青汁は白髪の改善や予防にも効果的!?青汁を飲んで若々しい黒髪を手に入れよう!

青汁 白髪

30代以上の人が抱える髪の悩みとして最も多いのが白髪だと言われています。いったん、白髪が増えてしまうと、元の若々しい黒髪に戻るのは無理だと諦めてしまうことはありませんか。

でも、諦めなくても大丈夫!栄養不良や睡眠不足などが原因の白髪は青汁で改善することができるからです。

今回は、青汁が白髪の改善や予防にどのように役立つのかを紹介します。

白髪が増えるとデメリットがいっぱい

白髪が増えて最も悲しいことは年齢よりも老けて見られることです。まだ、30代なのに40代や50代に間違われることもあります。

子供が小さい方なら、白髪のせいで老けて見えてママ友から孤立するのではないかと不安になる場合もあるかもしれません。また、白髪が増えたことで顔の印象が変わり、今まで好きで着ていた洋服などのデザインが似合わなくなるといったことも起こり得ます。

さらに、美容院で髪を染めると金銭的な負担となってしまいます。今までカットだけでよかった美容院代にカラー代が加わるからです。かといって、市販の白髪染めを使用するとムラができたり、不自然な黒色に染まったり、恥ずかしい思いをすることもあります。

なかには、肌が弱いため髪を染めたいとは思っていても、自分に合った白髪染めが見つからず、染めたくても染められないといった悩みを抱える人もいるでしょう。では、このような悩みの原因となる白髪はどうして増えてしまうのでしょうか。

白髪が増える原因とは?

白髪が増える原因とは?

白髪が増える原因はさまざまですが、主に考えられるのは次の3つです。

遺伝や加齢

白髪が増える原因として一般的に考えられているのは遺伝や加齢です。私たちの髪の色はメラニン色素の働きによって決まります。ですが、加齢とともにメラニン色素を作るのに必要な酵素が減少。メラニンの働きが弱くなり、白髪が増えてしまうのです。

食生活の乱れ

食生活の乱れによる栄養不良も白髪の原因となります。偏食やダイエット、忙しさのあまり手軽に食べられる栄養の少ない食事が多くなってしまうと栄養が偏ります。

髪を若々しい色に保つためには、メラニンの働きを助けるミネラルやアミノ酸、ビタミンといった栄養素が必要です。そのため、食事からこれらの栄養が摂取できないと十分な量のメラニン色素が生成されず白髪になりやすくなるのです。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスによって自律神経が乱れると血液の循環が悪くなります。血行不良になると栄養が髪にまで行き届かなくなり、白髪の原因となってしまうのです。また、ストレスにより体内に活性酸素が増えると、メラニン色素の生成が阻害されてしまいます。

さらに、睡眠不足や病気が原因で自律神経のバランスが乱れると成長ホルモンの分泌が減少します。成長ホルモンにはメラニンを生成する酵素を若返らせる働きがあるため、減少すると白髪の原因になってしまうのです。

また、睡眠不足によりメラトニンが減少すると、活性酸素が増加する原因となります。活性酸素はメラニンの生成を阻害するため、白髪が増える要因になるのです。

白髪の改善・予防に効果的な方法とは?

白髪の改善・予防に効果的な方法とは?

白髪の改善・予防方法としてとくに効果的なものが次の4つです。

白髪染めは肌に優しいものを

白髪を染める場合には、頭皮への負担が少ない染髪料を使用しましょう。染髪料が頭皮を刺激し、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを弱めてしまう場合があります。カラーを入れる際には自分の肌に合った染髪料選びが大切です。

また、白髪をカットする際には根元から切るようにし、決して白髪を引き抜かないようにしましょう。白髪を引き抜くと頭皮が傷つく原因になってしまいます。

質の良い睡眠でホルモンバランスを整える

白髪の予防には質の良い睡眠を取ることも大切です。

メラニンが生成されるには、メラニン生成細胞であるメラノサイトが活発に働かなくてはなりません。このメラノサイトの働きを助けるのが、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンです。

つまり質の高い睡眠を確保することで、成長ホルモンが分泌され、メラニンの生成に繋がるのです。また、髪の負担となるストレスと上手に付き合うことも白髪の予防には大切。ストレスをため込むとホルモンバランスが崩れ、髪に負担がかかり白髪の原因となるからです。

ストレスの原因を取り除くことが難しい場合でも、上手に気分転換するなどしていきましょう。

頭皮の血流改善が鍵

頭皮マッサージは血行を良くすることで、髪に栄養が行き渡るのを助けてくれます。また、血行が良くなることで、余分な老廃物が流れやすくなりメラニン色素が増えやすくなります。ただし、力を入れすぎると頭皮を傷つけてしまい逆効果となるので注意しましょう。

バランスの良い食事が大切!

白髪を予防するために最も大切なことは、バランスの良い食事を心がけることです。しっかりと栄養を摂らなければ、頭皮マッサージで血行を良くしても、栄養が髪に行き渡ることはありません。

白髪の予防に効果的な栄養素には、ヨウ素や銅といったミネラル、アミノ酸の一種であるチロシンやタンパク質、ビタミン群などがあります。髪の健康維持に関わるヨウ素などのミネラルは海藻類に多く含まれています。

また、メラニン色素の原材料となるチロシンは乳製品に多く含まれています。また、チロシンが働くためには大豆などに含まれる銅が必要となるため、一緒に摂取すると良いでしょう。さらに、ビタミン群を多くとるには緑黄色野菜、果物や魚類が適しています。

ただし、髪の白髪改善や予防のためには、単にミネラルやビタミン群を摂取すれば良いというものではありません。ビタミン群やミネラルなど栄養素は、その種類の中でも細かく働きが分かれているからです。

例えば、ビタミンにはビタミンBやビタミンCなどの種類が存在し、それぞれの美髪への働きが異なります。ですから、白髪改善や予防にはより多くの栄養素が入っている食材をバランスよく選ぶようにしましょう。

青汁に含まれる白髪の改善・予防に効果的な栄養素

青汁に含まれる白髪の改善・予防に効果的な栄養素

白髪の改善には多くの栄養素を摂取することが必要ですが、その全てを日々の食事から摂り入れるのは困難です。そこで、助けとなるのが、黒髪の生成に必要なミネラルやビタミン、アミノ酸が豊富に含まれている青汁です。

ミネラルがメラニン生成を助ける

青汁に含まれているミネラルは黒髪の生成を助け、白髪を予防してくれます。例えば、ミネラルのひとつであるヨウ素には、細胞の成長や代謝を促進する作用があります。

このヨウ素の作用が、メラニン生成細胞の働きを活発にさせるのです。また、銅もメラニン色素を作るのに不可欠な栄養素です。銅はメラノサイトがメラニンを生成する際に働く、酵素の構成成分となります。

さらに、ミネラルの一種である亜鉛も髪の毛を構成する成分であり、メラニンの生成に関わる大切な栄養素です。亜鉛と白髪の関係については研究段階のため、医学的な根拠は解明されていません。

しかし、亜鉛は黒髪に多く含まれており、白髪にはほとんど含まれていません。この亜鉛の量と髪色の関係性から、亜鉛を摂り入れることは白髪の予防に効果的だと考えられます。

このように、青汁に多く含まれているミネラルは、メラニン色素の生成に関わる働きがあり白髪を予防してくれるのです。

アミノ酸はメラニン色素の原料

アミノ酸の一種であるチロシンはメラニン色素の原料となる栄養素です。

青汁には、チロシンの生成に関わる必須アミノ酸であるフェニルアラニンが含まれています。フェニルアラニンは、黒髪の生成に必要なチロシンの原材料となるため、摂取することで白髪の改善・予防に繋がるのです。

ビタミンが栄養を行き渡らせる

青汁に含まれるビタミン群は血液の流れを良くし、髪に栄養を行き渡らせることで、白髪の予防に効果を発揮します。髪を黒くするメラニンの生成材料となるチロシンも栄養の一部として、血液によって毛根まで運ばれていくからです。

ビタミンEは末梢血管を広げて血液の流れを良くします。さらに、悪玉コレステロールを血液中から減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあります。そのため、ビタミンEを摂取することで血液がサラサラになり、血の循環が良くなるのです。

また、ビタミンB12や葉酸には、血液の生成を助ける働きがあり、血液の循環を良好にします。これらビタミン群の働きにより、髪にしっかりと栄養が届けられ、白髪の予防ができるのです。

白髪の原因となる活性酸素の働きを弱める

白髪の原因となる活性酸素の働きを弱める

青汁にはメラニン色素の生成を妨害し、白髪の原因となる活性酸素の働きを弱める栄養素が豊富に含まれています。

白髪の原因となる活性酸素とは?

本来、活性酸素は体内に侵入したウイルスなどを攻撃し、私たちの体を守る働きをします。ですが、増え過ぎると自分の細胞へも攻撃を始めてしまいます。つまり、髪の生成に関わる細胞も活性酸素により攻撃されてしまうのです。

活性酸素には4つの種類があり、その中でもメラニン生成細胞の攻撃に関係しているのは、過酸化水素と呼ばれる活性酸素です。

過酸化水素が増加するとメラニンを生成に必要な酵素を攻撃します。過酸化水素は酵素の中に含まれているアミノ酸を酸化させることで、その酵素を破壊してしまうのです。

このように、活性酸素はメラニンの生成に関わる酵素の生成を妨害し、メラニン生成細胞を攻撃し破壊します。これにより、十分なメラニンが生成されなくなり、白髪となるわけです。

ですから、活性酸素を早い段階で分解することで、過酸化水素の量を減少させることが白髪予防には重要といえます。

青汁に期待できる抗酸化作用とは? 青汁に期待できる抗酸化作用とは?

私たちの体は本来、増えた活性酸素を分解する酵素をあらかじめ体内に持っています。この活性酸素の働きを抑える働きを抗酸化作用といいます。つまり、抗酸化作用のある酵素を体内に持つことが白髪予防には大切なのです。

抗酸化作用が期待できる体内の酵素としてカタラーゼがあります。カタラーゼは白髪の原因となる活性酸素のひとつ過酸化水素を分解する働きを持っているのです。

このカタラーゼの主要構成成分が青汁に豊富に含まれる鉄。青汁を飲んで鉄を十分に取り入れることで、体内のカタラーゼが増え、白髪の原因となる活性酸素を分解してくれます。

また、SOD酵素は活性酸素の働きを抑制する能力が特に高い酵素です。このSOD酵素は活性酸素の材料を早い段階で無害な物質に分解することで、活性酸素量を減少させます。

しかし、体内のSOD酵素は年齢と共に減少してしまうのです。青汁には、このSOD酵素が豊富に含まれています。そのため、青汁を飲むことで、活性酸素の分解に必要なSDO酵素が補えるのです。

このように、青汁に含まれる栄養素は活性酸素の働きを抑制し、メラニン生成細胞への攻撃を防いでくれます。

規則正しい睡眠も有効

青汁には睡眠のリズムを整えるために必要なメラトニンが豊富に含まれています。メラトニンは体内のメラトニン量が増えると、睡眠時に働く副交感神経の働きが高まり、血圧や脈、体温が下がり、身体が眠りにつきやすい状態になります。

また青汁には、メラトニンの原材料となるトリプトファンというアミノ酸も豊富に含まれています。

青汁を飲んでメラトニンとその原材料を摂取することで、質の高い睡眠を手に入れることができるのです。質の高い睡眠を取ることで、メラニン生成を活発にする成長ホルモンが分泌されます。これが、白髪の予防に繋がるのです。

ストレスフリーで白髪を予防

青汁に多く含まれるビタミンCやミネラルは、白髪の原因となるストレスの緩和に役立ちます。

私たちの体はストレスを受けると、そのストレスと戦うために必要な副腎皮質ホルモンを分泌しようとします。このホルモンの生成に必要なのがビタミンCです。

ビタミンCが不足していると、ストレスと戦うホルモンが十分に生成されません。そのため、日ごろから十分なビタミンCを摂取しておくことが必要です。

また、カルシウムは神経伝達に関わる栄養素です。カルシウムには脳の興奮を抑える働きがあり、ストレスによるイライラを防ぎ、気持ちを安定させてくれます。

さらに、マグネシウムにはストレスにより緊張した筋肉をほぐす役割があり、カルシウムと共にストレスで興奮した体を安静にするために働きます。

ビタミンやミネラルなど、ストレス軽減に役立つ栄養素が不足すると自律神経の乱れに繋がります。この自律神経乱れると血管は収縮し、血液の循環が悪くなってしまうのです。

血液の循環が悪くなると毛根へチロシンが届かず、メラニン色素が生成できなくなり、白髪の原因となります。普段から、ストレス時に必要な栄養を青汁から摂り入れておくことは黒髪を守るのに欠かせません。

白髪の改善・予防に効果的な青汁とは?

白髪の改善・予防に効果的な青汁とは?

青汁には白髪予防や改善に効果的な栄養素が含まれていますが、すべての青汁に同じ栄養素が含まれているわけではありません。原材料によって含まれる栄養素が異なるからです。

青汁の原料によって白髪の予防・改善は違う?

白髪予防にお勧めの原材料としてケールがあげられます。ケールにはアミノ酸がバランスよく含まれているだけでなく、快適な睡眠へと促すメラトニンも多く含まれているからです。

ケールの青汁なら、栄養不足の改善と同時に、生活リズムを整えて、白髪の予防ができるのです。また、大麦若葉もアミノ酸、ミネラル、ビタミン群を豊富に含んでいるため白髪予防にはお勧めです。さらに、大麦若葉には活性酵素の働きを弱めるSOD酵素も含まれています。

ただし、大麦若葉に含まれるヨウ素は少量。大麦若葉を種原材料とした青汁を飲む際には、ワカメなどの海藻類を食事から摂取すると黒髪の生成をさらに促進することができます。

さらに、明日葉も白髪予防に効果的な原材料です。明日葉はケールよりも多くのミネラルやビタミン群を含んでいます。また、食事からでは不足しがちな亜鉛が多く含まれているため白髪予防には効果的です。

青汁の原材料が多いと白髪改善・予防には効果的?

最も効果的な青汁の原材料は単体ではなく、ケールや大麦若葉、明日葉といった原材料のうち何点かを使用しているものです。

単体の原材料では白髪予防や改善に必要な全ての栄養素を補うことは難しいですが、何種類かの原材料が使用されている青汁ならすべての栄養素を1回で摂り入れることができます。

例えば、明日葉と大麦若葉を両方使用している青汁は白髪予防に効果的です。明日葉は他の原材料に比べ栄養バランスには富んでいますし、大麦若葉には他の原材料にはないSOD酵素が含まれているからです。

青汁を選ぶ際には白髪改善に効果のある栄養素がより多く、そして、バランスよく含まれている青汁を選ぶようにしましょう。

青汁を飲むタイミングで白髪予防・改善の効果に違いがある?

どんな理由により白髪が増えているかにより青汁を飲むタイミングが異なります。栄養不足により白髪となっている場合には青汁を朝飲むことをお勧めします。朝の方が栄養を体内に吸収しやすいからです。

また、白髪になっている原因が睡眠不足やストレスからくるホルモンバランスの乱れである場合には夜に青汁を飲むといいでしょう。就寝の約2時間前に青汁を飲むと質の良い眠りが得られやすくなります。

そして、青汁で白髪の予防や改善をするために最も大切なことは、継続すること。青汁の栄養素が体に行き渡り、体に働きかけるのには時間が必要だからです。毎日、決まった時間に飲むなど習慣づけをして、飲み忘れないように意識しましょう。

白髪の改善・予防のために青汁を飲みましょう!

白髪の改善や予防に大切なのは、黒髪の生成に必要な栄養素を十分に摂ることや、黒髪の生成を促進するホルモンバランスを整えることです。

メラニンの生成に必要な栄養素であるミネラルやビタミン、アミノ酸といった栄養素は青汁からバランスよく手軽に摂取できます。

また、青汁には睡眠を促進し、自律神経の働きを整えるのに必要な栄養素も含まれています。白髪の改善や予防に必要なホルモンバランスを整えることにも青汁は役立ちます。

手軽に飲める青汁を白髪の予防・改善に活用していきましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ