糖尿病だけど青汁を飲んで大丈夫?飲む場合の注意点は?

青汁 糖尿病

糖尿病という病気は自覚症状がほとんどありません。

なので、気づかずに過ごしている人も多く「糖尿病予備軍」は全国に1320万人以上、糖尿病患者と合わせると、なんと全国に2200万人以上。

日本人の6人に1人は糖尿病の危険性があるということになります。

糖尿病になってしまったら「適度な運動・ストレスを溜めない・血糖値の上がらない食事を摂る」こういった事が大事になります。

健康に良い飲み物といわれる青汁ですが、はたして糖尿病の場合は飲んでも大丈夫なのでしょうか?

糖尿病の人も青汁は飲めます

青汁に使われている野菜や添加物に糖尿病を悪化させるような成分は含まれていません。なので、糖尿病の人が青汁を飲むことは問題ありません。

糖尿病の場合、血糖値を抑えるために糖質を控え野菜中心の食生活に切り替える必要があります。ただ、野菜は1日350グラム以上摂る必要があり、しっかりとれない日も当然あると思います。

そういった場合でも、手軽に野菜不足を補える青汁は食生活のサポートにぴったりな飲み物。

そもそも糖尿病とは?

2-006-そもそも糖尿病とは?

糖尿病とは血糖値が高い状態が続き、さまざまな臓器に障害を起こす病気のことです。すい臓のインスリンというホルモンが出なくなるために起こってしまいます。

「糖尿病発症のメカニズム」
食事などで糖質を大量に摂り血糖値が急上昇する
血糖値を一定に保つためにすい臓がインスリンというホルモンを分泌して血糖値を下げようとする
糖質の多い食事を繰り返しそのたびにすい臓が稼働する
すい臓に負担がかかり過ぎてインスリンを分泌する機能が低下する
血糖値が下がらなくなる=糖尿病予備軍(境界域糖尿病)
さらに…… 自覚症状がないため気づかずに糖質たっぷりの食事を続けてしまう
すい臓の機能低下が進みインスリンが分泌されなくなる
糖尿病になってしまう

糖尿病になったとしても、初期症状などはなく気づきにくいため、症状が悪化しやすいので注意が必要です。

さらに、症状が出るようになった時にはかなり病状が進行している可能性もあります。症状として、糖でドロドロになった血液を薄めようと、異常なほど喉が渇きます。

また血管内に血栓(血の塊)ができる事で、血液の流れが悪くなったり、止まってしまいます。

これによって、神経組織やあらゆる臓器器官に障害が起こり、網膜症、神経障害、感染症、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞といった合併症を引き起こします。

そして、重病化や突然死の原因にもなる恐ろしい病気です。

青汁が糖尿病に効果的な理由

2-006-青汁が糖尿病に効果的な理由

糖質がほとんど含まれておらず、健康促進に役立つ青汁。糖尿病で悩む人のサポート飲料としてだけではなく、血糖値が気になる人や糖尿病予備軍の人にも効果的。

青汁が糖尿病の予防・改善に効果的な理由

  • 食物繊維が豊富…食物繊維は血液中の糖を体外に運び出して血糖値を下げる作用がある
  • 糖質が少ない…青汁を糖質の多い食品(お菓子、清涼飲料水)の代替にするとヘルシー
  • 栄養価が高い…食事制限をしながら体に必要な栄養素はバランス良く摂れる

また、トクホでもよく使われている難消化性デキストリン、桑の葉やゴーヤには、血糖値を下げるとされる特有成分が含まれています。

「難消化性デキストリン」
食後の血糖値上昇・中性脂肪の上昇を抑える効果があるとして、特定保健用食品にもよく使われている成分。トウモロコシのデンプンから採れた食物繊維の一種です。
「桑の葉」
1-デオキシノジリマイシン(DNJ)…糖の吸収を穏やかにする。
「ゴーヤ」
チャランチン…インスリンの分泌を促すといわれている。
コロソリン酸…インスリンに似たはたらきをする。植物インスリンとも呼ばれている。

これらの成分は糖尿病の薬と違って作用が穏やかです。そのため、毎日青汁を飲んでも、薬の効き過ぎで低血糖を起こすといった副作用の心配もなく安心です。

食事中に飲めば効果大!血糖値の上昇を抑えるトクホの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

血糖値の上昇を抑える!
大正製薬のトクホ青汁

大正製薬が販売している「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は血糖値の上昇を抑えるために作られた特定保健用食品の青汁です。

食後の血糖値上昇を抑える働きとして難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)が小腸粘膜からの糖の吸収を抑制します。血糖値が気になる人はもちろんのこと、糖尿病や高血糖の人にもおすすめ。

味に関しても非常に飲みやすく、抹茶や緑茶を配合しているのでお茶のような後味の良さが際立つ青汁となっています。

※ヘルスマネージ大麦若葉青汁は食事中に飲むことを推奨しています。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」ポイント!

食後30分の血糖値上昇を抑制 青汁 大正製薬

上の画像は大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁と難消化性デキストリンが含まれていない青汁の比較画像です。

食後30分を比べると大正製薬の青汁の方が血糖値の上昇を抑えられているのが分かります。糖尿病になってしまう最も大きな原因は食後の急激な血糖値上昇です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲むことで急激な血糖値の上昇を抑え、高血糖の予防・改善に効果的。

大麦若葉は栄養満点! 大正製薬トクホ青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は血糖値の上昇を抑えるだけでなく、原料として使っている大麦若葉も栄養が豊富。

ビタミンやミネラルなど野菜に含まれる栄養も補うことができます

青汁を飲む時に必ず注意したいこと

2-006-糖尿病だけど青汁を飲んで大丈夫?03

ただし、糖尿病の治療をしている人が青汁を利用する場合に、気をつけなければならない点がいくつかあります。

「必ず主治医に相談を」
糖尿病の治療中の人が青汁を利用したい場合には、必ず主治医に相談して許可を得るようにしてください。
「糖質が少ないものを」
青汁の原材料自体は糖質が少ないのですが、はちみつ、ローヤルゼリー、フルーツ、糖質の多い野菜(にんじん、かぼちゃなど)などがブレンドされている製品は糖質が多いので避けてください。
「青汁に薬の効果を期待しない」
青汁には薬のような治療効果はありません。適切な治療を受けず、民間療法だけで病気を治そうとするのはとても危険です。青汁はあくまでも体調を整えて、食後の血糖値をコントロールする飲み物だと考えてください。

いま人気の青汁をランキングで紹介。おすすめの青汁はこちらから(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ