赤ちゃんの成長に欠かせない!青汁に含まれる葉酸の特徴と効果

青汁 葉酸

葉酸は、ほうれん草の葉から発見されたことでその名がつけられました。赤ちゃんの成長には、欠かすことのできない栄養素。

厚生労働省では、胎児の先天性の障害を軽減するために、妊娠を計画している女性は食べ物に加え、栄養補助食品などから1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するのが望ましいと発表しています。

葉酸はレバーや緑の食材から多く摂ることができます。野菜をたっぷり搾った青汁にも、葉酸はたっぷり含まれていますよ。ここでは、葉酸の特徴と効果について説明していきたいと思います。

葉酸とは

6-046-赤ちゃんの成長に欠かせない!青汁に含まれる葉酸の特徴と効果01

葉酸は水溶性ビタミンの一種。ビタミンB12と共に赤血球のヘモグロビンを増やします。また、赤ちゃんの身体を形成するための栄養素として非常に重要。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で細胞分裂を繰り返し、成長していきます。葉酸は細胞分裂がしっかり行われるようにするための栄養素。

特に葉酸が必要になる時期はコチラ

「妊娠前・妊娠初期」

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児に先天性の障害が起こりやすくなります。特に、妊娠初期段階は胎児の脳が形成される大事な時期なので、形成に必要な葉酸の摂取が必要。

また、実際に妊娠がわかるのが妊娠して1ヶ月~3ヶ月後です。妊娠がわかるまでの間も胎児はお腹に宿り、成長しています。なので、妊娠を予定している女性は妊娠前から意識して葉酸を摂るようにした方が良いでしょう。

「妊娠後」

葉酸は妊娠前だけでなく、赤ちゃんを産んだ後も大事な栄養素になります。できれば、母乳で我が子を育てたいと願うお母さんも多いでしょう。母乳を通じて赤ちゃんにも栄養が届くので、赤ちゃんの成長のためにも葉酸は欠かせません。

また、葉酸が不足すると巨赤芽球性貧血(悪性貧血)を起こすことがあります。体内で生成できる栄養素ですが、食品からも十分に補っていかなければなりません。

葉酸の効果

葉酸には主に次のような効果があります。

  • 貧血予防…正常な赤血球を増やし、巨赤芽球性貧血を防ぐ
  • 胎児の正常な発育…胎児の神経管閉鎖障害、心疾患を予防する
  • 乳幼児の成長促進…細胞分裂を促し、子どもの体を成長させる
  • 皮膚・粘膜の保護…新陳代謝を促し皮膚・粘膜を丈夫に保つ
  • 動脈硬化予防…血栓を作るホモシステインの生成を抑える

葉酸を補うには

6-046-赤ちゃんの成長に欠かせない!青汁に含まれる葉酸の特徴と効果02

1日の葉酸摂取推奨量は成人男女とも240μgです。

※妊娠中は440μg必要になり、授乳中の人は340μgが必要。

※妊娠を予定している人や、妊娠の可能性がある人は400μgが必要。

葉酸の多い食品(1食分)

  • 鶏レバー(50g)…650μg
  • 枝豆(50g)…130μg
  • ほうれん草(50g)…110μg
  • グリーンアスパラガス…65μg

葉酸は、ともに赤血球を作るビタミンB6やビタミンB12、葉酸の活性を高めるビタミンCと一緒に摂ると相乗効果が高まります。食品による過剰症の心配はありません。

青汁からビタミンB群をまとめて摂りましょう

6-046-赤ちゃんの成長に欠かせない!青汁に含まれる葉酸の特徴と効果03

葉酸は食品に幅広く含まれるため、通常の食生活を送っていればまず不足することはありません。ただし、妊娠初期には通常の2倍の葉酸が必要になるので、普段の食生活だけでは足りない事もあります。

妊娠を予定している人や妊娠中、食生活が不規則な人は食事にプラスして、コップ1杯の青汁を補うのが良いでしょう。青汁を飲めば葉酸と相乗効果のあるビタミン類もまとめて摂れます。妊娠中の人には、特に葉酸とビタミンCが多いケールの青汁がおすすめ。

葉酸は調理すると壊れやすいので、生野菜をしぼって飲むのが一番よいでしょう。ただ、コストと手間を考えると続けにくい方法なので、手軽で経済的な青汁から葉酸を補うのも良いと思います。

産後の栄養補給や授乳中にもおすすめの妊婦向け青汁をランキングで紹介(←)から商品の比較や口コミ情報、人気の青汁をランキング形式で確認することができます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ