つらい生理痛もこれでサヨナラ!生理痛対策として青汁を飲もう!

青汁 生理痛

頭痛や腰痛、子宮の痛みなど、生理によるひどい痛みは少しでも解消したいですよね。「生理ってそういうものだから仕方ない」と我慢して過ごしている人も少なくありません。

しかし、体に問題はないのに生理痛が重い場合に「冷え」が影響していることも考えられます。

ここでは、生理痛が起こるメカニズムと、青汁を飲むことで期待できる生理痛の改善効果について説明したいと思います。

なぜ生理痛が起こるの?

3-026-つらい生理痛もこれでサヨナラ!生理痛対策として青汁を飲もう!01

生理の痛みがひどくなるのは「プロスタグランジン」という物質が関係しています。生理前というのは妊娠の準備段階に入っているので、子宮内を厚い膜が覆っています。

厚く覆っている子宮内膜は約2週間ほどで剥がれ落ちます。この、剥がれ落ちる際にプロスタグランジンというホルモン物質が多く分泌されます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあります。この、収縮運動により古い子宮内膜を剥がし体外に排出します。

古い子宮内膜を剥がすために役立っているプロスタグランジンですが、実は、この時に起こる子宮の収縮が生理痛の原因なんです。中には子宮の収縮が強過ぎて、陣痛に似た強い痛みを感じてしまう人もいるほど。

生理痛の強さに個人差があるのはなぜ?

生理痛の強さには個人差があって、ほとんど痛みのない人もいれば毎回寝込まなければならないほど痛みの強い人もいます。なぜ、生理痛の痛さにはこのような個人差がうまれるのでしょうか。

これは、プロスタグランジンの分泌量が人それぞれ違っており、強い痛みを感じる人はプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまっているからなんです。また、分泌には年齢や体調も影響しています。

一般に生理痛を強くしてしまう原因には

  • プロスタグランジンの過剰分泌
  • 子宮口が小さい(若い女性、出産したことのない人)
  • 冷え性
  • ストレス

などがあげられます。

卵巣や子宮口が成熟したり出産することで経血の排出がスムーズになり自然と生理痛は軽くなっていくことが多い、といわれています。

大きく影響しているのは「冷え」かも…

3-026-つらい生理痛もこれでサヨナラ!生理痛対策として青汁を飲もう!02

生理痛の痛みには個人差がありますが、年齢や出産経験に関係なく「身体を冷やす」行為というのは、どうしても生理痛がひどくなってしまいます。これは骨盤内の血行が悪いとプロスタグランジンの分泌が過剰になってしまうからなんです。

生理痛が辛い場合には体をしっかり温め、骨盤の血行を促進させてください。ストレスも血行不良の原因になるので、生理中は無理をしないでリラックスして過ごすことが大切ですね。

体を温めて生理痛を予防しましょう

生理痛がひどい場合は、体を温める食品を食べると効果的。体の内側からポカポカと温めてあげましょう。

体を温める作用を持つ食品はこちら。

  • レバー、貝類、こまつな…鉄
  • 植物油、ナッツ類…ビタミンE
  • レバーなど…ビタミンB群

併せて生理痛をやわらげる栄養素を摂るのも効果的。

  • ビタミンB6…痛みをやわらげる
  • 亜鉛…ホルモンバランスを整える
  • マグネシウム…子宮の過剰な収縮を防ぐ

生理痛対策に青汁を

3-026-つらい生理痛もこれでサヨナラ!生理痛対策として青汁を飲もう!03

上記で挙げた栄養素は青汁にもバランス良く含まれています。冷え性の人や生理痛が気になる人は生理痛対策として青汁を試してみてください。

特に生理痛対策として青汁を選ぶなら「大麦若葉」の青汁がおすすめ。ビタミンB群、鉄、亜鉛がたっぷり含まれています。

鉄と亜鉛は日本人に不足しやすいミネラルで通常の食事から取り込みにくいもの。青汁なら鉄と亜鉛が手軽に摂れる上、鉄や亜鉛の吸収を高めるビタミンCも入っているのが嬉しいですね。

生理中の注意点は冷たい物を摂らない、ということ。青汁を飲む時もアイスではなくホットのほうがおすすめです。お湯割りのほか温めた牛乳や豆乳で割るのも良いですね。

ただ、加熱すると栄養素が損失されてしまう冷凍青汁はホットに適していないので、ホットで飲める粉末タイプを選ぶのが良いでしょう。

生理中に糖分、塩分、カフェインを摂りすぎると生理痛が強くなります。間食やコーヒーは控えてヘルシーな青汁に替えてみませんか。その際は甘みやカフェインのない青汁を選びましょう。

体を温めただけで生理痛が楽になることは多いものです。リラックスタイムに青汁を飲んで生理中も快適に過ごしてくださいね。

生理痛で悩む女性の為に開発されたリラックス効果の高い青汁!

めぐりごごち 楽・月・花

今話題のハーブ系青汁
「楽月花(らくげつか)」

身体の巡りを良くするハーブ、生姜、緑黄色野菜の明日葉などを配合している楽月花(らくげつか)。身体の巡りを良くすることで女性特有の悩み(生理痛・イライラ・くすみやクマ・冷え性)を軽減・解消できます。

また、3種類のハーブ(西洋ヤナギ・西洋オトギリソウ・西洋ニンジンボク)は身体の巡りを良くするだけでなく、リラックス効果、ホルモンバランスを整える作用もあり、古くから生理痛で悩む女性のための民間療法として用いられてきました。

なので、できる限り自然なもので体質改善をしたいと考えている女性、毎月の辛い生理痛を少しでも和らげたいと考える女性におすすめの青汁。

おすすめのダイエット系青汁を紹介!人気の青汁はコチラ!(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ