日本人の75%が塩分の摂り過ぎ!ナトリウムの特徴と効果

青汁 ナトリウム

ナトリウムは通常の食生活で不足する事はありません。むしろ、摂り過ぎの方が心配です。ナトリウムというのは、食塩に含まれるミネラル。調味料として食事の際にも大事な存在なのですが、摂り過ぎは良くありません。

国民健康・栄養調査データによると、日本人の75%は1日の目安量以上にナトリウムを摂っています。塩や味噌を好んで食べる日本人が、ナトリウムと上手に付き合っていくためには、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、ナトリウムの特徴と補う時の注意点について説明していきます。

ナトリウムとは

6-025-日本人の75%が塩分の摂り過ぎ!ナトリウムの特徴と効果01

ナトリウムはミネラルの中でも、生物にとって非常に重要なもの。細胞の外から、細胞の中にあるカリウムとバランスを取りながら細胞の浸透圧を調節する役割を持ちます。

また消化、吸収、筋肉や神経の機能にも大きく関わっており、もし不足すると疲労感やけいれんなどの欠乏症状を起こすことがあります。

ナトリウムの効果

ナトリウムには主に次のような効果があります。

  • 細胞の機能調節…細胞を正常に機能させるため細胞の浸透圧や体液のpHを調節する
  • 筋肉の機能維持…筋肉の収縮・弛緩に関わって筋肉をスムーズに動かしていく
  • 神経の機能維持…電気信号をスムーズに送り、情報を正常に伝える

ナトリウムを補う時の注意点

6-025-日本人の75%が塩分の摂り過ぎ!ナトリウムの特徴と効果02

1日の摂取推奨量(食塩相当量)

  • 成人男性 9g未満
  • 成人女性 7.5g未満

ナトリウムは他の栄養素と異なり、摂取量を控えることが推奨されています。ナトリウムの摂り過ぎは高血圧、腎臓病、ガンの原因になるからです。

塩分の多い食品の一例(味付けの濃い物は食べ過ぎないようにしてくださいね)

  • 食塩(小さじ1)…5.5g
  • 梅干し(中1個)…2.2g
  • ウスターソース(大さじ1)…1.3g
  • 塩鮭(1切れ)…6g
  • 醤油ラーメン(1杯)…11g

体内のナトリウムは食品からカリウムを摂ることで排出することができます。カリウムが多いのは野菜です。塩分は控えめ、野菜をしっかり摂るようにしましょう。

青汁でナトリウムを排出しましょう

6-025-日本人の75%が塩分の摂り過ぎ!ナトリウムの特徴と効果03

現代人の食生活は塩分が高く、野菜不足の傾向もあるため、どうしてもナトリウムが過剰になりがち。食生活に野菜を取り入れることが難しいならば、食事に青汁をプラスしてカリウムをしっかり摂ると良いでしょう。

青汁をコップ1杯飲むと、1日の不足量に相当する野菜のカリウムが簡単に補えますよ。ちなみに野菜不足を市販の野菜ジュースで補うのはおすすめできません。というのもカリウムだけでなく、ナトリウムも意外と多く含まれているから。

その点、青汁はカリウムが豊富でありながらナトリウムはほとんど含まれていないので血圧高めの人も安心して飲むことができますよ。

ナトリウムは不足しても摂り過ぎてもいけません。青汁を毎日の習慣にしてナトリウムのバランスを上手に調節していきましょう。

いま人気の通販青汁をおすすめ順にランキングで紹介!(←)のランキングから商品の比較情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ