生搾り青汁リッチグリーン(ケンプリア)口コミ体験レビュー

リッチグリーン

ケンプリアの生搾り青汁は大分県の宇佐オーガニックファームで栽培された大麦若葉のみを使用した青汁。自社農場で農薬を使わずに栽培された「赤神力(あかしんりき)」は一般的な大麦若葉よりも葉っぱが大きく、厚みがあるそうです。

品種改良された大麦若葉と違い、赤神力の葉にはビタミンやミネラルなどの栄養成分がたっぷり。さらに、生搾り青汁は保存料や着色料、合成添加物などを一切加えずに大麦若葉とデキストリン(食物繊維)だけで作ったこだわりの青汁です。

使っている原料だけでなく、リッチグリーンは製法にもこだわっているみたいです。熱を加えずに粉末化する「活性保存製法」という方法で青汁を作っています。

活性保存製法によって酵素は活性を失わずに粉末化することが可能となり、日常生活では摂りづらい酵素も手軽に補う事が可能。酵素入りの青汁はわりと珍しく、酵素に興味もあったので、実際にリッチグリーンの青汁を頼んでみました♪

生搾り青汁・リッチグリーンクチコミ体験レビュー

リッチグリーン 青汁

リッチグリーンの特徴は原料に大麦若葉とデキストリンだけしか配合されていない青汁だということです。一般的な青汁は野菜を多く使ったり、甘味料を使って飲みやすくしているものが多いのですが、リッチグリーンは余計なものを一切使っていません。

これはリッチグリーンを開発する前に150種類以上に及ぶ野菜や野草の中から飲みやすくて栄養価の高い素材を選びぬいた結果、大麦若葉が最も栄養バランスの良い素材だったことから主原料として使われるようになりました。

またリッチグリーンでは、大麦若葉に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素の吸収性を高めるために、大麦若葉に含まれる繊維質を取り除いています。繊維質を取り除くことにより、栄養の吸収を高めます。

さらにリッチグリーンでは、加熱処理を一切行わない独自技術「活性保存製法」で粉末化。一般的な青汁とは違い、加熱処理をしないことで酵素は活性を失わずに補うことができます。

リッチグリーンはかなりこだわりの強い青汁のようですが、果たして飲みやすくて美味しい青汁なのでしょうか?

商品は頼んでから3日ほどで届いたので、これから試していこうと思います♪

リッチグリーン お試し

リッチグリーンは44年の実績と世界55カ国で販売されている青汁。44年ということでかなり老舗の青汁ですね。

また、パッケージに記載されていますが、青汁の中では珍しい「活きた酵素」を配合した青汁です。

リッチグリーンの特徴はこの「生酵素」ともう一つ。赤神力という珍しい大麦若葉を使っている所です。赤神力は一般的な大麦若葉よりも葉が大きく、栄養バランスにも優れています。ただ非常に希少な大麦のため、幻の品種ともいわれています。

リッチグリーンでは、幻の大麦若葉「赤神力」農薬を一切使わずに丹念に育てて、生搾りした青汁です。

品種改良や農薬を使っている大麦若葉と違い、「赤神力」は害虫や雨風に非常に弱く、育てるには職人の技術と日々の管理を欠かすことはできません。

実際に種まきが開始される9月から、収穫のピークを迎える1月、最後の収穫が終わる3月末まで1日も欠かさずに早朝から畑を出て、生育の状況を把握し、丹念に手入れされています。

この職人の手間暇によって栄養価の高い幻の大麦若葉「赤神力」が育てられているようです。

リッチグリーン 青汁 口コミ

リッチグリーンは1箱で3g×30包入っています。1日1~2スティックを目安に、飲むのが良いようです。

リッチグリーン 通販

スティックには、表情の違う絵が色々印刷されています。こういった細かな配慮は非常に高印象をもてます。

リッチグリーン 飲み方

それでは、実際に封を切っていきましょう!コップに粉末を入れてみると青汁の野菜臭さは感じません。お茶のような香りがするので飲みやすそうです。

リッチグリーン 酵素

実際にリッチグリーンの粉末をアップにしてみました。大麦若葉とデキストリン以外の素材が入っていないこともあり、かなり濃い色をしています。

野菜をしっかり使っていて栄養価も高そうなのですが、これだけ色が濃い青汁というのは濃厚な味なのかもしれないのですが、果たしてどうなのでしょうか?

リッチグリーン 粉末

粉末を舐めてみました。原料に大麦若葉だけしか入っていないということもあり、青臭い野菜の味が口の中に残りました。ただ、苦味や後味の悪さはあまり感じなかったので、実際に水を注いでみて飲んでみるのが良さそうです。

ケンプリア リッチグリーン

それでは、これからコップに水を入れていこうと思ったのですが、スティックや箱にはどの程度の水を入れれば良いのか記載されていませんでした。

また、公式サイトをみても水の分量などは確認できませんでした。そのため、水の量は好みの量で良いのかなと思います。

とりあえず、100mlのお水を入れてみました。粉末は溶けやすく、2、3回ですぐに溶けました。

リッチグリーン 効果

氷を入れてみました。水だけを入れた時はすっごく色の濃い青汁で飲みにくそうかなと思ったのですが、氷を入れてみると飲みやすそうです。

リッチグリーン 味

それでは、これから実際に飲んでいきたいと思います。「ゴクゴク…おぉ思っていたよりも飲みやすい!」リッチグリーンの青汁は思っていたよりもクセがあまりなく、飲みやすい♪

粉末や水を入れた時の色合いの濃さもあり、飲む前は苦くて青臭い青汁なのかなと思っていたのですが、飲んでみると若干野菜の味はしますが、青臭さや苦味もなく、飲みやすかったです。

リッチグリーンと同じ大麦若葉とデキストリンだけを使った青汁として、「やずやの養生青汁」があります。

以前飲んだ養生青汁は独特の青臭さ、大麦若葉のクセがとても強く飲みにくかったのですが、リッチグリーンの青汁は同じ素材で作っているのに青臭さもなく飲みやすい。

やはり幻の大麦若葉「赤神力」は一般の大麦若葉よりもクセが少なく飲みやすいようです。

リッチグリーン 値段

リッチグリーンを実際に飲んでみて

リッチグリーンは「大麦若葉」と「デキストリン」2種類の素材だけで作られています。

大麦若葉とデキストリンだけで作られている青汁としてはリッチグリーン以外にやずやの養生青汁があります。

やずやの養生青汁は飲んだ際に大麦若葉のクセが強く、とっても飲みにくかったのですが、リッチグリーンは青臭さやクセもなく飲みやすかったです。

大麦若葉をたっぷり使った青汁ということで栄養価も高く、栄養バランスも良さそうなので野菜不足で悩んでいる人、添加物や余計なものが入っていない青汁を飲んでみたい人はリッチグリーンの青汁はおすすめです。

 
-商品詳細-
商品名 リッチグリーン
メーカー 日本薬品開発株式会社
価 格 1,990円
1杯の価格 66円
送 料 送料無料
内容量 30包入り(約30日分)
原材料

大麦若葉、デキストリン

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ