日本人の50%以上が生活習慣病!青汁で予防・改善しよう!

青汁 生活習慣病

現代社会において、日本人の約50%以上の人が、生活習慣病になっています。死因の上位を占める「がん・心疾患・脳血管疾患」これらの病気も、生活習慣病によって引き起こされるものです。そして、日本人の3人に2人は生活習慣病が原因で亡くなっているのです。

生活習慣病になってしまう原因は様々ですが、病名の通り、食事や生活リズムを改善することで治すことも、予防することも可能。ただし、乱れた生活習慣を変えることは、簡単ではありません。

また、生活習慣病になっても、身体の変化には気づきにくく、気づいた時には病状がかなり進行していたり、合併症を引き起こしている危険性もあります。あまり無理をしないで、食生活の改善を図るなら栄養バランスに優れた青汁がおすすめです。

青汁がなぜ生活習慣病に効果的なのか、その理由について、これから説明していきたいと思います。

食生活と生活習慣病

3-001-日本人の50%以上が生活習慣病!青汁で予防・改善しよう!01

生活習慣病になってしまう原因は

  • 食生活
  • 加齢
  • ストレス
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 飲酒
  • 喫煙

などがあります。

特に食生活の乱れは、生活習慣病になる大きな原因です。食事内容によって生活習慣病になってしまうのは、私たちが食事からとりこんだ栄養素で生きているから。栄養というのは「毒」にも「薬」にもなります。

そのため、生活習慣病にならないために、必要な栄養素は毎日きちんと摂ることです。それでは、生活習慣病になってしまう食べ物と予防に効果的な食べ物を見ていきましょう。

生活習慣病を引き起こしやすい食事の例

  • ラーメン、丼物など…炭水化物が多い
  • スイーツ、清涼飲料水など…砂糖が多い
  • 揚げ物、ジャンクフード、スイーツなど…脂質が多い
  • 肉、バター…悪玉コレステロール摂取
  • 外食(外食は味付けが濃い)…塩分や糖分が多い

生活習慣病の予防・改善に効果的な食事の例

  • 緑黄色野菜…ビタミンやミネラルが豊富
  • 海藻類…ミネラルが豊富
  • 大豆類…イソフラボンが豊富
  • 魚介類…EPA・DHAが豊富

魚や大豆製品を食べると共に、野菜は毎日摂るようにしたいですね。ただ、なかなか毎日しっかり野菜を摂ることは難しいですよね。そういった場合も青汁なら、手軽にコップ1杯で野菜不足を補う事ができます。

では、野菜不足の解消に効果的な青汁が、生活習慣病にどう良いのか見ていきましょう。

肥満と青汁

お腹周りに体脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満は高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化を併発しやすくなります。

肥満の原因はカロリーの摂り過ぎや運動不足です。青汁は低カロリーなのでダイエットに最適。また、豊富に含まれている食物繊維はカロリーの吸収を抑えたり、満腹感を満たして食べ過ぎを防ぐ効果もあります。肥満予防に効果的です。

高血圧と青汁

生活習慣病の中でも多いのが高血圧です。血管に負担がかかるため、脳出血や動脈硬化を引き起こしやすくなります。また、塩分の摂り過ぎやストレスは血圧を上げる作用があります。

ほかにも、野菜不足や運動不足、飲酒や喫煙も高血圧のリスクを高めます。

青汁には余分なナトリウム(塩分)を排出させるカリウムと血圧を下げる、食物繊維が豊富に入っています。なので、高血圧の予防と改善に効果が期待できます。

さらに、明日葉の青汁には高血圧を抑制するカルコンが含まれており、特に血圧の気になる人におすすめです。

糖尿病と青汁

3-001-日本人の50%以上が生活習慣病!青汁で予防・改善しよう!02

血糖値の高い人も含め、若い人にも増えている病気。糖尿病のほとんどが生活習慣が原因で起こるⅡ型糖尿病です。悪化するとさまざまな合併症が起こります。Ⅱ型糖尿病の原因は、糖質の摂り過ぎや肥満、運動不足です。

青汁には血糖値を下げる食物繊維とポリフェノールが豊富に含まれており、高血糖や糖尿病の予防と改善に効果が期待できます。

さらに、桑の葉の青汁には血糖値を下げるDNJ、ゴーヤの青汁にはモモデルシンとチャランチンが含まれているので特に血糖値の気になる人におすすめです。

脂質異常症(高脂血症)と青汁

血液中のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態です。血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなるので、脳血管障害や心疾患のリスクが高まり危険です。

原因は動物性脂肪やコレステロールの摂り過ぎ、そして甘い物の摂り過ぎや運動不足もよくありません。

青汁にはビタミンC、βカロテン、葉酸、パントテン酸、食物繊維といった、悪玉コレステロールを抑制し、サラサラの血液に導く栄養素が含まれています。またポリフェノールは血管を丈夫にし、動脈硬化を防ぐ効果も期待されます。

ワーファリンを飲んでいる人の青汁はNG

青汁はどの生活習慣病にも適した飲み物なのですが、ワーファリンという薬を服用している人は青汁を飲んではいけません。ワーファリンは血栓ができるのを防ぐ薬です。

生活習慣病がある人でも血栓症、脳梗塞、肺梗塞、肺栓塞などの予防にワーファリンを服用している人は気をつけてください。

食生活の改善に青汁を

3-001-日本人の50%以上が生活習慣病!青汁で予防・改善しよう!03

青汁に病気を治す効果はありません。食生活を改善することで生活習慣病を予防したり、症状の緩和が青汁の役割です。なので、毎日飲み続けていくうちに体の調子が良くなったり、検査の数値が改善されるといった効果が期待できるはずです。

青汁で痩せる!?ダイエット効果の高い青汁をランキングで紹介(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ