体調を整える13の栄養素!青汁に含まれるビタミン類の特徴と効果

青汁 ビタミン類

ビタミンという名前はドイツ語のビタ(生命)+アミン(有機物)から来ています。つまり「生命のもとになる栄養素」という意味なんですね。

まさに生きていく上で欠かせないビタミン類の種類と特徴をチェックしていきましょう。

ビタミン類とは

6-039-体調を整える13の栄養素!青汁に含まれるビタミン類の特徴と効果01

ビタミン類は私達の体に必要な「5大栄養素」のひとつです。エネルギー源として最も重要な炭水化物、脂質、たんぱく質のはたらきをサポートしています。体内に含まれる量はごくわずかですが、生きていくために欠かせない存在。

化学的に大きく分けて水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンの2種類があり、ヒトの体に必要なビタミンは全部で13種類。それぞれが異なるはたらきをしています。また、他の栄養素と助け合い、はたらきを高める性質もあります。

ビタミンの種類

各ビタミンには次のような特徴があります。

水溶性ビタミン

  • ビタミンB1…炭水化物の代謝を助けエネルギーを作る

  • ビタミンB2…脂質の代謝を助ける 新陳代謝を高める

  • ビタミンB6…たんぱく質の代謝や神経の伝達に関わる

  • ビタミンB12…赤血球を作り貧血を防ぐ

  • ナイアシン(ビタミンB3)…皮膚、粘膜、脳神経の機能を正常に保つ

  • パントテン酸(ビタミンB5)…酵素のはたらきを助け、細胞を正常に保つ

  • ビオチン(ビタミンB7)…すこやかな皮膚・髪の毛を作る

  • 葉酸(ビタミンB9)…細胞や赤血球を作る

  • ビタミンC…コラーゲンを生成する。免疫力を高める

脂溶性ビタミン

  • ビタミンA…皮膚や粘膜を丈夫に保つ。細胞の酸化を防ぐ

  • ビタミンD…カルシウムの吸収を助け、骨や歯を強くする

  • ビタミンE…細胞の酸化を防ぐ 血行を改善する

  • ビタミンK…出血を止める

ビタミン類を補うには

各ビタミンは次の食品に多く含まれています。

  • ビタミンA…レバー、緑黄色野菜
  • ビタミンB群…レバー、肉、豆類、緑黄色野菜など
  • ビタミンD…魚、きのこ
  • ビタミンE…植物油、ナッツ類、緑黄色野菜
  • ビタミンK…納豆、緑黄色野菜

まとめてビタミン類が摂れる青汁

6-039-体調を整える13の栄養素!青汁に含まれるビタミン類の特徴と効果02

各ビタミンが多く含まれている食品を見てみると、ほとんどのビタミンは緑黄色野菜に含まれていることが分かりますね。緑黄色野菜を十分に食べていれば、ビタミン不足を回避することができるでしょう。

ただし、日本人の全年代で1日の緑黄色野菜摂取量は不足しています。野菜が足りないと感じる人や野菜嫌いな人は、手軽に野菜を補うことのできる青汁を飲んで、野菜不足を解消しましょう!

1日の目安であるコップ2杯分の青汁には、100~280gの野菜量に相当。また、ビタミン類もバランス良く補うことができます。

もちろん青汁以外にも、サプリメントを利用する方法もありますよね。しかし、サプリの場合、栄養成分の摂り過ぎで過剰症が起こりやすく、注意が必要。

野菜の風味が楽しめて安全な青汁のほうが、身体に良いことは言うまでもありませんね。

2016年度もっとも売れている青汁を紹介しちゃいます♪(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ