新陳代謝の低下は重大な病気を引き起す!?青汁で代謝を高めよう

青汁 新陳代謝

「お手入れしても髪や肌の調子が良くならない」「最近なんとなく体調が悪い」このような身体の不調は、新陳代謝の低下が原因かも。新陳代謝ってテレビなどでよく聞く言葉ですが、具体的にどのような機能なのかあまり知られていませんよね。

実は、新陳代謝が低下していると、様々な体調不良が起きてしまうんです。こちらでは、新陳代謝についてのメカニズムを詳しく解説すると共に、新陳代謝の向上に効果的な飲み物として青汁を紹介しています。なぜ、新陳代謝の向上に青汁なのか?まずは、一緒に見ていきましょう!

新陳代謝とは

4-013-新陳代謝の低下は重大な病気を引き起す!?青汁で代謝を高めよう01

新陳代謝とは、一言でいうと細胞の生まれ変わりのこと。目には見えませんが、新陳代謝は身体の中で常に行われており、1日に1兆個の細胞が生まれ変わっています。

各器官を構成する細胞には寿命があり、胃腸で2~5日、肌で28日間、骨細胞で3か月などのサイクルで生まれ変わりが行われています。体の器官は、傷んだ細胞や老廃物を取り除き正常な細胞に生まれ変わることで、機能を正常に維持することができるのです。

新陳代謝が低下すると

ただし、何らかの原因によっては、新陳代謝に時間がかかるようになってしまいます。次のような症状のある人は新陳代謝が低下しているかもしれません。

新陳代謝の低下に伴う不調

  • 血行が悪い
  • 低体温
  • 冷え性
  • 髪のパサつき
  • 肌のくすみ、荒れ
  • 痩せにくい
  • 疲れやすい
  • ケガや病気が治りにくい…など

さらに、新陳代謝が低下している状態を放置しておくと、重大な病気を引き起こしやすくなるので注意が必要です。

新陳代謝が低下する原因

4-013-新陳代謝の低下は重大な病気を引き起す!?青汁で代謝を高めよう02

次のような原因で自律神経のバランスが乱れると、新陳代謝が低下してしまいます。

  • 加齢
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣
  • 喫煙
  • 運動不足

これらの原因に思い当たりがあり、体調が冴えないという人は、新陳代謝を高める対策を行いましょう。

新陳代謝を高めるには

新陳代謝を高めるには、規則正しい生活を心がけて自律神経のバランスを整えることが必要になります。また、新陳代謝は血液の循環によって行われているので、血行を促進させて細胞に酸素や栄養素をしっかり送ってやることが大切。

適度な運動をしたり、お風呂にゆっくり浸かるなどして血行を促進するように心がけましょう。ストレスや喫煙を避けることも必要。

食生活で新陳代謝を高めよう

私たちの細胞は食事から取り込む栄養素で作られているので、食生活の内容と新陳代謝は大いに関係があります。規則正しい食生活が大切だということは言うまでもありません。

特に、新陳代謝が低下している人は次のミネラルを意識して摂るようにすると良いでしょう。

  • 亜鉛…細胞の生まれ変わりに欠かせない栄養素。牡蠣、うなぎ、牛肉に多く含まれる。
  • 鉄…細胞に酸素と栄養を送り届ける。レバー、貝類、小松菜に多く含まれる。
  • カルシウム…細胞の生まれ変わりを促進する。乳製品、しらす、モロヘイヤに多く含まれる。
  • マグネシウム…新陳代謝を促進する酵素のはたらきを助ける。貝類、大豆製品に多く含まれる。

青汁で新陳代謝を高めよう

4-013-新陳代謝の低下は重大な病気を引き起す!?青汁で代謝を高めよう03

ただし、上記のミネラルは日常生活では、不足しやすい栄養素です。通常の食生活で補えるか自信がない人は、毎日青汁を飲むようにすると良いでしょう。

また、ミネラルというのは一つを重点的に摂るよりも、バランス良く摂ることで相乗効果が生まれます。青汁の場合、ミネラルをひとまとめに摂ることができるので、新陳代謝の向上に効果的。

特に、明日葉の青汁がおすすめ。明日葉は野菜の中でも栄養価が高い上に、明日葉特有の健康成分カルコンも含まれています。カルコンは血行を促進させ、新陳代謝を高める作用を持ちます。美肌やアンチエイジングにも効果が期待できます。

細胞の生まれ変わりは、ざっと見て3か月くらいはかかると言われています。つまり、青汁の栄養素が効き始めるのは、飲み始めてから3か月後ということになります。

少し長いかなあ、と思われるかもしれませんが、新陳代謝が高まれば、体のあらゆる機能が健康になるので気長に試してみてください。

青汁おすすめランキング。あなたにピッタリの青汁は?(←)こちらのランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ