本当に青汁は野菜不足を解消できる?生野菜に換算してみると…!

青汁 生野菜

現代の日本人は全ての年代で、野菜が不足しています!あなたは、毎日満足するだけの野菜を食べれていますか?実は、多くの人が日々の野菜不足を感じながら生活しています。そして、様々な方法で野菜不足を解消しようと心がけています。

自分で野菜不足だと感じる人は、補うために青汁を飲みましょう!こちらでは、野菜不足が起こる理由を考えながら、青汁が野菜不足の解消に適している理由についても説明していこうと思います。

1日にどれくらいの野菜が必要?

5-005-本当に青汁は野菜不足を解消できる?生野菜に換算してみると…!01

厚生労働省は「第6次改定日本人の栄養所要量」により、日本人が1日に必要な野菜の量は「緑黄色野菜120g+その他の野菜230g=総量350g」として、健康のために毎日これだけの野菜を食べるよう薦めています。

実際には、どの世代も1日に350gの野菜を食べることはできていません。野菜の平均的な摂取量は「緑黄色野菜でおよそ91g、その他の野菜でおよそ196g 合計286g」となっています。

合計して、1日に70gほど野菜が不足している計算になっています。そして、20代や30代の野菜不足はもっと深刻、20代に関しては毎日120gも野菜が不足しているんです。

その不足を青汁で補う

不足分を補うなら、食べる野菜の量を増やすという方法が基本になりますが、健康志向の高い人ほど青汁や野菜ジュースで積極的に対策を行っていることが分かっています。

それでは、青汁が本当に野菜不足の解消になっているのかどうかについて、考えてみましょう。

市販の青汁1杯分に使われている野菜は、銘柄にもよりますが50~140gほどです。ですから、青汁を2杯飲むと100~280g分の生野菜を食べたことに相当し、野菜不足が解消できる飲み物であることに間違いはありません。

調理の手間もなく、手軽に野菜不足が解消できるので、どんどん活用していきましょう!

野菜不足が起こりやすい原因について考えると

5-005-本当に青汁は野菜不足を解消できる?生野菜に換算してみると…!02

ちなみに、350gの野菜というのは小鉢や小皿5杯分の量に相当します。少し頑張れば食べられそうな量に見えますが、毎日食べ続けるのは難しいでしょう。

また、野菜は旬や天候の影響で価格が大きく変動しやすく、不作によって価格が高騰すれば買いたくても手が出せない状況になります。

そういった事情からも、野菜不足の解消には、経済的にも手頃な青汁でのサポートが適していると考えます。

例えば、野菜100gと青汁コップ1杯分の価格を比較してみると

  • 青汁コップ1杯…50円~120円
  • ほうれん草・なす…100円
  • ピーマン・きゅうり…70円
  • トマト・小松菜…60円
  • レタス…50円
  • にんじん…30円
  • キャベツ…20円

となっており、青汁が野菜と比べても割と求めやすい価格だということが分かります。値段の変動が激しい野菜は、季節や天候の影響でさらに2~3倍に高騰することがあります。

また、買い物にかかる交通費や調理にかかる手間なども含めると、野菜を食べるのってけっこう負担が大きいんですよね。その点、青汁は一年を通して価格が一定しているので経済的。

こんな時に青汁を

5-005-本当に青汁は野菜不足を解消できる?生野菜に換算してみると…!03

とは言え、青汁に頼り切るのではなく、3食の食事から野菜をバランス良く摂ることが大切。青汁はあくまでも、食生活をサポートする飲み物として取り入れるようにしてください。

毎日の健康管理、野菜が高騰していて買い控えたい時、このような時に青汁を上手に活用するのがおすすめ。いつでも好きな時にサッと飲め、賞味期限が長いので長期保存も可能。

野菜不足解消のためにも、青汁を家族みんなで愛飲して下さいね。

味・価格・栄養すべてに優れた栄養士おすすめの人気青汁ランキング(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ