飲んでぷるぷるお肌!青汁に含まれるコラーゲンの特徴と効果

青汁 コラーゲン

コラーゲンが肌に良いことは女性なら誰でも知っていますよね!実は美容効果だけではなく、コラーゲンを体内に摂り込むことで、骨粗しょう症や関節痛、老化防止にも効果的なんです。ただ、身体で作られるコラーゲンの量というのは、40代以降は20代の半分しか作られません。

美容と健康のためにも、毎日しっかり摂りたいコラーゲン。食品から摂ることが大事になりますが、食事だけでは十分に摂れない場合もあります。そこでおすすめしたいのが、コラーゲンを配合した青汁。コラーゲンと青汁の相乗効果について説明していきたいと思います。

コラーゲンとは

6-019-飲んでぷるぷるお肌!青汁に含まれるコラーゲンの特徴と効果01

コラーゲンは動物の体に含まれるたんぱく質の一種。特に皮膚、骨、関節(軟骨)内臓、血管に多く含まれています。コラーゲンには、組織と組織をくっつける作用があり、器官を構成するために欠かせません。とてもしなやかで伸縮性があり、肌、軟骨、腱などに弾力性と丈夫さを与えています。

体内で生成されているコラーゲンは、25歳頃でピークを迎え、徐々にその量が減少し始めます。老化が起こるのは、コラーゲン不足によって組織が支えられず機能が衰えてしまうから。

コラーゲンの健康効果

6-019-飲んでぷるぷるお肌!青汁に含まれるコラーゲンの特徴と効果02

コラーゲンには主に次のような健康効果があります。

  • 関節のサポート…軟骨を形成し骨にかかる衝撃を和らげる

  • 骨の強化…骨の土台を作りカルシウムを蓄積させる

  • 動脈硬化の予防…血管を丈夫に保ち、傷や血栓ができるのを防ぐ

  • 歯周病の予防…歯茎を丈夫にし歯周病菌の感染を防ぐ

  • 美肌効果…肌を内側から支えてシワやたるみを防ぐ

  • 髪や爪の強化…髪や爪に栄養を送り、すこやか導く

コラーゲンを補うには

コラーゲンは次の食品に多く含まれています。

  • 鶏皮
  • 鶏軟骨
  • 手羽先
  • 豚足
  • 牛すじ
  • 魚の皮など

そして、コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。一緒にビタミンCを摂るとコラーゲンが効率良く生成されるようになります。

ビタミンCは次の食品に多く含まれています。

  • かんきつ類
  • イチゴ
  • ピーマン
  • ケール
  • ブロッコリーなど

青汁+コラーゲンで若々しく

6-019-飲んでぷるぷるお肌!青汁に含まれるコラーゲンの特徴と効果03

コラーゲンは積極的に摂りたい成分。ただ、上記を見て分かる通り、コラーゲンを含む食品はどれもカロリーと脂質が高いのが難点。できれば健康食品を利用して、コラーゲンを補うのが良いでしょう。

コラーゲン入りの青汁を利用すれば、原材料に含まれるビタミンCによって、コラーゲンの生成をより高める効果も得られます。コラーゲン自体には、独特のにおいもありますが、さっぱりした青汁に混ざると、気にならなくなり、おいしくいただけますよ。

加齢による、健康や美容の悩みが増えてきた人にコラーゲンと青汁をおすすめしたいと思います。

102種類以上から厳選!青汁飲み比べ徹底比較!! 実際に飲んで試した!体験レポート公開中!

管理人自己紹介

青葉しずく(アラフォー)

青汁の教科書を運営している管理者であり、日本一青汁に詳しい現役栄養士の青葉しずくです。

青汁は現代人に不足がちな野菜の栄養をしっかり補うことのできる数少ない健康飲料。一人でも多くの人に飲んでもらいたく、日々青汁の研究を続ける毎日です。

このページのトップへ