肌トラブルが解消!青汁に含まれるビタミンB6の特徴と効果

青汁 ビタミンB6

肌荒れはビタミンB6が不足している証拠。ビタミンの中でも、特に皮膚の健康に関係していると言われるのがビタミンB6。肌トラブルが気になる人は積極的に摂った方が良い栄養素ですね。また、たんぱく質の代謝にも不可欠な栄養素。

青汁からもビタミンB6が補えるだけでなく、青汁ならビタミン類をひとまとめに補えます。ここではビタミンB6の特徴と効果について説明していきます。

ビタミンB6とは

6-035-肌トラブルが解消!青汁に含まれるビタミンB6の特徴と効果01

ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種。たんぱく質からエネルギーを産生する時に欠かせない栄養素。皮膚、粘膜、神経、ホルモンを正常に保つ機能もあります。

腸内細菌から生成されますが、不足すれば肌荒れ、口内炎、下痢、うつなどの欠乏症状が起こりやすくなるので、食品からもある程度補っていかなければなりません。

ビタミンB6の効果

ビタミンB6には主に次のような効果があります。

  • 成長を促進させる効果…たんぱく質の合成を促し、細胞を成長させる
  • 月経前症候群の予防…月経前に崩れがちなホルモンバランスを整えていく
  • 脂肪肝予防…脂質の代謝を助け、脂肪が肝臓に蓄積するのを防ぐ
  • 動脈硬化予防…動脈硬化の原因となるホモシステインを抑える
  • 精神の安定…神経の情報伝達を促し機能を正常に保つ
  • 皮膚の炎症予防…皮膚や粘膜をすこやかに保ち、肌荒れや湿疹を防ぐ

ビタミンB6を補うには

6-035-肌トラブルが解消!青汁に含まれるビタミンB6の特徴と効果02

1日のビタミンB6摂取推奨量は

  • 成人男性1.4mg
  • 成人女性1.1mg

ビタミンB6の多い食品(1食分)

  • まぐろ(70g)…0.66mg
  • 鶏ささみ(100g)…0.6mg
  • 牛レバー(50g)…0.45mg
  • バナナ(1本)…0.38mg

ビタミンB6が不足するとナイアシンも欠乏するので注意してください。またビタミンB2と一緒に摂ると皮膚をすこやかに保つ効果がより高まります。

青汁でビタミンB6が補うのがおすすめ

6-035-肌トラブルが解消!青汁に含まれるビタミンB6の特徴と効果03

普段の食生活を送っていれば、それほど不足を心配しなくて良い栄養素。ただし、妊娠中の女性や飲酒する人は積極的に摂るようにしてください。

ビタミンB6を補うなら、青汁を選ぶのも良いでしょう。1杯分で0.1~1.0mgほどのビタミンB6を摂ることができます。また、青汁には、併せて摂りたいビタミンB2も豊富に含まれます。ビタミンB2、B6の多さで選ぶなら明日葉の青汁はおすすめ。

ビタミンB6はサプリメントでの服用に関して、大量摂取に過剰症が報告されています。その点、青汁ならその心配はありません。安心して毎日続けることができますよ。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ