30代や40代でも骨粗しょう症になる!?予防と改善には青汁!

青汁 骨粗しょう症

骨粗しょう症は骨の密度や骨量が減少して、骨がスカスカになってしまう病気。背中が曲がりやすくなったり、骨折をしやすくなってしまいます。

高齢者に多い病気ですが、最近では、30代や40代でも生活習慣や食生活の影響によって、骨粗しょう症予備軍になる人が増えています。

骨粗しょう症は「一生治らない病気」といわれるように、完全に治す事はできません。しかし、改善や予防をする事はできます。

こちらでは、骨粗しょう症になってしまう原因や骨粗しょう症を予防・改善する方法も説明。また、青汁が骨粗しょう症対策に効果的な理由も説明していきます!

骨粗しょう症とは

3-017-30代や40代でも骨粗しょう症になる!?予防と改善には青汁!01

骨粗しょう症は骨密度の低下と骨の構造が弱く(脆く)なるために起こります。骨密度とは、骨に含まれるカルシウムやマグネシウム(ミネラル)がどれだけ含まれているかの状態です。骨のミネラルが少なくなり、骨の構造が弱くなると脆くなり、骨折しやすくなります。

骨の強さは20代がピークで、40代からは徐々に弱くなっていきます。また、骨は一度作られたらそのままというわけではなく、常に代謝によって古い骨が壊されては、新しい骨に生まれ変わっています。

加齢と共に骨の代謝が低下していくと、新しい骨への生まれ変わりが遅くなるために、骨密度の低下が起こります。

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症が起こるのは加齢だけではありませ。食生活や生活習慣なども骨粗しょう症になってしまう大きな原因です。

主な骨粗しょう症の原因

  • 骨の材料(カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・たんぱく質)の不足
  • 清涼飲料水・加工食品・スナック菓子の摂り過ぎ
  • 骨を丈夫に保つ女性ホルモンの減少(閉経)
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 日照不足

また、50代以降の閉経を迎えた女性は、特に骨粗しょう症になりやすくなってしまいます。

これは、女性ホルモンが関係しており、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が減ってしまうためです。

また、清涼飲料水や加工食品などに多く含まれるリンは、カルシウムの吸収を阻害するので、摂り過ぎると若い人でも骨が形成されにくくなります。

骨粗しょう症にかかると

3-017-30代や40代でも骨粗しょう症になる!?予防と改善には青汁!02

骨密度が低下しても、自覚症状はありません。なので、骨が弱くなっていることに気づきにくく、腰を悪くしたり、骨折をした際にはじめて気づくという場合もあります。

また、若い人の骨折とは異なり、骨粗しょう症の場合、一度骨折してしまうと繰り返し骨折をしてしまう事があります。これによって歩けなくなったり、寝たきりになってしまう事も。

いつまでも元気で長生きするために、体の柱となる骨を丈夫に保つことが重要なのです。

骨粗しょう症を予防・改善するには

骨粗しょう症の予防と改善には、骨密度を上げる食生活と生活習慣が必要です。老化してしまった骨自体を元に戻すことはできません。しかし、骨を丈夫にしたり、骨折を防ぐ事はできます。

骨密度を上げるために
  • 骨の形成に欠かせないカルシウム・マグネシウム・ビタミンD・ビタミンKを摂る
  • 適度な運動をして骨を鍛える
  • 適度に日光を浴びて体内でビタミンDを形成する
  • 女性の場合はイソフラボンを摂ってエストロゲンのはたらきを補う

といった対策を心がけましょう。

骨粗しょう症対策に青汁を

3-017-30代や40代でも骨粗しょう症になる!?予防と改善には青汁!03

青汁は骨粗しょう症の予防・改善に効果が期待できます。どの青汁にもカルシウム、マグネシウム、ビタミンKが豊富に含まれているからです。中でもケールの青汁はカルシウムやビタミンKが多いので、骨粗しょう症対策におすすめ。

また、青汁と相性の良い牛乳で割ると、たんぱく質やカルシウムが一緒に摂取できるので、一層効果的。特に、リンを多く含む清涼飲料水やインスタント食品をよく摂る人は、カルシウムがたくさん必要になるので牛乳割りをおすすめします。

さらに、女性は豆乳で割ると、たんぱく質とカルシウムだけでなく、イソフラボンまで摂れますよ。骨の生まれ変わりは毎日少しずつ行われます。すぐに大きな変化は起きなくても、こつこつ青汁を飲み続けて、いつまでも丈夫な骨を保ちましょう。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ