骨の強化や美肌効果も!青汁に含まれるたんぱく質の特徴と効果

青汁 たんぱく質

たんぱく質といえば、身体の様々な部分で必要となる、もっとも大事な栄養素として有名ですよね。

体内を構成している成分だけに、たんぱく質が不足すると細胞の生まれ変わり、新陳代謝がスムーズに行われなくなります。また、体内の調整機能も正常に働かなくなるので、免疫機能が低下して、抵抗力が弱くなってしまいます。

元気な身体を作るためにも、たんぱく質が不足しないように食事からしっかり取り込みたいですね。まずは、たんぱく質の働きと健康効果について見ていきましょう。

筋肉だけじゃない!身体を作るたんぱく質とは

6-023-骨の強化や美肌効果も!青汁に含まれるたんぱく質の特徴と効果01

たんぱく質は私たちの体を構成する栄養素のひとつです。特にたくさん必要となるため、炭水化物、脂質と並んで「3大栄養素」と呼ばれています。

食品から摂りこんだたんぱく質は代謝によってエネルギーに変換されるほか、筋肉、内臓、血液、皮膚、骨、ホルモンなどあらゆる部位の材料にも使われています。

たんぱく質は不足すると、全身の機能が低下します。しかし、過剰に摂り過ぎた場合は、たんぱく質が体脂肪に変換され肥満になりやすくなるので注意が必要。

たんぱく質の効果

たんぱく質には主に次のような効果があります。

  • 細胞の成長…あらゆる細胞の栄養となり、胎児や子どもの体を成長させる
  • 筋肉の増強…筋肉の材料となり筋肉の量を増やす
  • 骨の強化…骨のコラーゲンを増やし骨密度を高める
  • 貧血予防…赤血球のヘモグロビンを増やす
  • 美肌効果…コラーゲンの生成を促し肌のハリを保つ

たんぱく質を補うには

6-023-骨の強化や美肌効果も!青汁に含まれるたんぱく質の特徴と効果02

1日の摂取推奨量は

  • 成人男性60g
  • 成人女性50g

たんぱく質の多い食品(1食分)

  • マグロの赤身(50g)…13g
  • 鶏ささみ(50g)…11mg
  • 納豆(50g)…8mg
  • 普通牛乳(180g)…6mg
  • 卵(1個)…6mg

また、一緒にビタミンB6を摂ると、体内でたんぱく質の代謝がスムーズになります。ビタミンB6はレバー、赤身の魚、大豆製品に多く含まれています。

青汁+たんぱく質で栄養バランスばっちり

6-023-骨の強化や美肌効果も!青汁に含まれるたんぱく質の特徴と効果03

たんぱく質というのは、普段の食生活でしっかり食べていれば不足する事はありません。しかし、ダイエット中の女性や菜食主義の人には、たんぱく質の不足が起こりやすくなります。また、たんぱく質以外にも体調を整えるビタミンやミネラルも一緒に摂るようにしましょう。

栄養バランスのとれた食品を手軽に摂るアイデアとして、青汁の牛乳(豆乳)割りをおすすめします。青汁は低カロリーでビタミン、ミネラルが豊富、ビタミンB6もしっかり摂れます。牛乳や豆乳はたんぱく質が豊富な飲み物としてだけではなく、カルシウムなどのミネラルも豊富。

ダイエット中の人は置き換えダイエットやおやつの代わりに青汁+牛乳(豆乳)割りを飲んでいくと、健康的に痩せることができます。そのほかにも、お子さんの飲み物や妊婦、授乳中のお母さん、赤ちゃんの栄養補給のためにも活用してみてください。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ