サプリメントは99.9%が食品添加物!?私が青汁をすすめる理由

青汁 サプリメント

「ダイエット目的」「健康促進」「美容目的」「疲労回復のために」今は多くの人が様々な目的でサプリメントを服用しています。

なんと、サプリ大国と呼ばれるアメリカで約80%、日本でも約60%以上の人がサプリメントを利用しています。

近くのコンビニやドラッグストアでも手頃な値段で販売されていて「ちょっと試してみようかな」と手に取りやすい食品ですよね。

一見メリットの多いサプリメントですが、デメリットもいくつかあります。同じ栄養を補うという目的ならば、青汁のほうが優れている場合もあります。

そこで、サプリメントのメリット・デメリット、青汁との違いについて説明したいと思います。

サプリメントのメリット・デメリット

2-011-サプリメントは99.9%が食品添加物!?01

男女関係なく飲むことができ、大人だけではなく、小さな子供でも利用できるサプリメント。

栄養補給に役立つサプリメントですが、はたしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

サプリメントには次のようなメリットがあります。

・摂りたい栄養が1粒に濃縮されている
・粒状なので飲みやすい
・カロリーが低い
・値段が手ごろ
・手軽に購入できる
・食事から摂りにくい栄養も簡単に摂れる

手軽に摂りたい分だけ栄養を補えることや、普段の食事ではなかなか摂れない栄養素をしっかり摂ることができるのは魅力的ですね。

ただし、サプリメントを飲む時に忘れてはいけないのがデメリット。こちらの方もしっかり頭に入れておきましょう。

・合成成分が多く使われている
・効果のあらわれ方に個人差がある
・過剰摂取におちいりやすい
・粗悪品が出まわっていることがある
・食品添加物が多い

サプリメントの中には天然成分を配合したものもありますが、多くは科学的に合成された成分が用いられます。

天然成分100%のサプリメントを製造することは技術的にも難しく、合成成分を用いて作るほうが低コストで生産できます。

また、サプリメントを原材料だけで製造することは難しく、形状や品質を安定させるためには食品添加物が必要になります。

安価な製品の中には99.9%が食品添加物というものもあるので注意しなければいけません。

また、そういった粗悪なものを服用し続けると効果が得られないばかりか、具合が悪くなったり、健康被害を引き起こす可能性もあります。

青汁とサプリメントの違い

2-011-サプリメントは99.9%が食品添加物!?02

青汁もサプリメントも同じ健康食品ですが、青汁はサプリメントに比べてどんな違いがあるのでしょうか。

まず、青汁とサプリメントの大きな違いは「天然の材料から作られているかどうか」という点です。

青汁の原材料はほとんどが野菜です。サプリメントの場合、主な材料は合成成分と食品添加物です。

合成成分や食品添加物が全て悪いわけではありませんが、効果の高さや確かな安全性を考慮すると、やはり天然の材料から作られた青汁のほうが安心できます。

また、サプリメントは特定の栄養素しか摂れませんが、青汁なら栄養素をバランスよく摂ることができます。あれこれサプリメントを飲む手間も省けますね。

サプリメントはピンポイントで

2-011-サプリメントは99.9%が食品添加物!?03

野菜不足の解消や栄養を満遍なく摂るのであれば、生の野菜を搾った青汁の方が優れています。ただし、サプリメントが良くないというわけではありません。

青汁でバランス良く栄養補給し、さらに補給したい栄養素があればピンポイントでサプリメントを使うのが効果的です。

ただし、青汁もサプリメントも健康食品なので、薬のような効果は期待できません。あくまでも体調を整える目的で上手に生活に取り入れるようにしてください。

管理人のおすすめ青汁ランキングはこちらから(←)購入者の口コミ情報なども確認できるランキングページ。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ