免疫力を高め病気を予防!青汁に含まれるビタミンDの特徴と効果

青汁 ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの働きをサポートしているビタミン。不足する事で体内のカルシウムがうまく作られなくなります。なので、しっかり摂っておかなければ骨粗しょう症の原因にもなってしまう栄養素。

ビタミンDは太陽に15分以上当たることで、体内で生成されていきます。紫外線を避け過ぎるのも骨が弱くなってしまう原因になるので、注意しましょう。

日光浴以外でビタミンDを補うのであれば、食事から。ビタミンDが豊富な食品は主に魚やきのこ類。

適度な日光浴、魚などを中心とした食生活を心がけたいですね。それでは、ビタミンDの特徴と効果について見ていきましょう。

ビタミンDとは

6-30-免疫力を高め病気を予防!青汁に含まれるビタミンDの特徴と効果01

ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種。体内のミネラルバランスの調整やカルシウムの吸収を行うために欠かせない栄養素。紫外線を浴びることで皮膚からビタミンDを生成することができます。

ただし、ビタミンDが不足するとカルシウムが吸収されず、骨や歯が弱くなってしまうので食品からもビタミンDを取り込んでおくのが良いでしょう。

ビタミンDの効果

ビタミンDには主に次のような効果があります。

  • 骨・歯の強化…カルシウムの吸収率を高め、骨・歯の形成を促す
  • 免疫力向上…免疫細胞にはたらきかけ免疫機能を調整する
  • ガン予防…直腸ガン・皮膚ガンに対して抗ガン作用があると言われている
  • 季節性気分障害の改善…日照不足による冬の抑うつ症状を緩和する

ビタミンDを補うには

6-30-免疫力を高め病気を予防!青汁に含まれるビタミンDの特徴と効果02

1日のビタミンD推奨摂取量は成人の男女で5.5μgです。

ビタミンDの多い食品(1食分)

  • 鮭(一切れ)…33μg
  • しらす干し(10g)…6μg
  • 乾燥きくらげ(1g)…4μg
  • 卵黄(1個)…3μg
  • 干し椎茸(4g)…0.7μg

ビタミンDは魚ときのこ以外には、ほとんど含まれていません。魚を食べない人、日光をあまり浴びない人は不足しやすいので注意してください。

また、ビタミンDは、カルシウム・マグネシウムと一緒に摂るのがおすすめ。骨や歯を強くする効果がより一層高まります。

ビタミンDと一緒に摂りたい青汁の栄養素

6-30-免疫力を高め病気を予防!青汁に含まれるビタミンDの特徴と効果03

ビタミンDとカルシウム・マグネシウムは一緒に摂ることで相乗効果が期待できますが、同時に摂るのは、なかなか難しいかもしれませんね。なので、ビタミンDの効果を高めるために、毎日の青汁がおすすめ!

実は青汁には、カルシウムとマグネシウムが豊富に含まれています。特にカルシウムは非常に不足しやすい栄養素。現在の食生活でカルシウムを摂るのが難しいなら、青汁で手軽に補っていきましょう。

ビタミンDやカルシウムはサプリメントの中でもとても人気があります。ただし、これらは大量摂取による過剰症が起こりやすい栄養素。食品から天然成分を摂るようにしたいですよね。

もちろん青汁は、毎日飲んでも過剰症の心配がないので安心。日光浴を欠かさず、青汁を飲んで、丈夫な体を作りましょう。

通販で人気の青汁をランキングで紹介!最もおすすめの青汁とは!?(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ