風邪予防・美肌に効果的!青汁に含まれるビタミンCの特徴と効果

青汁 ビタミンC

体に必要な栄養成分の中でも特に重要なのがビタミンCですね。ビタミンCといえば、肌によいビタミンとして知っている人も多いんじゃないでしょうか。日頃から意識して積極的に補うようにしたい栄養素。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。野菜をたっぷり搾った青汁にもたくさん含まれていますよ!ここでは、ビタミンCの特徴と効果について説明、ビタミンCの多い青汁についても紹介していきます!

ビタミンCとは

6-037-風邪予防・美肌に効果的!青汁に含まれるビタミンCの特徴と効果01

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種。活性酸素を除去したり、免疫力を高めることによって、さまざまな病気にかかるのを防ぎます。そして、コラーゲンの生成にも欠かせない栄養素ですね。

ビタミンCが体内で不足すると、病気にかかりやすくなるほか、コラーゲン組織がもろくなることで皮膚や血管にトラブルが起こりやすくなります。また、ヒトの体では生成できないので、食品から摂っていかなければなりません。

ビタミンCの効果

ビタミンCには主に次のような効果があります。

  • 風邪・インフルエンザ予防…免疫力を高めてウイルス感染を防ぐ
  • 生活習慣病の予防…血管を丈夫にして動脈硬化、脳卒中、心疾患を防ぐ
  • 貧血予防…鉄分の吸収を促し、鉄欠乏性貧血を防ぐ
  • ストレス緩和…ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの合成を促す
  • 肌のハリを保つ効果…コラーゲンの生成を促し肌のハリを保つ
  • 美白効果…メラニン色素の沈着を防ぎ、シミやそばかすを防ぐ

ビタミンCを補うには

6-037-風邪予防・美肌に効果的!青汁に含まれるビタミンCの特徴と効果02

1日のビタミンC摂取推奨量は成人男女とも100mgです。

  • ビタミンCの多い食品(1食分)
  • パプリカ(60g)…100mg
  • キウイフルーツ(1個)…55mg
  • いちご(5個)…43mg
  • レモン全果(1/2個)…40mg

加熱や酸化によって大幅に減ってしまう栄養素。また、喫煙や飲酒、ストレス、運動をすることでもビタミンCは消費されます。特に、タバコを吸う人は要注意!

タバコに含まれるニコチンを体外に排出する際、大量のビタミンCを消費するからです。タバコ1本分のニコチンを体外に排出するために、25㎎以上のビタミンCを消費します。

タバコは控えるのが一番ですが、やめれない場合は野菜や果物を意識して摂るようにしましょう。新鮮な生の状態で食べるとビタミンCが効率良く補えます。

青汁にもビタミンCがたっぷり

6-037-風邪予防・美肌に効果的!青汁に含まれるビタミンCの特徴と効果03

ビタミンCは、生野菜や果物をしっかり食べてこまめに摂るの一番ですが、難しい人は食事に青汁をプラスして補うようにしましょう。

青汁の原材料でおなじみのケール、ゴーヤはビタミンCが豊富。ケールの青汁ならコップ1杯で1日分のビタミンCを摂ることもできます。

サプリメントで補うビタミンCも人気は高いのですが、大量摂取で過剰症が起こることも。副作用のない青汁から天然のビタミンCを摂るのが安心ですよ。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ