命に関わる危険性も?実は怖いメタボ!予防・改善に青汁が効果的

青汁 メタボ

若い頃は痩せていたのに今はすっかり太ってしまい「メタボ体型」になってしまったあなた。メタボ(メタボリックシンドローム)は単なる肥満ではなく、立派な病気です。

命に関わる重い病気のリスクも高くなるため、早めに改善するようにしていきましょう。

メタボの改善には、食生活や運動不足を解消することが大事になります。食生活では脂っこい食事、高脂質で高カロリーな食事は控えるようにしましょう。

また、メタボ対策に良いのは野菜を中心とした生活ですが、なかなか毎日野菜を食べ続けるのは大変ですよね。

そんな時にも青汁は手軽に野菜不足を解消でき、栄養も補う事ができます。まずは、メタボの特徴と青汁がメタボ対策によい理由を説明します!

メタボリックシンドロームとは

3-011-命に関わる危険性も?実は怖いメタボ!予防・改善に青汁が効果的01

メタボリックシンドロームというのは「内臓脂肪型肥満」に高血糖、高血圧、脂質異常症のうちのどれか2つ以上を合併した状態のことです。内臓脂肪症候群とも呼ばれています。

肥満には「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つのタイプがあります。

皮下脂肪型肥満の特徴

  • お尻や太ももに脂肪がつく(洋ナシ型の体形)
  • 女性に多い

内臓脂肪型肥満の特徴

  • お腹周りに脂肪がつく(リンゴ型の体形)
  • 特に男性に多い
  • 腹囲(へそ周り)が男性で85cm以上、女性で90cm以上ある

よく「肥満は健康のために良くない」と言われますが、まさに内臓脂肪型肥満がそれに該当します。

メタボはなぜいけないの?

メタボがいけない理由は、糖尿病の進行による合併症を引き起こしたり動脈硬化から心疾患や脳卒中を引き起こしてしまうおそれが出てくるからです。

動脈硬化は突然死や寝たきりの原因となる心疾患や脳卒中のリスクを高めます。高血圧、糖尿病、脂質異常症のどれかにかかっていても動脈硬化を引き起こしやすく、内臓脂肪型肥満と重なるとそのリスクは一気に高まります。

これは内臓脂肪が増え過ぎると、血糖値を上げたり血栓を作る物質が分泌されるようになるからです。メタボの人はそうでない人に比べ、心疾患や脳卒中を引き起こすリスクが32倍にも膨らむといいますから怖いですよね。

メタボの原因

3-011-命に関わる危険性も?実は怖いメタボ!予防・改善に青汁が効果的02

メタボは良くない生活習慣が原因で起こる病気です。

原因

  • カロリー、脂質、塩分、糖分の摂り過ぎ
  • 栄養バランスの偏った食事
  • ストレス
  • 運動不足
  • 飲酒、喫煙

メタボ対策と青汁

3-011-命に関わる危険性も?実は怖いメタボ!予防・改善に青汁が効果的03

メタボの予防や改善には規則正しい食生活を心がける、適度な運動をする、ストレスをためない、飲酒、喫煙を控えるといった対策が必要です。

内臓脂肪は皮下脂肪より燃焼させやすいので、食生活や運動で比較的容易に減らすことができます。併せて青汁を食生活にプラスするとメタボ対策に、より一層効果が期待できるでしょう。

青汁がメタボ対策に良い理由

  • カロリー、脂質、糖質が少ない
  • 血圧を下げるカリウムが豊富に含まれる
  • 動脈硬化を防ぐポリフェノールが含まれる
  • 血液中の糖やコレステロールを排出する食物繊維が豊富に含まれる
  • 抗酸化作用のあるSOD酵素やビタミンCが豊富に含まれる
    • どの青汁もメタボ対策に良いのですが、血糖値を下げるDNJが含まれている桑の葉の青汁。血糖値やコレステロールを下げるチャランチンやモモデルシンが含まれているゴーヤの青汁が特におすすめです。

      また、内臓脂肪を燃焼させるカルコンを含んだ、明日葉の青汁を飲んで運動すると肥満や高脂血症の改善になり、動脈硬化の予防につながります。

      メタボ自体に自覚症状は特にありません。定期的に健診を受け、進行しないうちに青汁を飲んでメタボ対策を始めましょう!

      ダイエット効果の高いおすすめの青汁をランキングで紹介!(←)のランキングからダイエットに関する情報も確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ