購入後すぐに飲まなくても大丈夫?青汁の賞味期限について

青汁 賞味期限

野菜を買ってうっかり腐らせてしまった経験ってみなさんありますよね。普段スーパーや八百屋で買う野菜は、大体2日~2週間ほどで腐ってしまいます。

もちろん、野菜を搾った青汁も賞味期限があります。しかし青汁の場合、短いもので3か月前後、長いものだと2年近くも長持ちします。

生野菜と違い青汁は、自分のライフスタイルに合わせた飲み方が可能です。それでは、青汁の種類によって変わる賞味期限の違いや、それぞれの特徴などについてもしっかり把握しておきましょう!

青汁の賞味期限は製品によって異なる

1-017-購入後すぐに飲まなくても大丈夫?青汁の賞味期限について01

食品を買う際、表示されている賞味期限がどうやって決められているのか気になりますよね。青汁の場合、メーカーが細菌検査、味や風味のチェックなど、さまざまな検査を行い総合的な判断から根拠のある賞味期限を設定しています。

そして、青汁の製品によって賞味期限が変わるのは、主に形状(タイプ)や特性が異なるからです。まずは、青汁の形状(タイプ)について見ていきましょう。

賞味期限が長い青汁

青汁の中で賞味期限が長いのは粉末タイプ、フリーズドライタイプ、サプリメントタイプです。

賞味期限…製造日より1~2年

粉末タイプや錠剤タイプの青汁はかさばらず、常温で長期保存が可能。しかも、冷蔵庫や冷凍庫で保管する必要がなく、旅行の時や外出時にも手軽に携帯することができて便利。

ただ、1~2年という賞味期限は未開封で冷暗所に保管している場合のことです。袋から開封して、空気に触れた瞬間から酸化が始まり、風味や栄養素はどんどん劣化していきます。開封したら早めに飲むようにしましょう。

賞味期限の短い青汁

逆に賞味期限が短く設定されているものは冷凍タイプになります。

賞味期限…製造日より3か月前後

搾りたての青汁を冷凍保存したもので、レンジなどで解凍して飲むタイプです。家庭で食品をフリージングする場合も、3か月以内には消費するのが好ましいように、冷凍タイプの青汁も賞味期限は3か月程度とやや短めになります。

ただ、新鮮なので、風味や味は自家製に近く、栄養素の損失も少ないのが魅力。本格的な青汁を飲みたい方は、冷凍タイプの青汁がおすすめです。

賞味期限が切れたら捨てるべき?

1-017-購入後すぐに飲まなくても大丈夫?青汁の賞味期限について02

買っておいたものを食べようとして、何気なくパッケージを見たら、賞味期限が1週間過ぎていた……こういった経験は誰でもありますよね。こんな場合、あなたならその食品を捨てますか?

「賞味期限」は、おいしく食べられると、メーカーが品質を保証している日時のことです。「賞味期限=この日を境に食べてはいけない」ではないので、賞味期限を過ぎても、すぐに劣化していくわけではありません。

またメーカー側でも、1.25~1.5倍の余裕を持たせて賞味期限を設定しているので、実際には表記の賞味期限を過ぎても、品質にはなんの問題もありません。

肝心なのは、賞味期限前・賞味期限後に関係なく、風味や色、味がおかしいと思ったら、品質が劣化している可能性があります。こういった場合は、安全のために飲むのはやめてください。

青汁をおいしく飲むために

1-017-購入後すぐに飲まなくても大丈夫?青汁の賞味期限について03

青汁に限らず、食品はなるべく新鮮なうちに消費したほうがよいでしょう。青汁を選ぶ際にも自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。

そして、風味や味が変化しないようにパッケージに記載されている保存方法に従って保管するようにして下さい。

人気の青汁おすすめランキング!(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ