ストレスの多い人に!青汁に含まれるマグネシウムの特徴と効果

青汁 マグネシウム

マグネシウムは身体がしっかり機能するために欠かせない栄養素。ただ、カルシウムや鉄分といったミネラルに比べると、どのような栄養素なのか知らない人も多いですよね。カルシウムととても深い関係性をもつマグネシウム。

疲れやすい人、ストレスを感じやすい人はマグネシウムが不足がちかも……まずは、こちらを見てマグネシウムの特徴について覚えておきましょう!

マグネシウムとは

6-024-ストレスの多い人に!青汁に含まれるマグネシウムの特徴と効果01

マグネシウムは体内に含まれるミネラルの一種。さまざまな酵素のはたらきを助け、代謝をスムーズにする役割があります。また、カルシウムと共に骨や歯を作るミネラルで、体内のマグネシウムの大半は骨と歯に使われているのです。

筋肉や神経の機能を維持する役割もあり、不足すると筋肉のけいれん、生活習慣病、精神症状などの欠乏症状が起こるようになってしまいます。

マグネシウムの効果

マグネシウムには主に次のような効果があります。

  • 骨・歯の強化…骨や歯にカルシウムを摂りこむ作用を持つ
  • 高血圧予防…細胞内のナトリウム量を調節して血圧を抑える
  • 精神の安定…神経の興奮を抑えストレスを減らす
  • 生活習慣病の予防…血糖値やコレステロール値を抑える作用がある
  • 心臓病の予防…筋肉のけいれんを抑え、心臓の拍動を正常に保つ

マグネシウムを補うには

6-024-ストレスの多い人に!青汁に含まれるマグネシウムの特徴と効果02

1日の摂取推奨量は

  • 成人男性320 ~370mg
  • 成人女性260~290mg

マグネシウムの多い食品(1食分)

  • あさり(50g)…50mg
  • 納豆(50g)…50mg
  • 乾燥ひじき(5g)…31mg
  • アーモンド(10g)…27mg

マグネシウムはカルシウムと1:2のバランスで摂るのが理想。このバランスが崩れると筋肉や神経に異常が起こりやすくなるので注意が必要です。

青汁でマグネシウムをバランス良く摂りましょう

6-024-ストレスの多い人に!青汁に含まれるマグネシウムの特徴と効果03

骨を丈夫にしたり、イライラを抑えるためにはカルシウムが良いといいますよね。そのためカルシウムばかり意識して、サプリメントで大量に摂っている人も多いようです。

ですが、上記でも説明したように、マグネシウムが不足していては意味がありません。意識して食品からマグネシウムも上手に摂り込むようにしましょう。

その際、マグネシウムの補給に最適なのが、ミネラル豊富な青汁です。1日分の青汁からは10~60mgほどのマグネシウムが補えます。特に、マグネシウムの多いクマザサや桑の葉の青汁がおすすめ。

特に下記のような人は意識してマグネシウムを摂るようにしましょう。

  • お酒をよく飲む人…摂り込んだマグネシウムが体外に排出される
  • ストレスの多い人…マグネシウム不足でカルシウムとのバランスが崩れるから
  • 加工食品を好んで食べる人…マグネシウムが吸収されにくくなる

カルシウムの大事なパートナーであるマグネシウム。どちらもバランスよく摂ることが大事。ミネラルが豊富に含まれた青汁を毎日の習慣にしてはいかがでしょうか。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ