藍の青汁:あいのあおじる(純藍株式会社)口コミ体験レビュー

藍の青汁

藍染めなどに使われているタデ科の植物「藍」を日本で初めて原料に使った青汁が登場しました。ただ、藍を使った青汁といわれても、あまりピンとこない人も多いかと思います。

藍という植物は青汁の原料によく使われているケールや明日葉などの緑黄色野菜と比べて食物繊維が多く、鉄分や亜鉛といったミネラルは2~5倍の量が含まれています。

また、藍に含まれているポリフェノールはコレステロールを気にする人にも効果的な成分として期待がもてます。このほかにも、善玉菌の働きをサポート、腸内環境を整えて便秘に効くオリゴ糖や国産の有機大麦若葉を使っています。

日本初の青汁なんて、なんだかソソられますね。いま商品を頼むと、初回は半額で購入することができるみたいです。どんな味なのかすっごく気になったので、実際に購入してみました♪

藍の青汁(あいのあおじる)クチコミ体験レビュー

aino-aojiru02

藍の青汁は蓼藍(タデアイ)という植物を日本で初めて使った青汁みたいですね。あまり聞いたことのない蓼藍(タデアイ)という植物ですが、調べてみるとポリフェノールや食物繊維などが豊富で栄養価に優れているようです。

なかなか栄養バランスの良さそうな青汁ですが、私は藍という植物を飲んだことも食べたこともないので、どんな味かまったく想像がつきません。不味かったらどうしよう・・・少し不安を抱きつつも、注文して4日後に商品が到着♪

aino-aojiru03

わりと大きな箱で届いたのですが、青汁以外に何かおまけが付いているのかも!ワクワクしながら箱を開けてみると、商品の青汁とシェーカーがおまけで付いていました。

シェーカーが付いているとスプーンで混ぜるよりも簡単にしっかり混ざり合うのでとっても便利なんですよね。このおまけは嬉しいですね♪

aino-aojiru04

シェーカー以外にはパンフレットも付いていたのですが、藍という植物に関する細かな情報が書かれていました。

パンフレットに書かれている情報では、藍という植物は食物繊維が明日葉やケールよりも多く含まれているようです。ケールと比べると約2倍ほど食物繊維が多く含まれていて、便秘解消にも良さそう。

食物繊維って昔は不要な物として扱われていたのですが、最近では食物繊維のもつ様々な効果・効能が注目を集め、たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルの5大栄養素に次ぐ第6の栄養素ともいわれるほど、身体にとって大事な栄養成分なんです。

食物繊維を摂ることで腸内のぜん動運動(腸内での収縮)が活発になり便秘を解消するだけでなく、食事などで摂った糖質や脂質の吸収を穏やかにしてくれます。なので、糖尿病や肥満予防にも食物繊維は効果的。

また、藍には食物繊維だけでなく、鉄分や亜鉛などのミネラルが明日葉やケールと比べて2~5倍以上の量が含まれているようです。鉄分や亜鉛は貧血予防に効果的な栄養素なので、貧血気味の人にもおすすめです。

aino-aojiru05

シェーカーはシンプルな作りながら、飲み口が広めで良いですね。これなら、シェーカーを使った後、洗うのも簡単。実は以前、神仙桑抹茶という青汁を注文したのですが、付属のシェーカーがとても洗いづらくてすぐに使わなくなった経験があります。

なので、シェーカーは洗いやすい物が一番。こちらのシェーカーは洗いやすそうなので合格ですね。

aino-aojiru06

藍の青汁は1箱で30包入っています。メーカー目安によると、「1日1~3袋を目安にお召し上がり下さい」と記載されていました。

また、藍の青汁には国産の蓼藍(タデアイ)以外にも、国内で栽培された有機大麦若葉と乳糖果糖オリゴ糖が含まれています。

乳糖果糖オリゴ糖は善玉菌の働きをサポートしたり、善玉菌を増やす糖質です。乳糖果糖オリゴ糖摂ることで腸内環境が整い、お腹の調子を良くしてくれます。便秘気味の人やお腹をすぐに壊してしまう人にも効果的な青汁。

aino-aojiru07

藍の青汁は1包で3グラムの粉末が入っています。スティックには飲み方の説明、保存方法、住所や電話番号なども記載されていました。

青汁の中にはスティック部分になんの説明も記載されていない不親切な商品もある中、こちらの会社はしっかり記載されています。

aino-aojiru09

スティックには「1袋あたり約50~100mlの水に溶かしてお召し上がりください。」と記載されています。

大体の青汁は1包で100ml以上の水に溶かすのが一般的なのですが、藍の青汁は50~100mlとなっています。100mlだと少し薄く感じるのでしょうか?飲んでみないとわからないので、これから飲んでいこうと思います。

それでは、粉末をグラスに入れてみましょう。グラスに粉末を入れてみるとサラサラとしていて水に溶けやすそう。においもお茶のような香りで飲みやすそうです。

aino-aojiru10

粉末をアップにしてみました。粉末の中に白い粒が含まれているのが確認できますね。これは乳糖果糖オリゴ糖の粒になります。

aino-aojiru11

粉末を少し舐めてみると、オリゴ糖の甘みがした後にほんのりお茶の味がしますね。藍の青汁には、抹茶や緑茶は含まれていないので大麦若葉の味だと思いますが、甘みのあるお茶の粉を舐めているようで美味しいです。

また、藍の青汁に含まれている添加物としては、乳糖果糖オリゴ糖以外にトレハロースという天然甘味料が配合されています。

人工的に作られた甘味料とは違い、トレハロースは海草や藻、きのこ類などに含まれている安全性の高い天然由来の糖質です。

aino-aojiru13

それでは、50mlのお水をグラスに入れていきたいと思います。グラスに水を注ぐだけでは溶けませんが、数回スプーンで混ぜれば完成♪粉末がダマになるような事もなく、しっかり混ざりきりました。

aino-aojiru14

氷を入れてみましたが、綺麗な緑色をしていますね。グリーンティーのような色合いなので見た目も悪くありません。ただ、粉末の時はお茶のような香りだったのですが、水を注ぐと少し野菜の青臭いニオイを感じました。

aino-aojiru15

藍の青汁を実際に飲んでみると、オリゴ糖やトレハロースの甘みはあまり感じませんでした。口に含んだ瞬間に少し甘みを感じますが、お茶を飲んでいるような感覚。

大麦若葉が主原料の青汁なので、お茶のような飲みやすい青汁なのだと思います。ただ、少し口に含んだ時、青のり風味の味が口に広がるような感覚に陥るのは私だけでしょうか?

aino-aojiru08

【藍の青汁(あいのあおじる)を実際に飲んでみて】

タデ科植物の藍(あい)は藍染め等で名前を聞いたことがある人も多いかと思います。しかし、藍に含まれる栄養成分を詳しく知っている人は少ないと思います。

実は藍はスーパー薬膳野菜といわれるほど栄養価が高く、食物繊維やミネラルなどの栄養素はケールや明日葉よりも優れており、ポリフェノールもブルベリー、ビルベリーの4倍多く含まれています。

そんな栄養価に優れた藍(あい)を日本で初めて使った青汁が「藍の青汁」です。日本初の青汁という事でかなり期待が高く、飲む前からハードルが上がっていた藍の青汁。実際に飲んでみてお茶(若干、青のり風味)のような味わいで飲みやすかったです。

また、藍の青汁に配合されている素材も有機大麦若葉や天然甘味料のトレハロース、乳糖果糖オリゴ糖と安全性の高い素材だけを使っているので安心して毎日飲むことができます。

金額も定期コースであれば、初回は通常価格の半額で購入可能。購入してみて気に入らなければ、定期コースをすぐに解約することもできます。なので、実際に一ヶ月間試してみて、効果を確かめてみるのも良いかもしれません。

藍を使った日本初の青汁「藍の青汁」。思ったよりも飲みやすかったので、これからも飲み続けていこうと思います♪

 
-商品詳細-
商品名 藍の青汁(あいのあおじる)
メーカー 純藍株式会社
価 格 1944円
1杯の価格 約64円
送 料 540円
内容量 30包入り(約1ヶ月分)
原材料

大麦若葉粉末、乳糖果糖オリゴ糖、藍抽出物(還元麦芽糖、藍)、トレハロース

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ