白内障や緑内障の眼病予防に!青汁に含まれるルティンの特徴と効果

青汁 ルティン

近年、注目度が高まっている栄養成分「ルテイン」をご存知でしょうか?

光から目を守る効果の高いことから「天然のサングラス」とも呼ばれています。ポリフェノールと並ぶほど強い抗酸化力をもち、老化現象から身体を守る大事な役割をはたしています。

目に良いといわれるルテインですが、はたして、どのような成分なのでしょうか。こちらでは、ルテインの特徴と健康効果について説明していきます。

また青汁にも、ルティンが多く含まれているものがあるので、そちらについても紹介していきたいと思います!

ルテイン

6-052-白内障や緑内障の眼病予防に!青汁に含まれるルティンの特徴と効果01

ルテインはカロテノイドという黄色い色素の一種。緑黄色野菜、黄色い花に多く含まれているほか、私たちの体内でも広く存在している成分です。

特に、目の水晶体と黄斑部に多く含まれており、紫外線やブルーライトといった有害な光線から目を守る役割があります。

ただし、体内では生成できないので、食品から補っていく必要があります。また、ルティンは加齢と共に減っていく成分なので、中高年の人は意識して摂るようにしましょう。

ルテインの欠乏は黄斑変性症、白内障の原因になるともいわれています。

ルテインの健康効果

6-052-白内障や緑内障の眼病予防に!青汁に含まれるルティンの特徴と効果02

ルテインには次のような健康効果があります。

  • 白内障の予防…白内障の原因となる紫外線から水晶体を守る
  • 緑内障の予防…加齢や細胞の老化による緑内障を防ぐ
  • 黄斑変性症の予防…活性酸素を除去して黄斑部の酸化を防ぐ
  • 眼病の改善…目の炎症をやわらげる作用がある
  • 美肌効果…皮膚に含まれるルテインが紫外線によるダメージを防ぐ

ルテインを摂るには

ルテインの摂取基準は決められていませんが、健康維持のためには1日に6mg以上、眼病予防には10mg以上摂るのが良いでしょう。

ルテインを多く含む食品

  • 生ケール(100g)…21.90mg
  • ほうれん草(100g)…10.20mg
  • ブロッコリー(100g)…3.80mg
  • かぼちゃ(100g)…1.20mg

抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを一緒に摂ると、ルテインの効果がさらに高まります。

ケール青汁にはルテインがたっぷり

6-052-白内障や緑内障の眼病予防に!青汁に含まれるルティンの特徴と効果03

ルテインは緑黄色野菜に含まれるため、普段から緑黄色野菜をあまり食べない人はルテインが十分に摂れていない可能性があります。緑黄色野菜を食べる機会のない人は、青汁で手軽に補うのが良いでしょう。同時にビタミンA・C・Eもたっぷり補えます。

食品の中でもルテインがずば抜けて多いのはケールです。ケールの青汁を利用して、ルテインを取り込んでいきましょう。

ケールの青汁は、ルテインが不足しがちな中高年の人はもちろん、パソコンやスマートフォンを長時間使う人にもおすすめ!青汁に含まれるルテインの効果で、いつまでもクリアな視界を保ちましょう!

今売れている人気の青汁をおすすめ順にランキングで紹介!(←)こちらのランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ