美白効果&肌荒れ予防!青汁に含まれるセラミドの特徴と効果

青汁 セラミド

化粧品の表記で見かけるセラミド。実は、肌にも存在する重要な成分なんですよ。すこやかな肌をキープするなら、体の内側からセラミドを補うのが効果的。セラミドを多く含んだ食材として野菜や果物、海藻類といったものがあります。

また、美容成分の一つとしてセラミドを配合した青汁もありますよ。セラミド入りの青汁には、どのような効果があるのか?まずは、セラミドの美容効果をチェックしてみましょう。

青汁を徹底比較!おすすめの青汁はこちらから!

セラミドとは

6-018-美白効果&肌荒れ予防!青汁に含まれるセラミドの特徴と効果01

セラミドは皮膚の表面にある角質層に含まれる主要な保湿成分。角質層にある細胞のすき間を埋めて、肌のバリア機能を高める役割があります。このバリア機能によって肌のうるおいが保たれ、外部からの刺激が肌内部に侵入するのを防いでいるのです。

もし、セラミドの不足によってバリア機能が低下してしまうと、肌トラブルが起こるようになります。肌は常にセラミドで満たされた状態が理想。

セラミドの美容効果

セラミドには次のような美容効果があります。

  • 保湿効果…セラミドが角質層のバリア機能を高め、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ
  • 肌荒れ予防…バリア機能によって肌荒れの原因となる刺激から肌を守る
  • アトピー性皮膚炎の改善…肌の乾燥を防ぎアレルゲンの侵入を防ぐことでアレルギー症状が悪化するのを防ぐ
  • 美白効果…バリア機能が紫外線から肌を守り、シミやそばかすを防ぐ
  • アンチエイジング…セラミドがコラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌にハリを与える

セラミドを補うには

6-018-美白効果&肌荒れ予防!青汁に含まれるセラミドの特徴と効果02

ただし、セラミドは加齢や不規則な生活習慣によって不足しやすい成分なので、継続して補っていく必要があります。食品では、こんにゃく芋、米、小麦、大豆、ホウレンソウ、乳製品に含まれています。

セラミドがダントツに多いのはこんにゃく芋。生芋こんにゃくを100g(1/3枚分)食べると、1日に必要なセラミド0.6~1.2mgを補うことができます。もし、食品から十分に補うのが難しい場合には、セラミドを配合した健康食品を利用するのも良いでしょう。

女性にはセラミド入りの青汁がおすすめ

6-018-美白効果&肌荒れ予防!青汁に含まれるセラミドの特徴と効果03

また、セラミドは保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンと一緒に摂ることで相乗効果が高まるとされています。美容ドリンクやサプリメントを利用すると手軽に補えますね。

最近は、セラミド、ヒアルロン酸・コラーゲンといった美容成分をぜいたくに配合した青汁も増えてきています。ビタミンやミネラルも豊富で美肌効果の高い食品。美容成分入りの青汁なら毎日コップ1杯飲むだけで、バッチリ美肌対策できますよ。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ