老化防止にも効果的!青汁に含まれるポリフェノールの特徴と効果

青汁 ポリフェノール

赤ワインには、ポリフェノールがたっぷり入っていて身体に良いといわれています。でも、実際にポリフェノールがどのような成分で、どんな健康効果があるのか知っていますか?

青汁にもたっぷり含まれているポリフェノール。ここでは、赤ワインで注目を集めたポリフェノールの特徴と効果について、詳しく説明したいと思います。

ポリフェノールとは

6-043-老化防止にも効果的!青汁に含まれるポリフェノールの特徴と効果01

ポリフェノールは植物が自分の身を守るために持ち備えている成分。渋み、苦み、色素などの特徴を持つポリフェノールには、約5000種類が存在するといいます。

そのうちの数種類は、私達の体にさまざまな健康効果をもたらすことがよく知られていますね。

ポリフェノールの種類と効果

6-043-老化防止にも効果的!青汁に含まれるポリフェノールの特徴と効果02

どのポリフェノールにも、共通する効果は「抗酸化作用」。主なポリフェノールには、さらに次のような効果もあります。

  • アントシアニン(ブルーベリー、赤ワイン)…視力を向上させる
  • カテキン(緑茶)…殺菌、消臭作用がある。抗酸化作用がとても強い
  • イソフラボン(大豆)…女性ホルモンのバランスを整える
  • ケルセチン(玉ねぎ)…動脈硬化を防ぐ
  • クルクミン(ウコン)…肝機能を高める
  • カカオポリフェノール(チョコレート)…動脈硬化を防ぐ
  • クロロゲン酸(コーヒー豆)…血糖値を下げる 脂肪を燃焼させる

青汁に含まれるポリフェノール

青汁にも、ポリフェノールはたくさん含まれています。主な原料はこちら。

  • ケール…ケルセチン、イソチオシアネート(抗ガン作用)、フラボノール配糖体(アレルギー予防)
  • 明日葉…カルコン(コレステロール値抑制)、クマリン(血糖値抑制)、ルテオリン(アレルギー予防)
  • 桑の葉…ケルセチン、アントシアニン
  • ゴーヤ…ククルビタシン(抗ガン作用)
  • 長命草…クロロゲン酸、ルチン(血管の強化)

毎日の青汁からポリフェノールを補おう

6-043-老化防止にも効果的!青汁に含まれるポリフェノールの特徴と効果03

ポリフェノールは摂取基準などを特に定めておらず、摂り過ぎによる過剰症の心配もありません。1日の理想摂取量は1500㎎。

ただし、ワインやチョコレートの摂り過ぎは糖質やアルコールによって健康を損なうので要注意!野菜から、しっかり補うようにしていきましょう!

健康効果をより期待するなら、規則正しい食生活に青汁をプラスするのがおすすめ。青汁のビタミンCがポリフェノールの吸収を促進させるので、より高い健康効果も期待できます。

緑茶や抹茶、イソフラボンを配合した青汁を選べば、さらにポリフェノールがたくさん摂れますよ。

ちなみに、ポリフェノールは体に蓄積されない成分です。体内に入って30分ほどではたらき始めますが、効果は2~3時間程度なので、こまめに摂るのが良いでしょう。

生活習慣病予防やアンチエイジングのためにも、毎日青汁で摂り込むようにしてくださいね。

今人気のおすすめ青汁をランキングで紹介!人気の理由とは?(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ