自分のニオイで悩む前に青汁を1杯!青汁で健康的にワキガ対策を!

青汁 ワキガ

ワキガ体質の日本人は全体の約10%で極めて少数派。そのぶん逆に目立ってしまいます。ワキガ対策にもいろいろあるけれど、どれも手間がかかって面倒。それなら身体の中から臭いを抑える青汁はいかがでしょうか?

実は青汁なら手軽にワキガ対策ができるんです。

日本では肩身の狭いワキガの悩み

観光地などで欧米人に近づいたとき、日本人とは異質の体臭に鼻をつまみたくなることがあります。彼らにとってはまったく気にならない自然な臭いですが、日本人には耐えられない体臭。それがワキガの臭いです。

ワキガは一般的にイメージされているような病気ではなく、個人の体質によるもので正確には「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれます。欧米人では約80~90%がワキガ体質なので、彼らにはワキガという意識さえありません。

日本でワキガが問題になるのは、体質的にわずか10%程度しかワキガの人がいないからです。日本人はもともと体臭が弱い民族ですが、最近は臭いに関する意識が一段と高まってきました。その中でワキガや加齢臭などは、臭いのエチケットを破る存在として嫌われてしまうのです。

ワキガは目に見えない臭いの問題なので、よけいに解決が難しいのかもしれません。ワキガの人の存在は、近づいただけでも分かります。いっしょに仕事をしていても、周りの人はその臭いを意識することになり、ワキガの本人も周囲に気をつかって悩むことになります。ここに臭いの問題の難しさがあるんですね。

こんな人は特に注意!ワキガのセルフチェック

ワキガは自分自身では気が付かないと言われます。人間は自分の臭いを不快に感じることが少ないので、ワキガの強い臭いでも普通になってしまうのでしょう。では自分でワキガを自覚する方法はないのでしょうか?

正確なワキガのチェックは医療機関などで、医師による診断を受けないとできません。しかしワキガのセルフチェックにより、ワキガになりやすい体質を項目ごとにチェックして、自分がワキガ体質なのかどうかを推測することができます。

その項目を簡単に紹介しておきましょう。ただしこのチェックの結果で、ワキガかどうかが決まるものではありません。

・両親のどちらか(両方)がワキガ。
・耳あかが湿っている。
・汗かきの体質である。
・脂性で肌がテカりやすい。
・汗を多くかくと、シャツの両脇に黄色いシミがつくことがある。
・毎日仕事が忙しく、生活習慣が不規則になりやすい。
・肉料理や味が濃い料理を好んで、野菜はあまり食べない。
・飲酒、喫煙の習慣がある。
・仕事や家庭のことで常にストレスを感じている。
・緊張したり興奮したりすると、じわっと汗をかいた状態になる。

これら10個の項目の中で、3つ以上当てはまってしまった人は、体質的にワキガの可能性があると言えます。

ちょっと厳しいかもしれませんが、ワキガの原因が体質によって決まってくることから、このセルフチェックにもある程度の根拠があるのです。ではそのワキガの原因とは何なのかを、次に考えてみましょう。

ワキガの臭いの原因は?

ところで、ここまでではまだワキガと青汁との関係はまったく分かりません。本当に青汁を飲むことがワキガ改善に効果的なのかは、ここからワキガの原因を探るにつれて見えてきます。

人間の汗には2つの種類がある

ワキガの臭いそのものは、人間なら誰でもかく汗が変質して出てきます。ただし問題になるのはその汗の種類と質です。

人間の汗は皮膚の浅い部分にある「汗腺(かんせん)」という器官から分泌されます。その汗腺に2つの種類があることはご存知でしょうか?

人間はかなり多く汗をかく生き物で、平均して1日に2リットル程度の汗をかくそうです。もちろん個人差はありますが。そのうちのほとんどは「エクリン汗腺」から分泌されます。

運動した時や暑い時に出てくるサラッとした汗が、このエクリン汗腺からの汗です。エクリン汗腺は全身に散らばっていて、出てきた汗はほとんど無味無臭ですぐに蒸発します。

ワキガの原因になるのは「アポクリン汗腺の汗」

ワキガの臭いを発生するのは、もう1種類の「アポクリン汗腺」から分泌される汗です。

アポクリン汗腺は脇の下や陰部、乳輪や耳の中に多い汗腺で、フェロモンを出す性的な器官のなごりとも言われています。アポクリン汗腺から出る汗は粘り気があり、やや白っぽい色をしているのが特徴です。

アポクリン汗腺から出た汗は、そのままでは周囲が迷惑するほどの臭いにはなりません。しかしアポクリン汗腺の汗が皮膚に住む常在菌(細菌)によって分解されると、強い臭いを発する物質に変化することがあります。

簡単に言うとこれがワキガの臭いが発生するしくみなのです。加齢臭が生まれるしくみとも似ていますね。

ワキガ体質の人はそれ以外の人に比べて、アポクリン汗腺が発達していることが分かっています。この体質は遺伝に影響され、両親のどちらかがワキガの場合、その子供に遺伝する確率は約50%。両親のどちらもワキガの場合は、約80%の割合で遺伝するそうです。

つまりワキガになるかどうかは、遺伝的な体質によって決まっているということ。しかし、問題はそう簡単ではなかったのです。

ワキガが悪化する原因は?

最近では日本人の間でもワキガに悩む人の割合が増えているそうです。中にはワキガではないケースもあるのでしょうが、自分の体臭を気にする人が増えているのは間違いありません。さらにその原因が、食事を含めた生活習慣にあるとしたら実に意外なことです。

食生活がワキガを悪化させる!

日本人の体臭が強くなってきたのは、食事の欧米化に原因があると言われています。今まで穀物や野菜中心の食事をしてきた日本人は、ここ数十年ですっかり肉料理が大好きな国民になってしまいました。ここで思い出してほしいのが、肉食中心の生活をしている欧米人の体臭です。

肉料理や油を多用した料理は、アポクリン汗腺の働きを活発にすることが分かっています。それだけではなく、味つけが濃いコンビニ弁当やインスタント食品、お菓子類やジュースなどを食べ過ぎても、やはりアポクリン汗腺が刺激されて体臭が強くなります。

現代日本人の食生活は、ワキガの人を増やして症状を悪化させているとも言えるのです。

生活習慣の乱れにも要注意

もう一つワキガを悪化させる原因になっているのが、乱れた生活習慣です。毎日忙しくて朝早く夜は遅い生活を続けていると、常にストレスを抱えた状態になります。

このストレスもワキガ悪化の原因。また身体が疲れて睡眠不足が普通になってしまうと、質の悪い汗をかくようになります。この汗もワキガを悪化させてしまいます。

良くない食生活や生活習慣の乱れは、男性女性を問わずホルモンバランスを乱れさせる原因にもなります。ホルモンバランスの乱れはアポクリン汗腺の活動にも影響して、ワキガや体臭を強めることがあるので注意が必要です。

ワキガに対する根本的な改善策は、アポクリン汗腺から出る汗を抑えることと、全身から出る汗を質の良い汗に変えること。では具体的なワキガ対策には、どのような方法があるのでしょうか?

ワキガの対策方法について

ワキガに効果的な対策をするには、大きく3つの方法があります。まずはその3つを挙げてみましょう。

1.脇の下などの患部を常に清潔に保つ。
2.薬やワキガ対策グッズを活用する。
3.手術によって根本から治療する。

ワキガの症状が軽度であれば1か2の方法でも改善できますが、重度の症状になると効果を期待するには3の方法を選ぶことにもなります。ではそれぞれのワキガ対策法を簡単に説明しましょう。

患部を常に清潔に保つ方法

ワキガの臭いを防ぐには、原因になる汗を可能な限り取り除くことが効果的です。

1つには毎日入浴時に徹底的に患部を洗浄することと、日中は汗取りパッドなどで出てきた汗をもらさず吸い取るなどして、とにかく汗を残さないことです。症状によっては仕事中も、休憩時間を使って汗のケアをする必要があります。

患部を洗う場合にはワキガ対策石けん、日中の汗のケアには汗取りパッドや汗取り下着などがかなり充実しています。しかし、これらを使っても1日中汗のケアを続けることは、相当にむずかしいでしょう。気にし過ぎると逆にストレスが溜まってしまうかもしれません。

また意外に見落としがちなのが臭いが付いた衣服です。ワキガの臭いは通常の洗濯では落ちないと言われています。

薬やワキガ対策グッズを活用する方法

ワキガの消臭に効果的だと言われているものには、ミョウバン・柿渋タンニン・緑茶カテキン・シャンピニオンエキスなどのいろいろな成分があります。こうした成分を配合した薬や、さまざまなワキガ対策グッズとしては、石けんや消臭クリーム、消臭スプレーなどが良く知られています。

しかしワキガ対策グッズは消臭が目的で、ワキガの原因そのものを取り除く効果はありません。どうしても効果は一時的で限定的になってしまいます。汗を抑える制汗スプレーもありますが、実際には汗を抑える効果はそれほど期待できません。

手術によって根本から治療する方法

ワキガの症状が重くて、確実に効果のある対策が必要な場合は、手術によってワキガの原因になるアポクリン汗腺を除去するという方法があります。ワキガ手術にもさまざまな方法がありますが、ここでは代表的な2つの方法を紹介しておきましょう。

まず軽度~中度の症状の場合には、「皮下組織吸引法」が良く行われます。美容整形で有名な脂肪吸引をイメージすると分かりやすいでしょう。この手術では脇の下を小さく切開して、そこから細い管を使って組織ごとアポクリン汗腺を吸引します。

手術自体は30分程度で済みますが、それから1週間は両わきを固定して生活しなければなりません。

重度の症状の場合には、「剪除法(せんじょほう)」といって直接目で見ながらアポクリン汗腺を取り除く手術も行われます。この手術も脇の下を軽く切開して、その部分の皮膚を裏返してから医師がアポクリン汗腺を除去します。

手術時間は約1~2時間かかり、術後1~2週間は両わきを固定して生活する必要があります。手術によるワキガ対策のデメリットは、何よりも身体を傷つけるということでしょう。

手術後の生活に制約を受けることにもなり、場合によっては小さな傷が残ることもあります。また担当する医師の技術により効果に差が出ることもあるほか、再発の可能性も少なくないそうです。

こうして見てくると、身体の外側からのワキガ対策にはどうしても限界があるように思えます。そこで注目したいのが食事法の改善によって、臭いのもとになる汗の質を変えること。

ここでワキガ対策と青汁の効果がつながってきましたね。

青汁のワキガ改善効果とは?

青汁には原料の違いからさまざまな種類がありますが、効果的にワキガ対策をするためにはどのような青汁を選べば良いのでしょうか?その答えとなるのが、現在注目を集めている消臭成分の「クロロフィル」です。

注目!青汁に含まれる「クロロフィル」

クロロフィルとは植物特有の成分、「葉緑素」のことです。近年の研究でこのクロロフィルに優れた消臭・殺菌効果があることが分かり、今では口臭や体臭予防の商品に広く使われています。

クロロフィルの消臭効果は、クロロフィルが持つ腸内環境の改善作用に大きく関わっています。肉類や油の多い料理を食べていると、腸内環境が悪化して臭いのもとになるガスがたくさん作り出されます。

こうしたガスは腸の動きが悪くなっているため、正常に体外に排出されずに腐敗しながら血液中を巡って、汗などに混じって身体の外に出てきます。これでは体臭が強くなるわけですね。

クロロフィルにより腸の働きが活発になれば、悪臭のもとになるガスの発生そのものが抑えられます。さらに腸内環境が改善されることで新陳代謝が促進されるので、体内の老廃物が速やかに身体の外へ排出されるようになります。つまり臭いの原因になる物質が、身体の中からきれいに無くなるわけです。

お茶でおなじみ「カテキン」の消臭効果

カテキンは緑茶などに含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用や抗菌作用があるため、生活習慣病の予防に効果的だとされています。そしてこのカテキンには、体臭を抑える働きもあるのです。

カテキンの消臭作用の特徴は、臭いの上から別な香りでカバーするのではなく、臭いのもとになる物質そのものを吸着して分解してしまうところにあります。カテキンを摂取すると、体内から外に出て行く臭いのもとを捕まえて、除去してくれるんですね。

また強い抗菌作用によって、腸内で臭いのもとになる雑菌の繁殖を抑えてくれます。腸内にある老廃物や雑菌が出すガスは、ワキガの臭いや体臭を強める原因でもあるので、カテキンの消臭作用はかなり効果が高いと言えるのです。

食物繊維でお腹の中から消臭

ワキガや体臭の原因には、腸内環境の悪化も関係しています。青汁には腸内環境を整えてくれる食物繊維が、一般的な野菜類と比べてもずっと豊富に含まれています。なぜ食物繊維が腸に良いかといえば、腸内に住む善玉菌を活性化するからです。

腸の働きを正常に保つには、腸内に常住する善玉菌と悪玉菌のバランスが重要。食生活が乱れた状態では、ほとんどの場合悪玉菌が増えすぎており、臭いのもとになるガスなどを作り出してしまいます。

そこで食物繊維を摂ることで善玉菌を増やし、腸内の細菌バランスを整えれば臭いのもとを断つことができます。しかも食物繊維は腸内の老廃物を吸着して、身体の外に排出までしてくれるのです。この働きはダイエットにも効果的なんですね。

とくにワキガ対策に効果的な青汁は?より効果的な飲み方はあるの?

ワキガや体臭を抑えるには、「クロロフィル」「カテキン」「食物繊維」が効果的ということで、最後にこうした成分が含まれる青汁の上手な選び方と飲み方を確認しておきましょう。

消臭効果の高い青汁の選び方

クロロフィルが多く含まれている青汁の原料に明日葉があります。明日葉は非常に生命力の強い植物で、さまざまな栄養素がたっぷりと詰まった野菜です。他にも桑の葉やクロレラ、クマザサにも多くのクロロフィルが含まれています。

カテキンが豊富な青汁は、原料に緑茶や玉露が使われているものです。他にも直接カテキンそのものを成分にプラスしている商品があるので、成分表などで確認してみましょう。

食物繊維が特に多く含まれている青汁は、大麦若葉や桑の葉、クマザサなどが原料に使われている商品です。食物繊維ではありませんが、成分に「難消化性デキストリン」がプラスされたものも、食物繊維と同様の整腸作用があります。

ワキガ対策に青汁を続けるのであれば、クロロフィルの豊富な明日葉・桑の葉・クロレラが原料に使われている商品を選ぶと良いでしょう。

しかしケールと大麦若葉も含めて、青汁の基本的な原料は元気な植物ですから、クロロフィルや食物繊維は充分に含まれています。品質の良い青汁であれば、それほど原料にはこだわらなくて良いのかもしれません。

食生活の改善がワキガ対策のカギ

日本人に昔から体臭が強い人が少なかったのは、体質的にワキガになりやすい人はいたとしても、食生活や生活習慣からワキガが発症しづらかったと考えられます。ですから食生活を昔に戻せば、体臭の悩みはすっきりと解決するはず。

しかし仕事で忙しい中で、野菜をたくさん食べるのはかなり難しいのです。スーパーで手に入るお惣菜は、かなりの割合で肉料理がメイン。生の野菜から自分でおかずを作ることは、時間がとても許してはくれません。そこで登場するのが青汁です。

青汁を上手に活用して食生活改善

青汁に含まれる成分は基本的に、日本人が昔から食べてきた緑黄色野菜と同じです。しかも青汁なら有効な成分だけが濃縮されているため、手軽に効率的に必要な栄養素を身体に摂り込めるのです。

また近年の研究によれば、最近の野菜類には昔ほどの栄養素が含まれていないということが分かっています。化学肥料や栽培方法の変化によって、野菜そのものが栄養不足になりつつあるのです。

しかし青汁の原料になる植物は、栄養素を高めた状態のまま特別に栽培されているので、野菜を食べるよりもずっとワキガに効果的です。

青汁を効果的に食事に利用すると、日本人にとって必要な栄養素がたっぷり摂れて、体内から健康的になるのが分かるでしょう。ストレスから解放されて、ホルモンバランスも適度に調整されるので、ワキガや体臭の悩みも徐々に解消されるはずです。

青汁効果を高めるなら食事の前に!

クロロフィルは調理する時熱に弱いという特徴があるので、熱を通さずに青汁で飲むという方法は効果の点でもおすすめです。また青汁の原料になっている植物は全般に食物繊維が豊富で、やはり腸内環境を整える効果が期待できます。

食物繊維は食事の前に摂取しておくと、腸内でよぶんな糖類や油脂類の吸収を抑えてくれます。しかもそのまま体内の老廃物なども吸着して、身体の外へと排出までしてくれます。

青汁は体臭を抑えながら、身体そのものも健康にしてくれるんですね。青汁の効果を最大限に活かすなら、毎回食事の前に飲むことをおすすめします。

ワキガ対策のために、青汁を飲みましょう!(まとめ)

青汁のワキガ対策が他の方法と違うのは、身体の中から健康的に臭いのもとを抑えるということ。確かに即効性は低いかもしれませんが、臭いの原因そのものを減らせるので高い効果が期待できます。

ワキガ対策で青汁を選ぶ時には、消臭効果が高いクロロフィルを多く含んだタイプがおすすめ。毎日の食事の前に青汁を飲むことで、健康的なワキガ対策を続けてみましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ