生きていくために必要不可欠!?青汁に含まれる酵素の特徴と効果

青汁 酵素

酵素ダイエットの流行によって、酵素の存在に興味を持つ人が増えたのではないでしょうか?生きていくために必ず必要になる「酵素」ただ、不足しやすい成分なので、食品からたっぷり補いたいですね。

酵素を多く含んでいるといわれている酵素ドリンクですが、実は青汁からも酵素を効率良く補えます。まずは、酵素についての基礎知識を深めていくとともに、酵素がどのような健康効果をもつのか一緒に見ていきましょう!

最近よく聞く酵素とはどういった成分?

6-012-生きていくために必要不可欠!?青汁に含まれる酵素の特徴と効果01

生物の体内には3000種類以上もの酵素があり、それぞれが代謝、消化、吸収、排泄…など生きていくために欠かせないはたらきをしています。

もし、体内酵素が不足すると、体の機能が低下。しかも、体内酵素は不足しやすいため、私たちは食べ物に含まれる酵素から、毎日しっかり補う必要があるのです。

酵素の中でも「SOD酵素」は活性酸素を除去する力が非常に高く、細胞のサビつき予防に効果があります。あまり聞き慣れないSOD酵素ですが、青汁にとても多く含まれており、様々な健康効果に役立ちます。

酵素を補う事で得られる健康効果!

6-012-生きていくために必要不可欠!?青汁に含まれる酵素の特徴と効果02

酵素を補うと次のような健康効果が高まります。

  • 胃もたれの改善…消化酵素が食べ物の消化を促す

  • 疲労予防…新陳代謝が促して疲労を回復させる

  • デトックス効果…活性酸素や有害物質を排出していく

  • 免疫力向上…免疫細胞にはたらきかけ機能を高める

  • ガン予防…細胞が酸化によってガン細胞に変わってしまうのを防ぐ

  • アンチエイジング…細胞の酸化を防ぎ若々しい細胞を保つ

  • ダイエット効果…基礎代謝を高めエネルギーを消費しやすくする

  • 美肌効果…新陳代謝を促し、早く新しい肌細胞に生まれ変わらせる

実際に酵素を補うにはどうしたらいいの?

酵素自体は、たんぱく質なので、加熱すると変性して活性を失ってしまいます。そのため、加熱していない野菜、魚、果物から食物酵素を食べることで、酵素を補うことができます。

特に酵素の多い食品

  • パイナップル
  • パパイヤ
  • キウイフルーツ
  • 大根
  • 青汁
  • 発酵食品など

「酵素を1日に何mg摂取しなければならない」という目標はありません。厚労省が推奨する1日の目標摂取量「野菜350g+果物200g」を食べれば、適切な量の酵素が補える、と言われています。

酵素たっぷりの青汁で野菜不足も解消♪

6-012-生きていくために必要不可欠!?青汁に含まれる酵素の特徴と効果03

ただし、これだけの量を毎日食べ続けるのは大変なことです。実際に日本人のほとんどは、目標摂取量を達成できていません。身体の事を考え、健康的な生活を送り続けるのであれば、毎日手軽に飲める青汁がおすすめ。

コップ1杯の青汁で約50~140gほどの野菜量に相当するので、1日に1~2杯飲めば野菜不足が解消されます。さらに、青汁で酵素も十分に補うことが可能!

食物酵素はビタミンやポリフェノールと一緒に摂ることで体内での活性化が高まります。これらの成分がひとまとめに摂れる青汁は、酵素を無駄なく生かせる素晴らしい食品といえるでしょう。特にSOD酵素が多い大麦若葉や明日葉の青汁がおすすめです。

酵素がたっぷり含まれている青汁を厳選!酵素ランキング第1はコレ(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ