脳にとっての唯一の栄養源!青汁に含まれる糖質の特徴と効果

青汁 糖質

私たちが日頃食べている食事で、もっとも多く含まれているのが糖質。身体を動かしたり、物事を考えたりするのにはエネルギーが必要になります。糖質は1日の消費エネルギー約60%を作りだす栄養素。

ちなみに、母乳には糖質が含まれており、糖質は人間が初めて口にする栄養成分なんですよ。また、脳ではたらく唯一の栄養素が糖質。

人間の体において、もっとも重要な栄養成分の一つである「糖質」。ただし、糖質も摂り過ぎてしまうと、脂肪に代わる成分なので、摂り過ぎには注意。

特に、ご飯やパン、甘い物が大好きな人は摂り過ぎになりやすいので注意してください。ここでは、糖質の特徴と効果について説明していきます。

糖質とは

6-050-脳にとっての唯一の栄養源!青汁に含まれる糖質の特徴と効果01

糖質は炭水化物を構成する成分。糖質は消化・吸収されてブドウ糖に分解された後、速やかに脳や筋肉を動かすためのエネルギー源として使われていきます。

糖質というのは、不足しても摂り過ぎても良くありません。不足すれば、エネルギー不足で疲れやすくなってしまい、摂り過ぎると余った糖質が体脂肪に変わり、肥満を引き起こしてしまいます。

糖質の効果

糖質には主に次のような効果があります。

  • エネルギー補給…運動や頭脳労働に必要なエネルギーを速やかに供給する
  • 疲労回復…運動に必要な筋グリコーゲンを作り、筋肉疲労を回復させる
  • 体温の維持…熱を生み出し体温を上げる

糖質を補うには

6-050-脳にとっての唯一の栄養源!青汁に含まれる糖質の特徴と効果02

1日に必要な摂取カロリーの60%にあたる糖質を摂るのが良いとされており、成人男性では300~400g、成人女性では200~300gくらいが目安です。

糖質を含む食品の一例(1食分)

  • ご飯(1膳)…52g
  • 5枚切り食パン(1枚)…35g
  • さつまいも(120g)…43g
  • 上白糖(大さじ1)…9g
  • しょう油ラーメン(1杯)…68g
  • ドーナツ(1個)…32g
  • ビール(1缶)…10g

また、糖質をエネルギーに変えるためにはビタミンB1が必要です。糖質をたくさん摂る人ほど、ビタミンB1も意識して摂るようにしてください。

糖質制限したい人にも青汁はおすすめ

6-050-脳にとっての唯一の栄養源!青汁に含まれる糖質の特徴と効果03

現代では、通常の食事をしていれば糖質が不足する心配はありません。むしろ、糖質の摂り過ぎからなる、肥満や生活習慣病を引き起こしている人のほうが問題になっています。

本来なら、エネルギーを作るための大事な栄養素。栄養バランスのとれた食生活を心がけたいですね。

糖質を摂り過ぎてしまう原因の多くは、間食や飲酒です。飲酒は控え、間食は糖質の少ない物に変えましょう。例えば、青汁を飲んでみるというのはいかがでしょうか。

糖質はコップ1杯に1g以下と非常に少なく、さらに、ビタミンB1も豊富で、食事から摂った糖質を効率良くエネルギーに変える効果も得られます。

ダイエット中や糖質制限のある人は毎日コップ1~2杯飲むと良いでしょう。特に、糖質の吸収を抑えたい人は桑の葉の青汁がおすすめです!

2016年青汁ダイエットランキング第1位はこちら!(←)のランキングからダイエットに関する情報も確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ