疲れ目は危険なサイン!青汁で疲れ目を癒そう!

青汁 疲れ目

仕事でパソコンの画面を長時間見続けている。プライベートではスマホをいじりっぱなし。

こんな人が増えていますが、1日中、目を酷使し続けていると当然「疲れ目」「眼精疲労」になってしまいます。疲れ目は放置していると体調不良を起こすことがあるので、はやめに改善したいですね。

そこで、飲むサプリメントの青汁がおすすめ。青汁に含まれる栄養素は疲れ目の予防や改善に効果的な成分が含まれています。

こちらでは、疲れ目に効果的な栄養素の説明や効果的な飲み方を説明しますので、参考にしてみてください。

なぜ疲れ目になるの?

3-032-疲れ目は危険なサイン!青汁で疲れ目を癒そう!01

目を使い過ぎると、目の周りの筋肉は血行が悪くなり、ガチガチに緊張して疲れを引き起こします。

目の中にある筋肉はピントを合わせる時に使われる「毛様体筋」、目の周りにある筋肉は「外眼筋」といいます。

これらの筋肉は疲れていても無理にものを見ようとするので目に負荷がかかり、辛さを感じるようになってしまいます。

近くを凝視し続けたり、休憩しないで細かい作業を続けることが良くありません。パソコン、携帯、ゲーム、勉強、読書、テレビなどが原因で、多くの人が疲れ目の症状に悩んでいるようです。

疲れ目が引き起こす症状

目が疲れると目のピントが一定の位置でこり固まってしまいます。そのため、近くや遠くにピントを合わせることができなくなり、目のかすみ・ぼやけが起こるようになります。

さらに、疲れ目を放置すると「眼精疲労」になってしまいます。眼精疲労は慢性的で深刻な症状の疲れ目のことです。自律神経のバランスまで崩すので、目だけでなく全身にもさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

主な眼精疲労の症状として

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 視力低下
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 不眠
  • イライラや抑うつ

このようなトラブルが起こるようになります。そして、ひどくなると生活に支障をきたす場合もあるため、目の疲れを感じた時点で、目の休憩をとるようにしましょう。

疲れ目の予防・改善をするには

3-032-疲れ目は危険なサイン!青汁で疲れ目を癒そう!02

疲れ目を予防するには、まず「目を使い過ぎない」ということ。ただし、デスクワークなどで、どうしても目を使う作業が長くなる場合には、途中でこまめに休憩を取ると良いでしょう。

目の周りを温めたり、ストレッチをして筋肉のコリをほぐすのも効果的。そして、食生活では体の内側から目の機能をサポートしていきましょう。

疲れ目の予防・改善に効果のある栄養素を意識して補うと効果的です。

疲れ目の人が摂りたい栄養素

  • ビタミンA…目の健康を維持する栄養素。うなぎ、緑黄色野菜(カロチン)に含まれる。
  • ビタミンB1…視神経のはたらきを助ける栄養素。豚肉、玄米に含まれる。
  • ビタミンB2…目の疲れを回復させる栄養素。レバー、納豆、卵黄に含まれる。
  • ビタミンB12…B1と同様に視神経のはたらきを助ける栄養素。レバー、貝類に含まれる。
  • ルティン…カロテン(ビタミンA)に含まれる色素。目の健康を維持する。

青汁で疲れ目を癒そう

3-032-疲れ目は危険なサイン!青汁で疲れ目を癒そう!03

目の健康に良いと言えば、ブルーベリーに含まれる紫色のアントシアニンがおなじみですが、緑色の青汁も負けていません。

じつは、疲れ目対策に効果的な栄養素を多く含んでいるんです。青汁に含まれているビタミンAは不足すると夕方の疲れ目が起こりやすくなります。

青汁はカロチンの形でビタミンAが豊富に含まれているので、パソコンを使うお仕事の方はお昼や休憩時間に青汁を飲むと夕方も目がスッキリしますよ。

また、疲れ目を癒す栄養素の多さで青汁を選ぶと、効果が一層期待できます。

  • クロレラ…コップ1杯で1日に必要なルティンを摂ることができる
  • ケール…青汁の中でもルティンとビタミンB群の量が多い
  • 明日葉…青汁の中でもカロテンとビタミンB2の量が多い

目を使うほど、ビタミンやルティンがどんどん消耗されていきます。目をよく使う人はたまに飲むのではなく、毎日コップ1~2杯の青汁を飲むようにすると目の調子が良いと感じられるはずです。

1杯で驚きの栄養価!野菜がたっぷり入った大人気青汁を紹介(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ