貧血予防・腰痛緩和!青汁に含まれるビタミンB12の特徴と効果

青汁 ビタミンB12

貧血の主な原因は鉄分不足。これは多くの人が知っていることですよね。ただ、鉄分をしっかり摂っているのに貧血気味の場合、ビタミンB12が不足しているかもしれません。

疲れやすさ、動悸といった貧血の症状を感じる人は、鉄分だけでなくビタミンB12もしっかり補う事が大事。ここでは、ビタミンB12の特徴と効果について説明していきます。

ビタミンB12とは

6-036-貧血予防・腰痛緩和!青汁に含まれるビタミンB12の特徴と効果01

ビタミンB12は水溶性ビタミンの一種。新しい細胞を作ったり、神経の情報を伝達する時に使われる栄養素。また、葉酸と一緒に赤血球のヘモグロビンを増やす役割があり、血液を作るビタミンとしてもよく知られています。

欠乏すると正常な赤血球が作られなくなり、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)に陥いることもあります。体内で生成できる栄養素ですが、食品からも十分に補っていかなければなりません。

ビタミンB12の効果

ビタミンB12には主に次のような効果があります。

  • 貧血予防…正常な赤血球を増やし、巨赤芽球性貧血を防ぐ
  • 腰痛や神経痛の緩和…末梢神経の傷を修復し、痛みをやわらげる
  • 口内炎予防…新陳代謝を促し粘膜の傷を速やかに修復する
  • 不眠症予防…睡眠を促す成分メラトニンを分泌させ、寝付きつきを良くする

ビタミンB12を補うには

6-036-貧血予防・腰痛緩和!青汁に含まれるビタミンB12の特徴と効果02

1日のビタミンB12摂取推奨量は成人男女とも2.4μgです。

  • ビタミンB12の多い食品(1食分)
  • 牛レバー(50g)…26.4μg
  • しじみ(20g)…12.5μg
  • 味付け海苔(3g)…1.8μg
  • 卵黄(1個)…0.9μg

ビタミンB12はビタミンB6、葉酸と共に赤血球を作ります。これらの栄養素をバランス良く摂るためには、野菜も食べるようにすると良いでしょう。

青汁からビタミンB群をまとめて摂りましょう

6-036-貧血予防・腰痛緩和!青汁に含まれるビタミンB12の特徴と効果03

ビタミンB12は動物性食品に幅広く含まれるため、通常の食生活を送っていればまず不足することはありません。ただし、高齢者や偏食のある人は不足しやすいので注意してください。

またビタミンB12が十分に摂れていても、他のビタミンBが不足すれば、その作用は発揮できません。青汁のようにビタミンB群がまとめて補える食品を意識して摂るようにしましょう。

青汁の中では、大麦若葉、明日葉を使ったものが特におすすめ。ビタミンB12、ビタミンB6、葉酸のバランスが良くなっています。

ちなみに「悪性貧血」と言っても深刻な病気ではありません。ビタミンB12を補えばすぐに改善するので安心してください。青汁を飲んで、貧血の改善に役立てましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ