生活習慣病を改善し予防!青汁に含まれるビタミンEの特徴と効果

青汁 ビタミンE

老化や病気は活性酸素が細胞を酸化させる事で起こります。これを防いでくれるのが、ビタミンE。活性酸素の働きを抑えて、酸化をストップ!さらに、ビタミンEは血液をサラサラにする作用があり、動脈硬化の予防や改善にも効果的!

また、ビタミンEは「若返りのビタミン」として、最近人気の高い栄養成分。特に、忙しい人や女性はしっかり摂りたい栄養素といえるでしょう。こちらでは、ビタミンEの特徴と効果について説明していきます。

ビタミンEとは

6-031-生活習慣病を改善し予防!青汁に含まれるビタミンEの特徴と効果01

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種。ビタミンEは8つの物質で構成され(αトコフェロールなど8種類)その総称。体内では細胞膜に存在して組織を維持し、特に抗酸化作用の高いビタミンとしてよく知られています。

不足すると細胞の酸化を抑えることができなくなり、老化や病気が起こりやすくなってしまいます。

ビタミンEの効果

ビタミンEには主に次のような効果があります。

  • 生活習慣病の予防…活性酸素を除去し、コレステロール値が増えるのを防ぐ
  • アンチエイジング…細胞のサビつきを抑え、体の若々しさを保つ
  • 血行促進…毛細血管を拡げる作用があり、体のすみずみまで血液をめぐらせる
  • 不妊予防…ホルモンバランスを整える作用がある
  • ガン予防…細胞の酸化を抑え、細胞のガン化を防ぐ
  • 美肌効果…新陳代謝を高めたり紫外線から肌を守る効果がある

ビタミンEを補うには

6-031-生活習慣病を改善し予防!青汁に含まれるビタミンEの特徴と効果02

1日のビタミンE(αトコフェロール)摂取推奨量は

  • 成人男性7.0mg
  • 成人女性6.5mg

ビタミンEの多い食品(1食分)

  • サフラワー油(大さじ1)…3.5mg
  • 焼たらこ(40g)…3.2mg
  • アーモンド(10粒)…2.9mg
  • 西洋かぼちゃ(60g)…2.8mg
  • 抹茶(5g)…1.4mg

ビタミンEを含んだ食材は、油で炒めて摂ると吸収率が高まります。また、抗酸化作用を持つビタミンA・Cと一緒に摂ることで、相乗効果が高まります。これらの栄養素がまとめて摂れる、緑黄色野菜を食べるのがおすすめ。

青汁からビタミンA・C・Eをまとめて摂りましょう

6-031-生活習慣病を改善し予防!青汁に含まれるビタミンEの特徴と効果03

ビタミンEは20~40代でやや不足しがちな傾向にあります。この不足を補うのにぴったりなのが青汁。青汁1日分で1mg前後のビタミンEを補うことができるのです。また、緑黄色野菜から作られているため、ビタミンA・Cも豊富。

現在、ビタミンEのサプリメントを飲んでいる人は青汁に切り替えてみてはいかがでしょう?なぜなら、サプリの合成ビタミンEよりも、食品の天然型ビタミンEのほうが高い作用を持つからです。

忙しい現代人の細胞はサビつきやすくなっています。青汁を食生活に取り入れ健康を守りましょう。

現役栄養士も認めるおすすめ青汁を紹介!ランキング1位はコレ!(←)のランキングから商品の比較情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ