青汁に農薬の心配はない!?農薬の危険性と青汁の安全性について

青汁 農薬

毎日くちにする食べ物・飲み物は、当然安全な方が良いですよね。青汁に使われる原材料も、できるだけ安全なものを選びたいものです。

そこで、今回は農薬の危険性から野菜に含まれる残留農薬のチェック体制、青汁で使われる野菜の安全性について解説していこうと思います。

農薬の役割とは

1-020-青汁に農薬の心配はない!?農薬の危険性と青汁の安全性について01

見た目では分からないと思いますが、お店で販売されている野菜のほとんどに農薬が使われています。農作物は害虫や病原菌にとても弱いため農薬を使わないと収穫量が安定しなくなり、生産者も消費者も困ってしまうからです。

例えば農薬にはこんな役割があります。
  • 化学肥料…有機肥料よりコストを抑えながら農作物の収穫量を増やす
  • 殺虫剤…害虫から農作物を守る
  • 除草剤…農作物の生長を阻害する雑草が生えないようにする
  • 殺菌剤…農作物の病気の原因になる病原菌を殺菌する

農薬はとても危険?

農薬には毒性があります。私達の健康、環境に影響を及ぼす可能性があるので、日本では法律によって農薬の使用が制限されて食品の安全性が守られています。

・農薬取締法…農作物に使って良い農薬の種類、総使用回数、使用時期などの制限。

・食品衛生法…出荷された農作物は残留農薬量が基準以下でなければ販売できない

野菜に含まれる残留農薬は、私達が普段買っている野菜や果物にも付着しています。ただし、微量なので食べたからといって、病気になる心配はありません。

ただし、有機リン系殺虫剤などを使った動物実験では、毒性が確認されている農薬もあるので、無農薬や減農薬で栽培された野菜のほうが安心です。

残留農薬の検査法

1-020-青汁に農薬の心配はない!?農薬の危険性と青汁の安全性について02

輸入食品は検疫所、国内に流通する食品は保健所や検査機関で残留農薬の検査が行われます。そして分析機器を使い、微量の残留農薬も検出することができます。

検査法
  • ガスクロマトグラフィー…成分分析に使うキャリアに気体(ガス)を使って成分を分離させる
  • 高速液体クロマトグラフィー…成分分析に使うキャリアに液体を使って成分を分離させる
  • GC/MS法…多種類の残留農薬を一斉分析する
青汁を選ぶ時には、残留農薬の検査結果を公開しているメーカーが信頼できますよ。

無農薬栽培・有機栽培について

「無農薬栽培」「減農薬栽培」「有機栽培」という言葉をよく目にします。農薬や化学肥料の使用を抑えた、安心なイメージのある栽培法ですね。

実は「無農薬栽培」「減農薬栽培」という言い方はマチガイなんです。以前は使われていましたが、消費者の誤解を招きやすかったために、平成16年の日本農林規格(JAS法)の改正によって使うことができなくなりました。

現在は無農薬ではなく「農薬不使用」と表現することになっています。

そして、農林水産省のガイドラインによると、化学肥料や農薬の使用量が基準値以下に抑えられている農産物だけが、有機JAS認定を受けることができます。これ以外は有機栽培とは呼べません。

有機JAS認定された青汁は「有機JASマーク」が表示されているのですぐに分かります。このマークが表示されている青汁なら、かなり厳しい管理のもとで栽培された野菜を使っているので安心です。

青汁の原材料は安全?

1-020-青汁に農薬の心配はない!?農薬の危険性と青汁の安全性について03

日本の青汁メーカーは、どの会社も厳しい管理体制のもと、青汁を提供しています。ただ、私たち消費者が商品を口にしてみて農薬が使われているかどうかまでは判別できません。なので、原材料が安全かどうかはメーカーの情報に頼るしかありません。

ですから、原材料の栽培法や残留農薬の検査結果など、商品情報を消費者に公開していているメーカーを選ぶことが大切です。

毎日飲みやすい人気の青汁をランキングで紹介!おすすめの青汁はこちら(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ