日本人の3分の1が高血圧!?青汁が高血圧に効果的な理由とは?

青汁 高血圧

日本人の3分の1以上が高血圧だと言われるほど、私たちにとって身近な高血圧。しかし高血圧は放っておくと動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞といった突然死を引き起こす非常に怖い症状です。

そんな怖い高血圧の予防と改善になぜ青汁が効果的なのか、高血圧の原因や症状などと共に詳しく紹介していきます!

高血圧とは

3-009-日本人の3分の1が高血圧!?青汁が高血圧に効果的な理由とは?01

血圧は、心臓が縮んだ時「最高血圧(収縮期血圧)」と心臓が膨らんだ時「最低血圧(拡張期血圧)」を交互に繰り返し、全身に血液を送っています。高血圧というのは、血液を全身に送る際、血管にかかる圧力が常に高い状態のことをいいます。

高血圧の条件は「最高血圧が140㎜Hg以上または最低血圧が90㎜Hg以上」となり、最高血圧、最低血圧、どちらか一方でも上記の数値を超えている場合は、高血圧になります。

高血圧の原因

高血圧のうち、およそ1割の人は病気が原因で起こっていますが、残りの9割は遺伝や生活習慣によるものです。

高血圧の主な原因

  • 加齢
  • 塩分(ナトリウム)の摂り過ぎ
  • 野菜不足
  • 飲酒、喫煙
  • ストレス
  • 運動不足
  • 肥満
  • 遺伝など

つまり、ほとんどの人は自らの生活習慣によって血圧を上げてしまっているのです。特に、高血圧になりやすいのは塩分を多く摂る人。高血圧の約5割は塩分の摂り過ぎによって起こっています。

高血圧が怖い理由

3-009-日本人の3分の1が高血圧!?青汁が高血圧に効果的な理由とは?02

高血圧になっても自覚症状はほとんどなく、健康診断で高血圧と診断を受けて初めて気づく人も少なくありません。ただ、高血圧と分かった場合は、すぐにでも生活習慣を見直す必要があります。それは、高血圧を放置しておくと、さまざまな合併症が起こりやすくなってしまうから。

高血圧の場合、通常よりも血管に強い負担が常にかかります。負担がかかることで、血管内の壁は傷つき、柔軟性を失います。柔軟性を失った動脈は次第に硬く厚くなり、「動脈硬化」の状態に。

動脈硬化によって狭くなった血管内は、血液の流れが悪くなります。さらに、コレステロールや脂質が狭くなった血管内に付着すると、血管が詰まります。これが、脳で起こると脳卒中、心臓で起こると心筋梗塞といった命に関わる病気になってしまうのです。

ただ、動脈硬化も高血圧と同様に自覚症状がでない病気のため、注意しなければいけません。動脈硬化にならないためにも、高血圧の予防・改善をすることが大事ですね。

高血圧の予防・改善対策とは

まず定期診断を受けたり、家庭で血圧を測定するなどして自分の血圧を把握することが第一です。血圧が高いことが分かったら、病院から血圧を下げる薬をもらったり、生活習慣を見直して血圧をコントロールしていきましょう。

日常で行う高血圧の予防・改善対策

  • 塩分を控える(1日6g以下)
  • カリウムをたくさん摂る
  • 飲酒、喫煙を控える
  • 適度な運動をする
  • ストレスを解消する

青汁が高血圧に良い理由

青汁には血圧コントロールの作用を持つ栄養素が豊富に含まれているので、高血圧の予防・改善に効果が期待できます。

  • カリウム…腎臓から余分なナトリウムを排出し血圧を抑える
  • 食物繊維…血液中のナトリウムを排出させる
  • マグネシウム…カリウムのはたらきを助ける
  • カルシウム…血管を拡げて血圧を抑える

これらの栄養素は野菜や果物全般に含まれていますが、青汁にはカリウムと食物繊維が豊富に含まれている点から特に血圧を下げる効果が期待されるのです。

野菜や果物を意識して取り入れた食生活を基本に、野菜不足の予防と血圧コントロールを兼ねて毎日青汁を飲み続けると良いでしょう。

どの青汁も高血圧予防に効果が期待できますが、中でも明日葉の青汁には血圧を抑える「カルコン」という成分も含まれており、血圧の気になる人には特におすすめです。

生活習慣の見直しプラス青汁を

3-009-日本人の3分の1が高血圧!?青汁が高血圧に効果的な理由とは?03

高血圧の人が青汁を飲んで副作用が起こるといった事はありません。食生活に青汁をプラスして血圧コントロールのサポートに役立てましょう。

ただし、心筋梗塞や血栓症の予防でワーファリンを飲んでいる高血圧の人はカリウムを摂り過ぎてはいけないので青汁は控えて下さい。

管理人おすすめ!通販で人気の青汁をランキングで紹介(←)のランキングから購入者の口コミ情報なども確認できます。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ