きたまま腸に届く、耐酸性のあるビフィズス菌が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

また、食品から摂取するときは、毎日続けて食べることも大切。せっかくビフィズス菌が腸に届いても、そのまま排出されて効果が得られないこともあるからです。

ビフィズス菌を増やすために毎日摂るなら青汁がおすすめです。「生きて腸まで届くビフィズス菌」が配合された青汁もあるため、毎日続けることで効果が実感できます。

青汁の食物繊維とオリゴ糖がビフィズス菌を増やす

ビフィズス菌を増やすには、外から摂取することはもちろん、「腸の中にいるビフィズス菌を増やす」という考え方も大切です。

そのために効果的なのが、食物繊維が豊富な青汁。

水溶性食物繊維は、ビフィズス菌のエサとなるため、食物繊維が豊富な青汁を飲むことで腸の中のビフィズス菌を増やす効果があるのです。

また、オリゴ糖が配合された青汁もビフィズス菌を増やす効果があります。

オリゴ糖も食物繊維同様にビフィズス菌のエサになるので、ビフィズス菌に栄養を与え、増殖を促すのです。

このように、食物繊維とオリゴ糖を含む青汁を飲めば、腸の中にいるビフィズス菌を増やし、腸内環境を改善する効果が期待できるのです。

お腹にしっかり効く!ビフィズス菌入り青汁

ビフィズス菌を増やすには、どの青汁を飲めばよいのでしょうか。ここでは、ビフィズス菌が配合されたオススメの青汁を紹介します。

こどもバナナ青汁

こどもバナナ青汁は、国産大麦若葉に加え、19種類の野菜とフルーツが配合されています。

ビフィズス菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖も豊富で、飲むことで腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。

さらに、耐酸性があり、生きたまま腸まで届くビフィズス菌が配合されているので、毎日続けることで、腸内環境の改善が期待できるのです。

こどもバナナ青汁は、商品名からもわかるように子どもが飲みやすいバナナ味で、子どもから大人まで家族全員で飲むことができます。

また、不足しがちなビタミンやミネラルも豊富で、野菜不足の解消にも効果的です。さらに、保存料や人工甘味料を一切使用していないため安心して続けられます。

こどもバナナ青汁は、家族全員の野菜不足を解消し、ビフィズス菌を増やすことで腸内環境を整えられるおすすめの青汁です。

ビフィズス菌が増やせる青汁で腸内環境を整えよう!!

腸内のビフィズス菌が増えて腸内環境が整うと、免疫力の向上やダイエット、美肌効果など、多くの健康、美容効果が期待できます。

しかし、ビフィズス菌は加齢やストレスが原因で減少してしまうので、ビフィズス菌を食事から摂取したり、食物繊維やオリゴ糖など、ビフィズス菌を増やす栄養素を摂り入れる必要があるのです。

そこでおすすめなのが青汁。食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれている青汁を飲むことで、腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。また、ビフィズス菌が配合された青汁を選べば、その効果をさらに高めてくれます。

ビフィズス菌が増やせる青汁を毎日飲んで、腸内環境を整えましょう!

乳酸菌や酵素を配合した栄養価の高い青汁を紹介!現役栄養士おすすめ第一位はこちら!(←)から商品の比較や口コミ情報、人気の青汁をランキング形式で確認することができます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ