夏バテ解消・疲労回復に!青汁を飲んで夏の疲れを乗り切ろう!

青汁 夏バテ

海に山、花火も楽しい夏の時期。ただ、気をつけなければいけないのは「夏バテ」ですよね。

暑さによって食欲がなくなる、身体がだるい、イライラする。夏バテは対策を実践すれば、防ぐことができ、快適に生活する事ができます。

いくつかの生活習慣を改善すると共に、食生活には青汁をプラスしてみましょう。青汁に含まれる豊富な栄養素が夏バテの予防や解消に効果的です。

それでは、夏バテ対策やおすすめの青汁について説明していきますので、参考にしてみてくださいね。

夏バテって何?

3-035-夏バテ解消・疲労回復に!青汁を飲んで夏の疲れを乗り切ろう!01

夏バテ(夏負け)の原因は高温多湿。30度を超える過酷な環境では、体に大きな負担がかかり機能を低下させてしまいます。そして、さまざまな不調が起こるのです。

私たちの体は、体温を一定に保つ機能が備わっています。暑い時は汗をかくことで熱を発散させ、体温を下げています。これは自律神経のはたらきによるもの。

しかし、あまりに気温が高いと体温調節にかなりのエネルギーが必要となります。この影響によって、自律神経のバランスが乱れて体調不良が起こってしまうのです。

夏バテの症状が起こる理由

夏バテの主な症状は倦怠感、疲労感、消化器の不調です。夏バテの倦怠感や疲労感は、身体の水分量が不足しているのが原因。

大量に汗をかくため血液がドロドロになり、血液がスムーズに流れなくなります。すると、酸素や栄養が体の隅々に届かないため、倦怠感や疲労感が起こりやすくなるのです。

消化器の不調は、自律神経のバランスが乱れることで起こる、消化機能の低下が原因です。食欲不振や消化不良、下痢などの症状が起こりやすくなります。

その上、夏場は冷たい物を食べたり、飲んだりするので胃腸に負担を与えがち。このような事を繰り返すと、さらに調子が悪くなってしまいます。

夏バテを予防するには

3-035-夏バテ解消・疲労回復に!青汁を飲んで夏の疲れを乗り切ろう!02

そこで、夏バテを予防するためには次のことに注意して、自律神経のバランスを整えていくようにしていきます。

  • クーラーのきき過ぎで体を冷やさない
  • 冷たい物ばかり摂らない
  • ビールを飲み過ぎない
  • 睡眠不足にならないように気をつける
  • 水分とミネラルをしっかり摂る
  • 涼しい時間帯に適度な運動をする
  • 湯船にゆっくり浸かる

上記のようなことは気をつけましょう。

また、夏バテの人を悩ますのが食事。体調不良から、どうしても食事が偏ってしまい、栄養不足になりがちです。

栄養不足は倦怠感を強くしてしまうので、なるべく栄養価の高い物を少しずつでも食べるようにして栄養を補うようにしてください。

特に補いたい栄養素として

  • ビタミンB1…疲労を予防する
  • ビタミンC…疲労を回復させる
  • パントテン酸…消化機能を回復させる
  • カリウム…発汗で不足しがち

野菜には各種ビタミン、豆類にはカリウムが豊富に含まれています。

夏こそ青汁を飲もう

3-035-夏バテ解消・疲労回復に!青汁を飲んで夏の疲れを乗り切ろう!03

説明に挙げたような「栄養価の高い物」を選ぶということであれば、やはり青汁がおすすめ。青汁は野菜の中でも特に栄養価の高いものだけを搾った飲み物です。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれていたり、カリウムも豊富なので、夏バテ対策にピッタリの飲み物。

ほかにも、夏野菜ゴーヤを含んだ青汁を選ぶのも良いでしょう。昔から、旬の野菜は「その季節に起こりやすい不調を予防する効果がある」と言われてきました。

ゴーヤの産地である沖縄でも、ビタミンCを多く含んだゴーヤは、夏バテ予防に効果があるとしてたくさん消費されています。

さらに、ゴーヤの場合、ウリ科の植物特有の疲労回復成分であるシトルリンが含まれているのも夏バテ解消に効果的です。

ただ、ゴーヤは苦いから食べれないという人も多いでしょう。そんな人でも青汁なら飲みやすくおすすめ。1日たったコップ1杯で夏バテ解消に効果的!青汁をしっかり飲んで暑い夏を乗り切りましょう!

人気の青汁徹底比較!栄養価の高い青汁だけをランキングで発表(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ