生命を維持する13の元素!青汁に含まれるミネラルの特徴と効果

青汁 ミネラル

あらゆる物質が元素から成り立っているように、私たちの体も元素から構成されているんです。元素の種類はたくさんありますが、ここでは、「カルシウム」や「マグネシウム」といった身体作りに欠かせない栄養素から「セレン」や「モリブデン」といったあまり耳にした事のない、体に必要なミネラルについて説明していきたいと思います。

ミネラルとは

6-040-生命を維持する13の元素!青汁に含まれるミネラルの特徴と効果01

ミネラルは炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素の1つ。無機質とも呼ばれます。ミネラルの量は体を構成する元素の4%とわずかですが、生命を維持するためには重要な存在。

もし不足すると、体の機能はガクッと低下してしまいます。体内では生成できないため、毎日の食事から取り込んでいかなければなりません。

ミネラルの種類

体に必要なミネラルのうち、厚生労働省が摂取基準を決めているのは次の13種類です。

  • カルシウム…骨や歯を作る

  • リン…カルシウムと結合して骨や歯を作る

  • カリウム…ナトリウムを排出し血圧を正常に保つ

  • ナトリウム…カリウムと共に細胞の浸透圧を調節する

  • マグネシウム…骨や歯にカルシウムを吸着させる

  • 鉄…赤血球の材料となり血液中の酸素を運ぶ

  • 亜鉛…酵素のはたらきを活性化させる

  • セレン…細胞の酸化を防ぐ

  • マンガン…SOD酵素の主成分となる

  • 銅…鉄の吸収を促す

  • モリブデン…有害物質を排出する

  • ヨウ素…甲状腺ホルモンを作る

  • クロム…血糖値やコレステロール値を正常に保つ

ミネラルを補うには

土壌や水からミネラルを取り込んだ自然食品(魚介類、野菜、果物、豆類、穀物、海藻類)を食べることで、体に必要なミネラルをバランス良く補うことができます。

規則正しい食生活を心がけていればミネラルの過不足は起こりにくいでしょう。ただし、ナトリウムとリンだけは過剰摂取が起こりやすくなっています。

塩分や食品添加物を制限し、野菜の多い食生活を心がけるようにしましょう。

まとめてミネラルが摂れる青汁

6-040-生命を維持する13の元素!青汁に含まれるミネラルの特徴と効果02

不規則な食生活の人が増えていることから、現代人には潜在的なミネラルの偏りが起きています。サプリメントなどで補おうとする人もいますが、過剰症に陥りやすいのでおすすめできません。

ミネラルたっぷりな献立が難しいようであれば、食事に青汁を加えるのも良いでしょう。栄養価の高い原材料が選ばれているため、コップ1杯飲むだけでミネラルがバランス良く摂れます。

また、青汁にはミネラルのはたらきを高めるビタミン類も豊富に入っており、サプリメントよりすぐれた健康効果が期待できるでしょう。

なんとなく体調がスッキリしないという人は、ミネラル不足の可能性があります。青汁を飲んで上手にミネラルを取り込んでいきましょう。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ